猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。


2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月

2018年1月  2018年2月  2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  2018年7月  2018年8月  2018年9月  2018年10月  2018年11月  2018年12月 

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月  2019年5月  2019年6月  2019年7月  2019年8月


鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました




8月18日(日)

今年もロームシアター京都の「プレイ!シアター in Summer」に参加してみる。
メインホールでは、ステージ上と下手楽屋の一部が公開されている。ステージ上では楽器体験コーナーがあるため、子供達は楽器に夢中で、ステージの奥の方には人がいない(別に立ち入り禁止ではない)。奥に行って、ステージの背後の壁が巻き取り式のものであることを確認する(西本智実指揮のヴェルディ「レクイエム」公演で、体調を崩した女性コーラスメンバーが木目の間を開けて退場したため、確認済みではあった)。

楽屋は個人部屋と4人部屋が2つの計3つが公開されている。個人部屋にはアップライトのピアノが設置されている。


冷泉通側から出て、十二十二(トニトニ)に入る。
プレオープン中のKYOTO SAMURAI THEATER。劇場はちゃんとあり(なきゃ話にならないが)ポスターによる公演告知もあるのだが、さて、客はどこにいるんだ。免税店の2階は勿論、1階も今日は外国人しかいない。飲食店のいくつかは閉まっている。警備員さんの後をついて中国人と思われる団体客が階段が上がってくるのを見掛けたが、彼らが観客なのだろうか。当日券が発売されているらしいのだが、チケット売り場の前には誰もいない。というより劇場の前にはスタッフしかいない。オリジナルTシャツなどが吊されているのを確認したので、稼働はしているのだろうが。

ぎをん為治郎神宮店で期間限定の冷やし鴨そばを食べ、平安神宮に参拝してからロームシアターに戻る。丁度、午後3時半で、ピロティエリアで黒川猛による紙芝居の朗読が始まる時間である。特に見たいというほどでもなかったのだが、黒川猛を見るのも久しぶりなので参加してみる。
黒川猛が朗読するのは、「ライオンのめがね」という紙芝居。前編・後編に分かれていて、合間には黒川と子供達が動物の名前限定のしりとりを行っていた。
登場する動物の種類や出てくる人々の姿格好からインドを舞台とした紙芝居であることがわかる(後で調べたところ、フランスのヴィルドラックの童話を原作としたものであることがわかった)。
動物の王国に君臨するライオンの王様は、すでに老境に入っている。子供には先立たれ、孫はまだ幼い。老眼のために狩りもままならなかったが、政情安定のためにその事実を誰にも告げていなかった。だが、家臣の長である虎にはこのことを打ち明ける。虎はねじれた性格で人望がなかったが、王の弱みを握ったことで王権簒奪を謀るという話である。
草食動物もライオンの王様を慕っているのだが、とすると王様はどの動物を狩るのだろうという疑問を抱いたりするのだが、子ども向けの話なので、それを気にしても仕方ないだろう。ライオンの王様は、狩りと称して出掛けた先で、人間の老人と出会い、めがねというものを知ることになる。
「ライオンのめがね」はウェブ上にも様々なバージョンが載っているが、紙芝居版では、めがねがなくなってしまって国民に布令が出され、イノシシがめがねの説明を聞いて樽の箍をめがねだと勘違いしたり、ラクダが自転車をめがねだと思い込んだりという失敗の果てに、象と犬が人間のいる街まで冒険に出掛けるという話になっている。



時間があったので、近くにある細見美術館に行ってみる。今日まで「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」という展覧会が行われている。
インドのチェンナイに1994年に設立された絵本出版社、タラブックスの作品が展示されている。インドの神話、ソフォクレスの「アンティゴネー」、インドで起こった災害の話、「マーハーバーラタ」を題材にした絵や本の表紙が並び、作品は全て写真撮影可である。いくつかの絵本や日本語訳のものも出ていて、買うことが出来るようだ。