猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。

2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月

2018年1月  2018年2月  2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  2018年7月  2018年8月  2018年9月  2018年10月  2018年11月  2018年12月 

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月  2019年5月  2019年6月  2019年7月  2019年8月  2019年9月  2019年10月  2019年11月  2019年12月

2020年1月  2020年2月  2020年3月  2020年4月  2020年5月  2020年6月  2020年7月  2020年8月  2020年9月  2020年10月  2020年11月  2020年12月

2021年1月  2021年2月  2021年3月  2021年4月  2021年5月  2021年6月


鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました




6月8日(火)

下野竜也指揮広島交響楽団の演奏で、ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を聴く。広島交響楽協会、ブレーン・ミュージック、タワーレコードの共同制作で、タワーレコードでのみ販売されている。
2020年11月15日に、大阪・福島のザ・シンフォニーホールでのライブ録音で、当日は私も客席にいて感銘を受けている。

朝比奈隆が活躍したということもあり、多くの日本人指揮者がブルックナーを取り上げているが、下野竜也は若手~中堅クラスの指揮者の仲では最も積極的にブルックナーの交響曲を指揮しており、後期三大交響曲や「ロマンティック」のような人気曲のみならず、初期の交響曲や、ブルックナー本人によって破棄された交響曲第0番などもプログラムに載せている。

現在、広島交響楽団から音楽総監督の肩書きを与えられている下野竜也。期待の大きさが窺われる。
交響曲第4番「ロマンティック」は、ブルックナーの交響曲の中では異色作で、物語性や叙事詩的要素がある。パーヴォ・ヤルヴィのようにそうした要素を強調した演奏をする指揮者もいるが、余り成功していない。朝比奈隆も「ロマンティック」では誰もが推す名盤は残しておらず、人気の割に演奏が難しい曲だと思われる。

下野の音楽作りは正攻法で、極端な強調は避け、音それ自体が持つ豊かさを緻密に積み上げていく。同じくザ・シンフォニーホールで広島交響楽団を指揮したブルックナーの交響曲第8番などは必ずしも成功とはいえないように思われるが、「ロマンティック」は歴代の日本人指揮者の中でもトップクラスの名演となっている。

ライブレコーディングの機会が多いザ・シンフォニーホールでの収録ということもプラスに作用し、録音も上質の仕上がりである。

広島には今なお音楽専用ホールがない。旧広島市民球場の東側に建設の予定があると聞いたが、正式決定ではないようだ。同じ中国地方の政令指定都市としてライバル関係にある岡山市にはすでに岡山シンフォニーホールがあり、2年後にはポピュラーやオペラなどに対応した新しい市民会館が竣工する予定(本当は2022年内に完成する予定だったが、コロナによって工事が遅れた)で、音楽の環境が整いつつある。広島市にも期待したい。