猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。


2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月

2018年1月  2018年2月  2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  2018年7月  2018年8月  2018年9月  2018年10月  2018年11月  2018年12月 

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月


鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました



4月22日(月)

久しぶりに壬生の新選組屯所跡八木邸を訪ねてみる。
今日は良い天気。気温も上がり、京都市の最高気温は25度を超えた。

2004年に大河ドラマ「新選組!」が放送された時には賑わった壬生だが、今は最初に訪れた時のような落ち着きに戻っている。
「新選組!」が放送された時点では、新選組は時代の徒花であり、「研究に値する団体ではない」と考えられていたため、歴史学的な研究は進んでいなかったが、今では様々なことが分かるようになって来ている。芹沢鴨暗殺の日付も、9月18日ではなく9月16日が正しいということが当時に書かれた複数の人物の日記からわかるようになっている。ただ、八木邸で行われたガイドによる説明内容は意図的にだとは思うが全くというほど内容は変わっていなかった。
八木邸の通り庭には鯉のぼりが上がり、季節を感じさせてくれる。

八木邸の東に少し行ったところにある光縁寺で山南敬助らの墓に詣でる。一番奥にある「沖田氏縁者の墓」は新しくなったようだ。戒名に「大姉」がつくため、女性だということはわかるのだが、今も正体は不明である。そもそも元々は過去帳にしか登場しない人物であり、新選組ファンからの要望によって昭和51年に建てられた、墓というよりも供養碑のようなものである。光縁寺は明治に入ってから一時期無住になってしまったようで、「沖田氏縁者」は由縁は言い伝えとしても残っていないようだ。
四番隊組長で柔術師範でもあった松原忠司が合葬された墓には身元不明の女性の遺骨が一緒に埋められていたとして、子母沢寛はこの話を創作として「壬生心中」の段にまとめた(「壬生心中」に限らず、子母沢寛の創作による部分は新選組三部作を通してかなり多いといわれている)。ただ、こうなると何が本当なのかわからず、女性の遺骨云々という話自体も本当なのかどうなのか怪しく思えてしまう。