猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。


2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月

2018年1月  2018年2月  2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  2018年7月  2018年8月  2018年9月  2018年10月  2018年11月  2018年12月 

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月  2019年5月  2019年6月  2019年7月  2019年8月  2019年9月  2019年10月  2019年11月  2019年12月

2020年1月  2020年2月  2020年3月  2020年4月


鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました




4月7日(火)

JEUGIA三条本店で買った、尾高忠明指揮大阪フィルハーモニー交響楽団によるブルックナーの交響曲第8番のCDを聴く。フォンテックからの発売。
2018年4月7日と8日に、大阪・中之島のフェスティバルホールで行われた尾高忠明音楽監督就任記念となる第517回定期演奏のライブ録音。私は、8日の演奏を生で聴いている。

1947年生まれの尾高忠明だが、大阪フィルも前身の関西交響楽団は1947年創立で同い年ということになる。更に4月7日ということで、日付は意図的に合わせたのかも知れない。

「ブルックナーを振るために指揮者になった」と公言している尾高忠明。実父で若くして亡くなった尾高尚忠がやはりブルックナーを高く評価していたそうだが、尾高忠明が指揮者としての活動を始めた頃になってもブルックナーの評価は「わけのわからない音楽」とされることが多かったそうである。そんな中で、西では朝比奈隆が手兵である大阪フィルと共にブルックナーの演奏を続け、東では尾高がブルックナーの交響曲に取り組んでいた。その甲斐あってか、今はブルックナーの特に後期の交響曲はオーケストラコンサートの王道の一つとなっている。

交響曲第8番は、ブルックナーの代表作とされることが多く、セレモニアルな機会に演奏されることも増えている曲である。大フィルの第2代音楽監督であった大植英次も音楽監督就任してすぐに交響曲第8番を取り上げ、音楽監督としてのラストコンサートにも同じ曲を選んでいる。

東京でブルックナーの交響曲に取り組み続けてきた尾高忠明と、大阪でブルックナーの交響曲に何度も挑んできた大阪フィルハーモニー交響楽団の顔合わせ。演奏が悪いはずがない。

スケール雄大であり、音の純度も高い。フォルムのスケールを設計した上で細部を詰めつつ適度な流れを作るという尾高のスタイルもブルックナーの交響曲演奏に合っている。

ただ、やはり録音は当日会場で聴いた瑞々しさを捉えてはいない。録音の技術もかなり進歩し、情報量が豊かになったが、それでも会場で感じた本当の良さはマイクに収めることは不可能なようである。

今は、コンサートが次々とキャンセルとなり、いつになったら会場に通えるのかさえわからない状態であるが、この災いが一段落したら、また尾高と大フィルのブルックナーを聴いてみたいと思う。


4月6日(月)

作曲家の藤倉大と指揮者の山田和樹によるYouTubeライブを使ったWebライブ対談を見てみる。藤倉大が1977年生まれ、山田和樹が1979年生まれで共にクラシックの音楽家としてはまだ若手に入る。

まず二人とも運動音痴だったという話から入る。運動神経が反映されやすい球技は特に駄目だったそうで、ドッジボールなんか虐待と思うタイプだったようだ。ヤマカズこと山田和樹は、それでもバレーボールのサーブだけは得意だったそうで、下から打って高く上げるとみんな取れないらしい。いわゆる「天上サーブ」のことだろうか。バレーボールは私も体育の授業でやったことがあるが、拳骨で強く押し出すように打つとナックルになると相手は取りにくそうだった。あとスライダー回転も相手は嫌らしい。私のことはどうでもいいか。ヤマカズさんはレシーブが出来なかったので、サーブは得意でもバレーボールは嫌いだったそうだ。更にスイミングスクールに通っても泳げるようにならかったそうで、息継ぎの時に水を飲んでしまうので、プールの中でずっと潜って進んでいたらしい。
藤倉大の通っていた中学は、全員部活動強制の学校だったそうだが、文化部は嫌だし球技も出来ないしということで、部員の多い陸上部に入部。多くて担当教員の目が行き届かないため、鞄を忍ばせてスタートし、自宅に直行ということを繰り返していたらしい。早く。家に帰って存分にピアノを弾くのが楽しみだったようだ。ピアノは得意でイギリスの音楽院にもピアノで入ったのだが、なんで楽譜通り弾かないといけないのかわからないということで、いつもアレンジして弾くために教師に怒られる。だったら、楽譜を変えてしまえから始まり、更に「自分で書いた曲なら誰にも文句言われない」ということで作曲家の道を選んだようである。

幼少時のピアノの稽古の話になり、二人とも「バッハの良さがわからなかった」という話になる。ヤマカズさんは今ではわかるようなことも言っていたが、藤倉はバッハが極めたとされる和声や対位法が予定調和的で牽強付会に思えたため、そうしたものにとらわれない曲を作りたいと思ってきたそうである。

ヤマカズは、指揮と音楽が一致しない音楽家がいるという話をする。日本人指揮者でいうと広上淳一や朝比奈隆は、「なんであの動きでこんな凄い音が出るんだ?」という謎の指揮法行うことが少なくない。
ヤマカズは、指揮と音楽が一致していて面白くない指揮者もいるという話もしていたが、例えば齋藤秀雄が始めた「齋藤メソッド」の弊害について、NHK交響楽団コンサートマスターのマロこと篠崎史紀が語っていた言葉が思い出される。「自分の音楽は何も持ってないのに棒だけは振れるわけですよ。だから困る」

オーケストラとの対立の話もヤマカズはしていた。イギリスの地方オーケストラに客演した時のリハーサルの話である。曲目はチャイコフスキーの交響曲第5番だったのだが、ソロの場面である奏者がヤマカズの棒とは全く異なるテンポで吹き始める。周りの団員は、「この指揮者どうするんだろう?」という目で見守っているそうである。最終的にはヤマカズの方が団員の方に合わせたそうである。ソロについてはヤマカズは「ホルンじゃないですよ」と言っていたが、だったら冒頭のクラリネットしかないではないか。話からいって初っ端らしいことはわかるので、冒頭である可能性はやはり高い。

指揮者は「四十五十は洟垂れ小僧」と呼ばれる世界である。なのでもっと若かった頃は見下されることも多く、リハーサルが終わってから胸ぐらを掴まれて、「なんだあのリハーサルは!」と喧嘩を売られたこともあったそうである。