猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。

2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月  2018年1月~12月

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月  2019年5月  2019年6月  2019年7月  2019年8月  2019年9月  2019年10月  2019年11月  2019年12月

2020年1月  2020年2月  2020年3月  2020年4月  2020年5月  2020年6月  2020年7月  2020年8月  2020年9月  2020年10月  2020年11月  2020年12月

2021年1月  2021年2月  2021年3月  2021年4月  2021年5月  2021年6月  2021年7月  2021年8月  2021年9月  2021年10月  2021年11月  2021年12月

2022年1月  2022年2月  2022年3月  2022年4月  2022年5月  2022年6月  2022年7月  2022年8月  2022年9月



鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました




9月28日(水)

京都髙島屋(髙島屋京都店)の7階グランドホールで「大北海道展」が行われ、お食事処として札幌市中央区南6条にある、らーめん信玄のコク味噌ラーメンを食べてみる。札幌には、1985年に家族で旅行に行っており、すすきののラーメン横丁にあった味の三平という店で醤油ラーメンを食べている。味の三平は現在は他の場所に移転しているようである。札幌なので味噌ラーメンにすべきだったのかも知れないが、小学校5年当時の私は醤油ラーメンの方が好きだったのだ。

らーめん信玄のコク味噌ラーメンであるが、味噌味が濃厚で、麺に味噌がうまく絡まっている印象を受ける。麺も歯ごたえがあるが、味噌と一体になっているため、食が自然に進んでいく。

京都髙島屋の「大北海道展」は、10月10日までの開催で、らーめん信玄が出店しているのは10月4日まで。10月5日からは麺処まるはBEYONDというラーメン店が店を出す予定である。



ゲオルグ・ショルティ指揮ロンドン交響楽団のの演奏で、バルトークの管弦楽のための協奏曲と舞踏組曲、組曲「中国の不思議な役人」を聴く。DECCA。1960年代の録音であるが、当時から録音技術に対する最高レベルの信頼を得ていた英DECCAの録音だけあって、今も生き生きとした音がスピーカーの向こうから響いてくる。

指揮者の出所、ハンガリー出身のゲオルグ・ショルティ。後にイギリス国籍を取得してナイトに叙され、サー(卿)の称号を得ている。若い頃はピアノコンクールで優勝したころもあるというショルティ。指揮者としてはオペラハウスでの仕事が多く、コンサート指揮者として活躍するようになるのは比較的遅い。学生時代にはバルトークからの直接指導を受けてもいる。
1969年にシカゴ交響楽団の音楽監督への誘いに応じたのがコンサート指揮者としての初のポジションだったが、相性も良く、その後長年にコンビを組み続け、シカゴ響を全米オーケストラランキングの1位にまで高めることになる。
ロンドンでは、ロンドン交響楽団とではなくロンドン・フィルハーモニー管弦弦楽団の首席指揮者を4年間務めた。

ショルティは典型的な「フォルムで勝負」するタイプの指揮者である。ハンガリーにはこのタイプが多いのだが、オーケストラを徹底的に磨き上げ、一音をもゆるがせにせず、徹底して鳴らし切る。
個人的には、フォルム重視タイプよりも流れで音楽を作っていくタイプが好きである。トスカニーニとフルトヴェングラーならフルトヴェングラー、カラヤンとバーンスタインならバーンスタインが好みとなる。というわけで、ショルティは積極的に聴きたい音楽家ではないのだが、彼の指揮したハンガリーもの、バルトークやリストなどはやはり別格級の出来映えを示している。
このバルトークアルバムでもショルティは非常に押しの強いフォルムを築きながら、祖国の英雄的な音楽家への愛情を注ぎ込んだ音作りを示している。心底惚れ抜いている感じだ。そのためショルティに全てを任せれば、自然とたどり着くべき場所にたどり着く。上質の案内係でもある。
現在、京都に滞在中だというロンドン交響楽団。自他共に認めるイギリス最高のオーケストラである。1960年代のロンドン交響楽団は、ピエール・モントゥーやイシュトヴァン・ケルテスを首席指揮者に戴き、来るべきアンドレ・プレヴィンとの全盛期に備えている時期であったが、技術面でも表現力でも高いレベルを示しており、ショルティとの相性も良さそうである。