猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。

2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月

2018年1月  2018年2月  2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  2018年7月  2018年8月  2018年9月  2018年10月  2018年11月  2018年12月 

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月  2019年5月  2019年6月  2019年7月  2019年8月  2019年9月  2019年10月  2019年11月  2019年12月

2020年1月  2020年2月  2020年3月  2020年4月  2020年5月  2020年6月  2020年7月  2020年8月  2020年9月  2020年10月  2020年11月  2020年12月

2021年1月  2021年2月  2021年3月  2021年4月  2021年5月  2021年6月  2021年7月  2021年8月  2021年9月  2021年10月  2021年11月


鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました




11月13日(土)

上七軒文庫で行われる「井上歳二絵本ライブ」に参加。井上さんの自作による紙芝居作品も徐々に増えてきている。「生きる意味とは」、「鴻ノ巣山の麦酒坊」といった私が目にするのは初めての作品が今日は朗読される。
小学校などからの依頼で絵本の朗読ライブをやる機会も多いそうなのだが、「色々な国の絵本を読み聞かせて欲しい」という要望も多いそうで、教科書に載っているためよく知られている「スーホの白い馬」(モンゴル)や「太陽へ飛ぶ矢」(アメリカのインディアン、今はネイティブアメリカンと呼ばれることの方が多い)などが読まれた。
「どうぞのいす」という作品では、動物たちによる原始的な物々交換が描かれるのだが、登場する動物が皆良心的で、「善意が魔法を生む」ともいうべき素敵な展開となっている。

ロシア民謡「おおきなかぶ」をアレクセイ・ニコラエヴィチ・トルストイ(『戦争と平和』、『アンナ・カレーニナ』などを著したレフ・トルストイの親族)が再編した作品が福音館書店から絵本として出ていて、今日はそれも読まれる。大きなかぶを抜くのにお爺さんは妻であるお婆さんを呼び、お婆さんは孫娘を呼び、孫娘は犬を呼び、犬は猫を呼び、猫は鼠を呼ぶ。力強い男性はロシアの田舎でもそれなりにいそうなのだが、それには頼らず身内だけで行い、最終的には成功する。寓話として見ると、連帯や協働の大切さが説かれているようにも見えるのだが、どう考えても力が足りなそうな人ばかりが出てくるということから、権力に頼らずになんとかしているというところにロシアの市井の人々への賛美も見え隠れしているところが面白い。大きなカブを大国ロシアと見立てて、個々では非力だが重なると強力となる民衆への礼賛が描かれているようでもある。



バスと電車を乗り継いで、左京区岡崎の京都国立近代美術館へ。今日はコレクション・ギャラリーの無料拝観が行われている。

シャガールや、香月泰男(かづき・やすお)の作品などは撮影不可だが、それ以外の作品は撮影を行っても構わないようである。私は1枚も撮らなかったけれど。

生誕150年、没後90年を迎える都路華香(つじ・かこう)の日本画や、八木一夫が撮影した昭和時代の京都の光景など、興味深い内容のものも展示されている。



午後6時から、ロームシアター京都ノースホールで、THE GO AND MO‘S第32回公演「大塚の術」を観る。努力クラブの「憧れられたジュリー」、中野守×福田恵の「もしもし」、THE GO AND MO‘Sの「注文の多い風俗店」の一人芝居三本立てである。

コロナ禍になってから、演劇界では本番でも稽古でもクラスターの発生がニュースになるなど、苦しい状況が続いているが、一人芝居なら少なくても役者間の飛沫を気にする必要はそれほどないということで、一人芝居が上演される機会も少しずつ増えているような印象を受ける。
ただ一人芝居は舞台上に一人しかいないため、独り言か、観客には見えない人物がいるという設定か、一人称小説のような語り物か、一人何役もこなすかなど、「自然」とはいえない上演方式であり、セリフの記憶力、本番をこなす体力などは、出演者複数名で行う公演よりも負担が大きいということで、上演時間も短めであり、観る方も想像力を駆使する必要があるなど、初心者向けではない。また一人しか出演しないため、その一人の調子が悪かったりすると誰もカバー出来ず完全に終わってしまうという危険性も伴う。

今回の一人芝居三本も、いずれも設定の不自然さが目立つなど、やはりもっと勉強が必要になってくるだろうと思われる。


努力クラブの「憧れられたジュリー」は、合田団地の作・演出。西マサトの出演。
彼女に振られたモテない男がジュリーを目指すという内容だが、セリフ術からして拙い印象を受ける上に、展開がかなり強引で、ラストも見苦しい。マンガをそのままステージに乗せてしまった感じで、根本的な演劇愛が感じられないのがかなりのマイナスポイントである。


中野劇団の中野守の作・演出、レトルト内閣の福田恵の出演による「もしもし」。個々のエピソードには面白いものもあるのだが、十数回もトイレに閉じ込められる女(浅羽かな子=浅はかな子という名前)という設定に無理があり、引いてしまう。


元ベトナムからの笑い声の作家で、THE GO AND MO'S主宰の黒川猛の作・演出・出演による「注文の多い風俗店」。宮沢賢治の「注文の多い料理店」のパロディである。
風俗店に入った男が、女声アナウンスを受けてリモコンのボタンを押してセレクトしていくという内容。宅配便の再配達自動受付を風俗店で行うと考えるとぴったりである。男が個室に入るまで様々なプレイを選択するのだが、選択肢があり得ないものばかりで男を困惑させるという内容である。
ナンセンスコメディとして悪くはないのだが、これは一人芝居というよりもピン芸の領域に入ると思われる。


おーい! 頼むからいい感想を書かせてくれよ!