猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。

2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月

2018年1月  2018年2月  2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  2018年7月  2018年8月  2018年9月  2018年10月  2018年11月  2018年12月 

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月  2019年5月  2019年6月  2019年7月  2019年8月  2019年9月  2019年10月  2019年11月  2019年12月

2020年1月  2020年2月  2020年3月  2020年4月  2020年5月  2020年6月  2020年7月  2020年8月  2020年9月  2020年10月  2020年11月  2020年12月

2021年1月  2021年2月  2021年3月  2021年4月  2021年5月  2021年6月  2021年7月  2021年8月


鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました




8月3日(火)

広上淳一指揮京都市交響楽団の演奏で、ロベルト・シューマンの交響曲第3番「ライン」を聴く。京響名曲ライブの最初の1枚に収録されているものである。

当日の演奏にも接したし、広上が京響の常任指揮者に就任する前に大阪フィルハーモニー交響楽団を振った「ライン」の演奏も聴いているが、演奏以前にこの時点ではやはり録音が今ひとつである。その後、京響名曲ライブの音質は劇的に改善されることになるのだが、天井の高い変形シューボックスタイプの京都コンサートホールの音響に、技術者達はかなり悩まされたようである。

この時の「ライン」は録音の鮮度が今ひとつで、20世紀半ばの演奏に聞こえる。広上や京響の音楽性を知っていれば、後から脳内補正が可能なのだが、そうでない圧倒的多数の人にはこの演奏の良さは伝わらないだろう。
広上さんは若い頃から録音運がなく、コロンバス交響楽団とのチャイコフスキーの交響曲第5番は酷い音質ながら、「これでもよく録れている方」だそうで、収録に向いたホールで録音の仕事をすることが出来なかった。
京響との録音はかなり音が良くなっており、もっと聴いてみたい気がするが、広上も来年の3月で京響の常任指揮者を退任ということで、その後のスケジュールはよく分かっていない。