猫町通り通信は、本保弘人が、日々の記録、劇評、コンサート評、音盤評、映画評など様々な事柄について書き連ねていく日記です。


2004年5月~12月  2005年1月~12月  2006年1月~12月  2007年1月~12月  2008年1月~12月  2009年1月~12月  2010年1月~12月  2011年1月~12月  2012年1月~12月  2013年1月~12月

2014年1月~12月  2015年1月~12月  2016年1月~12月  2017年1月~12月

2018年1月  2018年2月  2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  2018年7月  2018年8月  2018年9月  2018年10月  2018年11月  2018年12月 

2019年1月  2019年2月  2019年3月  2019年4月  2019年5月  2019年6月  2019年7月  2019年8月  2019年9月  2019年10月  2019年11月  2019年12月

2020年1月  2020年2月  2020年3月  2020年4月  2020年5月  2020年6月  2020年7月  2020年8月  2020年9月


鴨川左岸ホームページ  本保弘人プロフィール  洛北日和  鴨東記  一乗和歌集  sagan blog  私はこんなものを食べてきました




9月28日(月)

フランス・ブリュッヘンのリコーダー、アンナー・ビルスマのチェロ、グスタフ・レオンハルトのハープシコードによるコレッリの「ラ・フォリア」ほかを聴く。テルデックから出たブリュッヘンのリコーダーボックスからの1枚。

古楽の本場、オランダ出身の3人によるアンサンブルである。

日本でクラシックを聴く場合は、バロックはバッハやヘンデル、あるいはヴィヴァルディの「四季」などから入ることが多いのだが、音源の流通量は、バロックよりも古典派以降の方がはるかに多いため、バロックやそれ以前のルネッサンス期の音楽を聴く機会は相対的に比較なってしまう。

特に1970年代に入ると古楽器による演奏が台頭し、古い時代の音楽は古楽器で聴く習慣が出来る。つまり、普段聞き慣れているモダンオーケストラやピアノなどでバロック時代以前の音楽を聴くことがほとんどなくなっている。
ということで、クラシック音楽は主に生で聴くという人の場合は、バロック以前の音楽に触れることがほとんど不可能な状態になっている。
日本でも古楽器の名手や古楽器オーケストラは増えてはいるのだが、モダンに比べるとまだまだ少ない。

ブリュッヘン、アンナー・ビルスマ、レオンハルトはいずれも鬼籍に入っているため、生の演奏に触れる機会はもうないのだが、彼らに続く古楽のスーパースターがいそうでいないというのが現状である。ただ日本には鈴木家(鈴木雅明、鈴木秀美、鈴木優人)という古楽の名門一族がいるため、未来は明るいように思える。

ブリュッヘンによる古楽の演奏は、古典派以降に比べると物語性が強くなく、たゆたうような一種の優しさが特徴である。音楽が人間が鑑賞するものというより神への賛辞であった時代。主張ではなく存在に意義があった頃の音楽である。