2021年10月

9月

10月1日(金)

夏の甲子園決勝で、早実のエースとして駒大苫小牧の田中将大投手と引き分け再試合の死闘を演じ、一躍国民的ヒーローとして名を挙げた斎藤佑樹投手が現役引退を表明する。マウンド上でハンカチを取り出して汗を拭う仕草から「ハンカチ王子」と呼ばれた(プロ野球では投手がボールとロージンバッグ以外に手を触れる行為は反則となる)。早稲田実業学校高等部を卒業後は早稲田大学教育学部に進学。1年生の春のリーグでいきなり開幕投手に抜擢され、テレビ中継が行われるなど「佑ちゃんブーム」が起こったが、酷使もあって2年生の時に股関節を痛め、本来のフォームで投げられなくなる。それでも大学では4年次の神宮大会で日本一に輝くなど活躍。ドラフトでは4球団が競合し、北海道日本ハムファイターズに1位で入団。1年目は新人初勝利一番乗りとなるが、シーズンを通しては6勝6敗というまあまあの成績。防御率は2.69と良かったが、この年は飛ばない統一球が用いられており、他の投手も防御率は良かった。
2年目は開幕投手に指名され、9回1失点で完投勝利。その後もプロ初完封を記録するが、夏頃に肩を痛め、シーズン終了後に肩関節唇損傷と診断される。斉藤和巳、杉内俊哉ら多くの投手が引退に追い込まれた怪我を2年目にしてしまったことで、斎藤もその後は十分な活躍が出来ないまま終わった。

中日ドラゴンズの山井大介投手も引退を表明。こちらは43歳、現役最年長での引退である。
奈良産業大学(現・奈良学園大学)から河合楽器を経て、ドラフト6位でドラゴンズに入団。2007年の日本シリーズでは8回をパーフェクトに抑え、日本シリーズ初の完全試合投手が視野に入るも9回は落合監督が岩瀬をマウンドに送り、賛否両論を巻き起こした(岩瀬は三者凡退に抑え、継投による参考記録となるが完全試合となっている)。
2013年にノーヒットノーランを達成、2014年には最多勝の栄光も手にした。



午後7時から、ロームシアター京都サウスホールで、上映会「アリアーヌ・ムヌーシュキン:太陽劇団の冒険」を観るのだが、午後6時からサウスホールのホワイエで「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2021」参加作品、ガエル・ショワンヌの「TEMPLE OF LOVE:AFFIRMATION」が上演されるというので観てみる。サウスホールの外側、二条通側よりガラス越しに観る作品で、無料で行われる。ロラン・バルトからインスピレーションを受けたパフォーマンスだそうだが、日本語訳されたテキストや朗読は、正直凡庸な印象を受ける。フランス語によるテキスト(フランス語はやったことがないので分からないが、おそらく日本語訳されたものと同一内容だと思われる)も朗読された。目黒大路、遠藤リョウノスケ、瀧口翔、松木萌によるダンスは、「悪くはない」といった程度である。


「アリアーヌ・ムヌーシュキン:太陽劇団の冒険」上映会。1939年、パリに生まれた演出家のアリアーヌ・ムヌーシュキンは、2019年に第35回京都賞(思想・芸術部門)を受賞しており、それを記念した京都での太陽劇団の新作「金夢島」の上演が11月に行われる予定だったのだが、コロナ禍により中止。代わりに太陽劇団とアリアーヌ・ムヌーシュキンに取材したドキュメンタリー映画(2009年制作。カトリーヌ・ヴィルプー監督作品)が上映されることになった。事前申込制入場無料である。
冒頭にアリアーヌ・ムヌーシュキンからのメッセージ映像、本編終了後に今年の9月中旬に撮影された最新の映像が追加されている。

アリアーヌ・ムヌーシュキン。苗字から分かる通りロシア系である。更に、アリアーヌ自身も十代後半になってから知ったそうだが、父親で映画監督のアレクサンドル・ムヌーシュキンはユダヤ系であるという。
アリアーヌは、オックスフォード大学に短期留学した際に演劇に魅せられ、1964年に太陽劇団を旗揚げ。歴史や自身の体験に基づく独自の作劇法で注目を浴び、パリ郊外(12区)の「カルトゥーシュリ」(弾薬庫跡)を拠点に上演を重ねている。2001年に初来日公演を新国立劇場で行い、文楽のエッセンスを盛り込んで話題になったそうだが、この映画を観る限り、最も影響されたのは京劇のようである。若い頃にアジアに興味を持ち、中国に旅行したいと思ったもののビザが下りず、インド、カンボジア、日本、台湾などを回り、日本で東洋演劇を学んでいる。

若い頃のアリアーヌ自身の映像を見たアリアーヌは、昔の自分に対して「傲慢」、劇場を作るというプランには「気狂い沙汰」と辛辣な言葉を発している。多くの人がある程度年を取ってから若い頃の映像を見直した場合、やはり同様の言葉を発することになるのだろうが、残念ながら私も含めて若い頃の映像が残っている人はほとんどいないと思われる。アリアーヌが若手演劇人として注目を浴びていたから映像が残っているのだ。

アリアーヌは演劇について、権力に取り込まれないために重要なものという見方をしているようだが、演劇の本質については、自分なき後の太陽劇団を想像して「弱さを支える力」が必要になると語っており、ある意味、太古からの演劇の芯にあるものを自覚しているようである。シンプルな言葉こそ観る者に届くという哲学を持っているようでもあるが、演劇を行う上で最も重要なのは「愛」であるとシンプルな思想を貫いてもいる。

10月2日(土)

左京区岡﨑の京都国立近代美術館で、「発見された日本の風景 美しかりし明治への旅 ―外から見る/外へ見せる」を観る。明治時代に来日したお雇い外国人の画家や、彼らと同じ時代を生きた明治時代の日本人画家達の作品を集めた展覧会。

明治時代に日本にやって来て、洋画を教えたお雇い外国人、ワーグマン、ウィアー、ベレスフォードらが日本人が見落としていた日本の優れた風景を描き、それを見た日本人の画家達が日本の美質を再発見することになる。

1867年に始まり、1912年に終わった明治という年号。45年(43年間)という、昭和(64年。62年間)に次いで長い年号であり、前半と後半では大きく異なっている。

1860年代は、フランスで後に印象派と呼ばれる絵画の作風が生まれた時代である。後に活躍するほとんどの画家が多かれ少なかれ印象派の影響を受けることになるのだが、お雇い外国人の画家達も、印象派のことは念頭に置いていたようで、彼らが描いた明治の日本は、光の降り注ぎ方が鮮やかである。

また、描写の緻密さも特筆事項である。お雇い外国人として日本にやって来た外国人画家達は、日本人に洋画の手法を教え、自らのインスピレーションを深めると同時に、祖国へ未知の国「日本」を教えるという役目を担っていた。そのため、光の加減こそ印象派風であるが、描写スタイルそのものは印象派とは異なっている。写真を思わせるかのようなリアルなタッチの作品が多い。

最も展示作品が多い日本人画家は五姓田義松(ごせだ・よしまつ)である。ワーグマンやフォンタネージに師事した義松は、明治天皇御付画家の名誉を得ており、北陸地方や東海道への御幸に同行して訪れた場所の風景画をいくつも描いている。長野・善光寺、越前敦賀港、伊豆・三嶋大社の絵などを観ることが出来る。ワーグマンに師事していた時代には高橋由一と同門だったという五姓田義松。洋画と日本画の融合が試みられた時代であり、高橋に似た作風であるのもうなずける。

明治時代に風景画の第一人者とされた吉田博の作品も当然多い。光の移り変わりを題材にした版画なども多く手掛けた吉田博。写実的で動画的でもあるという、西洋と日本の融合への試みが、今回展示された作品のいくつかから伝わってくる。

古くから「子守」の文化があった日本だが、その様子は西洋人の目には面白く映ったようで、お雇い外国人画家達が子守の様子を描き、それが日本人画家による子守の再発見に繋がる。浮世絵が盛んであった江戸時代には子守を題材にした絵はほとんどなかったが、明治に入ると子守は重要な題材となる。

最後は日本の風景の至る所に配された花の絵で終わる。江戸時代から、日本の家々では園芸が盛んになり、庶民も家の片隅に花を植えていた。日本人は余り意識していないが、こうした風景は世界的には珍しいようで、これもまた海外からの視点を通して再発見された日本の美質といえるようだ。


「発見された日本の風景」は個人のコレクションによる展示会であり、4階のコレクション・ギャラリーでは、それを補う美術作品が展示されている。

まずは、ブーダン、シスレー、シニャック、マルケという、日本でいう幕末から明治時代に掛けて活躍した画家の作品が並び、お雇い外国人画家達への影響や同時代性を窺うことが出来る。

その後は、「発見された日本の風景」には登場しなかった日本人画家の作品が展示されている。いずれも京都国立近代美術館蔵のものだが、新たに購入した作品などもある。

浅井忠の「御宿海岸」は、千葉県の御宿(保養地として知られ、芥川龍之介など多くの文人が滞在している。全国的には童謡「月の沙漠」の舞台として有名である)を描いたものだが、この作品は長い間行方不明になっていたものだそうで、発見後初の展示となるようである。

10月4日(月)

軽めではあったが、腹痛と頭痛があったため、昨日の京都市交響楽団オーケストラ・ディスカバリーは棄権する。



午後6時から、西梅田のサンケイホールブリーズで、シス・カンパニー公演「友達」を観る。作:安部公房、演出・上演台本:加藤拓也。出演:浅野和之、山崎一、キムラ緑子、林遣都、岩男海史、大窪人衛、富山えり子、有村架純、伊原六花(いはら・りっか)、鈴木浩介、西尾まり、内藤裕志(ないとう・ひろし)、長友郁真、手塚祐介、鷲尾真知子。なかなかの豪華キャストである。

安部公房の「友達」は、自身の短編小説「闖入者」を基にした戯曲で、1967年に青年座で初演されている。三島由紀夫が絶賛する一方で、不条理演劇の第一人者であった別役実は「文学性と演劇性」について疑問を呈していたりする。
ある男のところに突然、「家族」を名乗る人々が押しかけるという内容で不気味でもあり、正直、観ていて気持ちのよくなる舞台ではない。

主人公の男(鈴木浩介が演じている。眼鏡がトレードマークの鈴木だが、今回は眼鏡なしでの出演である)は、独身だが婚約者(西尾まりが演じている)もおり、特に不自由なく暮らしていたのだが、ある日突然、9人の「家族」が押しかけ、男の家で勝手に生活を始めたばかりか、男の役割=仕事も多数決で決めてしまう。多数決といっても押しかけた家族9人が全員賛成で、反対するのは部屋の主である男だけということで、「家族」達のわがままが全て通ってしまう。朝食を作ったりといった「家族」のための仕事を押しつけられた男は仕事を辞めざるを得なくなり、婚約者とも別れる。そして元となった婚約者は「家族」の長男(林遣都)と付き合うようになる。そんな目に遭いながらも男が「家族」を受け入れていたのは、思わせぶりな態度を取る次女(有村架純)に惚れていたからでもあり……。

「孤独」はいけないことと言って押し寄せ、「連帯」を押しつけてくる「家族」のやり口の陰湿さには見ていて嫌悪を感じるのだが、実は男と「家族」とは合わせ鏡のような存在にも見えてくる。「家族」のうち、長男は探偵として働いたことがあり、次男(岩男海史)も警察学校を出ているようなのだが、今は共に職についておらず、父親(山崎一)は「犬に言葉を教える研究家」であるが、生活のための糧は得られていない。ということで、寄生主を探して彷徨っているという根無し草のような存在である。なお、男と「家族」以外の登場人物、婚約者、警官(長友郁真と手塚祐介)、アパートの管理者(鷲尾真知子)は腰に縄を巻いており、世界と結びついていることが分かる。男と「家族」にはそれがなく、世界を当て所なく彷徨う存在であることが暗示されている。

「家族」の人々は、ありのままの自分を受け入れてくれる誰かを求めているが、そんな人も場所も見つかる訳はない。集団ではあるが、あるいは集団であるが故に彼らは怖ろしく孤独な存在だ。そんな孤独な集団を引き受けることになった男は、次女の存在を欲しており、得られないことで元々意識していなかった孤独を深めていく。欲するがために受け入れ、依存し、互いが孤独を深めていくという不幸な関係は、実際のこの世界でもありふれた構図である。
結果として、こうした事態が実を結ぶことはなく、孤独な人々はいつまでも彷徨い続けることになる。


鈴木浩介と西尾まりは、私と同じ1974年生まれで、婚約者同士を演じるのにぴったりの関係である。実際には鈴木浩介は、一回り下の大塚千弘と結婚しているのであるが。

有村架純を舞台で観るのは初めてだが(7年ぶりの舞台となるらしい)、一目見て有村藍里と姉妹であることが実感される。見た目も似ているが、漂わせている雰囲気が同じである。

10月6日(水)

四条烏丸にある古今烏丸の2階に出来た隈研吾設計のアトリウムイベントスペースにストリートピアノが登場する。昨日はイベントなどもあったようで、ピアノの上手な女性が久石譲作品などを弾いていたが、今日は特に弾いている人もいないので、試し弾きをしてみる。
ただ、ずっとピアノの練習をしていないため暗譜している曲がない。J・S・バッハの「平均律クラーヴィア」よりプレリュードの冒頭と、坂本龍一の「シェルタリング・スカイ」のテーマ曲の冒頭のみはそこそこ覚えているので弾けたのだが、やはり全曲通して弾ける作品が一つはあった方がいいように思う。

なお、ストリートピアノが置かれるのは年末までの期間限定であり、録音もされているそうだが、どう考えても私のピアノは人に聴かせるレベルではないので、録音する価値も当然ながらないように思える。

10月8日(金)

午後6時から、西宮北口の兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールで、「近松心中物語」を観る。作:秋元松代、演出:長塚圭史。出演は、田中哲司、松田龍平、笹本玲奈、石橋静河、綾田俊樹、朝海ひかる、石倉三郎ほか。音楽:スチャダラパー。上演時間は休憩時間なしの約2時間20分。

蜷川幸雄の演出で人気作となった「近松心中物語」のKAAT 神奈川芸術劇場による新プロジェクトであるが、結果としては長塚圭史の演出の弱さが出てしまった格好である。井上ひさしの「イーハトーボの劇列車」でもベテラン演出家に比べて面白さが十分に引き出せないという弱点を露呈していた長塚圭史だが今回も同傾向であるように思われる。かなり良い俳優を使っているのだが、俳優の持ち味を生かそうとしすぎたためか演技スタイルがバラバラとなってしまっている。これは明らかに演出家の責任である。「やらずもがな」の演出もある。

「近松心中物語」のベースとなっているのは、近松門左衛門の本による人形浄瑠璃「冥途の飛脚」である。後に人形浄瑠璃の「けいせい恋飛脚」や歌舞伎の演目「恋飛脚大和往来」の原作になったりもしているが、古典芸能に詳しい人は知っての通り、「冥途の飛脚」は心中物ではない。「曽根崎心中」や「心中天網島」はタイトル通り心中の話なのだが、「冥途の飛脚」は、飛脚問屋の主人の横領(「封印切」の場として有名である)の話であり、忠兵衛と梅川の二人は心中ではなく、捕縛されて、後に斬首されることになる。
「近松心中物語」では、心中物ではない「冥途の飛脚」を心中作品として作り替え(単独でも演じられる「新口村」の場は登場せず、大和国内ではあるが別の場所での話となっている)、更に心中未遂をするもう一組の男女を登場させる。

抜けた感じの若旦那である与兵衛に松田龍平をキャスティングし、本当に足りない男に見せる効果を出しているのだが、松田龍平の素の部分が出過ぎてしまっているためか、痛切さが欠けてしまっている。
「冥途の飛脚」は、他の近松のヒット作と異なり、主役の忠兵衛(今回は田中哲司が演じる)が単なる馬鹿男だっただけという点が弱さになっているため、「近松心中物語」では「やむにやまれぬ」要素を加えて、あそこが足りない部分は与兵衛に振っている訳だが、それでも根の良さや臆病さだけを強調したようになっていて、あれでは完全なピエロである。

日本を代表するミュージカル女優の一人である笹本玲奈(梅川)は好演だったが、やはりミュージカル的なドラマティックに過ぎる演技が出てしまっていて、ここも本来は演出家が抑えるべきだったと思うし、長塚圭史だけに抑えようと思えば抑えられたと思うのだが、なぜか抑えないという選択をしたようである。何とも不思議な印象を受ける。

最も良かったのは、お亀役を演じた石橋静河。彼女は二世タレントなのだが(石橋凌と原田美枝子の次女。今回は松田龍平、そして笹本玲奈も実は二世タレントで、二世が多い)、セリフ回しなどに筋の良さを感じる。

10月9日(土)

午後7時から、THEATRE E9 KYOTOで、ブルーエゴナクの「眺め」を観る。作・演出:穴迫信一。ブルーエゴナクは、福岡県北九州市を本拠地とする劇団である。出演:木之瀬雅貴、小関鈴音、野村明里、高山実花、平島恵璃香ほか。声のみの出演者が数名いる。

大きな観覧車のある街を舞台に、時間を前後する形で物語は進んでいく。
「過去編」と「未来編」に分かれているが、一族の四世代に渡る歴史と恋模様、将来の破滅または救済が描かれる。

背後にスクリーンがあり、ここに文字や映像が投影される。

日差し(木之瀬雅貴)と森ちゃん(小関鈴音)は、18歳。仲は良いのだが、「無視するゲーム」を行ったことから互いの関係にひびが入る。10年後、28歳になった日差しからのコメント(舞台の手前側にスタンドマイクが設置されており、ここでコメントが読まれる)で、森ちゃんとは別れてしまったことが確認出来るのだが、その後、二人は結婚し、女の子(名前は春望。平島恵璃香)が生まれていることが分かる。
クモがコメントする場面(声:菅一馬)があり、おそらくこれはノミ(野村明里)という名の女性の名前にも掛かっていると思われるのだが、コメントに「クモが将来救済をもたらすことがある」というものもあり、おそらく芥川龍之介の童話「蜘蛛の糸」に掛かっているのだと思われる。

途中、タジマせかい(高山実花)という人物が登場し、子どもの頃に地元で行われた展覧会で有名な阿修羅像がやって来たこと、せかいが母親から「阿修羅像に似ている」と言われたことが語られる。その後、中学校の時に同級生のミカコが、アミノやヒガシタニという男子から「左側の阿修羅像に似ている」と言われるという話があり、せかいはミカコから「真ん中の阿修羅像に似ている」と言われる。
教科書にも載っている有名な阿修羅像ということで、興福寺阿修羅像のことだと思われ、この当たりが仏教的な救済に繋がっていそうだが、それは明示されることはない。


ところどころ日本語が妙なところがあったり、展開が複雑な割にそう特別なことが起こっている訳でもない(一応、「ディザスター」があって世界が危機に瀕していることにはなっているようだが)という難点があるが、あからさまに描かれない男女の物語と見た場合、なかなか愛らしい作品に仕上がっていたと思う。
なにはともあれ子どもという形で成就しているということは、親を始め多くの人の願いを叶えているという一つの希望である。少なくとも森ちゃんは父親の一番の望みを我が子にまで伝えている。

10月10日(日)

午後2時から、びわ湖ホール中ホールで、びわ湖ホール オペラへの招待 プッチーニの歌劇「つばめ」を観る。園田隆一郎指揮大阪交響楽団の演奏。演出は伊香修吾。なお、園田と伊香は、今月下旬にフェニーチェ堺大ホールで日本語訳詞によるプッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」を上演する予定である(演奏は大阪フィルハーモニー交響楽団)。ダブルキャストで今日の出演は、中村恵理(マグダ)、熊谷綾乃(リゼット)、谷口耕平(ルッジェーロ)、宮城朝陽(プルニエ)、平欣史(ランバルド)、市川敏雅(ペリショー)、有本康人(ゴバン)、美代開太(クレビヨン)、山岸裕梨(イヴェット)、阿部奈緒(ビアンカ)、上木愛李(スージィ)ほか。原語(イタリア語)歌唱、日本語字幕付きでの上演。字幕担当は藪川直子。伊香修吾が字幕監修も行っている。

なお、東京ヤクルトスワローズにマジックナンバーが点灯しているが、「つばめ」ということで、舞台袖ではつば九郎の人形が見守っていることがSNSで紹介されていた。

上演開始前に、伊香修吾によるお話がある。注目の若手オペラ演出家である伊香修吾。東京大学経済学部を経て、同大学院経済学研究修士課程を修了するが、そのまま経済学やビジネス方面には進まず、英国ミドルセックス大学大学院舞台演出科修士課程を修了し、ザルツブルク音楽祭、ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパーなどで研鑽を積んだという比較的変わった経歴の持ち主である。びわ湖ホール オペラへの招待では、モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の演出を手掛けている。

伊香は、まず「つばめ」が初演された時代の背景について、ココ・シャネルをモデルに語る。ココ・シャネル(「ココ」は愛称で、本名はガブリエル・シャネル)が、パリにサロンを開いたのが、今から100年前の1921年のこと。シャネルのサロンには、ジャン・コクトー、パブロ・ピカソ、イーゴリ・ストラヴィンスキーらが出入りしていたという。行商人の娘として生まれたシャネルは、12歳の時に母親を亡くし、父親はフランス中を旅していてそばにいられないということで教会が運営する孤児院に入れられ、そこで育つことになる。その後、22歳の時にキャバレーで歌手としてデビュー。この時代にはまだ歌手や女優というのはまだ売春婦と同義語であり、シャネルも元将校の愛人となって、後にデザイナーとして頭角を現していくことになる。シャネルだけが特別なのではなく、この時代は資産家の愛人となる以外に資金を得たり自立したりといった術はほとんどなく、今とは女性の存在価値自体が大きく異なっていた。これが「つばめ」が初演された時代のパリである。

「ラ・ボエーム」と背景が似ているといわれる「つばめ」であるが、シャネルの例でもわかる通り、この時代のフランスは女性の地位が著しく低く、貴族階級の生き残りや新興のブルジョワジーなどの良家や資産家に生まれなかった女性は、低賃金労働に従事せざるを得ず、それでも搾取の対象で、どれだけ働いても生活するのに十分な金銭を稼ぐことは到底無理であり、愛人として囲われたり、売春をして日銭を稼ぐしかなかった。その中で特に寵愛を得た者は高級娼婦(クルティザンヌ)となっていく。「椿姫」のヴィオレッタ(原作ではマルグリット)が特に有名だが、「つばめ」のヒロインであるマグダも銀行家のランバルドをパトロンとする高級娼婦である。

「つばめ」は、プッチーニの歌劇の中でも人気がある方ではなく、上演される機会も少ない。ということで伊香は、「これが『オペラへの招待』のみではなく『つばめ』への招待となるように」「皆様が『つばめ』のようにびわ湖ホールに舞い戻って来られますように」という話もしていた。タイトルとなっている「つばめ」は、マグダの性質を燕に重ねたものである。渡り鳥である燕は、遠く海を越えた場所へと飛び去っていくが、1年後に元の巣へと戻ってくることで知られている。

3幕からなる歌劇。第1幕はマグダのサロン、第2幕はブリエの店(ダンスホール)、第3幕は南仏コート・ダジュールが舞台となっている。今回の上演では舞台となる時代は、第二帝政期から1920年代に置き換えられている。

サロンの運営者であるマグダは、豪奢な生活を送っている。不満も述べるマグダだが、他の夫人からは、「貧乏していないから分からないのよ」とたしなめられる。マグダは少女時代に、ブリエの店(今もその名残はあるが、この頃のダンスホールはちゃんとした身分の人はほとんどいない場所である)で若い男性に一目惚れする。まだ男を知らなかったマグダは恐怖心を抱いて逃げてしまったため、この初恋は2時間しか持たなかったが、マグダはまたあの時のようなときめきを味わいたいと語る。
サロンに出入りする詩人のプルニエは、戯曲なども書いているようで、2時間のみの恋を題材にした作品を書こうと語ったりするのだが、手相も見られるようで、マグダの手相を見て、「運命に導かれ、つばめのように海を越え、愛を目指すだろう」(伊香修吾の訳)と診断する。そこにランバルドの旧友の息子であるルッジェーロがやって来る。パリは初めてのルッジェーロが「パリを観光するならまずどこに」と聞くと、プルニエは、「ブリオの店だ」と即答し……。

高級娼婦というのは、愛人の援助を受けて、場合によっては社会的な成功を収めることも可能だが、基本的に好きな男性と結婚することは出来ない。マグダも身分を隠したままルッジェーロと恋に落ちるが、身分故に最初から結婚に行き着くことは不可能であり、また元の場所へと戻っていく。その姿が「つばめ」に重ねられている。

「高級娼婦は好きな人と結婚出来ない」。このことは初演が行われた時代には常識であり、「当たり前のことが上演されている退屈なオペラ」と見られるのも必然であったように思う。悲恋でもなんでもなかった。ただ、身分違いの恋は、初演から100年を経た今現在では十分に悲恋の要素をはらんでいるように見受けられる。実際、「つばめ」の日本での上演は21世紀に入ってから大幅に増えているようだ。


伊香修吾は、常に紗幕が降りているという演出を採用。紗幕に様々な映像が投影され、モノクロの映画を観ているような気分を味わえる。実はこのことは説明的な要素だけでなく伏線ともなっていて、第2幕には、自転車に二人乗りしたルッジェーロとマグダがパリの名所(凱旋門、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔など)を回るという、本来にはない場面が用意されているのだが、これが名画「ローマの休日」の名場面に重なって見える。おそらくかなり意識していると思われるのだが、「つばめ」にはもう一組、これまたオードリー・ヘップバーン主演の映画「マイ・フェア・レディ」(原作はバーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』)を連想させるカップルが登場する。詩人のプルニエと、マグダの女中であるリゼットで、プルニエはリゼットに詩人の恋人に相応しい行いをするように命じている。結果としてこのピグマリオンは失敗に終わるのだが、そこからの連想で「ローマの休日」へと繋げるアイデアが生まれたのかも知れない。これが当たっているのかどうかは分からないが、「ローマの休日」ならぬ「パリの休日」の場面は本当に微笑ましく、第1幕で歌われる「ドレッタの美しい夢」そのものである。

「つばめ」自体は知名度の高いオペラとはいえないが、「ドレッタの美しい夢(ドレッタの素晴らしい夢)」は、40代以上の方は聞き覚えはあると思われる。1990年頃だったと思うが、当時新進ソプラノであった中丸三千繪がこの曲を得意としており、テレビCMにも採用されていた。

評価の高いソプラノ、中村恵理の歌は本当に圧倒的。スケールといい、声の艶と輝きといい文句なしの歌唱である。

「つばめ」の登場するもう一組のカップルであるプルニエとリゼットは実はもっと注目されても良いように思われる。ピグマリオンに失敗して別れるかと思った二人なのだが、プルニエはそのままのリゼットを受け入れているのである。それまでには余り見られなかったタイプのキャラクターだ。



フジテレビONEで、東京ヤクルトスワローズと阪神タイガースの試合をテレビ観戦。
スワローズは初回にオスナのタイムリーで先制。2回裏には青木宣親がバックスクリーンに飛び込むソロホームランを放ち、2-0とする。
スワローズ先発の石川雅規は好投を見せるが、4回に中野に2点タイムリーを打たれて、ここで降板。大西がリリーフするが、サードの村上がトンネルするなどして、2-4と逆転を許す。
スワローズは塩見がバックスクリーンに放り込むソロホームランで反撃開始。阪神のピッチャー・及川は制球難で、死球、四球、死球で満塁のピンチを招くと、オスナが犠飛を放ち、同点に追いつく。

続く6回裏に、塩見があと少しで2打席連続バックスクリーン弾となるフェンス上部ダイレクトのタイムリーツーベースで勝ち越し。山田もタイムリーを放って6-4とする。

7回は今野、8回を清水、9回にマクガフという必勝リレーで繋いだスワローズがそのまま勝利し、マジックナンバーを9に減らした。

10月11日(月)

プロ野球ドラフト会議。
今年は「目玉」といえるだけの選手がおらず、「不作」との評価である。1位指名で競合したのは、西日本工業大学の左腕・隅田知一郎(知一郎で「ちひろ」と読む。4球団競合)と、市立和歌山高校(以前は、市立和歌山商業であった)のエース・小薗健太(2球団競合)の2人。クジで隅田は埼玉西武ライオンズが、小薗は横浜DeNAベイスターズが交渉権を獲得した。隅田を外したスワローズは、法政大学の左腕投手・山下輝(ひかる)を指名。広島東洋カープとの競合になるが、高津臣吾監督がクジを引き当てた。山下は木更津総合高校の出身で、昨年、早稲田大学から東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、新人王争いを繰り広げている早川隆久投手の1学年後輩となる。

例年だと、東京六大学野球や東都大学野球の選手が即戦力として1位指名されることが多いが、今年1位指名された東京六大学の選手は山下のみ。東都から1位指名された選手は一人もいなかった。この辺りも不作と呼ばれる理由かも知れない。昔は、高校野球のスターで進学を希望する者は、東京六大学か東都大学、関西なら関西学生野球(同志社、立命館、関大、関西学院、近大、京大)に進むケースが多く、それ以外なら地方の強豪大学、例えば東北福祉大学などに進学する選手が多かったが、今は地方のそれほど有名でない大学に進んでもドラフト候補になる選手が増えた。中日ドラゴンズが1位指名したブライト健太は群馬県にある上武大学の選手。上武大学野球部は、「この世の地獄」と呼ばれる亜細亜大学よりも更に練習が厳しいといわれている。読売ジャイアンツが1位指名した翁田大勢は、神戸にある関西国際大学の選手である。

スワローズは、2位で法大のライバルである明治大学の野手、丸山和郁(かずや)を指名する。
3位は日体大から日本通運に入った柴田大地を指名。ここまでが即戦力候補だと思われる。
4位は、宇部工業の安打製造機・小森航太郎。5位は、享栄高校の投手である竹山日向を指名。育成ドラフトでは信濃グランセローズの岩田幸宏を指名し、この3人が素材型になると思われる。

10月12日(火)

午後6時30分から、尼崎市塚口の兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター大ホールで、兵庫県立ピッコロ劇団の「いらないものだけ手に入る」を観る。作・演出:土田英生。京都を本拠地とする劇団MONOの代表である土田英生だが、ピッコロ劇団と仕事をするのは19年ぶりになるという。
出演:孫高宏、平井久美子、亀井妙子、森万紀、吉江麻樹、吉村祐樹、樫村千晶、岡田力、橘義、菅原ゆうき、車貴玲。

「異星のロミオとジュリエット」ということで、近未来の地球外のコロニー「極東」の喫茶店を舞台に、地球で戦争を行っているマナヒラとコチという2つの勢力とその末裔の諍いを描いたコメディ作品である。
舞台後方のスクリーンに地球の映像が移っているが、地球では以前に35年戦争なるものが起こり、人類が絶滅寸前にまで追い込まれたそうである。今も地球に残っている人々とコロニーに脱出した人々の関係は分からないが、コロニーでは電磁波の関係でスマートフォンなどは使えなかったり、果物などは獲れないので、ジュースなども合成飲料で代用したりと、環境は必ずしも良くないようである。
よくある近未来ものの設定としては、「コロニーには地球から脱出せざるを得なかった落ちこぼれがいる」というものや、「地球の環境が悪くなったので、上流階級はコロニーへと逃げ、それが出来ない人が地球に留まっている」という真逆のものなどがあるが、今回一応、地球が主でコロニーが従という関係で良いと思われる。

土田英生の作品は、MONOでの上演とそれ以外との出来に差が出てしまうことが多く、今回も出来はかなり微妙である。やはり普段からよく知っている相手向けに書いた本や演出で力を発揮する人であることが分かる。展開もちぐはぐで、ラストも上手く着地出来ないなど、わざわざ尼崎まで出向いた甲斐を感じられない上演となってしまっていた。

「対立」を描いた土田英生の作品としては、MONOで上演した「京都11区」が良い出来であった。京都府立文化芸術会館での上演で、それを収録したVHSも持っている。設定自体にはかなり無理があるのだが、大学時代から土田が暮らしている(立命館大学中退後、1年ほど東京で月蝕歌劇団の団員として過ごした時期があるが)京都市の閉鎖性と京都への愛憎が上手く描かれていた。



帰りに、天下一品塚口店に寄ったのだが、天一感謝祭のクジ(今回はスマホのアプリでQRコードを読み込んで引くというシステム)が当たり、パスケースを貰う。取り敢えず塚口まで来た甲斐はあったようだ。