2015年11月

10月                                                                                                            12月
 

11月1日(日)

午後2時から、大阪府豊中市庄内にある大阪音楽大学 ザ・カレッジ・オペラハウスで、ヴェルディの歌劇「ファルスタッフ」(大阪音楽大学創立100周年記念特別公演)を観る。シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』を作曲家でもあるアッリーゴ・ボーイトがリライトした台本を用いた、ヴェルディ最後のオペラである。オペラ界の巨星・ヴェルディは生涯に26の歌劇を書いたが、その大半は悲劇で、喜劇は2作品だけであり、有名な作品は「ファルスタッフ」だけである。当時は悲劇オペラ全盛の時代であり、イタリアの作曲家が得意とした喜劇オペラ(オペラ・ブッファ)は衰退の一途を辿っていた。ヴェルディが「ファルスタッフ」を書いたのはそうした状況を憂いてのことだったともいわれている。


指揮は下野竜也。演出は岩田達宗(いわた・たつじ)。ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団の演奏。出演は、田中勉、晴雅彦(はれ・まさひこ)、松田昌恵、石橋栄実(いしばし・えみ)、清水徹太郎、荒田祐子(あらた・ゆうこ)、並河寿美(なみかわ・ひさみ)、清原邦仁、小林峻、松森治、山川大樹(やまかわ・ひろき)、森本絢子ほか。人会戦術を用いており、ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団のメンバーが数多く登場する。かなり若い人も加わっているが、あるいは大阪音大の学生も含まれているのかも知れない。演出の岩田達宗は今年の4月から大阪音楽大学の客員教授に就任している。


開場時間の午後1時ちょっと過ぎにザ・カレッジ・オペラハウスに入場する。ホワイエに岩田先生がいらしたのでまず挨拶。「ファルスタッフ」の原作である「ウィンザーの陽気な女房たち」はシェイクスピアの作品の中でも一二を争うほどの駄作という評価が定着しており(シェイクスピアの名を借りた偽作説もあるそうだ)、それを基にした「ファルスタッフ」の台本もラストなどは上手く出来ているものの全体としてはそう大したものではないと感じていたが、岩田先生にいわせると「大傑作」だそうである。「ファルスタッフ」はヴェルディのオペラの中でも人気の高い演目であるが、ある意味、ヴェルディの生涯の総決算ともいうべき部分があり、それが人々の心を惹きつけるのかも知れない。
ちなみに、岩田先生は東京外国語大学卒ということもあり、語学が得意で、語学力を生かして若い頃はヨーロッパを転々としていたそうで、ロンドンにいた頃はコヴェント・ガーデンでチャールズ・マッケラス指揮のオペラ公演も観ているという。故チャールズ・マッケラスは私の大好きな指揮者であったが、生で聴くことは叶わなかった。生で楽しめた岩田先生が羨ましくなる。


廻り舞台を採用。サー・ジョン・ファルスタッフの住む居酒屋ガーター邸の裏にフォード家のセットなどがあるのだが、ガーター亭は地下でその上に十字架があり、舞台が廻転すると、フォード家はその上にあるという見立てがなされており、中央の十字架以外にも複数の十字架があることから、ガーター亭は地下墓地であると暗示されている。

ハロウィンの時期ということもあり、定番の魔女の格好をしたキャストがいたり、ジャック・オー・ランタンが用いられたりと、楽しい演出がなされているが、単に愉快なだけの喜劇というわけではないこともわかる。


字幕は工夫されており(字幕原稿:唐谷裕子)、医師カイウス(清原邦仁が演じている)のセリフの語尾が「ザマス」になっていたり、「だめよだめだめ」という昨年の流行語が用いられていたり(日本エレキテル連合がテレビから消えたということもあり、余り受けなかったが)、バルドルフォ(演じるのは小林峻)のセリフがラッパー調で語尾に「yo!」が用いられていたりと面白い。


貴族でサー(卿)の称号も得ているジョン・ファルスタッフ(田中勉)であるが、左党であり、金のほぼ全てを飲み代に費やしてしまって今はすっからかんである。医師のカイウスがガーター亭の乗り込んできて、ファルスタッフの従者であるバルドルフォ(小林峻)とピスト―ラ(松森治)が「金をくすねた」と怒りをぶつけるのだが、ファルスタッフは適当にあしらう。カイウスは怒ったまま帰ってしまう。
住んでいるガーター亭の主から一週間分の勘定書きを渡されたファルスタッフであるが、持っている金は雀の涙。だが、更に酒を要求する。
ファルスタッフはウィンザーに住む二人の富豪夫人、アリーチェ・フォードとマルガリータ・ペイジ(愛称はメグ)という二人の女性に恋心を抱いており、二人をものにすることで金もいただこうという一挙両得の悪巧みを考えている。

そして、アリーチェとメグに書いた恋文をバルドルフォとピスト―ラに届けるように命じるのだが、バルドルフォもピスト―ラも「名誉のためにそれは出来ない」と断る。ファルスタッフが「名誉が何になる。名誉などただの言葉に過ぎない。名誉で腹が膨れるか」とある意味理性を批判するような歌を唄う。ファルスタッフは従者達をクビにし、恋文を小姓のロビンに託す。ちなみにロビンは少年という設定でありながら女性の森本絢子が演じているが、森本は大阪音楽大学の短期大学部ミュージカルコース卒であり、在学中はダンス、演技、歌を習い、現在はミュージックスクールの主催者ということで、セリフはないロビンの役をバレエを含む巧みなダンスで魅力的に演じている。

なお、医師カイウスは金ピカの衣装で俗物ぶりを発揮しており、バルドルフォとピスト―ラはハリウッド映画に出てくる怪物のようなメイクと格好(しっぽがあったりする)をしており二人ともまともな人物ではないことが示されている。


第1幕第2場で登場する女性陣(ウィンザーの陽気な女房たち)は、全員白を基調としたきちんとした衣装であり、女というものがファルスタッフが見下すような愚かな存在ではないことがわかる。

アリア―チェ(松田昌恵)とメグ(並河寿美)は、共に恋文を受け取ったことで心躍らせているが、恋文を交換して読んでビックリ。二通ともファルスタッフからのもので、宛名が違うほかは文章は一字一句違わぬそのままのものであり、ファルスタッフの署名も印鑑も一緒である。完全に見下した態度である。肥満体(「メタボ」という訳語が用いられている)の老人が今も昔のままの色男気取りでいることに呆れたアリア―チェとメグはファルスタッフを懲らしめる計画を立てる。

一方、ファルスタッフの従者であったバルドルフォとピスト―ラは主を裏切り、アリア―チェの夫であるフォード(晴雅彦)にファルスタッフが妻を寝取ろうと企んでいることを告げる。フォードはアリア―チェの浮気を疑い、フォンターナ(日本語訳された「泉」と表示される)という偽名を用いて、ガーター亭を訪れることにする。隠れて男達の会話を聞いていたアリア―チェは夫の嫉妬を警戒する。

アリア―チェとフォードの娘であるナンネッタ(石橋栄実)は、フェントン(清水徹太郎)という若者と愛し合っている。だが、フェントンは今は好青年風であるが、かつてはチンピラであり、フォードからは嫌われていた。一人になったフェルトンは愛の不変を歌うが、一方のナンネッタは人間は日々姿を変える月のように変化していくものと歌っている。二律背反のように思えるが実際はこれは両立可能なことである。


第2幕。ウィンザーの陽気な女房たちの一人であるクイックリー(荒田祐子)が、ガーター亭を訪れ、ファルスタッフに、「アリア―チェもメグもあなたを恋い慕っている」と嘘の報告をする。そして、フォードが毎日午後2時から3時までの間は外出しているとアリア―チェが語ったと告げる。アリア―チェが靡いたと思い込んだファルスタッフは早速、午後2時過ぎにフォード邸を訪れることにする。勿論、クイックリーがファルスタッフに告げたことはウィンザーの陽気な女房たちがファルスタッフを陥れるために練ったものである。

クイックリーと入れ替わるように、泉(フォンターナ)という偽名を用いたフォードがファルスタッフを訪れてくる。泉はアリア―チェを恋い慕っているのだが、アリア―チェは泉を愛を示さない。そこで、ファルスタッフにアリア―チェと恋仲になってもらうよう提案する。ファルスタッフにアリア―チェが落とせるなら自分とアリア―チェの間に恋が芽生えるというのもあり得ない話ではないというのだ。ファルスタッフを見下した奇妙な話であるが、ファルスタッフは深くは考えず安請け合いしてしまう。
そうこうしているうちに午後2時が迫り、ファルスタッフはアリア―チェに会いに行くことを告げる。「2時から3時までは毎日自分が外出している」ということをファルスタッフが知っていることで、妻の浮気を確信するフォード。実はフォードの勘違いなのであるが、そのまま話は進む。


クイックリーはガーター亭での作戦が成功したことをウィンザーの陽気な女房たちに聞かせ、アリーチェやメグは喜ぶが、ナンネッタだけは上の空。話を聞くと、父親のフォードから医師カイウスと結婚するよう厳命されたとのこと。アリーチェ、メグ、クイックリーは、「あんなゲスと?」、「ザマス男と?」、「だめよだめだめ」とフォードが進める縁談に反対する。

フォード邸にファルスタッフがやって来る。ファルスタッフはアリーチェのことをベタホメする一方で、メグに関しては「あんなあばずれ女」などと評して、隠れて話を聞いていたメグを怒らせる。クイックリーはメグを何とかなだめる。アリア―チェはファルスタッフの話に簡単には乗らない。そこへ、クイックリーとメグが登場し、「フォードが帰ってきた」と告げる。実はこれは嘘なのであるが、ファルスタッフは屏風の後ろに隠れる。だが、ウィンザーの陽気な女房たちはフォードが泉(フォンテーヌ)の偽名を使ってファルスタッフを訪れていたことは知らない。嘘を付いて洗濯籠の中にファルスタッフを入れ、その後、二階の窓からファルスタッフを川に突き落とす作戦だったのだが、フォードが大勢の仲間を連れて本当に帰ってきてしまったため、ファルスタッフを取り敢えず屏風の裏に隠しておくことにする。フォードは間男を探すよう、仲間や手下に命令する。男達が、邸の隅々を探すために散ったところで、女房たちはファルスタッフを洗濯籠の中に入れることに成功する。

騒ぎをよそに、ナンネッタとフェントンがフォード邸で密会。屏風の裏に隠れて、愛を語らう。屏風の裏に人がいることに気付いたフォード達は、それがファルスタッフとアリーチェだと思い込み、襲撃するも、実際に現れたのは若い二人。娘とフェントンが一緒にいることでフォードが激怒する。そして、男達がファルスタッフを見つけようと、また散ったたのを見計らい、女房たちは下男達に命じて洗濯籠の中のものを川に落とすように命令。かくしてファルスタッフは川に突き落とされて恥を掻くことになる。


第3幕では、ウィンザーの女房の行いに腹を立てているファルスタッフであるが、クイックリーがやって来て、アリーチェからの手紙を渡され、それが逢瀬の誘いだと知ると、またもコロリと騙されてしまう。ウィンザーの女房たちとフォード、カイウスらはガーター亭の上の部分でクリックリーとファルスタッフのやり取りを聞いているという演出がなされているのだが、ファルスタッフの単純さに皆呆れる。

アリーチェの手紙には、「真夜中に王立公園のハーンの樫の木のところで待っているので、黒い狩人に扮して来て下さい」と書かれていた。黒い狩人はハーンの樫の木で首を吊って自殺しており、往生出来ずに幽霊となった付近を彷徨っているという話がある。ハロウィンの霊と同じである。

王立公園には、みなが精霊や妖精に扮装して出掛けることになり、ナンネッタが白いヴェールを着けた妖精の女王に扮することを知ったフォードはカイウスとナンネッタを無理矢理結婚させるチャンスだと考えるが、女達の方が利口であった。


第3幕第2場、ウィンザーの公演の場では、ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団の団員が木々に化けるという演出が施されている。ちなみにハーンの樫の木はファルスタッフの戯画が用いられており、神秘性よりも諧謔性重視の演出である。ジャック・オー・ランタンを模したオレンジ色の灯りが登場し、視覚的にはハロウィンそのものである。

最後の歌「世の中はみな冗談」が歌われ、人々はみな騙し合い、最後に笑う者が最も良く笑うと告げられる。そして、最後は「全部、冗談でしたー!」と言って、最初のガーター亭の場面に戻り、ファルスタッフが勘定書きに署名するシーンで終わる。「ファルスタッフ」そのものが夢幻の冗談のようなものであり、同時にファルスタッフが署名することで、聴衆のみなさんから受け取ったお代の分はこうしてお返ししましたよというメッセージも込められているかのようだ。


下野竜也の指揮は瞬発力と爆発力に優れており、それほど編成が大きいとはいえないザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団からキビキビとした力強い音色を引き出す。ザ・カレッジ・オペラハウスは比較的空間が狭いので、大音量の場面では音が飽和してしまうが、ヴェルディが書いた分厚い音を再現するにはこうした思い切った演奏も必要なのだと思える。


歌手達のコミカルな動きを多用してユーモラスな演出を行った岩田達宗。その他にも、第3幕第2場では、ナンネッタ役の石橋栄実を1階席の下手入場口から登場させ、そのまま2階サイド席への階段を途中まで上らせて歌わせ、舞台上で歌うフェントンとの立体的音響を作り出すなど面白い仕掛けが色々ある。

コメディを得意とする晴雅彦がダンディー(だが俗物)なフォードを見事に演じていたり、ナンネッタ役の石橋栄実は声も容姿も可憐だったりと、歌手陣も充実していた。

 

11月2日(月)

午後7時から、大阪・南船場のコラントッテホールで、「EVEMON TKF!」を観る。

今日の出演者は、フラワーズオブロマンス、ヘンダーソン、ゆりやんレトリィバァ、デルマパンゲ、ヒューマン中村(以上、持ち時間5分)、ドボン、ゲラゲラ星人、笑福亭笑利、ジョヴァンニ、ガンバレルーヤ(以上、持ち時間2分)、イブンカ、桜 稲垣早希、小森園ひろし、中山女子短期大学、吉田たち(以上、持ち時間5分)、学天即(持ち時間10分)

MCは主催者でもある、たむらけんじ。冒頭の挨拶でたむけんさんは、「西日本ハンバーガー協会の第2代名誉理事になることが決まりました」と告げる。ちなみに初代はビリケンさんだそうで、「人間としては初代となります」と言われたとのこと。

たむけんさんは、この間、奈良市にカフェをオープンし、 奈良の食材を使った「奈良バーガー」を発案。たむけんさんの店だけでなく、3つの条件をクリアしていれば奈良県内ならどこの店でも奈良バーガーを販売出来るという。「奈良は可哀想やねんで。『奈良に美味いもんなし』といわれて。実際には色々あるのに」ということで奈良を表に出したハンバーガーを藪伸一郎さんという西日本ハンバーガー協会の元会長で、現在はハンバーガー関連のプロデューサーをしている人の協力を得て作ることにしたのだが、藪さんから、「じゃあ、たむけんさん、西日本ハンバーガー協会の名誉理事になってくれませんか」という依頼があり、軽い気持ちで「いいですよ」と答えたところトントン拍子で話は進み、記者会見をすることになったという。

たむけんさんは、「今日、奈良から来た人」と聞くが、100人以上のほぼ満席であるにも関わらず、手を挙げた人はゼロ。奈良市の人は生駒経由で大阪によく遊びや買い物に来ることが知られているが(京都とは同じ古都としてのプライドがぶつかり合うため余り好意を持っていない人も少なくはないようである)、コラントッテホールのある場所への奈良からのアクセスはどうなのだろう。京都からも神戸からも行きやすい場所にはあるのだが。

ちなみに「EVEMON TKF!」のレギュラーであるヒューマン中村であるが、「EVEMON TKF!」が始まったときには、「たむらさん、僕、よしもと漫才劇場にも出られないし、出られる劇場がないんです。出させて下さい」と言って自分から参加したものの、その後、よしもと漫才劇場にも出る、なんばグランド花月にも出るという売れっ子になってしまい、「エブマンに出る必要ないやん!」とたむけんは言って、「ヒューマンは今日で卒業です」と冗談で言う。


フラワーズオブロマンス。

下着泥棒の話になり、たわたが下着泥棒を捕まえる男を演じてみたいと提案するのだが、相方の中道正彦は、「タイガー・リーをやりたい」と言い出して、何度下着泥棒を演じるように命令してもタイガー・リー役をやめない。仕方なくドラゴンを演じて戦うことにするのだが、「ドラゴンはもっと強い」と駄目出しされ、不死身に近くなるまでやられないという強敵に仕立て上げられてしまう。たわたはヘトヘトである。


ヘンダーソン。

子安裕樹は夜勤のバイトをしていて、朝寝る頃が多いのだが、朝に騒音があって眠れないこともあるという。そこで中村浩士(なかむら・こうじ)が、玉山キンジという政治家に扮し、街頭演説を行うので、眠れないという設定で始める。まずは女性によるアナウンスがあり、「大阪と共に生きる、大阪を元気にする、大阪を活気づける、大阪と共に戦う玉山キンジ」と紹介するのだが「九州男児」だそうで、子安に「大阪じゃないやん!」と言われる。

その後、玉山キンジ本人のスピーチになるのだが、「政治の知識はゼロ」だったり、「大河ドラマ『八重の桜』に出演し、朝の連続テレビ小説『マッサン』では主役を務め、それは玉山鉄二」と一人突っ込みをしていたりする。更には「略してタマキン」という下ネタに走り始めてしまう。


ゆりやんレトリィバァ。

ピンクのスーツ(スカートではなくズボンである)で登場し、「女性を守る会を立ち上げた若井と申します」と自己紹介。以前はデパートの惣菜売り場で働いていたのだが、職場いじめに遭って辞めたのだという。

職場いじめの内容はセクハラだったというのだが、実際は若井さんは男に免疫力がなく、過剰反応しているだけである。

「焼き鳥を一つずつ取り分けて食べたいのに、男の人は焼き鳥をそのまま食べようとする。これはセクハラです」と訴えるも、これは勝手に想像を膨らましているだけ。更に「井脇ノブ子に似ていると言われますが、これもセクハラです」という、セクシャルでも何でもない内容になってしまう。

若井さんは、「男の人で質問があるという方、手を挙げて下さい」というが客席からは当然ながら反応はなし。「無視というのもセクハラです」とセクハラの意味がわからなくなったところで、いつも観に来て芸の審査を行っている吉本の関係者の男性が挙手し、「今日のネタはまだ出来たばかりということで余り面白くないと思うのですが、どこまで完成度を上げるつもりなのでしょう」と聞く。ゆりやんは、「『つまらない』というのもセクハラです。男性の芸人だったらそういうことは言われない」と切り抜けるが、演目終了後、袖で落ち込んでいたそうで、吉本の関係者の男性は、その後にたむけんから、「芸人に舞台で『面白くない』って一番言ったらあかんよ。落ち込んでたで。痩せたらどうするん? あの子は痩せたらあかんねんで」と駄目出しされていた。


デルマパンゲ。

二人で無理矢理ライバル関係になろうとするのだが、ライバルの定義が意味不明になっていくというネタ。ラストが落ちになっていなかったのが気がかり。


たむけんから「エブマン卒業」を言い渡されたヒューマン中村。

舞台後方に下げられている「EVEMON TKF!」の看板を見ながら、「良いイベントだったよなあ、『EVEMON』」と感傷に浸る枕を置いてから(実際は卒業するのではなく、毎週出ていたのを月1回程度に減らす予定)、コント「漆黒のスコーピオン」を行う。

ヒューマン中村が名探偵に扮し、午前4時にアリバイがなかった小野寺という人物が犯人だと推理するのだが、事件の名前を「漆黒のスコーピオン」と勝手に名付けるセンスが悪いと、周囲から笑われる羽目になる(ちなみにヒューマン中村演じる探偵は『金田一少年の事件簿』の「放課後の魔術師」をヒントに「漆黒のスコーピオン」と名付けたのだと説明する)。その後、ヒューマン中村は、「実は名探偵ではない」と告白。女にもてたいという一心で名探偵を演じていたのだ、という種明かしなのだが、リアリティは今一つのような。


ドボン。大木はんすけはこれまでやっていたアルバイトをクビになり、新たにコンビニでアルバイトを始めることにしたのだが、接客の仕事は初めてなので不安だという。だがそもそも大木は滑舌が悪いので、接客以前に何を言っているのか聞き取れないのが問題というネタである。ちなみに大木は顔がふかわりょうに似ている。


ゲラゲラ星人。銀のコスチュームを着て笑いながら登場し、「人間はすぐ怒るのが可笑しい」として、「待ち合わせに30分遅れただけなのに怒る」と例を挙げ、「相手が来てくれるというだけでも嬉しいのに」と言う。更に「雨が降ると怒る」と言い、「地球の方が出来たの先でしょ。人類の方がずっと後。地球は何万年も前からあるのに(正確には万単位ではなく、約46億年である)、後から出てきた方が文句を言うのはおかしい」と指摘する。最後は、「無視されると怒る」という話になるが、急に真顔になり、「無視をするのはいけません」と真面目な宇宙人になってしまう。


笑福亭笑利(しょうふくてい・しょうり)。紙切りの芸を行う。スポーツ関連ということで、まずはラグビー日本代表・五郎丸歩の紙切りを行う。祈りのポーズとラグビーボールの描かれたラガーマンの切り絵が出来上がった。

二つ目は「すぐ出来る」ということで、紙の上の部分だけをカット。出来上がったのは「勘違いしてガッツポーズする真中監督」であった。


ジョヴァンニ。コント「はなの都」を行う。バンドマンという設定の土屋翔は花の都・東京に行きたいという願望を持っているが、鼻炎にかかっており、発音がはっきりしない。そこで相方の朝地亮介から「東京より先に耳鼻科に行け」と言われる。


ガンバレルーヤ。

まひるがデパートの化粧品売り場の店員を演じる。そこに、よしこがやって来て、商品で勝手にメイクを始めてしまう。まひるは小型マイクで上層部に「いつもの客です」と告げる。毎朝、商品をただで勝手に使ってメイクをしているよしこはブラックリストに入っている問題客のようだ。

まひるに注意され、別室に連れて行かれそうになるよしこだったが、「仕事が終わってからまた来ます」と言い逃れをしようとする。


イブンカ。大阪出身の松間雄亮(まつま・ゆうすけ)、沖縄出身の小橋川隆太、韓国出身のプ・テジュという三つの文化圏出身者によるトリオである。

「芸人は滑舌が大切だ」というので、松間が「蛙ピョコピョコ3ピョコピョコ、合わせてピョコピョコ6ピョコピョコ」と言い、他の二人にも言わせようとするが、沖縄出身の小橋川は、「あのさあ、蛙がさあ、3匹いてさあ」と沖縄独特のゆっくりした話し方になってしまう。

プ・テジュは韓国語で「蛙ピョコピョコ」をやるのだが、正しいのかどうかよくわからない。

ちなみに、「私の国はよく顔変える国だ」と美容整形大国・韓国をネタにしていた。


桜 稲垣早希。今日も「病み系アサクラさん」をやるが、細部がこれまでとはちょっと違う。

「ねえ、たっちゃん。どうして南と別れるの? かっちゃんが交通事故で亡くなって、でもその夢をたっちゃんと南で受け継いで甲子園に出場して。なのにどうして南のことを嫌いになったの?」と聞くが、「そりゃ、南、確かにたっちゃんのケータイ覗いたよ。たっちゃんがお風呂に入っている時とトイレに入っている時と野球をしている時。しょっちゅう。でもたっちゃん、野球をしている時、ケータイに出てくれないじゃない」と問題行動があったことと無理のある理屈を持ち出し、「確かに浮気したのは南の方が先だよ。でも誘ってきたのはたっちゃんの相方の孝太郎君の方よ」と開き直りも始めてしまう。

今回は、「プレゼントしたのがヴィトンのバッグじゃなくてサマンサタバサだったのが悪かったの? でもサマンサタバサは、普通は高校生でもう卒業よ」というセリフが加わっており、「あ、高校生でした(今年32歳になることを自虐ネタにした)」と続ける。更に、「南が2ちゃんねるに芸能人の悪口ばかり書くのが嫌なの? だって紗栄子、ぶりっこだから嫌いなんだもん」と、これも「ぶりっこ」と批判されがちな自身をネタしたものが続く。

今日は右腕に仏像の刺青が描かれていた。結構、時間が掛かりそうなものだが、「昔、色々あったの」と具体的なことには今日は触れなかった。

「確かに、お金引いたよ。パチンコが辞められないの。でも財布に三千円しか入れていないたっちゃんもたっちゃんよ」、「かっちゃんのこと? かっちゃんは子供を助けようかどうか迷ってたから、南は背中を押しただけ。アシストしただけ」と語るなど、早希ちゃん演じる浅倉南は心を病んだ最低レベルの女であることが明らかになっていく。

最後は、「たっちゃん、南をマルハンに連れてって」で終わる。いつもはここで溶暗するのだが、今日は照明が落ちなかったため、「ありがとうございました」と言って頭を下げてから退場する。


小森園ひろし。

「有名なセリフを状況を変えて言う」という芸。ドアを開けて家に入り、寝ている磯野カツオに向かって、「おい、磯野、野球しようぜ」と切実に語る中島。喧嘩でボコボコにされてから「俺はジャイアン、ガキ大将!」と歌いながら反撃するジャイアン。高校野球で甲子園に出場するも三振して敗退、甲子園の砂を集めてから、「安斎先生、俺、バスケがしたいです」と言う(野球はこりごりとなった)三井寿などを演じる。


中山女子短期大学(男性ピン芸人)。ちなみに、たむらけんじが伊丹空港(大阪国際空港)で何も危険なものは持っていないのに止められ、「何だろう?」と思ったところ、止めた女性が「中山女子短期大学がお世話になっております」と言ったという。実はその女性は中山女子短期大学の実姉だったそうである。たむけんによると中山女子短期大学のお姉さんは「綺麗な人だった」そうである。

早希ちゃんが「病み系アサクラさん」をやっている時に、ギターの音が漏れ聞こえていたのだが、それは中山女子短期大学がリハーサルを行っている音だった。

中山女子短期大学がやるのは、ギター弾き語りネタ。詰め襟の学生服、下はサッカーの短パンという姿でギターを手に現れた中山女子短期大学は、「戦争を知らない子供たち」の替え歌で、「転校の初日に、う○こを漏らした」という尾籠な内容の歌を唄う。「このままではいじめられる」というのだが、絡んできたヤンキーを生活指導の教員が投げ飛ばす。だが生活指導の教員は柔道部の顧問で大会に出るには柔道部員があと一人足りないので、入るよう命令し、「今助けたよな」と恩着せがましく言う。「う○こよりも、大人は汚い」と唄って終わる。


吉田たち。以前もやった双子ネタである。ゆうへいがタイムマシンで未来に行きたいか過去に行きたいかをこうへいに聞き。ゆうへい自身は「未来に行ってみたい」と述べる。「どんな人と結婚しているのかを知りたい」そうだが、こうへいに「結婚してなかったらどうするん? 禿げてたらどうするん? 孤独なハゲの爺さんになると知って生きていかなあかんなるぞ」と言われる。こうへいは過去に行って、自分達が生まれる瞬間を見てみたいと言うが、ゆうへいは「俺は長男だから良い。みんな初めて子だと喜んでくれる。でもお前は二人目だから、『あ、また生まれた』とテンションが下がる」というようなことを主張する。

こうへいは、ゆうへいの結婚式の時には「二人の回想ビデオでお前の役やるの俺やんか」と勝手に決めてしまう。ゆうへいは「タイムマシンでお前をひき殺す」と言うが、こうへいは「殺害者と被害者の顔が一緒だったらテレビの前で爆笑が起こるやんか。あるいは二人の顔が一緒なので、『あれ? この人自殺したの?』と不審がられるか」、「お前の葬式に出るの嫌やぞ。お前の遺影俺が持ってたら、『この人、生きてるの? 死んでるの?』という話になる」などという双子苦労ネタを続ける。

そして最後は、「30年前に戻って、両親が出会うのを妨げる」という結論になってしまう。


学天即。奥田修二が、「我々は中学の頃からの幼なじみ」と自分達のことを紹介するが、四条和也が「中学校低学年から」と言ったため、奥田に「普通、中学校では低学年とはいわないやろ」と駄目出しされる。

四条は天然パーマで横に髪が膨らんでいるのだが、「母方の祖母が山羊でした」と嘘を付く。

奥田は、「中学校の頃はつまらない遊びもしました。相手の肩を叩いて指を突き出す」と言い、二人で再現することにするのだが、奥田の肩を叩いた四条は人差し指を相手の頬の横に突き出すのではなく、中指を上に突き出して「fuck you!」と喧嘩を売るポーズをしてしまう。

奥田は「子供の頃は秘密基地を作ったりしました」と言うと、四条は「この前、駅前で秘密基地見つけたで。段ボールで作って」とホームレスの段ボールハウスの話を始めてしまい、奥田に「それは秘密基地ではなく本拠地だ」「子供の遊びではなく、大人の本気や」と言われる。

四条は男性コスメに嵌まっているのだが、ブランド名をGHQと言って、奥田に「マッカーサー出てくるやん!」と突っ込まれる。実際はDHCである。

四条は「全身脱毛はどう?」と提案するのだが、奥田は「体ツルツルでその頭やろ。(梵天)耳かきやん」と言う。

四条は野菜の自家栽培に凝っていて、パクチーを育てて食べているのだが、「食べると自分が万能になった気がする」と明らかにクスリ系のものを食べた時の話をして、奥田に「それ本当にパクチーなん?」と疑われる。

 

コーナー。英語ヒントクイズを行う。出場者は赤組がゆりやんレトリィバァ、笑福亭笑利、ガンバレルーヤ、イブンカ、学天即・四条、青組がジョヴァンニ、桜 稲垣早希、小森園ひろし、中山女子短期大学、吉田たち、学天即・奥田。

日本語で書かれたお題を、チームの代表者一人が英語のみを使って説明し、他のメンバーが当てるというゲーム。「甲子園」や「猫ひろし」、「下駄」、「すき焼き」、「四国」などのお題が出る。早希ちゃんは「猫ひろし」というお題に、「His name is ニャー」と言う。「ニャー」は英語ではないので厳密に言うと反則なのであるが、正解者が出たのでクリアとなる。「下駄」は学天即・奥田が「ジャパニーズ・トラディショナル・シューズ」と言って正解を導き出す。

元々英語が得意で、語学留学にも行った経験のあるゆりやんレトリィバァのいる赤組の方が有利なのであるが(ゆりやんは「四国」を「フォーカントリー」と直訳して正解を導き出した)、イブンカの小橋川が「すき焼き」を中々説明できないなど苦戦。青チーム6点、赤チーム5点で青チームの勝利となった。

 

色紙の抽選会では、当選者5名のうち、3名が色紙手渡し役に早希ちゃんを指名。たむけんは「もう、エブマン、早希ちゃん主催で良いやん!」というが、実は早希ちゃんはブログで今日の公演で「EVEMON TKF!」から卒業すると書いており、当選した早希ちゃんファンも遠慮なしに早希ちゃんを指名出来る。もっとも、早希ちゃんファンでありながら「早希ちゃんだけに偏るのは良くない」と色紙手渡し役に敢えて他の人を指名(私の場合はヒューマン中村)したのは私だけかも知れないのだが(関東出身なのでバランスを大事にするのである)。
 

ラストはAKB商法で、お見送りのハイタッチがある。早希ちゃんの他にも好きな芸人さんはいるが、他の劇場で観ることが多い。芸人さんとハイタッチするのも今日が最後になるのかも知れない。

 

11月3日(火) 文化の日

文化の日であるが、元々は明治天皇の天長節であった。
これまで、文化の日には何かしらの用事を入れていたはずだが、今年は何の予定もないので、伏見城跡にある明治天皇伏見桃山陵に詣でることにする。

最寄り駅は伏見桃山駅なのであるが、特急の止まる丹波橋駅(伏見桃山駅の一つ北の駅)で降り、かつての伏見城を縦断する格好で、伏見桃山陵に向かう。途中には桓武天皇柏原陵もあるのだが、今年はすでに一度訪れているため、重複は避ける。伏見桃山城総合運動公園に向かう道を左に見て更に南下。左手には石田三成に由来する伏見城治部少輔丸(治部少丸、治部少輔曲輪とも伝わる。治部少輔は三成の官職名)の北側の堀の跡と伝わる治部池の水面が見える。
伏見桃山陵への参道に出て、東へ。参道の傍らには伏見城の石垣に使われていたものとされる巨石が幾つか並べられている。

明治天皇伏見桃山陵があるのは、かつての伏見城(木幡山伏見城)の本丸付近とされ、巨大な円墳の近くに以前は伏見城の天守が聳えていたという。伏見桃山陵のある伏見城本丸前は断崖絶壁であり、傾斜のきつい石造りの階段が設けられている。この石段を見ただけでも木幡山の伏見城が難攻不落の城であったことが窺える。
その階段を降り、南へ。階段の下から伏見桃山陵のある伏見城本丸の方を見ると、石段が垂直に登っているように見える。もし私が武将だったとしたら、この高低差を見ただけで伏見城本丸を落とすことを諦めただろう。明治天皇が生前に伏見桃山に自らの陵を築くよう命令し、神聖な場所とされたため、伏見桃山の一帯は整備が行き届いている。一方で発掘調査が出来ないため、木幡山の伏見城の正確な姿は今もわかっていない。現在、伏見桃山城として模擬天守が建っているのは、かつては御花畑と呼ばれた外郭の一つであり、秀吉の側室達が暮らしていたといわれている。一応、伏見城の中ではあるのだが主郭に加わる場所ではない。


ちなみに伏見城と呼ばれる城は二つあり、一般的に伏見城と呼ばれているのは現在の伏見桃山陵や伏見桃山城の周辺の木幡山に築かれたものであるが、それ以前に秀吉は少し離れた指月(しげつ)の丘に伏見城を建てている。月の名所である指月に秀吉が建てた伏見城が初代の伏見城で、指月伏見城ともいわれている。指月伏見城の正確な位置はわかっておらず、伏見区桃山町泰長老付近ということが知られているだけである。秀吉が月見の宴を開いた月橋院という寺院やその西隣の大島病院の背後にある岡が指月の丘であると思われ、実際に、発掘調査では石垣跡なども見つかっている。

指月の伏見城は慶長伏見地震で倒壊し、秀吉は少し離れた要害の地である木幡山に新たに伏見城を築く。息子である秀頼のことを思ったのかどうかはわからないが、木幡山の伏見城は大坂城をも凌ぐ難攻不落の堅城であり、出城として向島城も築いて、理論上、絶対落ちることはないという名城に仕上げた。築城の名手である豊臣秀吉の最高傑作ともいって良いほどの出来映えだったと思われる。関ヶ原の戦いの前哨戦である伏見城の戦いで鳥居元忠らが守る伏見城は結局は落ちたが、三成らは鳥居元忠軍の20倍以上の兵力を持ちながら城を落とすのに2週間近くも掛かっている。こうして三成の計算が狂っていくのである。
伏見城をなかなか落とせなかったことは三成が凡将であったことを示すものともされているが、現地を視察し、かつては巨椋池も存在したということを考えれば、落城したことの方が不思議であり、伏見城落城も家康の罠だった可能性は高い。実際、家康は関ヶ原の戦い後に落城した伏見城を復興させ、事実上の居城として用いている。伏見城にいれば守りは万全と考えたのであろう。ただ、これほどの堅城が、江戸から遠く、しかも外様の多い西国近くにあるということは、乗っ取られた時のことを考えると脅威であり、そのため徳川氏は早い段階で伏見城を廃城にしたのだと思われる。


伏見桃山陵の南にある乃木神社に参拝。乃木希典を祀る乃木神社は日本各地にあり、東京の乃木神社が一番有名であるが、乃木希典が明治天皇に殉死したということを考えれば、明治天皇の陵墓のすぐそばにある伏見の乃木神社が最も由緒正しいものと考えることも出来る。乃木希典は長州藩の支藩である長府藩士の子であるが、生まれは江戸で、その後に長府に移っている。

伏見の乃木神社の境内には長府時代の乃木家住宅が復元されており、乃木希典の生涯を辿る資料館もある。宝物館もあるが有料なので今日は入らなかった。

ちなみに、乃木神社の住所は京都市伏見区桃山町板倉周防(すほう)であり、家康の伏見城時代に板倉周防守の屋敷があったところとされる。向かいは伏見区桃山町本多上野(こうずけ)で、宇都宮釣天井事件で失脚することになる本多上野介正純の屋敷があったことがわかる。


宇治川沿いの道に出て西に針路を取り、京阪観月橋(かんげつきょう)駅で宇治線の電車に乗って、次の中書島駅で京阪本線に乗り換えて家に帰る。

 

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニックほかの演奏で、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」を聴く。ソニー・クラシカルから出た激安盤の「ベートーヴェン交響曲全集」の中の1枚。

ブルーノ・ワルターとコロンビア交響楽団は「ベートーヴェン交響曲全集」を完成させているが、第九の第4楽章に関しては収録ホールの問題などがあり、コロンビア交響楽団ではなくニューヨーク・フィルハーモニックが演奏を担当している。

コロンビア交響楽団はコロンビア(現:ソニー・クラシカル)がブルーノ・ワルターの演奏をステレオで収録するために組織した録音用オーケストラであり、ロサンゼルス・フィルハーモニックの楽団員やハリウッドのフリーミュージシャンからなる団体であったことがわかっている。ややこしいことに、当時の版権の問題などで常設のオーケストラの名前をクレジット出来ないためにコロンビア交響楽団と表記する場合があり、ジョージ・セルが指揮しているコロンビア交響楽団はワルターが指揮しているものとは異なり、セルが音楽監督を務めていたクリーヴランド管弦楽団が正体で、実名が出せないためにコロンビア交響楽団としたケースである。レナード・バーンスタインが指揮したニューヨーク・フィルハーモニックも同様の理由でコロンビア交響楽団名義になっているものがある。

ワルターの指揮する第九であるが、バランス感覚の良さにまず惹かれる。温かみのある演奏であるが、単に優男風の演奏ではなく、エッジのキリリと立った部分があり、ベートーヴェンとワルターの多彩な面を示している。

第1楽章から第3楽章までと第4楽章とでは録音会場とオーケストラが異なるため、違和感はぬぐえないが、優れた造形による演奏であることに違いはない。

 

11月4日(水)

月曜日に、大阪に向かう京阪電車の中で、右手人差し指の先に再び小さな水泡が出来ているのを発見する。ウイルス性のイボである。他人にうつることはまずないが、早めに処置しないと自分の体にはうつる可能性がある。ということで、昨日は休日だったため、今日、皮膚科に行き、液体窒素で水疱の周りをわざと火傷させるという処置をする。火傷させるため、水疱の周りは火ぶくれするのだが、これでもまだウイルスは死滅しないようである。
休み明けということもあり、皮膚科は込んでおり、2時間ほど待ち時間があった。その後、ラーメン横綱一乗寺店に行って夕食。ラーメン横綱は京都ラーメンの中でも万人向けのする味を特徴とする。京都ラーメンはこってりしているため、苦手は人は苦手とすると思われるが、横綱のラーメンが苦手という人は余りいないはずである。その代わり、「ますたに」のような熱烈な支持者もいないようだが。

 

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニックほかの演奏で、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」を聴く。
同時代の他の指揮者による演奏に比べるとあっさりした出来であるが、昨今のピリオド・アプローチによる風通しの良い演奏と通じるものがあり、古びた印象は受けない。


続いて、同じくブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団の「ベートーヴェン交響曲全集」から、交響曲第5番と第7番を聴く。

ワルター指揮によるベートーヴェンというと、「偶数番号の出来が良い」という定評があり、特に交響曲第2番と第6番「田園」は史上屈指の出来と評価されている。一方で奇数番号の交響曲演奏に対する評価は必ずしも高くない。

交響曲第5番の演奏は冒頭の2箇所を始め、フェルマータを目一杯伸ばすという特徴がある。第1楽章は繰り返し記号をカットしており、そのため、全体的に軽い印象を受ける。
コロンビア交響楽団は編成の大きさが十分でなかったといわれており、そのため、第4楽章などは迫力を欠くが、弦楽器などが薄いため、内声部が良く聴き取れるという長所もある。ただ、コロンビア響のアンサンブルが万全でないということもあって、第5のファーストチョイスとしてはやはり推せない演奏ではあるだろう。

交響曲第7番も、明るくて軽めの演奏であり、オーケストラの問題もあって迫力満点の演奏とはなっていないが、聴く前に予想していたよりはずっと良い出来であった。

ベートーヴェンの奇数番号の交響曲を指揮した時のワルターもなかなかである。

 

11月5日(木)

野球プレミアム12の壮行試合として、侍ジャパンはプエルトリコと対戦する。プエルトリコは野球が盛んで多くの選手を生んでおり、メジャーリーグや日本プロ野球でも沢山の選手が活躍してきた。現役選手としては東京ヤクルトスワローズのオーランド・ロマン投手がプエルトリコ出身である。

日本代表の先発は前田健太。3イニングスを投げ、ツーベースヒットも打たれるがそれだけで、8つの三振を奪うという上々の仕上がりである。2番手投手として大谷翔平が登板し、MAX156キロのストレートを披露。最初の回は三者三振に切って取るが、2イニングス目には痛打を浴びて、2点を失う。

日本打線は、秋山翔吾のツーランホームランを始め、山田哲人がレフトフェンス直撃のタイムリー、筒香嘉智のライトへのソロホームランなどで、計8点を奪い、8-3で、プエルトリコを下した。

 

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団の「ベートーヴェン交響曲全集」(ソニー・クラシカル)から、交響曲第3番「英雄」と交響曲第8番を聴く。

コロンビア交響楽団は中編成のオーケストラのようだが、それを生かしたスマートで勢いのある演奏をワルターは展開している。「英雄」をワルターと同時代の指揮者であるフルトヴェングラーやトスカニーニは「大英雄」として描いたが、ワルターの「英雄」は颯爽と馬を走らせる騎乗の英雄で、昨今流行しているピリオド・アプローチの英雄像に近い。往時は「軽い」と見做されがちであったワルターの「英雄」だが、時代が一回りして、21世紀のアプローチを先取りするような新鮮な「英雄」を生み出していたことがわかった。

交響曲第8番も軽妙にして、冗談の精神にも富んだ佳演。コロンビア交響楽団がもたつき気味のところもあるが、楽しい演奏である。

 

女優の加藤治子が死去。92歳であった。文学座、劇団雲を経てフリーに。テレビ、映画、舞台で活躍した。

 

MBSラジオ「桜 稲垣早希のうたバッカ アニメ・アイドルばっか」を聴く。博多はやはりアイドル激戦区らしい。その他、歴ドルの小日向えりの話なども面白かった。

 

11月6日(金)

恵文社一乗寺店で、テルミンレクチャーコンサート「音楽と革命」という催しがあると、Facebook上でお知らせが来たため、出掛けてみる。テルミンという楽器には興味があり、映像などを通しては音色なども知っていたのだが、本格的なテルミンを生で聴いた経験は……と思い返すと実はないことに気付く。雑誌の付録に付いているテルミンminiなら生で聴いたことはあるのだが。

20世紀に入ってから開発された楽器としては比較的ポピュラーな存在であるテルミン。楽器名は開発者であるレフ・テルミン博士の名前にちなむ。テルミン博士は1896年生まれ。長寿であり、1993年に他界しているが、97歳と、ロシア人男性の平均寿命を30年近く上回っている。

レフ・テルミンは、日本テレビ系列の番組「知ってるつもり」で紹介されたほか、彼の生涯を描いた「テルミン」という映画もよく知られている。

テルミンレクチャーコンサート「音楽と革命」は、日本のテルミン演奏の第一人者である竹内正実が主催するイベントであり、テルミンの実演と、パソコンを使って映像を投影したレクチャーからなる。演奏は竹内正実のソロと、彼と彼の関西における弟子(全員女性で年齢にも幅がある。左利きの人もいた)による合奏が主となる。ちなみに弟子の人達が持っているマトリョーシカ型のテルミンはマトリョミンと呼ばれるもので竹内が開発した小型テルミンのようだ。

ますは竹内が、いわゆる「テルミン」と聞いて思い浮かべるようなテルミンを用いて、「モスクワ郊外の夕べ」を演奏する。テルミンの音色は想像通りではあったが、思ったよりも細かな表情付けが可能なようである。

その後、パソコンで壁面に投影した映像を用いてレフ・テルミンの生涯が紹介される。ペトログラード大学(現:サンクト・ペテルブルク大学)で物理学と天文学を専攻したテルミンであるが、それ以前からペトログラード音楽院でチェロを学んでいたそうで、そうした音楽的背景がテルミンという楽器を生み出すのに大きな役割を果たしたと竹内正実は語る。

1920年にテルミンを開発。1922年にはレーニンの前で御前演奏も行っている。1930年代には渡米し、ニューヨークを拠点に研究と演奏を行っており、この頃には世界的な著名人とも交流していて、チャーリー・チャップリンがテルミンを購入したり(ただし、チャップリンがテルミンを演奏出来るようになったのかどうかは不明)、アルバート・アインシュタインの弾くヴァイオリンとテルミン博士がデュオをしたということもあるという。

1938年に失踪。ソ連に帰国したことはわかっているのだが、経緯は不明である。テルミン博士自身は「拉致された」とも語っているそうだが、根拠はないそうで、「覚悟の帰国だったのではないか」と竹内正実は推理している。当時、アメリカにいたロシア人でスパイ活動をしていない人はいなかったそうで、テルミン博士もアメリカの工学の技術を盗んだりしていたそうである。
帰国後、8年のシベリアでの強制労働に従事させられることが決まるのだが、テルミン博士は理化学の知識を買われて、肉体労働は数ヶ月で終わり、強制的な科学研究に途中で切り替わったそうである。ソ連のために研究を強いられた時期には、画期的な盗聴器を発明したりしている。なんでも、会話によって起こる振動を捉えるものだそうで、会話よって発生する窓の微細な揺れをマイクロ波で拾うものだそうである。
刑期終了後に子孫を残すために結婚をしたいという意思を示し、許されるが、「KGB関係の女性から妻を選ぶこと」という条件が出て、つまり妻が監視係となる。その後、モスクワ音楽院に音楽音響研究所というものを設けて貰い、そこで研究に従事する。

スターリン政権下で帰国命令を受けた人物はことごとく殺害されていたため、西側では「テルミン博士はすでに他界した」と思われていたのだが、テルミン博士が帰国した時期は、スターリンによる大量殺戮(約2000万人が殺害されたという。実際はその倍と推測する研究者もいる。ちなみにヒトラーによる虐殺の犠牲者は900万人から1100万にといわれており、スターリンの方が残酷である)が行きすぎて十分な人員を確保出来ないということで、殺害の嵐は峠を越しており、テルミン博士は何とか生き延びることが出来た。1967年、テルミン博士の無事が西側にスクープされ、テルミン博士はモスクワ音楽院での仕事を失うが、今度は秘密裏にモスクワ大学で音楽研究と楽器開発の仕事を得て、この時期に後進のテルミン演奏家も育てている。

1989年のペレストロイカにより、テルミン博士は西側でも評価されるようになり、米スタンフォード大学では講演や演奏なども行っている。1993年に他界。ちなみに晩年は不老のための研究も行っていたそうで、老化を早める仕組みの仮説を立てたりもしているという。長生き出来たことと研究の成果との因果関係はわからないそうだが。


2曲目はグリンカの「ひばり」を竹内と竹内の弟子全員で演奏する。3曲目は、竹内と年長の女性奏者とのデュオでカッチーニの「アヴェ・マリア」の演奏。ちなみに、年長の女性奏者の使っているテルミンも竹内が開発したもののようである。

レクチャーの時間が長くなったため、演奏の時間は短くなったが、竹内のテルミンと弟子達のマトリョミンでロシア民謡「黒い瞳」の後で、最後は、竹内と竹内の弟子全員がマトリョミンを手にしてロシア民謡3曲を演奏する。3曲目が「カチューシャ」であることはわかったのだが、1曲目と2曲目は耳にしたことのない曲であった。


ちなみに、映画に出てくるテルミンの音も紹介されており、ヒッチコック映画の「白い恐怖」、ハリウッド史上最低とされる映画監督を描いた「エド・ウッド」、そして邦画「のだめカンタービレ」(原作マンガにも映画にもパリ国立音楽院に籍を置く引きこもりの天才作曲家が登場し、主にテルミンを弾いているのである)のテルミンの部分が流れる。ちなみに「のだめカンタービレ」でテルミンの吹き替えを行っているのは竹内正実だそうで、「ブログには書かないで欲しい」ということも話される。その部分は私も書かないが、パブリックイメージとは異なり、「上野樹里さんはとっても良い人」だったそうである。確かに上野樹里は「性格に問題がある」というよりも「ちょっとずれてる」という書き方をされることの方が多いが。


本格的なテルミンの音を生で聴けて満足である。電子楽器であるが、思っていたよりも音色は温かであった。

 

世界野球プレミア12。今日もヤフオク!ドームでプエルトリコとの強化試合に挑む。昨日は、8-3で快勝した侍ジャパンであるが、今日は苦戦。先発の菅野智之がヒット、盗塁、暴投、ボークで先制点を許す。3番手としてマウンドに上がった武田翔太もランナーを三塁に置いて犠飛を打たれ、1点を許す。一方で、日本打線はプエルトリコ投手陣を打ち崩すことが出来ない。前回のWBCで敗れた相手であるだけに手強い相手でもある。6回裏に相手チームの暴投で1点を奪い、1-2のまま9回裏へ。ここでチャンスを作ると、秋山翔吾がタイムリーを打って同点とし、嶋がサヨナラ安打。3-2で日本が逆転勝ちした。

 

11月7日(土)

午後5時30分から、大阪・上本町(うえほんまち)の新歌舞伎座で、ミュージカル「スコット&ゼルダ」を観る。アメリカン・ロスト・ジェネレーション(失われた世代)を代表する小説家、フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルドと妻のゼルダの悲劇的な人生を描いたミュージカルである。作曲:フランク・ワイルドホーン、脚本・作詞:ジャック・マーフィー、上演台本:蓬莱竜太(ほうらい・りゅうた)、演出:鈴木裕美(すずき・ゆみ)。

上演時間は途中休憩20分を含み約3時間5分という大作である。

主要キャストは、ウエンツ瑛士、濱田めぐみ、中河内雅貴(なかがうち・まさたか)、山西惇(やまにし・あつし)の4人で、いささか地味なためか客入りは今一つ。私の座った3階席はガラガラだった。

私は、高校1年生の時に、ヘミングウェイやフィッツジェラルドといった「失われた世代」の作家の小説を集中して読んでおり、明大在学中には「日本で『失われた世代』と名付けるに値するとしたら俺達の世代だよな」などと思っていたら、その後に朝日新聞が我々の世代を「ロスト・ジェネレーション」と何故か英語のまま名付けた。日本語で「失われた世代」とすると深刻に響きすぎるからだろうか。
『華麗なるギャッツビー(グレート・ギャッツビー)』などはロバート・レッドフォード主演の映画も含めて今一つピンと来なかったのだが、短編小説「雨の朝、巴里に死す(バビロン再訪)」「氷の宮殿」など数編は印象深い出来であり、敗残者の切なさがダイレクトに伝わって来た。村上春樹がフィッツジェラルドを評価していると知ったのはその後である。

代表作である『華麗なるギャッツビー(グレート・ギャッツビー)』は三度も映画化されているため(ギャッツビーを演じているのは1作目がロバート・レッドフォード、2作目がトビー・スティーヴンス、3作目がレオナルド・ディカプリオである)フィッツジェラルドは米国の小説家の中では知名度がある方で、他のお客さんもフィッツジェラルドの人生が知りたくて来ているのかと思っていたが、アフタートークで聞くとそうではなかったようで、普通のミュージカル好きのお客さんが来ていて、話が余りに暗いので驚かれたと濱田めぐみが語っていた。

セットは2階建て。2階の細い通路(バルコニーと書いたほうがわかりやすいだろうか)の中央に半円形にせり出した部分があり、左右から階段が下りている。オーケストラピットはなく、2階セットの後ろにバンドがいて演奏を行う。2階の壁は時折左右に開き、バンドの演奏を直接見ることの出来るシーンもある。


まずは山西惇が演じるベン・サイモンという三文作家が、スコット・フィッツジェラルドの夫人であったゼルダが入院しているノースカロライナ州の精神病院を訪れるところから始まる。山西惇演じるベンはストーリーテラー(狂言回し)であり、出ずっぱりである。最初のセリフは「雪が降っていました」というものであるが、このセリフはアフタートークでいじられることになる。

ベンはスキャンダルやゴシップを専門にしている作家。好きでそういうものを書いているわけではなく、その枠にしか入れなかったのだ。ベンは最近、スコット・フィッツジェラルド(ウエンツ瑛士)の『華麗なるギャッツビー(グレート・ギャッツビー)』が再評価されているということを語り、フィッツジェラルドは44歳の若さで亡くなったが、その妻のゼルダ(濱田めぐみ)の消息を辿ったところ、精神病院に入院していることを知り、ゴシップ記事が書けないかと、わざわざゼルダを訪ねてきたのだ。

精神病院に入院しているぐらいなのでちゃんとした話が聞けるのかどうかが最初の問題であったが、ゼルダはきちんとした服装をしてにこやかに現れ、ベンを動揺させる。他の入院患者は患者用の服を着ているのだが、ゼルダだけは落ち着いた身なりなのだ。ゼルダが統合失調症(舞台では以前に使われていた「精神分裂病」が用いられている)という不治の精神病を患っているのは確かなのだが、病状は比較的軽いようだ。ゼルダは入院している理由を「ここは静かだし、どんなに読書をしても怒られることはないから」とベンに告げる。

ゼルダは「全米初のフラッパー(日本でいう「モダンガール」=「モガ」に相当するもので、それまでとは一線を画した服装や生活スタイルを持つ女性を指す言葉。串田和美の『もっと泣いてよフラッパー』でもよく知られている)」であり、毎日のように新聞の紙面を飾っていた。18歳の頃はモテまくりであり、人目を引くために肌色の水着を着てプールに飛び込むなど、目立ちたがり屋でもあったらしい。当初は「自由を奪われる」という理由で結婚などする気もなかったのだが、ゼルダを翻意させたのがスコット・フィッツジェラルドであった。

ゼルダがスコットと出会ったのは、ゼルダの地元・モントゴメリーにおいてだった。1917年、予備将校訓練学校に入っていたスコットは仲間と共にアラバマ州モントゴメリーを訪れる。そこでゼルダを一目見て恋に落ちた。
スコット(ミドルネームであり、「スコットはミドルネームさ」というシーンもあるが、フランシス・スコット・キーというのはアメリカ国家「星条旗」の作詞をした遠縁の人物と同じであり、ごっちゃにされるのが嫌でスコットをファーストネーム代わりに使ったのかも知れない。ポール・マッカートニーと同ケースである)は作家志望であり、それも並みの作家ではなく、アメリカを代表するような作家になるのだという夢を持っていた。ゼルダに小説家としての夢を語り(ゼルダは小説家という職業について、「一人で部屋に閉じこもって世の中とやらを分析している方ね」と皮肉を言うが、スコットは「真実は書くが汗臭い部分はカットする。そういう仕事です」と誇り高く述べる)、薔薇色の未来を想像する。だが、その想像の中にゼルダはいない。それが悔しくてという妙な理由でゼルダはフィッツジェラルドのプロポーズを受けいれ、二人は婚約することになる。

ベンは、「それで二人でニューヨークに出たわけですね」と聞くがゼルダは否定する。「最初の2年は、スコットはニューヨーク、私はモントゴメリーの遠距離恋愛」であり、そうなった理由はスコットが「作家として世に出るまではゼルダをニューヨークに呼びたくない」というものであった。だが、スコットと遠距離恋愛している間もゼルダは他の男性と付き合っている(スコットも他の女性と付き合っているのでおあいこであるが)。2年後、スコットがついに作家デビュー。処女作『楽園のこちら側』は、50万部のベストセラーとなり、スコットはアメリカン・ドリームの体現者となる。

時あたかもアメリカの最盛期と呼ばれる1920年代。スコットとゼルダは豪遊する夫妻として有名になる。だが、ある日、ゼルダはスコットの書斎の机の上に自分の日記が置かれてあるのを見て不審に思う。スコットに尋ねると、「君の日記を使って書いている」と悪びれることもなく言う。書いたばかりの原稿を読むと、なんとゼルダの日記が一字一句そのままに引用してある。スコットは「小説の中で君を書く」と言ってはいた。だが、ゼルダは自分の日記をスコットが勝手に「盗用」しているとは思いも寄らなかった。しかもスコットは「君のことを書くには君が日記に書いたことをそのまま書くのが一番だし、君の日記を僕が文章へと昇華している。だから、君の日記の文章はもう僕の文章なんだ」と本気で考えており、ゼルダに悪いとすら思っていない。

ベンは、スコットがゼルダをコマーシャルに利用したのではないかと疑う。スコットとゼルダが新聞や雑誌の紙面を飾ることで、スコットの小説家としての名声も上がる。そしてそのことで妻は心を病んでいく。ベンは、これならスキャンダルになるとして、『妻殺しの男 スコット・ギャッツビー』というタイトルまで思いつく。だが、実際のスコットは無邪気な男で、妻をコマーシャルに利用しようと考えつくような知恵が回る人間ではなかった。


スコットとゼルダの薔薇の日々も長くは続かなかった。ベンは、「1920年代には、パラマウントやコロンビア映画社が盛んに映画を作成し、ベースボールではニューヨーク・ヤンキースのベーブ・ルースのプレーに人々は熱狂した。時代の主役は次々に変わる。スコット・フィッツジェラルドも4〜5年で世間から忘れ去られてしまった」というようなことを語る。


ゼルダはベンに、「スコットはお金持ちのフリを続けていた。でもフリだけ。実際は借金だらけだった」と語る。

スコットの小説は大衆から「酷い出来」と酷評されるようになる。

ベンはゼルダに、『華麗なるギャッツビー』執筆の時の話を聞く。
リヴィエラに療養に来ていたフィッツジェラルド夫妻。ゼルダはパイロットのジョーゼン(中河内雅貴)と恋仲であり、スコットにも愛人がいる(舞台に登場はしない)。ジョーゼンとの出会いでスコットとの生活に疑問を抱いたゼルダは、ある日、スコットに離婚したいと申し出る。スコットは離婚に猛反対。ゼルダを屋敷の一室に閉じ込めてしまう。しかし、その時、スコットの脳裏に一つの物語が浮かぶ。「金持ちの色男がある女性に恋をする。男は高価なドレスを女性にプレゼントするなどして女性を靡かせようとするが、女性は男の正体がわからないため不安である。それでも男は女をものにするがそれが悲劇を呼び……」。物語が浮かぶなり、タイプライターを走らせるスコット。閉じ込められた部屋の中で絶え間なく続くタイプ音を聞きながらゼルダは「一生この人といることになるのだ」と悟るのだった。

その『華麗なるギャッツビー』であるが、同業者からは高く評価されたものの、売れ行きはさっぱりで、スコットに追い風は吹かない。

一方のゼルダはスコットの夫人だけに収まるのは本意ではなく、絵画、バレエ、小説執筆などを始める。特にバレエは1日8時間の猛稽古をするが、幼少の頃からバレエを始めるのが常識という世界にあって、27歳のゼルダがいくら頑張ろうが、無謀だと笑われるのがオチであった。絵画もものにならず、バレエも駄目。自伝的小説を発表するが、売れたのはわずか1396部。自費出版本の売り上げ以下という惨憺たるものであり、ゼルダは精神を病んでしまう。精神分裂病と診断された。

スコットは生活費と妻の入院費を稼ぐためにハリウッドに向かう。だが、スコットはハリウッドでは名前すら忘れられており、「フィッツジョン君だっけ?」などと言われる始末。おまけにスコットに回された仕事は、大衆向けのちんけなドンパチものや安手の恋愛ものの脚本。「芸術などいらない!」と言われたスコットは意に染まない仕事を続けていく。

そんな中、あるテーマを書いた小説をどちらが書くがで、スコットとゼルダは言い争いにある。ゼルダの主治医(中河内雅貴)を間に、スコットは「長編小説でしか書けない題材で、長編小説が書けるのは僕だけだ」と主張するが、すでの小説を書いているゼルダは「8年間、長編小説をただの1編も書いていないのはどこの誰かしら?」と当てこする。

結局、スコットがゼルダの原稿を破り捨てるまで喧嘩は続くが、スコットはゼルダに、「ゼルダ、文章を書くというのは文字を羅列することではないんだ。文体は命。人が歩き、腰掛ける、ただそれを描写するだけで世界が変わっていく。文章は生き物なんだ」と語る。


ハリウッドと東海岸、スコットとゼルダは離れて暮らし続ける。スコットが最後に訪ねてきた時のことをゼルダはベンに語る。ゼルダの容色が色褪せてしまったのは自分のせいだとスコットは自責の念を口に出す。だが同時に本当に愛したのはゼルダだけだと伝える。スコットがアルコール依存症が引き起こした心臓麻痺により44歳で早世するのはその数ヶ月後だった。

スコットがゼルダに送った最後の手紙には、「医師はアルコール依存症でありながら、この年まで心臓発作を起こさなかったのは奇跡だと語った。だが、療養することで心臓も良くなってきている」と書かれていた。だが、心臓は良くなっておらず、スコットは帰らぬ人となる。


その話を終えた後で、ゼルダはベンに、「ところであなた、自信はあるの?」と聞く。ベンは、「自信も何も、私は生活のために文章書いているような作家でして」と告白し、ゼルダに「じゃあ、自信も誇りもなく作家をやっているのね」と怒気を含んだ口調で迫られた時に、「金のために仕方なく作家をやっている人間もいるんです」と自己弁護する。ゼルダは怒り、「生きている意味がない!」などと叫ぶ(実は、台本にはゼルダが怒るところまでのセリフしか書かれておらず、その後のセリフは濱田めぐみに任されていたそうだ。そのことはアフタートークで語られたが、当の濱田は、「え? あたし、そんなこと言った?」と覚えておらず、ゼルダが乗り移ったまま無意識に口を突いて出た言葉であることがわかった)。

ゼルダは医師や看護師達によって、強制的に隔離される。

 ベンは、精神病院を後にしようとするが、思い返して、再びゼルダの病室を訪ねる。ゼルダはスコットの小説について、「なんとしてもしがみついてやろうという強い精神力、我々アメリカ人が多くは諦めてしまったものを彼は持ち続けていた。彼の小説には輝くような生命力と強靱なスタミナがある」と評する。フィッツジェラルドの遺作『ラスト・タイクーン』は未完に終わったが、ゼルダはフィッツジェラルドの不屈の魂が宿っているとして、知り合いのいる出版社に掛け合って出版して貰ったのだという。そして、ゼルダも諦めることなく今も小説を書き続けている(数年後、精神病院は火事になり、ゼルダは巻き込まれて自身の小説と共に48年の短い人生を散らした)。スコットとゼルダの逞しさに打たれたベン・サイモンはフィッツジェラルド夫妻のことを記事にするのは止めた。だが、この不思議な夫妻の魅力、その一挙手一投足、「二人だけが見ることの出来た風景」などに惹かれ、本格的な文学作品を書いた。そのタイトルは「スコット&ゼルダ」である。


ミュージカル「ラ・マンチャの男」に似たメッセージを持つ作品であった。特に目新しいものではないが、観る者に勇気を与えてくれるメッセージである。「諦めるな、諦めるな、絶対に諦めるな」。これはウィンストン・チャーチルのモットーであったそうだが、これは励ましであると同時に、安易に諦め、惰性で生きようとする我々への戒めでもあるように思う。確かに栄光は短く空虚かも知れない。だが、目指すのは栄光でなくても良い。己を曲げないことも大切なのだ。

私は合理的にものを考えるのが好きなので、一度、客におもねるような解釈に自作を変えようとして、「それはやらない方が良い」と言われたことがあるが、確かに、何をするかは自分が決めることで相手に合わせることではない。その時の私は己を曲げてしまっていたわけで、フィッツジェラルドのタフさの対極にいたわけである。そして今、思い返すと、解釈を変えないで良かったとも思う。私ももっとタフであるべきなのだろう。

主要キャスト4人を始め、出演者は端役に至るまで、歌、ダンス共にレベルが高く、日本ミュージカル界の底力を知る思いである。演奏も充実。フランク・ワイルドホーンの音楽も分かりやすいが、その分、圭角がないため記憶には残りにくい。

スコット役のウエンツ瑛士は優れた歌唱を披露したが、彼はタレントでミュージカルが本職ではないため、バリバリのミュージカル歌手である濱田めぐみに比べると声が浅いところから出ており、ファルセットもやや不安定ではある。だが、ここまで歌えれば十分だとも思う。

佐々木蔵之介が実力を認めたことで知られる蓬莱竜太の手掛けた台本もなかなかのもの。蓬莱本人の作で私が「これは優れている」と思ったものは残念ながらまだないのだが、「スコット&ゼルダ」では良い仕事をした。

鈴木裕美の演出も優れていたように思う。


終演後、ウエンツ瑛士、濱田めぐみ、中河内雅貴、山西惇の4人によるアフタートークがある。

ウエンツ瑛士が、「みんな(他の3人)は、大阪、慣れてるでしょ」と言ったので、何のことかと思ったが、実はウエンツ瑛士が大阪で舞台を演じるのは今日が初めてなのだという。知名度のある人なのでとっくの昔に大阪での舞台を踏んでいるものだと思っていただけにかなり意外であった。ウエンツは、「山西さん(京都市生まれ京都大学卒。劇団そとばこまち出身)から、『大阪のお客さんは違うよ』と聞かされていたので、不安でしたが、確かに違いました。ですが今日は背中を押される思いでした」と語る。
大阪のお客さんはとにかく盛り上がるので、演じる方としてはやりやすいと思う。東京のお客さんは結構冷たいので。

司会の女性が出演者に、「一番記憶に残ったセリフ」を挙げるよう促す。4人はセリフを思い出すために頭を抱える。中河内は、「最初の山西さんのセリフで、『雪が降っていました』」とボケると、ウエンツも「雪が降っていました」と同じことを言う。ウエンツが本当に記憶に残ったセリフはゼルダの「婚約って行動する権利を束縛するものなの?」というもの。スコットと婚約中のゼルダが男遊びを見とがめられて放ったセリフであり、ウエンツは袖で着替えながらゼルダのセリフを聞いているのだが、このセリフが出てきた時だけ、着替えの腕がピクッと止まってしまうという。

山西は、やはりゼルダのセリフで「男の人が私に恋するのには慣れているから」というもの。普通は「男の人に恋するのには慣れているから」と来そうなものだが、実際は逆なのである。ゼルダという女の不思議さが浮かび上がるセリフである。

濱田は、「文章は文字の羅列じゃないんだ。生き物なんだ」というセリフに考えさせられるものがあったそうで、「文章を不正確に扱ってはいけない」ということで、ずっと台本を読み、今では台本はボロボロ状態だそうである。

濱田は、「ゼルダという、この不思議な人、どこに行っちゃうんだろう?」と言う。「ずっと一緒にいて、体に馴染んだのに、明日の公演でさよなら。それからゼルダはどこに行っちゃうんだろう?」
ウエンツが「新幹線に乗って一緒に品川で降りるんだ」と言うが、濱田は「私、新横浜、神奈川県(在住)だから」と別の話になっていた。

 

11月8日(日)

昨日の「スコット&ゼルダ」の内容で、今日になって思い出したことを付け加える。
女優の岩崎ひろみさんは、IQが154で、一度観た舞台のセリフを全て覚えるという特技を持っているそうだが、私は当然ながらそんな特殊能力は持ち合わせていないので、重要なセリフが話された場面を頭の中で録画するようにして覚えるのだが、不正確な部分も多い。

ということをやっていたので、今日は京都コンサートホールで演奏会を聴く予定があったのだが、出掛けるのが少し遅れる。今日の演奏会は開演前に室内楽のロビーコンサートが行われることが多いので、それに合わせて出掛けるが、京都コンサートホールに向かって歩いている途中で、「あ、今日は午後2時30分開演じゃなくて午後2時開演だった」と思い出す。定期演奏会のマチネー公演がいつも午後2時30分開演なので、今日もそうだと思い込んでいたのである。ただ、室内楽を聴くために早めに出たので、開演10分前には指定席に着いていた。室内楽は演奏があったのかどうかすらわからないが、本編が聴ければそれで十分である。

 

午後2時から、京都コンサートホールで、京都市交響楽団 オーケストラ・ディスカバリー2015 〜こどものためのオーケストラ入門〜 「オーケストラ大発見!」第3回“主役はだぁれ?”を聴く。

〜こどものためのオーケストラ入門〜とあるが、曲目は本格的、というよりむしろ玄人好みとも思えるものが並ぶことが多い。「親子で楽しめるクラシックコンサートを」という意図があり、親も納得させられるような演目をセレクトしているのである。勿論、親子でなくても子供でなくても演奏を聴くことは出来る。


今日の指揮は京都市交響楽団常任首席客演指揮者の高関健。ナビゲーターはロザンの二人である。


曲目は、ヴィヴァルディの「四季」より“秋”(ヴァイオリン独奏:渡辺穣、チェンバロ:高関健)、ブラームスの交響曲第1番より第2楽章、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲(ピアノ独奏:児玉桃)、バルトークの「舞踏組曲」から第2舞曲、第3舞曲、第5舞曲、終曲、チャイコフスキーの交響曲第4番から第1楽章。

定期演奏会でもないのに児玉桃クラスのピアニストがソリストとして出演するというのは結構凄いことである。


まずはヴィヴァルディの「四季」より“秋”。高関は正面客席の方を見るようにしてチェンバロに向かい、開始の合図だけを左手で行って、後はチェンバロ演奏に専念する。京都市交響楽団のコンサートマスターである渡邊穣のソロであるが、渡邊は今日は「四季」より“秋”のヴァイオリン独奏を担うだけで仕事は終わりであり、コンサート全体のコンサートマスターは泉原隆志が務める。

小編成での演奏。当然ながらピリオド・アプローチは意識しているが、「頭の中にはある」といった程度で、ピリオドを前面に押し出すことはない。少なくとも数年前にイ・ムジチ合奏団が行ったような「先鋭的」とも思えるピリオドではなかった。渡邊穣の本職はあくまで「京都市交響楽団のコンサートマスター」なので、ソロ活動をしているヴァイオリニストの演奏に比べると音色面でもメカニックでも物足りないのは確かである。ただ、高関のチェンバロも含めて温かみのある演奏にはなっていた。


演奏終了後に、ロザンの二人が登場し、宇治原史規が高関と渡邊を紹介する。2曲目であるブラームスの交響曲第1番第2楽章から管楽器が加わるのであるが、首席フルート奏者の清水信貴、首席オーボエの高山郁子、首席クラリネットの小谷口直子、首席トランペットのハラルド・ナエスが今日は勢揃いする。後半の演目が大曲ではないということも関係しているのであろうか。

ロザンの二人は、京響のコンサートマスターが二人いるということを確認する。宇治原が「二人同時に演奏するということもあるんですか?」と高関に聞き、高関は「定期演奏会という一番重要な演奏会では二人並んで演奏することもあります」と答える。

高関が「今日のコンサートマスターは彼です」と泉原を指し、ロザンの二人は、「ああ、お馴染みのイケメンの」と泉原を評する。菅広文が、「イケメンだから一番前ということではないですよね?」と泉原に聞き、「そんなこと言ったら、一番後ろの人達どうすんねん?!」と宇治原に突っ込まれる。菅ちゃんは今日も泉原に「お給料はどれくらい貰っているんですか?」と聞いていた。

ヴィヴァルディの演奏スタイルが指揮なしだったことにロザンの二人は触れ、高関が「指揮者が登場するのはもっと後(の時代のこと)です」と答えた。ちなみに、ヴィヴァルディでは渡邊穣が最前列にいてリードしていたため、菅ちゃんが、渡邊に「指揮者のような気分になるんですか?」と渡邊に聞いたが、渡邊によると「そんなことは全くない」そうである。出だしを示す高関がいる上に、編成もあって室内楽の延長といった気分なのだろう。

チェンバロの紹介も行ったが、菅ちゃんはチェンバロで「ドレミの歌」の冒頭を右手で弾いて、宇治原から「よくその曲弾こうと思えたな。ここのホールでその曲弾いたの多分、お前が初めてや。心が強いわ」と言われる。


今回のタイトルが「主役はだぁれ?」ということで、ヴィヴァルディではヴァイオリン独奏が主役であったが、ブラームスの交響曲第1番第2楽章にはコンサートマスターによるヴァイオリンソロがあり、コンサートマスターが主役になる。

実は高関指揮京響の演奏によるブラームスの交響曲第1番は全曲の演奏を9月に聴いたばかりである。その時も高関はこの曲をノンタクトで指揮したが、今日も同様である。

高関の指揮であるが、拍をきっちりと刻む端正なもの。ブラームスでは完全に弦楽主体の指揮であり、管楽器のソロは出だしを示すだけで、その他はベースを築く弦楽器に丁寧に表情を付けていく。京響の管楽器奏者は名手が多いので、ある程度任せても大丈夫という思いもあるのだろう。
泉原によるヴァイオリンソロも美しかった。


続いてはピアノコンチェルト。ピアノ独奏者が主役である。ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲ニ長調が演奏される。菅ちゃんが「右手だけならわかりますが」と言うと高関が、「ヴィトゲンシュタイン(パウル・ヴィトゲンシュタイン。著名な哲学者であるルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの実兄である。ちなみにヴィトゲンシュタイン兄弟は男ばかりの5人兄弟であったが、パウルとルートヴィヒを除く3人は全員自殺している)というピアニストが戦争で右手を負傷したため、左手だけで弾けるピアノ曲を沢山依頼して、その中の1曲がラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲」と説明する。菅ちゃんが「利き腕で有利不利があるんでしょうね」と聞くが高関は「どうなんでしょう。余りないんじゃないでしょうか。今日のソリストの児玉桃さんは右利きですが。さっき楽屋で聞いたところ、『私は右利き』と仰ってました」と利き腕による有利不利については否定気味ではあったが明言はしなかった。人種に関わらず、人類は約9割が右利き、残りの約1割が左利きである。右利きが圧倒的に多いことと左利きの人も存在する理由については詳しいことはまだわかっていない。ただ「適者生存」であるため、ある程度は左手を利き腕とする人がいた方が不測の事態が起こったときに人類として子孫を残しやすいのではないか、とはいわれている。
「生存」などというご大層なことまで話を進めなくても、スポーツの世界、例えば野球などでは左利きの選手は必要不可欠であるし、サッカーなどでも良いレフティーの選手がいるチームは強い。


真っ赤なドレスで登場した児玉桃。お馴染みとなった結晶度の高い音色を生かしたリリカルなラヴェルを奏でていく。児玉姉妹の妹の方である児玉桃は大阪府出身であるが、1歳の時に一家で渡欧し、ドイツで初等教育を受けた後で13歳の時にフランスに行き、パリ国立音楽院に入学、16歳で卒業している。現在もパリ在住であり、フランスものは得意としている。日本国籍を持つ日本人ピアニストであるが、物心ついたときからヨーロッパにいたので、内面も日本人なのかどうかはわからない。

ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調はジャズの要素なども取り入れた明るくて分かりやすいものだが、左手のためのピアノ協奏曲ニ長調は逆にミステリアス。何かが蠢くような出だし、オリエンタルな要素を取り入れた旋律など、実験的要素が濃い。高関指揮の京響はラヴェル音楽の奥深さを緻密な演奏で描き出していく。


後半。今度は指揮者が主役の曲を演奏したいということで、変拍子だらけという、バルトークの「舞踏組曲」より第2舞曲、第3舞曲、第5舞曲、終曲が演奏される。4分の2拍子から始まって、4分の5拍子、8分の12拍子などと目まぐるしく拍子が変わる。拍子によってテンポも変化する。
バルトークが祖国であるハンガリー民謡を採集して回り、それらを題材にした曲であり、アジア系のフン族を祖とするというハンガリーの旋律はどこか東洋的な要素を宿している。高関の指揮棒は切れ味抜群である。

拍子やテンポが次々に変わるため、演奏終了後に宇治原は、「メドレーを聴いてるみたいでした」と語る。


ラストはオーケストラメンバー全員が主役になるような曲をということで、チャイコフスキーの交響曲第4番より第1楽章が演奏される。精緻なアンサンブルとパワフルなサウンドを特徴とする演奏。チャイコフスキーの焦燥感などは余り伝わってこなかったが(高関はチャイコフスキーの音楽に共感しているようだったが、チャイコフスキーの楽曲というのは共感すると逆に本質から遠ざかるような難しさがあるように思われる)、音楽的には充実した出来映えであった。

 

世界野球プレミア12。侍ジャパンは札幌ドームで韓国代表と対戦する。日本の先発は大谷翔平。
一昨日のプエルトリコとの強化試合で手の甲にデッドボールを受け、病院に行った中村剛也は、大事には至らなかったようで、今日も日本の4番に入る。

大谷は、立ち上がりはストレートのスピードが150キロ前後と、彼としては今一つ走りが悪く、実況の席から見ると球がシュート回転していたそうだが、キャッチャーの嶋が左打者の内角を突く球を要求して、修正することに成功。スピードがみるみる上がり始める。そして、MAX161キロを記録したストレートと、140キロ台後半のスプリット(実況中継のアナウンサーや解説者はフォークと表現し、テロップでもフォークだったが、スローVTRで見た限りでは典型的なスプリットの握りであった。後でWebで検索したところ、大谷自身が「指が短いくて深くは握れないのでスプリットの近いのですが」と前置きした上で持ち球を「フォーク」と明言しているため、フォークと呼ぶことにしているようである。一方で、大谷はスプリットも投げており、基本的に140キロ台後半まで出るのはスプリット、140キロ台前半以下がフォークということになるらしい)、スライダー、時折交ぜるカーブを武器に韓国打線を寄せ付けない。161キロのストレートはボールであったが、160キロを記録した2球はいずれもコーナーに決まるストライク。まず打たれない球である(山田哲人が大谷と対戦した時の印象を「140キロぐらいかなと思ったら150キロ」と語っており、体感速度は−10キロ程度らしいが、これはあくまで山田が抱いた印象である)。大谷は6回を投げて無失点。10奪三振の好投であった。

韓国の先発投手、左腕のキム・グァンヒョンは投げっぷりも球の質も良いがコントロールが悪く、2回裏に、スライダーをキャッチャーが捕れずに、中田翔に振り逃げで出塁を許すと、松田にはライト前へのヒットを打たれる。今日は8番に入った平田良介の当たりはサードへのゴロだったが、サードベースにボールが直接当たってバウンドが変わり、ボールがファールゾーンを転々としている間に中田が返って日本が先制。その後、嶋は倒れるも秋山翔吾が四球を選んで満塁となり、今日は2番・ショートで先発出場の坂本勇人が犠飛を放ってもう1点を追加する。2-0。
この後、日本はピックアッププレーを仕掛けるが失敗。ホームタッチアウトで更なる得点はならなかった。

平田は5回にも二塁一塁からライト前にタイムリーを放って、3-0と日本がリードを拡げる。そして6回裏には坂本がレフトへのソロホームランを放ち、4-0となる。8回裏には強化試合で余り良い活躍が出来なかった山田哲人がタイムリーツーベースを放ち、5-0と相手を突き放す。

日本の2番手投手、則本昂大は自己最速となる157キロを記録。8回表に二死満塁のピンチを迎えるも、相手打者から三振を奪い、切り抜ける。。クローザーを務めた松井裕樹は9回表に登場し、いきなり三連打で無死満塁のピンチを招くが、後続を三振、ショートフライ、ファーストファールフライに打ち取って0点で切り抜け、日本が5-0で初戦を飾った。

この後、侍ジャパンは戦いの地を台湾に移して、プレミア12Bグループに入った4つの国の代表と戦う予定である。

 

11月9日(月)

世界的な映画音楽作曲家であるジョン・ウィリアムズの音楽を集めた「ジョン・ウィリアムズ ザ・グレート・ムービー・サウンドトラックス」という4枚組激安BOX(ソニー・クラシカル)から、3枚目の「スター・ウォーズ」の音楽と、1枚目の「ハリー・ポッターと賢者の石」、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」、「戦火の馬」、「サブリナ」、「遥かなる大地へ」、「SAYURI」からの映画音楽とオリジナル管弦楽曲作品である「アメリカン・ジャーニー」を収めたCDの2枚を聴く。

「スター・ウォーズ」はこれまでに6作作られたシリーズのサウンドトラックからの抜粋盤で、オーケストラは全てロンドン交響楽団。ジョン・ウィリアムズ自身が指揮している。

「ハリー・ポッターと賢者の石」の音楽などを集めたCDも指揮は全てジョン・ウィリアムズであるが、演奏しているのはロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、レコーディング・アーツ・オーケストラ・オブ・ロサンゼルス、シカゴ交響楽団といった複数の団体である。


ジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグの映画音楽を手掛けて、世界最高の映画音楽作曲家の名声を手にしたジョン・ウィリアムズ。ジョンというファーストネームもウィリアムズという苗字もありふれたものであるため、ジョン・ウィリアムズという同姓同名の有名ギタリストがおり、混同を避ける時はミドルネームであるタウナーの頭文字を入れたジョン・T・ウィリアムズという表記もされる。

また長きに渡ってボストン・ポップス・オーケストラの指揮者を務め、現在は同楽団の名誉指揮者の地位にある。

ゴージャスで鳴りの良い音楽を得意としているが、「SAYURI」(「メモリーズ・オブ・ゲイシャ」)の映画音楽を編曲したチェロと管弦楽のための組曲「メモリーズ・オブ・ゲイシャ」では、オリエンタルでミステリアスにして艶っぽい音楽も作曲している(台湾系のチェリストであるヨーヨー・マも参加している。オーケストラはシカゴ交響楽団)。

「スター・ウォーズ」シリーズの音楽は、このBOXに収められた音楽だけでは十全に楽しむことは出来ないかも知れない。そこはやはり激安BOXで、「もっと楽しみたかったら定価のCDを買え」ということなのかも知れない。ただ、演奏自体はいずれも優れている。

ソニー・クラシカルの激安CDBOXシリーズは一応リマスタリングはされているが音質は多少かさつき気味で、解説は一切付いていない。ファーストチョイス用ではないともいえる。

 

こちらもソニー・クラシカルから激安BOX盤として出たブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団の「ベートーヴェン交響曲全集」より、交響曲第4番と交響曲第6番「田園」を聴く。

交響曲第4番は結構雄渾な演奏である、ワルターの作る音楽は「意気軒昂」という言葉が一番ピッタリくるもので、女性的な交響曲とされる交響曲第4番を男性的に演奏している。

ワルター指揮コロンビア交響楽団の演奏によるベートーヴェンの交響曲第6番「田園」は、「不滅の名盤」に数えられているもので、録音から半世紀以上を経た今でも多くの人から最高の「田園」の演奏と讃えられている。音色は瑞々しく、ワルターが採ったテンポも最良で、音が泉のように沸いてくる「世紀の名演」である。

 

八代亜紀のブルース・アルバム「哀歌 ―aiuta―」を聴く。日本コロムビア。

演歌歌手である八代亜紀であるが、ジャズにも力を入れており、今度はジャズの原形でもブルースのアルバムを発表した。八代亜紀のディスコグラフィーの中でも異色の部類に入るアルバムである。
「セントルイス・ブルース」などの洋楽のブルース(英語詞のまま歌われている)と、「別れのブルース」、「夢は夜ひらく」(藤圭子による「圭子の夢は夜ひらく」バージョンの方が有名である)という日本のスタンダードブルース。更には中村 中らの手による新作ブルースの三本柱からなっている。

八代亜紀のハスキーな声を生かした「もののあはれ」が漂うアルバム(知り合いにハスキーな声を持つ年上の女性がいるので、その人の顔が浮かんでしまうのが難点だが)で、聴き応え十分である。八代亜紀の有名演歌曲は聴いたことはあるが、八代亜紀のアルバムを購入するのは初めて。これからも新しい音楽を聴くという姿勢は崩さずにいきたい。

 

所属する選手が野球賭博に関わっていた問題で、読売ジャイアンツの福田聡志、笠原将生、松本竜也の3人と契約を解除することを発表した。ダーティーな選手を敢えて獲得する球団があるはずもなく、3人は事実上の永久追放となる。松本竜也は入団時から悪人面をしていたが、「本当にワルだった」では洒落にならない。

 

11月10日(火)

読売巨人軍から契約解除処分(解雇相当)となった、福田聡志、笠原将生、松本竜也の3人に対して、NPBは、「無期限失格」という判断を示した。八百長には関与していないため「永久失格」とはならなかったが、今後、彼らを獲得に乗り出すチームも当人達がプロ野球で活躍する可能性もゼロであるため、事実上の永久追放である。「野球賭博はやっていけないことと知っていながら行い続けたことで、日本プロ野球に対する信頼を著しく損なう」というのが、事実上の永久追放とする理由である。今後、この中から逮捕者が出る可能性もある。

日本プロ野球で「有害行為による失格者」が出たのは、「日本の黒い霧」事件以来であるという。黒い霧で永久追放になった池永正明は実際には八百長には関係しておらず、その後名誉回復がなされたが(遅きに失した感は否めないが)、今回の3人に関しては名誉回復の可能性も皆無である。

巨人軍にも選手管理が不十分だったとして制裁金1000万円が科された。

 

4枚組激安BOX「ジョン・ウィリアムズ ザ・グレート・ムービー・サウンドトラックス」から2枚目のCDを聴く。「ジョーズ」、「E.T.」、「タンタンの冒険」、「リンカーン」、「7月4日に生まれて」、「シンドラーのリスト」、「ジュラシック・パーク」、「太陽の帝国」、「未知との遭遇」、「続・激突!カージャック」の映画音楽を収録。指揮は全曲、ジョン・ウィリアムズ本人が担当。オーケストラはバラバラで、ロンドン交響楽団、ボストン・ポップス・オーケストラ、シカゴ交響楽団、ピッツバーグ交響楽団が受け持っている。「シンドラーのリスト」ではユダヤ人ヴァイオリニストであるイツァーク・パールマンがソリストとして参加しており、合唱もシカゴ交響合唱団、アメリカ少年合唱団、タングルウッド音楽祭合唱団などが参加している。

激安BOXでの発売であるため、音質に関しては定価で個々に出ている音源を買った方が良いかも知れない。ただ、演奏に関しては自作自演ということもあって優れたものが並んでおり、とにかくジョン・ウィリアムズの音楽に浸りたいという人にはお薦めである。

 

11月11日(水)

クリーニング店に冬物のジャケットを出しに行く。3着出す予定が、1着は虫食いの穴が開いていてもう駄目であることに気付いたので2着に留める。誕生日が近いのでサービスでクリーニング代は半額になる。

 

世界野球プレミア12。侍ジャパンは台湾・台北の天母棒球場(野球場)で、メキシコ代表と対戦する。天母球場は1999年竣工だが、台湾の球場の中では古い部類に入るそうで、試合前に両国の国歌が流れるはずが機械のトラブルでなかなか流れなかったり、スピードガンが途中で故障するなど、ハードとして問題がありそうである。台湾野球はメートルではなく、フィートを採用しているようで、両翼はメートルに直すと99.1m(325フィート)、中堅は121.9m(400フィート)とメートルとしては半端な数になってしまう。
照明は内野は明るいが、外野は日本のプロチームが本拠地としているスタジアムに比べるとやや暗めである。


日本の先発は前田健太。今年度の沢村賞にも選ばれた日本のエース・マエケン。今日もバックネット裏にはメジャーからのスカウトが数多押し寄せているという。

メジャースカウトにアピールするために初回は2者連続奪三振から入るなど力投した前田であったが、2回表、先頭のR・ロペスに先制ソロ本塁打を許す。丁度この時、スピードガンが故障中だったので、スピードに関しては判らないのだが、コース的には甘い球ではなかったはずなのだが。ただ、その後もメキシコ打線は日本投手陣から着々と加点していったため、メキシコが思った以上の難敵であることがわかる。振り返れば、第1回WBCの日本決勝進出をアシストしたのがメキシコであった(メキシコがアメリカに勝利したためアメリカの決勝進出がなくなった)。

2回裏、一死から筒香嘉智がヒットで出ると、中田翔が左中間へのツーランホームランを放ち、日本代表が逆転する。ちなみに天母球場には外野スタンドはない。当初は作る予定だったのだが、天母地区の住民から「騒音になる」と苦情が来たため取りやめになったそうだ。ちなみに天母地区は高級住宅街だそうだが、なぜそんなところに球場を作ろうと思ったのかは不明。他に適当な場所がなかったのかも知れないが。

3回裏にも筒香のタイムリーに中田翔の犠牲フライもあって、4−1と日本はリードを拡げるが、メキシコの選手の好守好打が目立つため、試合の流れがメキシコ側に流れているような雰囲気をどうしても感じてしまう。


4回表に、前田はツーアウトから連打を浴びて2点目を献上。その後も失点には結び付かなかったものの、暴投をするなど、メジャースカウトに十分なアピールが出来たとは言いにくい内容であった。ただ5回にはギアを上げて2つの三振を奪う。マエケンは5回を2失点に、「何とか」という形ではあったが抑えて、後続にマウンドを譲る。

5回裏に中田のタイムリーで5−2と突き放した日本であったが、6回表、日本の2番手としてマウンドに立った西勇輝がいきなり連打を浴びて1点を返される。その後もピンチを招いた西であるが、何とか踏みとどまる。

7回表、日本の3番手投手は大野雄大。ムービングファーストボールを最大の武器とするピッチャーであるが、北中米ではストレートは動く方がスタンダードということもあってか、先頭打者にヒットを許すと、次の打者がセーフティー気味の送りバント。一塁セーフとなりセーフティーバント成功となる。続くバッターも送りバントであったが、サードとピッチャーの間に転がすという巧みなもので、大野がサード・松田宣浩の動きを確認するためにいったん止まったということもあるが、バントヒットとなり、無死満塁のピンチを招く。続くバッターはゲッツーに打ち取るが、その間に三塁ランナー生還、5−4と追い上げられる。ここで小久保監督は大野を諦め、アンダースローの牧田和久をマウンドに送る。牧田は期待に応えて三振を奪い、更なる追加点は許さなかった。

日本が追加点を奪えないままであったが、8回表は増井浩俊がMAX151キロのストレートを武器にメキシコ打線を抑える。

そして、9回表のマウンドにはジャイアンツの守護神である澤村拓一が上がる。澤村も最初のうちはストレートがホップしている感じであったが、マシアスの打ち上げた打球は球威に押されて、ファースト、セカンド、ライトの丁度中間へと飛んでしまう。セカンド・山田哲人が何とかグラブに当てるが、捕球は出来ず、ヒットとなる。続くA・ロペスは送りバントで一死二塁となり、メドラーノをキャッチャーゴロに打ち取って、二死三塁とする。対戦するのは代打のT・トーレス。T・トーレスとの対戦時に澤村のストレートは151キロをマークするが伸びが感じられない。ペナントレースの疲れや移動疲れ、慣れない環境でのピッチングということもあるのだろう。結局、澤村は2ストライクを奪いながらT・トーレスに投じたフォークが余り落ちず、ピッチャー返しのセンター前に抜ける同点タイムリーを打たれる。澤村は打球に反応するもグラブが僅かに届かなかった。メキシコの打力が目立つ試合となったが、澤村は続くJ・トーレスはショートゴロに打ち取り、勝ち越しは許さなかった。

9回裏、今日は盗塁に失敗する(その後に1盗塁に成功)など波に乗れていない感じのする山田哲人が先頭バッターであったが、山田は追い風にも助けられてライトオーバーのツーベースヒットを放つ。中村剛也は三振に倒れ、筒香が打席に立つが、メキシコは意外なことに筒香を歩かせて今日4打点と当たっている中田との勝負を選ぶ。筒香もここまで4打数3安打であるが、どちらかというと中田の方が怖いような気がするのだが。右投手なので左の筒香を嫌ったのであろうか。

当たっている中田は冷静に右中間にボールを弾き返し、山田が帰って日本が6−5でサヨナラ勝ち。中田は3打数3安打1本塁打1犠飛で、日本が挙げた6点のうち5つを自らのバットで叩き出すという大活躍であった。


傾向としては、北米のチームもそうであるが、中米のチームにはムービングファーストボールには慣れているので力で抑えようとしても難しい。ストレートも150キロオーバー程度では苦にしないようなので力投型投手も打たれやすい。アンダースローの投手は向こうにはほとんどいないのでやはり有効なようである。力勝負を挑んでくるくため、コントロールの精度が高い投手の方が抑えられる確率は高いと思われる。
投手であるが、パワーピッチャーがやはり多い。スピードガン表示では抜群に速いという感じではなかったが、押されるバッターが多かったため伸びがあるのであろう。リーディングヒッタータイプよりもバットを思い切り振れる長距離砲の方が相性は良いようである。

 

11月12日(木)

41歳になる。法律上は昨日ですでに41歳になっているわけだが(誕生日の前日に1つ年を取るという制度にしないと2月29日生まれの人は4年に1度しか年を取れなくなってしまう)、誕生日になって実感というのが普通のケースだと思う。これでフランツ・カフカやジョン・レノン、坂井泉水よりも長生きしたことになる。

 

例年だと誕生日には何もしないのだが、今年は解体工事を終えて、まだ漆喰の真っ白な姫路城を訪れることにする。京阪東福寺駅でJRに乗り換えたのだが、JR東福寺駅では姫路行きの切符は売っていないようで、いったんJR京都駅で出てから再度姫路行きの切符を購入する。JR西日本の新快速で西に向かうのは久しぶりだ。

大山崎付近で左側の車窓から整備された古墳が見える。山崎の戦いで明智光秀が本陣としたことで知られる古墳だろうか?


正午過ぎの姫路に到着。姫路に来るのは11年ぶり4度目である。ただ前回は姫路城には寄らず、姫路市立美術館でアンドリュー・ワイエスの美術展だけを見て帰っているため、姫路城に来るのは12年ぶり3度目である。2002年に京都に移住してまず姫路城を訪れており、翌年にも姫路城に行った。ただ、その後に姫路城に行くことはなく、2009年からは姫路城の天守が修復工事に入ったため、更に足は遠のき、三十代の時は結局一度も訪れなかったことになる。新快速が姫路駅に近づくと、右手に姫路城の天守が小さく見える。初めて姫路を訪れた時も遠くの天守を見て胸が躍ったものだが、今日もやはりワクワクする。

11年前に比べるとJR姫路駅も姫路駅前も、大手前通りもかなり変わった。JR姫路駅前にはお洒落なビルが幾つも建っているし、大手前通りは歩道が拡幅されており、姫路城の大手門の前には真新しいショップや飲食店が建っている。姫路城改修開けに向けて、みな着々と準備を進めていたようだ。


姫路城の大天守と三つの小天守の修復工事が今年に完了したが、他にも修復する箇所があるようで、山里丸などの一部の櫓は壁の外に鉄パイプが張り巡らされている。

三の丸公園の北側は芝生育成のようで、入ることは出来ない。


修復工事が終わり、世界中から観光客が押し寄せている姫路城であるが、今日も平日であるにも関わらず、天守に登るにはかなりの待ち時間を要する。ご存知のように昔からある城郭建築は階段が狭く、急であるため、訪れる人が多いと規制を掛けないと危険なのだ。特に天守の6階(最上階)5階に行くには、最上階にいるお客さんの多くが下の階に降りてから新たなお客さんを上げないと人が密集し過ぎて階段から落ちる人が出ることになる。ということで、天守からの眺めを味わう時間より「……」という感じで待っている時間の方が長い。最上階で刑部神社に参拝し、周囲の風景を眺めるが、人が多すぎてなかなか流れないため、楽しむ余裕はない。屋根瓦の間の漆喰が真っ白なのが築城当時(池田輝政の築城時)の姿を再現しているのだが、漆喰は三年ほどですすけて黒くなってしまうそうで、特に近年はPM2.5などがあるため、下手をすると二年持たずに黒ずんでしまう可能性もあるという。

天守の最上階からも、遠くの風景を眺めるよりも漆喰の確認をする時間の方が長かった。

備前丸(本丸南側)に下り、姫路城の天守を見上げる。13年前に姫路城を訪れた時も同じように備前丸から天守を見上げ、「やっと姫路城に来ることが出来た」と万感の思いであったが、その日のことを今日も思い出す。


以前に姫路城を訪れたときは、主役は千姫や池田輝政であったが、大河ドラマの影響で、現在は姫路城の主役は黒田官兵衛になっている。黒田氏時代の姫路城の遺構はほとんど残っていない。山里丸の下にある野面積みの石垣が黒田官兵衛時代のものとされているが、羽柴秀吉が築いたものかも知れず、確証はないようである。姫路城を築城したのは四職の一家である赤松氏とされているが、赤松氏の誰かかは確定していないようである(赤村則村とする説、赤松貞範とする説、赤松政則とする説がある)。その後に小寺氏、黒田氏の時代を経て(山名宗全こと山名持豊が城主だった時代もある)、羽柴秀吉が姫路に入城(城主は黒田氏のまま)。秀吉が三層の天守を建てるなど近世城郭の礎を築いている。羽柴大納言秀長の時代と木下家定の時代の後、池田輝政が関ヶ原の戦いの戦功により姫路52万石を与えられ、現在まで残る姫路城建築の多くが池田輝政によって築かれた。池田輝政は「西国将軍」「姫路宰相」と呼ばれる程の権勢を誇ったが外様大名であり、輝政の死後、池田氏宗家は鳥取に転封となり、池田光政の時代に岡山に転封となって、池田光政は岡山城主として名君との評価を得ることになる。

池田氏に代わって姫路城主となったのは徳川四天王の一人・本多忠勝の子である本多忠政である。更に本多忠政の子である本多忠刻の正室として徳川秀忠とお江の方の娘である千姫が嫁いできたため、姫路城は西の丸を拡張。西の丸は姫路城の大奥的存在となる。本多忠刻と千姫のためには大手門の近くに武蔵野御殿という名の御殿が建てられたが現存していない。本多忠刻と千姫の間には一男一女が生まれたがいずれも早世。忠刻も若くして亡くなったため、千姫は剃髪し、江戸に戻って最初の夫である豊臣秀頼と二度目の夫である本多忠刻の菩提を弔いながら静かに過ごした。ちなみに千姫が江戸で狂女になったという伝説は何の根拠もない完全な創作である。

その後は、榊原氏、結城松平氏など有力譜代や御家門が城主となり、雅楽頭系酒井氏が長く城主を務めて明治を迎えている。


ちなみに、当時の技術では五層の天守を支えるのは難しく、江戸時代を通して姫路城の大天守は東に傾いており、「東に傾く姫路の城は花のお江戸が恋しいか」などといわれていた。


西の丸の百間廊下と化粧櫓も見て回る。展示が新しくなっており、歴代城主の案内も残っている肖像画を基にした大型パネルにするなど見やすいものに変わっていた。


本当は姫路市内の他の場所にも行きたかったのだが、姫路城は見所が多く、城内で午後4時を迎えてしまい、他の場所に行くことは叶わないまま姫路を後にすることになった。

 

世界野球プレミア12、侍ジャパンは、台湾の桃園国際棒球場(野球場)で、ドミニカ代表と対戦する。桃園国際球場は2009年竣工と比較的新しい野球場だそうである。桃園市は台北から南西40キロに位置する街。昨年、元々の桃園市が周辺にある桃園県と統合され、新たな桃園市としてスタートしたばかりだという。台湾の空の玄関は台湾桃園国際空港だそうで、人口も200万人を超えるなど、かなり大きな都市のようである。

名選手の産地と知られているドミニカ。今回の大会では2戦2敗であるが強豪であることには変わりはない。

日本の先発は武田翔太。4イニングスを0封するが、脚を痛めて、4回を終わったところで降板する。

日本は初回、山田哲人がツーアウトからレフト線を破るツーベースヒットを放ってチャンスを作る。続く4番・中村剛也の当たりは平凡なセカンド後方へのフライ、かと思いきや、セカンドとライトの交錯プレーとなり、セカンドが落球。記録はライトのエラーとなる。ツーアウトなので山田はスタートを切っており、ホームを陥れる。日本は相手のミスで先制点を手に入れる。


4回表には四球二つでチャンスを作ると、中田のタイムリーで2点目を奪う。


5回裏から小川泰弘が緊急登板。5回と6回を3人で抑えるが、7回裏、日本のレフト・筒香嘉智が平凡なフライを完全に見失い、ボールはワンバウンドしてフェンスオーバーしてエンタイトルツーベストヒットとなるが、事実上のエラーでピンチを迎える。そして、一死を取った後で、R・ロドリゲスが左中間に大飛球を放つ。ボールはギリギリでフェンスの上を超える同点ツーランホームランとなってしまう。小川は次のバッターに内角を突いたボールでデッドボールを与えてしまい、崩れそうになるが、続く2者を打ち取り、勝ち越しは許さない。


8回表に、日本は二つのフォアボールと相手投手のボークで二死三塁二塁のチャンスを作る。ここで中田がレフト前に見事に弾き返し、2点タイムリー。日本が4−2と勝ち越す。

日本は8回裏を山崎康晃が3人で片付け、9回裏は松井裕樹が先頭打者のT・エルナンデスにセーフティーバントを決められるが、続くバッターをサードゴロでセカンドフォースアウトとすると、次のR・ロドリゲスをショートゴロに打ち取り、6−4−3のダブルプレーを完成させて、日本代表が4−2で逃げ切った。

 

MBSラジオ「桜 稲垣早希の歌バッカ アニメ・アイドルばっか」。まだメジャーではないアイドルグループが取り上げられているが、勝ち残るために色々な工夫をしていることが窺える。
ちなみにAKB48のインディーズデビューシングル「桜の花びらたち」が流れ、AKBの第1回劇場公演の観客がわずか7名だったということにも触れるが、早希ちゃんも地方営業などに行った時にはお客さんが7人ぐらいしかいないことも珍しくないそうである。関西では抜群の知名度を誇る早希ちゃんであるが、ほぼ全ての出演番組が関西ローカルであるため、東京の人でも早希ちゃんのことを知らない人は多いようである(三谷幸喜も早希ちゃんのことは知らなかった)。
地方営業ではお客さん0で、スタッフのみがいる中でネタをやったという、福山雅治のデビューライブのようなこともあったそうだ。

 

11月13日(金)

名古屋へ。午後6時45分から愛知県芸術劇場コンサートホールで、内田光子のピアノリサイタルをきくためだが(午後6時45分開演というと中途半端な気がするが、名古屋のクラシックコンサートのソワレはこれがスタンダードらしい)、少し早めに出て、JR名古屋駅から歩いて栄にある愛知県芸術劇場に向かうことにする。


桜通を東に向かい、泥江(ひじえ)で針路を南に変え、広小路通に出たところで東へ。納屋橋を渡った後、伏見通との交差点で、右折して伏見通を歩き、まずは白川公園内にある名古屋市美術館に入る。途中で、前面取り壊しで工事中の御園座の前を通るが、かなり深いところで工事を行っていた。歌舞伎の劇場で奈落があるため、通常の劇場より地下部分が深いのであろう。

名古屋市美術館では、リバプール国立博物館所蔵「英国の夢 ラファエル前派展」という特設展示が行われているので、それを観ることにする。なお、常設展にも入ることは出来るが、これまで二度常設展を観ているため、今回はパスする。

美術の知識は余りないので知らなかったが、「ラファエル前派」というのはイギリスのヴィクトリア朝に起こった美術の一派で、象徴主義の先駆とされる画家や批評家達のことを指すという。ラファエルというのはイタリアの画家ラファエロのことで、「ラファエル前」というのはラファエロによって完成されたルネッサンス絵画以前の美術を範とすることを意味するという。伝説や文学をテーマとしていたり(シェイクスピアの『リア王』より、コーディリアが“Nothing.”と答えた場面の画がある。タイトルは「コーディリアの分け前」で、作者はフォード・マックス・ブラウン)、明るめの色を基調とするのが特徴だとされている。

ラファエル前派を唱えた画家の中にミレイという人物がいるが、フランスの画家であるジャン=フランソワ・ミレーとは何の関係もない。

個人的にはチャールズ・エドワード・ペルジーニの「シャクヤクの花」、フレデリック・レイトンの「エレジー」、フレデリック・ケイリー・ロビンソンの「バルコニー」という3点の画が気に入った。私の気に入った画というのは、大体、余り人気がなく、ポストカードなどにもなっていないことが多いのだが、「シャクヤクの花」はポストカードになっていたのでそれを購入する。今日はそうしたものが曲がるの防ぐために携帯しているファイルを持ってこなかったので、ラウル・デュフィの画が描かれたクリアファイルもついでに買う。


その後、名古屋市の総鎮守であるという若宮八幡宮に参拝。
名古屋市の神社というと、熱田神宮がとにかく有名であるが、若宮八幡宮は名古屋駅前からも栄からも近いので初詣客が結構来るのではないだろうか。


その後、栄まで歩き、栄地下街の長寿亭(長壽亭)という店で名古屋名物・味噌煮込うどんを食べる。味噌煮込うどんを食べるのは初めてだが、麺が硬いのには驚いた。あれだけ硬いと麺を食べたという気がしない。味噌のスープは美味しかった。

 

午後6時45分から、名古屋市栄の愛知芸術劇場コンサートホールで、内田光子ピアノリサイタルを聴く。

「日本人最高のピアニスト」という名声を確固たるものにした感のある内田光子。「日本人ピアニストとしては別格」と評価される一方で、熱海生まれであるが外交官の娘で12歳の時からずっとヨーロッパで育ち、今もロンドン在住ということで、「生まれも国籍も日本だけれど、中身はヨーロッパ人」といわれたりもした。実際、「素っ頓狂に上手い」などという変な日本語を使う人でもある。21世紀に入ってからは国籍をイギリスに変更し、名実共にヨーロッパ人にもなったわけだが、内田本人は「日本が二重国籍を認めないので英国籍に変えただけで、私は日本人」と語っている。日本国籍のままだとヨーロッパで演奏旅行を行うのに煩瑣な手続きが必要となるため、国籍をイギリスに変更したのだという。
2009年にエリザベスU世女王からデイムの称号(男性の「サー」に相当)を贈られ、デイム・ミツコを名乗ることも許されている。一方で、日本の文化功労者にも選出されている。


曲目は、シューベルトの「4つの即興曲」作品142とベートーヴェンの「ディアベッリのワルツの主題による33の変奏曲」。先日行われた東京のサントリーホールでのリサイタルでは皇后陛下が臨席され、御前演奏会となったものと同一プログラムである。


シューベルトは「4つの即興曲」を2つ書いている。作品90と作品142の2つだが、作品90に比べると作品142の方は「4楽章のピアノ・ソナタ」と考えられるほど4つの曲の関連度が高くなっている。

今日はピアノ付近以外の照明を絞っての演奏であるが、非常口誘導灯は消灯しないままでの演奏であった。

内田は黒の上下の衣装に黄色のシースルーのジャケットを纏って登場。世界的ピアニストの貫禄十分である。残念ながら、今日は3階ステージ上手寄りの席であり、演奏中の内田の顔はピアノの蓋の陰になって表情を見ることは出来なかった。


シューベルトの「4つの即興曲」作品142。内田のピアノは確固たる造形美、極めて高いメカニック、説得力のある表情付け、硬軟自在の音色、明と暗の対比など、いずれもトップクラスのシューベルトを奏でる。暗い旋律を奏でているときは、本当に地獄からの響きのような音がする。

内田は他のピアニストとは調弦の違うピアノを用いているそうで、それが仄暗い音を出すのに効果的だそうだが、当然ながらそれを生かす表現力は必要となるわけで、調弦さえ違えば良い演奏が出来るというわけではない。

第2曲の詩情の豊かさと、奥行きが特に印象的である。


ベートーヴェンの「ディアベッリのワルツの主題による33の変奏曲」。この曲は、アントン・ディアベッリという楽譜出版で一儲けした富豪にして作曲家という人物が、自身が書いた短いワルツを主題とした変奏曲を書くことを複数の作曲家に依頼。ベートーヴェンにも依頼が舞い込んで書かれたものである。他に作曲を委嘱された作曲家には、教則本でお馴染みのツェルニー(ベートーヴェンの弟子)、フランツ・クサヴァー・モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの四男(成人した者だけで考えると次男)で、「モーツァルトU世」を名乗って活動したが、名声を得られぬまま早世している。そもそもモーツァルトの実子ではないという説もある)、カール・マリア・フォン・ウェーバー、フランツ・リストなどがいる。

ディアベッリとしては本気で自作を売り込もうと思ったのではないはずで、ベートーヴェンが33もの変奏からなる本格的な楽曲を生み出したことに一番驚いたのはディアベッリ本人なのではないだろうか。

ディアベッリの比較的簡素なワルツが奏でられた後に、ベートーヴェンの変奏が登場するわけだが第1の変奏が出た時点で、ディアベッリが作曲したものとは比べものにならないスケール雄大にして力強い音楽が奏でられる。

内田の演奏は、全曲を通してベートーヴェンの精神的な気高さが窺えるもので、変奏毎の巧みな表情の弾き分け、堂々たるスケール、難しいパッセージも楽々と弾きこなす技術、心底からのエレガンス、抜群のリリシズムなど、美点を挙げていったら切りがない。

内田光子は女性であるが、とても男前な演奏をするピアニストである。格好良かった。


アンコールなしでお開きとなったが、聴き応えのあるピアノリサイタルであった。

 

11月14日(土)

パリで大規模な同時多発テロが起こり、死亡者は少なくとも120名は超えることが確実視されている。フランス政府はテロの実行犯はIS(イスラム国)のメンバーだという確証を得たとして激しい怒りを露わにしている。

 

今日は、京都龍馬会の、第22回「坂本龍馬慰霊祭 提灯行列」があるのだが、天気予報では京都は今日は一日雨。少し早めに出掛け、まだ雨か降っていないうちに寺町四条下ルにある京都大神宮に参拝。京都大神宮は京都における伊勢信仰の拠点で、祭神は当然ながら天照大神である。
「京都大神宮」という名称からは大きな神社を想像しやすいのだが、実際の京都大神宮は境内の狭い、訪れる人もほとんどいないというこぢんまりとした社である。
天照大神に、「せめて大雨、土砂降りは止めて下さい」とお願いをする。

その後、矢田寺や瑞泉寺にも詣でる。


提灯行列は4時30スタートなのだが、午後3時に三条鴨川右岸河原には到着していた。その後、京都龍馬会のメンバーが提灯や旗などを持って集まってくる。

提灯行列は三条河原をスタートし、龍馬通を通って河原町通を南下。四条河原町で針路を東に変え、四条通を通って、突き当たりにある八坂神社で宮司からお祓いを受ける。その後、八坂神社の東にある円山公園内の坂本龍馬・中岡慎太郎像の前で記念写真を撮影。その後、南に向かい、高台寺公園で正式な提灯行列は終了。その後、希望者は坂本龍馬が最初に埋葬され、神として祀られて霊明神社(霊明舎)に参拝する。
 

天気であるが、午後4時頃に大降りでなるが、その後、小雨に変わる。雨を避けるために提灯行列の受付は三条大橋の下に設けられ、参加者も三条大橋の下で雨宿りをする。
しかし、そうなると、河原に目印となるものがなくなってしまうため、小雨になったのを見計らって、私はマークポイントとなるために河原に一人建つ。一昨日の姫路行きの際にデビューした、「東京ヤクルトスワローズ2015年優勝記念・燕キャップ(紺色)」を被り、雨よけとする。ジャケットの上に京都龍馬会の法被を羽織る。

「燕」の漢字一字の入ったキャップや、法被姿が白人のは珍しいらしく、白人男性が三条大橋の上から私の写真を撮って、こちらに手を挙げる。私も左手を挙げて応える。


提灯行列スタートの午後4時30分頃には雨は一時的に止んだのだが、その後に本降りになり、八坂神社の境内に入ると再び雨が止み、円山公園を出たところで降り出すなど、安定しない天気である。今回も私はガードマンをやり、交通整理に努める。

高台寺公園で休憩した後で、志士葬送の道(龍馬坂)を登り、霊明舎で祀られている坂本龍馬、中岡慎太郎、(山田)藤吉の三柱の神に詣でて、霊明神社の村上宮司のお話を伺う。


その後、京都龍馬会は四条大橋東詰にあるレストラン「菊水」で懇親会を行うのだが、一昨日は姫路に行き、昨日は名古屋で、今日は提灯行列で京都市内を歩き回るという日程は流石に肉体的にきついため、予め不参加で届けを出しておいた。一昨日、姫路城天守に昇り、今日は急峻な龍馬坂を上ったため、太腿の筋肉痛が一層酷くなりそうである。

 

世界野球プレミア12。侍ジャパンは、桃園国際棒球場(野球場)で、アメリカと対戦する。

WBCはメジャーリーグの主催であるば、プレミア12を主催するのはWBSC(世界ベースボール・ソフトボール機構)であり、アメリカーはメジャーリーガーを出す意味がないとして、トップチームをプレミア12には送ってこなかった。

日本の先発は菅野智之。今季は防御率1.91と好成績を残しながら負け越しており、運には恵まれていない。

菅野は2回裏にマクブライトにレフトへの先制ホームランを打たれると、3回裏にもエイブナーにタイムリーを許し、2点目を献上。


日本は4回表に筒香嘉智のタイムリーで1点を返すと、6回表には山田がフォアボールを選ぶと、中村剛也もヒットで続き、筒香が代わったイヴランドからタイムリーを放ち、日本が同点に追いつく。
そして続く中田翔が左中間へのスリーランホームランを放って、この回、日本が一挙に逆転する。5−2。


7回表には、筒香がチャンスで

タイムリーヒットを放ち、更に中田がフォアボールを選んで満塁とすると、松田宣浩が満塁アーチを架ける。10−2。


日本投手陣は、2番手投手の則本昂大が150キロ台中盤を記録したストレートで抑えると、山崎康晃、澤村拓一のリレーで危なげなく米国打線を封じ、10−2に日本が圧勝した。

 

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団ほかの「ベートーヴェン交響曲全集」(ソニー・クラシカル)から、交響曲第1番、「コリオラン」序曲、交響曲第2番を聴く。

ワルター指揮コロンビア響の演奏によるベートーヴェン交響曲第2番は高く評価されており、今でも最高の名演と評価する人が多い。特に第2楽章の瑞々しさは他のどの演奏よりも優れているといっても過言ではないほどだ。
交響曲第2番は、豪快さと若々しさの両方を共存させた演奏で、ベートーヴェンの青春を歌い上げる。

交響曲第1番の演奏は、スケールが大きく、この曲がベートーヴェンの若い頃のものだということを敢えて意識せず、偉大なる交響曲として演奏している。昨今のスタイルとは異なるが、ワルターが指揮すると説得力のある音楽が生まれていく。

「コリオラン」序曲では、情熱溢れる演奏が展開されている。

 

11月15日(日)

今日は伏見の竜馬通り商店街でパレードがあるのだが、ただ京都龍馬会の法被を着て伏見の大手筋からスタートして竜馬通り商店街を通り、蓬莱橋を渡って中書島(駅ではなく、かつて本当に師まであった一帯の呼称)で解散というもので、京都龍馬会主催の提灯行列とは違い、龍馬会だからというだけで参加する必要は必ずしもない。


というわけで、同じ伏見区にある京都教育大学の学園祭「第67回・藤陵祭(とうりょうさい)」に参加する。「吉本お笑い芸人すてぇじ」に早希ちゃんが登場するために参加したのだが、京都教育大学のキャンパスを散策してみたいという思いもあった。
実は12年以上前にも京都教育大学のキャンパスを訪れたことがあるのだが(ちゃんと許可を取って中に入った)、一部を除いて忘れてしまったし、仕事で入ったので限られた場所しか見ていない。
学園祭なら堂々とキャンパスに入ることが出来る。

実は異性の年上の知り合いの息子さんが京都教育大の学生だというので、ちょっとだけ観察してみる。3人いるスタッフの中では一番いい男であるように思えた。話が続かないので話しかけたりはしなかったが。


京都教育大学は国立大学法人ではあるが、同じ国立大学法人である京都大学に比べるとかなりこぢんまりとした大学である。中規模の単科大学で、学生数が京大とは違うというのもあるが、建物はどれも小さく、京大とは比較にならない。京大に財力を注ぎ込んだ結果、京大もと暗し、じゃなかった灯台もと暗しで、同じ京都市内にある国立大学法人の大学は軽視とまではいかないが、重要視の度合いが違うのだろうか。京都市内には京都大学と京都教育大学の他にも、京都工芸繊維大学という理系の国立大学法人があるが、理系重視の国策に合っているためかそれなりに立派な建物を持つ大学である。

京都教育大学があるのは藤森キャンパスであるが、入り口が南側にあるということもあり、最寄り駅は京阪藤森(ふじのもり)ではなく京阪墨染(すみぞめ)である。競馬の神様としても知られる藤森神社の東に京都教育大学藤森キャンパスはある。

先に書いた通り、建物は小規模であるが比較的綺麗なものが多く、一方でグラウンドなどは広くて充実している印象を受ける。


正門から入って真っ直ぐ行った先の特設ステージで、「吉本お笑い芸人すてぇじ」は行われる予定だったのだが、「雨のため、吉本お笑い芸人すてぇじはガメラで行います」という貼り紙がしてある。

ガメラというのは講堂の愛称で、八角形の構造をしているため「ガメラ」と呼ばれているようである。正午開演なので、「私よりも先に来ている客がいるだろう」と思っていたが、ガメラの前に並んだのは私が最初であった。


京都教育大学講堂「ガメラ」であるが、比較的新しい、かなり整った設備であり、「最初からガメラでお笑いをやればいいのに」と思ったほどである。屋外の特設ステージは座る場所がほとんどない上に、早希ちゃんが来るとなると通行のさまたげになるほどの人が押し寄せるおそれがある。

その早希ちゃんであるが、昨日の午後11時から今朝の午前5時まで、東京・新宿のルミネtheよしもとで、「ドラゴンクエスト]どっぷり芸人オールナイト」というイベントに出ており、本人のブログによると、学園祭に遅刻するのを避けるため早朝の新幹線で京都まで戻って、京都教育大の楽屋で寝る予定だという。吉本らしいというか強行日程である(昨日もABCテレビ「おはよう朝日 土曜日です」に生出演後、鈴鹿医療科学大学の学園祭に出演し、その後で東京に向かっている)。

1地番乗りではあったが、芸人さんの真正面に座るのは照れくさいので、最前列ではあったが中央列の左端に座る。

京都教育大学「吉本お笑い芸人すてぇじ」の出演者は、ラフ次元、桜 稲垣早希、タナからイケダの3組。ちなみに藤陵祭は昨日今日とあり、昨日は別の吉本芸人3組が出演している。
舞台スタッフは吉本のスタッフが担当。吉本が学園祭に芸人を出演させる際には、いわゆる舞台スタッフだけではなく構成作家なども帯同するらしいとR藤本のWeb番組で聞いたことがある。


トップバッターはラフ次元。ちなみに楽屋が上手にあるため、3組とも上手から登場する。梅村賢太郎は社長の息子であり、実家は関西では芦屋と並ぶ高級住宅街といわれる奈良の学園前にあり(相方の空道太郎が詳しい住所まで言って、梅村から「なんでそんな細かく紹介するねん」と突っ込まれる)、ハワイに別荘があって、セスナ機を私有しているという。一方で空は、「母子家庭で、苦労しながら芸人として頑張っています」と自己紹介して、梅村から「完全にお前が正義で俺が悪みたいになってるやん!」と突っ込まれる。
ちなみに空というのは珍しい苗字であるため、空本人が自己紹介した時に、「もっと“えー”とかいう反応があるかと思いましたが」と言い、梅村に「もう1回やってみようか」と促されてやってみたところ、温かいお客さんなので、わざと驚きの反応を示し、空も恐縮していたようである。

そらは相方の名前を、「梅に村と書きまして“バイソン”」と嘘の紹介をするが、演目をやっている間が、梅本はずっと“バイソン”と名前で通ることになる。

梅村は帰国子女であるため英語も達者だということで、空がいう日本語を英訳することになるのだが、空は「バナナ、オレンジ、林檎」と誰でも出来る単語を挙げてしまい、梅村から駄目出しを受ける。そこで、空は、「間もなく、梅田、梅田。地下鉄谷町線、四つ橋線、JR、阪急、阪神などはお乗り換えです」と言って、一応、梅村も英訳するが、「地下鉄御堂筋の英語アナウンスそのままやないか」と梅村からノリツッコミをされていた。


桜 稲垣早希。アスカのコスプレで登場し、まずは「シンクロ率」を測るために、「私がコスプレしているアスカというキャラの名台詞の上の句を私が言うので、下の句を皆さんが言って下さい」ということで、稲垣「あんたぁ〜」、観客「バカぁ〜?!」とやる。続いて、稲垣「ATフィールド」、観客「全開!」をやるが、早希ちゃんは、「ここ、大学の学園祭ですよね? お客さんの声が中年ぽいんですけれど」と言う。「ロケみつ」放送時にMBSが視聴者分析を行ったところ、「ロケみつ」を最も良く見ているのは「M2」といわれる男性層だそうで、第2次ベビーブーマーを下限に、それより10歳上までを対象としたものらしい。その後も早希ちゃんのファンは「ロケみつ」放送当時の「M2」層が年を重ねた人が多いと思われるため、ファン層は比較的年齢が高めなのである。今日は京都教育大学の学生は余り観に来ていなかったようだが、早希ちゃんでも現役大学生よりは10歳年上ということで、若い客層は取り込めなかったのかも知れない。

自分を知った人の多くが「ロケみつ」を機会にということで、「ラフ次元さんも『ロケみつ フライデー』出てはりました。知ってるぞ、という方」と聞くが、手を挙げた人は少なく、早希ちゃんは上手袖に向かって、「ラフ次元さん、3人しか知らないそうですー!」と言う。続いて、タナからイケダの田邊孟コも「ロケみつ フライデー」に出ていたと言うのだが、田邊は「ロケみつ フライデー」の準レギュラーであったため、出演していたことを知っている人は多く。早希ちゃんは、「田邊さんには言わないでおこうか」と握りつぶそうとする(?)。
 

今日は持ち時間が10分(ほどだと思われる)あるので、「シンクロ率」と「関西弁でアニメ」の2つのフリップ芸をやる。

「シンクロ率」では、「カレーライスと福神漬けはシンクロ率80%」に始まり、「マクドナルドのポテトと時間経過はシンクロ率4%」と低くなる。「マクドのポテトは美味しいですが、放っておくと紙みたいにパサパサになる」と早希ちゃん。早希ちゃんはマクドナルドでテイクアウトしたことがあるのだろうが、私は基本的にマクドナルドでテイクアウトすることはないので、ピンとは来ない。

「仔犬」と「段ボール」のシンクロ率は89%だが、「おじさん」と「段ボール」のシンクロ率は92%に上がるというブラックネタも入る。「草g剛と冨永愛は85%」、「髪形が違うだけでほぼ同じ顔です」。「加藤愛と阿藤快のシンクロ率は97%」、「カジキマグロと松方弘樹のシンクロ率は79%」で、「松方弘樹の本職はもう俳優ではなくて漁師です」と早希ちゃんは断言する。「濱田ブリトニーと倖田來未のシンクロ率は100%」で「ほぼ同一人物」だそうだが、二人ともネタ作成時に比べると変化はある。人気が下がったという変化もあったが。

「関西弁でアニメ」はかなり受けていた。関西ネタを関西でやるということと、わかりやすいので子供受けも良い(今日もお子さんは比較的多く来ていた)という理由もあるのだろう。
ケンシロウの「お前はもう死んでいる」が「自分、もう死んでんで」になるなど、単語や言い回しだけでなくニュアンスも変わるのであるが、関西弁というのはやはり笑いと取るには良い言葉であるようだ。『ドラえもん』の源しずかの「キャー! のび太さんのエッチ!」というセリフには、「こんなこと言ってたら、のび太なんぼでも来るよ」ということで「チカン! アカン!」という大阪市内の駅にある看板の文句を代わりのセリフにする。『ルパン三世』の銭形幸一の「奴は大変なものを盗んで行きました。あなたの心です」は、「奴は大変なものを盗んで行きました。自転車のサドルです」に変わり、「自転車のサドル盗まれたことある人」と聞いて、「そのサドル、大阪の西成というところで、おじさんが20円で売ってるよ」と西成というインパクトのある地名を出すネタとする。

エヴァネタも入れたいということで、シンジのセリフが「逃げたらあきまへん、逃げたらあきまへん、逃げたらあきまへん」、レイのセリフが「あんさんは死なへんわ。あたいが守るさかいに」、アスカのセリフが「自分、アホぉ〜?!」に変わる。

最後は、「残酷な天使のテーゼ」の替え歌「残酷な天王寺のロース」
「残酷な天王寺のロース 刺してから揚げて串カツ 決められた秘伝ソースの 二度漬けを裏切るなら そのうずらを置いて出ていけ 中年よ出禁になれ」と歌う。京都では串カツはそれほど流行っていないので受けの方はどうなのかはわからなかった。


タナからイケダ。今日も高校球児と女子マネージャーのコントをやる。

田邊孟コが、元高校球児であり、女子マネージャーと仲良くなりたかったが、そういうことはなかったので、今、そういう体験をしてみたいという。相方の池田周平は「以前、(女子マネージャーを)していたことがある」と謎の自信を見せる。

田邊がグラウンドに忘れ物をして、女子マネージャーである池田が追ってきて田邊に忘れ物を手渡すという設定なのだが、池田が、「先輩、忘れ物だぞ!」という言い方をしたため、田邊は「そんな女嫌いや」と駄目出しする。語尾は普通に「です」とすることに決めるのだが、池田は、「でぇーす」とまたも変な語尾。3回目は普通に「です」と言えたのだが、忘れたものが「バックネット」で、田邊に「おれのちゃう! 備品やろ、勝手に持ってきたらあかん!」と言われる。ちなみに「忘れ物です」に掛けて「渡り鳥です」というネタも試したのだが受けはもう一つだったので封印するかも知れない。

タオルを忘れたという設定にするのだが、池田は汚いものでもつまむような手つき。

今後は野球部員と女子マネージャーが並んで帰るということにするのだが、女子マネージャーを演じる池田が、グラブの中にボールを叩き付けながら歩いて、「女子マネージャーはそんな歩き方せんやろ!」と田邊に突っ込まれる。

一緒に帰ることにするのだが池田がタクシーを拾おうとしてしまい、田邊に「高校生がタクシーで帰るって、おかしいやろ!」と突っ込まれる。田邊が手を繋ごうと左手を伸ばすのだが、池田も左手を伸ばしてしまい、変な格好で歩く二人になってしまう。最後は二人で手を繋ぐことに成功したのだが、池田がまたタクシーを停めようとするとするというネタで終わった。


演目終了後、出演者全員がステージ上に出てきて、田邊孟紀が司会となり、「芸人に聞いてみたいことありますか?」と客席に聞く。一人の女性が挙手して、「田邊さんって、女性の好き嫌いが激しいんですか?」と聞く。女子マネージャーに駄目だしすることが多いからそう思ったそうだ。田邊は否定するも、「ステージ上で誰が一番嫌いですか?」と再度問い掛け、「どう考えても目が俺と合ってるやん!」と言う。


ラストはジャンケン大会。芸人とジャンケンをして最後まで勝ち抜いた3名に出演者全員のサインが入った色紙がプレゼントされる。

芸人側のトップバッターは早希ちゃんであるが、「じゃんけんぽん!」と言いながら何も出さないというボケをする。再度、早希ちゃんとのジャンケン。「最初はグー、じゃんけんぽん!」で早希ちゃんが出したのは「パー」、勝ち抜けるのは勝った人のみであり、私は「パー」で相子なのでいきなり脱落する。その後、ラフ次元・空、ラフ次元・梅本、タナからイケダ・池田、タナからイケダ・田邊、頭に戻って早希ちゃんというローテーションでジャンケンが行われ、最後まで残った5人がステージに上がってジャンケンを行うことになる。女性3名、男性2名であったが、勝ったのは全員女性であり、「女性、強い!」と田邊を唸らす。


「吉本お笑いすてぇじ」を見終わってから、京都教育大のキャンパスをブラブラ。たこ焼きを売ったので買ってみるが、学生が少人数でやっているため、どうしても出来上がるまでに時間が掛かってしまう。味の方はまあまあであった。学生が作って美味だったら本職が商売あがったりだが。

「吉本お笑いすてぇじ」終了後は、天気が良くなった(雨が降っていたのは早朝だけだったが)ということで、ガメラは閉鎖されて、野外の特設ステージで演目が行われる。合気道部が型を見せていた。ちなみに、出店のテントには「嵯峨美術短期大学(愛称は「嵯峨美(さがび)。現・京都嵯峨芸術大学)」と書かれたものが多い。どういう経緯でそうなっているのかはわからないが、嵯峨美(嵯峨美術短期大学から京都嵯峨芸術大学へ)の改組により、旧校名の入ったテントがいらなくなったので、京都教育大の学園祭の実行委員会がそれを引き取ったのかも知れない。京都教育大学にも美術系の専攻はあるため、嵯峨美との繋がりは一応ある。

 

帰り道に、藤森神社に参拝。歴史ある神社であり、京都の観光名所の一つであるが、私は訪れるのは初めて。ちなみに、以前は鳥居に後水尾天皇の筆による勅額が掛かっていたのだが、新選組局長の近藤勇が文句を言って降ろさせたという伝説がある。事実かどうかはわからない。

立派な社であり、舞殿ではポップアーティストによるライブも始まっている。

菖蒲の節句の発祥の地であり、「菖蒲」と「勝負」「尚武」を掛けた勝ち運の神様として、また「騎馬神事のある有名神社」としては京都競馬場に最も近いため、競馬関係者や競馬ファンが通う神社としても知られる。私はギャンブルは一切しないので、競馬の勝ち馬が当たるよう願うことは一生ないと思われるが。
『日本書紀』を編纂した舎人親王が祭神の一柱であるため、文学関連の神様でもあるようだ。祭神は素戔嗚尊を始め、別雷命、日本武尊、応神天皇(八幡神)、仁徳天皇、神功皇后、武内宿禰、舎人親王、天武天皇。更に、早良親王(崇道天皇)、伊預親王、井上内親王という「御霊(怨霊)」も祀っている。

 

墨染駅から京阪電車に乗り、三条で下車。時間を潰した後で、7時開店のバー「龍馬」の様子を確認するために、出向いたのだが、そこで大将とママに出会ったので、伏見竜馬通り商店街のパレードの参加した女性(私より13歳年上)と共に、近くにある馬刺しのお店「桜とmomiji」で、馬刺しと馬肉(桜)の焼肉を食べることになる。馬刺しの味は「まあまあ」であったが、桜の焼肉は結構美味であった。

その後、「龍馬」に戻るが、新しく来たお客さんは1人だけで、それもすぐに帰ってしまったため、「桜とmomiji」にも行った4人で、ずっとカラオケをしていた。

 

11月16日(月)

午後1時30分から、六角堂の近くにあるウィングス京都のイベントホールで、第4回「藤といやさかの会」の公演に接する。日本舞踊の藤流と新内の弥栄派のコラボレーション。新内弥栄派の家元である新内枝幸太夫師匠は、私の母と同い年であるが、年の離れた友人である。


ウィングス京都の近くに、知人が運営に携わっている「京菜味のむら」という、おばんざい(京都市民がこの言葉を使うことは実はほとんどないが)の店があるので、そこで昼食を取ってからウィングス京都に向かう。私がウィングス京都に向かった後で、友人・知人(境は曖昧、というよりほとんどないが)数名も京菜味のむらで食事をしたようである。


12時半頃にウィングス京都に着いたのだが、イベントホールのある2階に上がる階段の前で待っているのは一人だけ(開場は午後1時)。ということで、六角堂に参詣する。本堂に詣でた後で、聖徳太子像や、親鸞聖人関係の2つの像(本堂内にも親鸞上人像が1つある)の前で手を合わせる。

ウィングス京都は旧京都商工銀行の外壁だけを保存して使用しており(ファサード建築)、建築学的にも美しい建物である。

 

ウィングス京都イベントホールで行われる第4回「藤といやさかの会」であるが、無料公演である。その代わり、今日が初舞台という人がいてハラハラさせられたり、照明以外は身内がスタッフをしているので、上手くいかなかったり、そもそも頭数が足りていなかったりする。

舞の藤流家元の藤三智栄と、新内弥栄派の新内枝幸太夫の二人による共同主催である。


第1部では、新内枝幸太夫が歌を唄い、藤流の人達が舞を披露する。先代の家元、家元の舞が続き、優れた舞であることは一目瞭然である。動きにメリハリがあり、淀みなく体が動く。静止する時の姿も美しい。第3部では師範の称号と藤派の芸名を得ている人も登場するが、差は歴然。師範ではあっても座った状態から立ち上がる時に脚が震えていたり、一つ一つの仕草に意志や意図が感じられず、「そういう振付なので舞っています」という印象を受けてしまう。

枝幸太夫師匠は、一昨日は京都龍馬会の坂本龍馬慰霊提灯行列に参加して急な龍馬坂を上り(高台寺公園までは先頭付近にいたはずなのに、龍馬坂を上り切るころには最後列にいた。私が最後列担当で、誘導を行っていたのだが、いつの間にか最後列よりも遅れてしまっていた)、昨日は高台院のライトアップを見に行ったそうで、その前は長崎にいて弟子達に稽古を付けていてお疲れであり、高音の伸びは普段に比べるともう一つであった。

舞には高知市から、美穂川流家元の美穂川圭輔も参加して、新内枝幸太夫師匠の「龍馬ありて」の歌に乗せて達者な舞を披露した。

「寿若衆おどり」は枝幸太夫が歌ではなく、舞も披露する。

ちなみに、音源操作は、今日が初舞台となる松浦大輝(日本舞踊藤和流家元である藤和弘扇先生の甥っ子。弘扇先生と私は知り合いである)が担当したのだが、新内枝幸太夫の「新内仁義」のカラオケ用音源を流すはずが歌入りのものを流してしまい、枝幸太夫師匠が、「これじゃ口パクせなあかん」と苦笑いして、下手袖に向かって「大輝君、しっかりして」と呼びかける。その後、何故か拍子木が鳴り、枝幸太夫師匠は、「なんで拍子木鳴んねん」とまたも苦笑する。その後、やっとカラオケ用の音源が流れた。


藤流家元の藤三智栄は、第1部のトリである「蘭蝶〜お宮くぜつ」で立ち方を務め、優雅な舞を舞う。弾き語りは新内枝幸太夫、上調子は新内幸翠が務めた。


新内枝幸太夫の影アナが入っての小休憩の後で第2部に入る。第2部では、松浦大輝と新内幸之介の二人が、舞台で初の主役を務める。

初舞台の松浦大輝は「福助」を謡うが、正直、調子外れのところが多く、まだまだ稽古が必要だと感じた。

初の主役となる新内幸之介は、まだ「新内」の名前を貰えず本名で活動していた頃から知っている人だが、枝幸太夫が書き下ろした「お酒とお餅(肥後座頭琵琶の語りで聴いたことのある「餅酒合戦」を題材にしたもの)」の三味線弾き語りをするが、三味線も歌の調子も合わずかなりの苦戦。ちなみにもう幕が降りる部分まで来ているはずが一向に幕が降りないので枝幸太夫が下手袖を何度も見て促し、ようやく緞帳が下りた。

その後、枝幸太夫の前弾き(舞台ではなく、客席の方に出てきて歌う)を経て、第2部のラストである新内流しとなるのだが、上調子の新内幸翠はちゃんと弾けているものの、松浦大輝と新内幸之介は苦戦。特に新内幸之介は、枝幸太夫師匠に三味線で駄目だしされながらの演奏であり、演奏に詰まると、すぐ師匠の方に目をやって客席から笑いも起こる。これでは公演というよりも公開稽古である。


5分休憩を挟んで第3部。今回は藤流の舞が主役となるが、前に書いた通り、師範の称号を得ている人でも出来は今一つ。舞の難しさや厳しさが伝わってくる。ちなみに昨年の「藤といやさかの会」では舞の出来が散々だったそうで、今年はリベンジに挑んだのだが、家元の藤三智栄は納得がいかなかったそうである。

なお、現在小学1年生の矢野友椛(やの・ゆか)ちゃんが初舞台を踏む。枝幸太夫の歌、友椛ちゃんの祖母である新井美代子の三味線による「祇園小唄」より春と夏である。
まだ、動きの意味もわかっていないはずだが、可愛らしい踊りに客席も明るい笑い声に包まれる。

友椛ちゃんの祖母である新井美代子も枝幸太夫の歌で舞うが、なかなかの出来であった。

更に、神奈川県在住という藤流の弟子の砂川常子という年配の女性も上洛して登場。舞踊であるが、筋が良いのだろう。藤流の師範を得ている人よりも達者だったりする。


全ての演目が終了した後、出演者全員が登場し、枝幸太夫師匠の持ち歌である「電蓄の鳴っていた頃」(日本コロムビアよりCD発売中)に乗せて、舞台上にいる人全員、そして藤三智栄が簡単な振付を示して、客席の人も舞う。枝幸太夫師匠であるが、お疲れのため、「電蓄の鳴っていた頃」の2番の歌詞を忘れるというハプニングもあった。


知り合い全員とウィングス京都の前で別れ、蛸薬師通を東へ、その後、河原町通を南に向かう。中岡慎太郎寓居跡の碑の近くで、知り合いのM君とバッタリ出会う。M君は京都造形芸術大学舞台芸術コース3年時編入学の同期生であるが、会うのはおそらく10年ぶりぐらいである。M君は外見は余り変わっていなかったが、私は少し太ったため、往時とはちょっと変わったかも知れない。

 

俳優の阿藤快が死去。以前は阿藤海の芸名で活躍していた。東京都立大学(首都大学東京の前身)に入学し(ちなみに本命は早稲田大学だったそうだが合格出来なかったとのこと)、弁護士を目指して勉強に励むも果たせず俳優になることを決意。俳優座に入る。その後に複数の俳優と共に俳優座を離脱し、テレビや映画などで悪役として名を上げる。その時のイメージが強いため、後年、善人の役も演じるようになったところ、地方のロケなどで見知らぬお婆ちゃんから「更生できて良かったねえ」などと言われたこともあるという。
2001年に芸名を阿藤海から阿藤快に変える。

 

世界野球プレミア12。予選Bリーグを全勝で突破した日本はベスト8によるトーナメントに進出する。準々決勝は台湾の桃園国際棒球場(野球場)で行われ、日本代表はプレルトリコ代表と対戦する。

ヤフオク!ドームで強化試合として2試合を戦い、いずれもプエルトリコに勝利している日本。だが、第1試合は圧勝だったのものの第2試合は終盤で追いつかれ、サヨナラで勝つという試合展開であた。
前回のWBCで日本に引導を渡したプエルトリコ。決して弱い相手ではない。Bリーグでも日本は対韓国戦と対アメリカ戦は圧勝したものの、他の試合では接戦で競り勝っており、世界ランクトップ12には弱いチームなどないと考えて間違いないだろう。


日本の先発は前田健太。前回の対メキシコ戦は5回2失点ながら、ホームランを打たれるなど万全とはいえない出来だった。だが、今日はストレートも150キロを超え、コントロールもアウトロー一杯に決まるボールが目立つなど万全である。

日本の攻撃は初回、先頭の秋山翔吾が内野安打で出ると、坂本勇人は倒れたものの山田哲人が四球を選び、一死二塁一塁のチャンスを作る。
ここで今日は4番に入った筒香嘉智が三遊間を抜くタイムリーヒットを放ち、日本に先制点をもたらす。


前田健太は3回表に一死三塁一塁のピンチを招くが、ここでバッターをピッチャーゴロに打ち取り、1−6−3のダブルプレーでピンチを切り抜ける。

その裏、侍ジャパンは一死後、筒香が今度は一二塁間を破って出ると、続く中田翔が四球を選んで一死二塁一塁。ここでバッターボックスに入ったのは平田良介。平田はレフトオーバーのタイムリースリーベース。筒香が帰り、中田も本塁を狙うがホームタッチアウトで更なる追加点はならず。ただ日本は2点目を奪った。


4回裏、日本は中村晃がストレートのフォアボールで歩くと、続く嶋は送りバント。キューバのキャッチャー、O・サントスは二塁に送球するがこれがライト寄りに逸れて二塁セーフ。サントスのフィルダースチョイスで無死二塁一塁となる。続く秋山は倒れるが、2番・坂本がレフトへの2点タイムリーツーベースを放ち、日本が4−0とプレルトリコを突き放す。
坂本は6回裏にもタイムリーを放ち、5−0となる。

日本の先発投手、前田健太は7回を被安打4、7奪三振、無失点という抜群のピッチングを見せ、マウンドを則本昂大に譲る。


7回裏、日本は先頭の平田がスリーベースヒットを放ち、続く松田宣浩が犠飛を放って追加点を奪う。6−0。更に中村晃がフォアボールで歩くとキューバの投手、A・マルトラルのワイルドピッチで中村は二塁に進む。ここで嶋がタイムリーを放ち、7−0となる。


日本の2番手投手、則本はMAX156キロのストレートと鋭く落ちるカーブを武器にプエルトリコ打線を3人で片付ける。


8回裏には、日本がチャンスを作ると、この回からマウンドに立ったキューバのピッチャー、N・バレンサがキャッチャーの遥か上を通過するという暴投でランナーを進め、二死三塁二塁とする。そして今大会当たっている中村晃がタイムリーを放ち、9−0と、あと1点でコールドゲームという点差になる。残念ながら嶋は倒れてコールドゲームとはならなかった。


9回表、日本はマウンドを増井浩俊に託す。だが、増井は連打を浴び、ワンアウトは取るが、J・フェリシアーノに左中間へのスリーランホームランを浴びる。9−3。一方的な勝利とはなかなかいかない。
だが増井は続く二人を抑えて、侍ジャパンが9−3でプエルトリコを下し、東京ドームで行われる準決勝に駒を進めた。


勝てば日本の当たるカードの準決勝はキューバ対韓国戦。こちらも強化試合で対戦し、韓国が2勝したのと同じカードである。試合は韓国がキューバを圧倒。7−2でキューバを下し、東京ドームで日本と韓国が激突することになった。

 

ミシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・キャピトル管弦楽団(CDでの表記はトゥールーズ・カピトール管弦楽団)の演奏で、「パラード〜サティ管弦楽曲集」というアルバムを聴く。元々はEMIが録音製作した音源であるが、EMIがワーナー傘下に入ったため、今は復活したエラート・レーベルから廉価盤として出ている。表題作であるバレエ音楽「パラード」を始めとするサティの管弦楽曲集に、ドビュッシー編曲による「ジムノペディ」第3番と第1番、プーランク編曲による「グノシェンヌ」第3番などを収録している。

1980年代に世界的なブームになったエリック・サティの音楽。ただ、よく聴かれたのはサティのピアノ曲であって、管弦楽曲の方は今も「知られている」とはいえない。

世界的ブームを起こしたサティの音楽だが、2015年現在ではジムノペディ第1番などがよく知られている程度で少なくともブームと呼ばれるものは去ったように感じる。サティブームの功労者であったアルド・チッコリーニ(「サティ・ピアノ曲全集」を2度録音)も他界した。
現在ではサティは音楽よりも音楽史上屈指の変人として、奇行の数々が有名である。まだ発明されていない楽器のための音楽を作曲していたりと、もうハチャメチャである。

サティの音楽は楽曲の魅力もさることながら、時代の流行にとらわれない精神、いやむしろ時代を超越していくかのような進取の気質にある。「パラード」でもサイレンが鳴り、タイプライターの音がするなどミュージック・コンクレートの先駆けともいえる音楽を作曲しているが、「家具の音楽」としてBGMという概念を作った(正確に書くと復活させた)のもサティである。


名コンビとして親しまれたミシェル・プラッソンとトゥールーズ・キャピトル管弦楽団は良くも悪くもフランスのローカル的な要素を色濃く出した演奏を展開している。現在はプラッソンはトゥールーズ・キャピトル管弦楽団の指揮者から退いている(2016年4月に東京の新国立劇場オペラパレスでマスネのオペラ「ウェルテル」の指揮をする予定がある)。トゥールーズ・キャピトル管弦楽団の現在の首席指揮者はトゥガン・ソヒエフであり、私はソヒエフ指揮トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団の来日演奏会を京都コンサートホールで聴いているが、「エスプリ・ゴーロワ全開のオーケストラ」という印象を受けた。

 

11月17日(火)

午後7時30分から、大阪・福島のザ・シンフォニーホールで、大阪フィル×ザ・シンフォニーホール「ソワレ・シンフォニー」vol.6を聴く。今日の指揮者は台頭著しい若手の三ツ橋敬子。


大阪フィルハーモニー交響楽団とザ・シンフォニーホールの企画による「ソワレ・シンフォニー」は昨年始まり、最初は小品1曲と交響曲1曲、途中休憩なしの、文字通りシンフォニーをメインとしたコンサートだったのだが、今年度に入ってからは模様替えし、若手指揮者と若手ソリストによるチケット料金を抑えたコンサートとなった。「ソワレ・シンフォニー」のシンフォニーも「交響曲」から「ザ・シンフォニーホールでの」という意味に変わっている。新体制の「ソワレ・シンフォニー」は5月に垣内悠希の指揮、山本貴志のピアノ独奏で今年1回目があり、今日の演奏会が今年2回目となる。開場時間が午後6時30分、開演時間が午後7時30分と少し遅めなのも特徴。


曲目は、ロッシーニの歌劇「ウィリアム・テル」序曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン独奏:木嶋真優)、ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」(1919年版)

なお、今日のコンサートマスターは垣内悠希の回と同様、ベテランの藤原浜雄が務める。指揮者が若いので、ベテランをコンサートマスターに置いて援護しようということなのかも知れない。


開演10分前から、三ツ橋敬子によるプレトークがある。三ツ橋敬子は颯爽と登場したのはいいが、途中で蹴躓いてしまい、右手で口を押さえながら照れ笑いをする。凛としたイメージの人だが、こういう仕草を見ると「可愛いな」と思う。
三ツ橋は、「皆様、こんばんは。いきなり恥ずかしい姿をさらしてしまいましたが、足元の悪い中、お越し下さってありがとうございます。今は大降りになっているそうです(私がザ・シンフォニーホールに入るまでは普通の降りであった)」と挨拶し、今日演奏する3つの曲についての解説を行う。「ロッシーニという人は、若くして作曲を止めて悠々自適の生活を送るのですが、20年間で38作のオペラを書いています。ですので、かなりの早書きの作曲家だったわけです。「ウィリアム・テル」はロッシーニが37歳の時に書いた最後のオペラです。皆さん、ステーキのロッシーニ風というフォアグラを乗せたものをご存知ですかね。そこからもわかるようにロッシーニはかなりのグルメでした。肖像画を見るとわかりますが、見事なメタボ体型です。ロッシーニが生まれたのはペーザロという海に面した街です。イタリアを長靴に例えますと、ふくらはぎの上の方にある街です(三ツ橋はイタリア在住であるため、イタリアには詳しい)。海が綺麗で、海の幸なども美味しいです。
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、『これぞヴァイオリン協奏曲!』といえるような、非常によく知られた曲です。
ストラヴィンスキーの「火の鳥」ですが、これはディアギレフという有名なバレエ興行師の依頼を受けて差曲された者で、バレエ全編の筋書きはハッピーエンドで終わるのですが、ストラヴィンスキーがバレエ組曲として編纂した最初の版が1912年に出まして、このバレエ組曲はラストが魔王の踊りで終わるんです。その7年後の1919年に再度編纂されたバレエ組曲を今日は演奏するのですが、これはハッピーエンドに戻っています。7年間の間に第一次世界大戦が勃発しまして、ストラヴィンスキーはスイスに亡命を余儀なくされていました。そして大戦が終わってから、「火の鳥」を編纂し直したのですが、ストラヴィンスキーはラストに希望を見出したかったのではないかと思います」というようなことを語る(正確には記憶出来なかったので大雑把に再構成しました)。


ちなみに、三ツ橋敬子は身長151cmと平均的な日本人女性と比べてもかなり小柄であるため、指揮台は通常よりも高いものが用いられていた。大阪フィルの前音楽監督で現在は桂冠指揮者の大植英次も小柄で、大阪フィルではそれを補うための特注の指揮台を使っていたというから、あるいは大植用の指揮台が用いられたのかも知れない。


ロッシーニの歌劇「ウィリアム・テル」序曲。三ツ橋というと、何よりも棒の巧さが際立つ指揮者であるが、今日の優れたバトンテクニックが存分に発揮される。指揮棒を持っていない左手が雄弁なのもいつもの通りである。

この曲は暗譜で指揮した三ツ橋。「朝」の詩情、「嵐」の迫力、「静寂」の抒情美、「スイス軍隊の行進」の推進力など、いずれも見事であり、彼女のイタリア音楽への共感も良く伝わってくる演奏であった。


メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。ソリストを務める木嶋真優(きしま・まゆ)は、兵庫県神戸市生まれの若手ヴァイオリニスト。まだ十代の頃と二十代前半の時期に京都市交響楽団定期演奏会に出演したことがあるが、いずれも高音の美しさは光っていたものの、終始ブスッとした表情でつまらなそうに演奏していたため、「聴衆のことも考えてよ」と思ったものだが、その後は悪い癖もなくなり、ヴァイオリニストとしての腕も上げている。ケルン音楽大学ヤングコースを経て同音大を卒業。ケルン音楽大学ではソロのみならず室内楽の演奏も学んでいる。先日、ケルン音楽大学大学院を満場一致の首席で卒業し、ドイツの国家演奏家資格も取得している。

黄色のドレスで登場した木嶋。以前とは違って、今日は時折笑顔も浮かべながら演奏する。ヴァイオリンの音色は高音のみならず全ての音が美しくなっているが、基本的に陽性のヴァイオリンであるため、陰影に乏しいという印象を受けたのも事実である。スケールは雄大、メカニック面はとても優れている。

三ツ橋指揮の大フィルもややスケールは小さかったが、まとまりの良い伴奏を奏でた。


メインであるストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」(1919年版)。冒頭のコントラバスを始めとする低弦の築き方、その後の管楽器の煌びやかな活躍、スーパーフォルテシモの迫力、終盤の立体的な音楽進行など、確かな楽曲把握と造形を感じさせる演奏である。この曲も暗譜で指揮したが、棒は非常に機敏でわかりやすい。ストラヴィンスキーは棒の巧拙が演奏に直結しやすいため、三ツ橋のバトンテクニックは大きな武器となる。
ジャン=クロード・カサドシュ指揮の京都市交響楽団による9月の同曲演奏に比べると色彩面ではかなり劣勢という印象を受けたが、フランス人の名匠と日本人の若手では出来上がる演奏に違いが出るのは仕方ないことである。三ツ橋指揮大フィルの「火の鳥」もカサドシュ&京響と比べなければ十分に優れた出来であった。


「イタリア在住の指揮者だから、アンコール演奏があるとしたら、マスカーニの歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲かな?」と思っていたら、本当にアンコールとして「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲が演奏されたのでちょっと驚く。優美にして透明度の高い佳演であった。


幸い、雨は峠を越したようで、ザ・シンフォニーホールを出たときには小降りになっていた。

 

11月18日(水)

午後6時から、大谷大学響流館(こうるかん)3階メディアホールで、「『星の王子さま』朗読会」に参加する。朗読を行うのは京都を代表する舞台女優の一人で、朗読にも力を入れている広田ゆうみ。


世界史上最も有名な童話の一つであるサン=テグジュペリの『星の王子さま』。読んだことがない人はいてもタイトルを知らない人はいないというくらい有名である。テレビCMなどを通して、「大切なものは目に見えないんだよ」等のセリフもよく知られている。

また、人気作であるが故に、岩波書店による翻訳独占権が切れた途端に出版社各社から一斉に独自の翻訳による『星の王子さま』が出版され、「供給過剰」と騒がれたこともある(青空文庫で、タイトルを変えた新訳が無料で読めたりもする)。


ミヒャエル・エンデなど、後世の作家に多大な影響を与えた作品であるが、私は以前から『星の王子さま』と金子みすゞが書き残した童謡との共通点が気になっており、真宗大谷派の大学である大谷大学で『星の王子さま』の朗読が行われると、広田ゆうみさんのFacebookにアップされていたので、出掛けることにした。金子みすゞは真宗大谷派(お東)ではなく浄土真宗本願寺派(お西)の門徒であるが、東と西で教義に違いがあるわけではないので問題は全くない。本願寺が東と西に分かれたのは為政者の都合であり、日蓮宗(一致派)と法華宗(勝劣派)のように教義を巡って分裂したわけではないからである。
そのため、今日のアプローチに関しては金子みすゞ的視点から行った。


大谷大学は、地下鉄烏丸線北大路駅の目の前にある。アクセスは良好であり、かつては「仏教界の東大」といわれる龍谷大学に対して「仏教界の京大」といわれた(入試難易度ではなく、信徒(浄土真宗の場合は門徒というが)が多いため、僧侶が出世しやすいというのが理由とされる)が、龍谷大学が総合大学へと拡張したのに対して、大谷大学は文学部だけの単科大学に留まる政策を取り、キャンパスも狭いままであったため、受験者数や就職実績の点において他大学に引き離され、入試難度も低下。知名度、社会的影響、受験者数、入試難度において龍谷大学の大きく引き離されただけでなく、浄土宗(信徒数日本第2位。浄土真宗本願寺派が1位であり、真宗大谷派は3位である)の大学である佛教大学にも追い抜かれ、「仏教界の京大」も死語となった。ただ、清沢満之の遺産もあって哲学の研究に関しては定評があり、本物の京都大学に次ぐ評価を得ている。


大谷大学には尋源館(じんげんかん。旧・大谷大学本館)という煉瓦造りのお洒落な国登録有形文化財建築があるため、キャンパスの中に入ったことは何度かあるのだが、建物の中に入るのは初めて。
メディアホールの場所もWeb上でしか確認していないので、早めに出掛けて早めに着いて位置確認といういつものことをやる。大谷大学の先生が私が早めに着いているのを見て、「熱心な人がいる」と思ったと話されていたが、熱心だから早く着いたのではなく、開演に絶対に遅れたくないので、早めに着いてその辺で待っているというのは私にとっては通常運転なのである。


大谷大学では新しい校舎を建てる予定があり、キャンパスの西部分で工事が行われている。

折角、大学に来たのだからということで、学生食堂で食事を済ませることにする。大谷大学の学食は値段がかなり安く、味も学食としては上位に入る方だと思う。ちなみに大谷大学内にあるカフェは「Big Valley Cafe」という「大谷」を英語に直訳した店名を用いている。


『星の王子さま』は全編を通して朗読するには長いので、特に前半に関しては本文ではなく要約したものを読み上げる。要約部分では、『星の王子さま』に使われている挿絵が、スクリーンに投影されて効果的に用いられていた。

ただ、要約されたため、前半部分に繰り返し出てくる「おとなたち」への批判は若干薄まったような印象は受ける。

上演時間は約80分。その後、質疑応答がある。私も感想を言うように薦められるが、話すと長くなってしまうため、遠慮しておいた。


広田ゆうみの朗読は正攻法。声音のチェンジや読み上げ方に関しては、星の王子さまに関しては私も同様に行うと思うが、語り手である飛行士に関しては私とは解釈が少し異なるようである。多様な解釈を受けいれられるというのも優れたテキストの条件の一つなのでこれは問題がない。


『星の王子さま』では、凝り固まった思想を否定し、想像力の重要性が説かれている。個と世界との結びつき方は多様であり、決して単線的な関係にあるわけではない。本来もっと豊かであるはずの世界を狭くしているのは想像力の欠乏であり、思考停止である。大人になるとザッハリッヒカイト(即物的)な姿勢を多く取りがちになるが、そうあることだけが正解ではないのである。人間は単純なる物質的存在ではなく、精神的な存在でもあるのだから。

金子みすゞも童謡で、「見えぬものでもあるんだよ 見えぬけれどもあるんだよ」、「わたしは不思議でたまらない(様々な事例を挙げて)誰に聞いても「当たり前だ」ということが」、「みんな違ってみんないい」などの言葉を残しているが、常識、自己、他人を疑う姿勢を持たず、誰かの意見に心を委ねてしまったのでは、もうそこから先に行けないのは確かなのである。


読んで情景を想像するのと、聞いて風景を思い浮かべるのとでは、浮かび上がるものが異なってくる。今日は私は目がアレルギーでやられていたため、そちらが気になり、十分に想像力を発揮することができなかったのだが、聞いて想像した場合、星の王子さまがより抽象的な存在に感じられる。本当に妖精か何かのようだ。


今年に入って、文部科学省は「国立大学法人の人文科学系、社会科学系の縮小」を打ち出し、批判を受けて「誤解があった」と弁明したが、「実学=善」という発想はサン=テグジュペリ的な思考への宣戦布告であり、多様性を許さない全体主義への道のための布石である。思考や想像をしないことが正しいことなのだろうか。私は絶対にそうは思わない。

 

11月19日(木)

世界野球プレミア12。侍ジャパンは、東京ドームでの準決勝で韓国代表と対戦する。予選Bグループの初戦で対戦した相手である韓国。その時は日本が5−0で圧勝したが、韓国も予選Bグループを突破しており、強いチームであることに変わりはない。ちなみに、準決勝に進んだのは、日本、韓国、アメリカ、メキシコで、全て予選Bグループに入っていたチームである。


日本は、札幌ドームでの韓国戦で好投した大谷翔平を今日もマウンドに送る。大谷は期待に応えるピッチングで、MAX160キロのストレート、スライダー、フォークを武器に7回を11奪三振、被安打わずかに1の零封と完璧に近いピッチングを行う。今日はフォークが抜け気味で危ないコースに何度も行ったのだが、スピードがあるため、相手も打ち損じた。

日本打線であるが、なかなか韓国投手陣を打ち崩せず、4回裏に3点を取っただけ。それでも3−0のまま試合は9回表を迎える。後3つアウトを取れば決勝進出の日本であったが、則本昂大、松井裕樹、増井浩俊が揃って不調。この回、4点を奪われ、一気に逆転を許す。

日本打線も9回裏に点を奪うことは出来ず、3−4で逆転負け。点を取るべきところで取れない、点を与えてはいけないところで与えるという、日本サッカーにも通じる勝負弱さを露呈してしまった。


試合終了後、小久保監督は自らの継投ミスを認めたが、則本にイニングを跨がせて続投させたことや、MLBをプレーの手本としている韓国相手にパワーピッチャーである則本、松井、増井という継投を行ったことは適材適所とはいえず、やはりミスがあったのは事実であるといわざるを得ない。ただ、打線も3点しか奪えず、終盤の攻撃でもここぞというところで畳みかけられず淡泊な攻めを繰り返していた。

いずれにせよ、日本がプレミア12の初代王者に輝くことはなくなった。3位決定戦で意地を見せて貰いたい。

 

世界屈指のヴァイオリニストであるヴィクトリア・ムローヴァのプロコフィエフ・アルバムを聴く。パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団(hr交響楽団)の伴奏によるヴァイオリン協奏曲第2番、テディ・パパヴラミとの共演による2本のヴァイオリンのためのソナタ、無伴奏ヴァイオリン・ソナタニ長調という、協奏曲、室内楽、独奏曲という異なるジャンルの3曲を収めた1枚。ONYXレーベルからの発売、東京エムプラスの輸入・販売。

全てライブ録音であるが、演奏終了後に聴衆の拍手が入っていなければそれと気が付かないほど、演奏の精度も録音の質も高い。


やや渋めの音色でスケールの大きな演奏をするヴィクトリア・ムローヴァ。パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送響とのヴァイオリン協奏曲第2番では、独自の美しさを持つこの曲の魅力を存分に歌い上げる。第2楽章での温かな雰囲気作りは特に印象的。滑らかなムローヴァのヴァイオリンと、見事な造形美を見せるパーヴォ指揮のフランクフルト放送響の共演により理想的な演奏が展開される。


テディ・パパヴラミとの2本のヴァイオリンのためのソナタでは、息の合った共演を行い、無伴奏ヴァイオリン・ソナタでは精神的な気高さを感じさせる出来。録音も含めて優れた1枚となっている。

 

11月20日(金)

午後7時から、大阪・京橋のいずみホールで、日本センチュリー交響楽団いずみホール定期演奏会29「ハイドンの優等生たち」を聴く。指揮は日本センチュリー交響楽団首席指揮者の飯森範親。

ハイドンの交響曲全曲を演奏して、録音し、CDとして発売しようという「ハイドン・マラソン」という企画の第3回である。


曲目は、ハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番(ピアノ独奏:クシシュトフ・ヤブウォンスキ)、ハイドンの交響曲第99番。


古典配置での演奏。交響曲第30番「アレルヤ」ではフルートが活躍するということで、今日はNHK交響楽団首席フルート奏者である神田寛明が客演首席フルート奏者として参加する。交響曲第30番「アレルヤ」には通奏低音のチェンバロとしてパブロ・エスカンデも加わり、指揮の飯森の向かい合う形で演奏する。

今日のコンサートマスターは後藤龍伸。松浦奈々がフォアシュピーラーに回る。ちなみ松浦奈々は他のプレーヤーが眉間に皺を寄せて弾いている中で、一人笑顔を浮かべながらルンルンで演奏しており、かなり目立つ。ヴァイオリンを弾くことが本当に好きなのだろう。


今日の飯森範親は全曲をノンタクトで指揮。細やかにして明快な指揮姿であった。


交響曲第30番「アレルヤ」。ピリオド・アプローチを徹底させた明朗な演奏。透明感のある弦は美しく、管楽器の音色も輝かしい。第2楽章でソロを受け持つ神田寛明のフルートは冴え冴えとした美しさと軽快さがある。この楽章のもう一人の主役であるオーボエの宮本克江のソロも優れていた。


場面転換の合間に飯森範親がマイクを手にトークを行う。ベートーヴェンはハイドンの弟子であるが、「聞くところによるとベートーヴェンは『ハイドンから学ぶものなどなにもなかった』と豪語していたということですが、そういうことはもちろんなくて」と、ベートーヴェンの楽曲にもハイドンの影響が見られるということを語る。また、ハイドンとモーツァルトについても触れ、「ハイドンとモーツァルトはかなり年が離れていまして、えーと何歳だったかな? 24歳だったか、それぐらい離れていたわけですが、ハイドンはモーツァルトの才能を高く買っていまして、一緒に弦楽四重奏曲を、モーツァルトにヴァイオリンを弾かせて、ハイドンもヴァイオリンだったわけですが、演奏したりしています。ハイドンの交響曲第99番は、モーツァルトの交響曲第39番の出だしにとてもよく似ています。また冒頭に『神よ我らを憐れみませ』とドイツ語で書いてあるわけですが、ひょっとしたモーツァルト哀悼のために似せて書かれたのかも知れません。モーツァルトは交響曲第99番が書かれる2年ほど前に亡くなっていますが、ハイドンはモーツァルトの交響曲第39番の演奏を聴いているはずです。同じようにベートーヴェンもハイドンの音楽をたっぷり聴いて取り入れているはずです」と語る。


ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番。ソリストを務めるクシシュトフ・ヤブウォンスキは名前からも分かる通りポーランド出身のピアニスト。1985年のショパン国際ピアノコンクールに入賞。その他に6つのピアノコンクールでも入賞し、様々な賞を受賞しているという。ただ優勝や第1位になったことはないようだ。現在はソリストとしての他にワルシャワ・フレデリック・ショパン音楽大学のピアノ科教授として後進の指導にも当たっている。

飯森に「エレガント」と評されたヤブウォンスキのピアノであるが、弾き始めてからすぐにルバートを掛けるなど、ベートーヴェンの雄々しさよりも典雅さを優先させたピアノである。良い意味でモーツァルトの延長線上にあるようなピアノであるが、第1楽章カデンツァや第3楽章ではスケール豊かな堂々とした演奏を聴かせ、単純に美しいだけのベートーヴェンにはしない。

飯森の指揮は反射神経が良く、センチュリー響を自在に操る。

ヤブウォンスキはアンコールとして、ショパンのマズルカ第14番を演奏。ショパンに相応しい仄暗い音色による丁寧な演奏であった。


後半、交響曲第99番。「アレルヤ」とはスケールの違う音楽であることがわかる。「アレルヤ」を書いた時にはハイドンはハンガリーのニコラウス・エステルハージ候の宮廷楽団の副楽長であり(直後に楽長に昇進)、当時の音楽の中心からは外れたハンガリーで独自の音楽を模索していたが、宮廷楽長辞任後にウィーンに出て様々な音楽に触れ、スケールや奥行きを増した作品が書けるようになったのだろう。

音楽は巨大であり、ベートーヴェンの交響曲に匹敵するような部分もある。よく知られているハイドン像は「小型の交響曲を沢山書いた」というものだが、晩年のハイドンは愛らしいだけでなく、このような雄渾な交響曲も書いていたのである。

確かにモーツァルトやベートーヴェンのものに比べると底は浅めであるかも知れないが、ハイドンの交響曲も後世に残るだけの資質を十分持っていることがわかる。

飯森指揮のセンチュリー響はリハーサルにスタジオレコーディングも重ねたということもあり、作品を完全に手の内に入れた好演を展開した。

 

日本相撲協会の北の湖理事長(本名:小畑敏満)が福岡市内の病院で死去。62歳であった。先日、横綱・白鵬が猫だましを用いたことに「横綱としてやるべきことじゃない」と苦言を呈したばかりであった。
北海道出身。第55代横綱として活躍。功績を称えて、現役時のしこ名のまま一代年寄となる。

理事長代行は八角親方が務めるという。

 

11月21日(土)

目のアレルギー症状が酷いので眼科に行く。私が子供の頃はアレルギー用の点眼薬というものが市販されていなかったが、その後、花粉症が国民病のようになったため、今は抗ヒスタミン剤入りの目薬も多く売られている。だが、今回は市販用目薬で最も抗ヒスタミン剤が多いものを用いても調子が上向かなかったため、眼科に掛かることになった。抗ヒスタミン剤が効かずに眼科に行くのは今日が初めてではない。症状が起こらない時は目薬さえ注さなくてもいいのだが、酷いときはどうしようもなく酷い。体に影響を及ぼすほど強い薬は医師の処方箋がないと出せないため、市販薬というのは実はかなり弱めなのである。
今日も抗ヒスタミン剤入り目薬とステロイド入り目薬の二種類を貰う。ステロイド入りの目薬は強いので1日2回ぐらいしか注さないのだが、今日はステロイドを使っても調子が上向くということはなかった。

 

午後2時30分から京都コンサートホールで京都市交響楽団の第596回定期演奏会を聴く。今日の指揮者はNHK交響楽団の桂冠指揮者でもあるウラディーミル・アシュケナージ。

美音家のピアニストとして知られるアシュケナージ。1970年代からは指揮者としても活躍している。フィルハーモニア管弦楽団を指揮した指揮者デビューコンサート(曲目はチャイコフスキーの三大交響曲)のレポートを読んだことがあるが、当時のアシュケナージは拍の振り方も知らなかったそうで、そういう状態でありながらコンサートは成功したという。

指揮者としては複数の名盤を生み出しており、ラフマニノフの交響曲全集(2種)などは評価が高いが、オーケストラの音楽監督や常任指揮者としては高い評価を受けているとはいえず、オーケストラ・ビルダーどころかオーケストラ・クラッシャーなどと呼ばれていたりする。ピアニストとして名声を得てから指揮者になったため、特定の指揮者に師事したことはなく、指揮は完全に我流。ということもあってか、棒のぎこちなさでも有名である。

第1回キリル・コンドラシン指揮者コンクールの審査員であり、優勝した広上淳一の才能に惚れ込んで、NHK交響楽団の演奏会にピアニストとして客演する際の指揮者に広上を指名。広上の恩人の一人でもある。


曲目はブラームスの交響曲第2番とチャイコフスキーの交響曲第5番。どちらもメインプログラムになり得る曲が並び、ボリューム満点のプログラムである。

今日のコンサートマスターは泉原隆志。フォアシュピーラーは渡邊穣。なお、NHK交響楽団首席チェロ奏者の藤森亮一が客演首席チェロ奏者として参加した。

京響首席フルート奏者の清水信貴はフルートが主役級の活躍をするブラームスの交響曲第2番のみに参加(チャコフスキーで首席の位置に座ったのは中川佳子)。一方、オーボエ首席奏者の高山郁子、クラリネット首席の小谷口直子、トランペット首席のハラルド・ナエスはチャイコフスキーの交響曲第5番のみに加わった。ブラームスの交響曲第2番ではオーボエも活躍するが、前半にオーボエ首席の位置に座ったのは契約団員の日高慧であった。


プレトークでアシュケナージは、「京都に来るのは2度目ですが、以前は別の会場でした(おそらく京都会館)。京都コンサートホールの内装の美しさに感動しています」とまず述べる(通訳:禹貴美子)。ピアニストとしてのエピソードと指揮者としてのエピソードを一つずつ語りたいとアシュケナージは話す。まずはピアニストとしての話、オットー・クレンペラー指揮のフィルハーモニア管弦楽団と共演することになったアシュケナージ(クレンペラーの指揮というのが時代を感じさせる)。曲目はブラームスのピアノ協奏曲第2番であったが、第2楽章にとても難しいピアノソロがある。クレンペラーもそこがピアニストに取って難所だということは知っていたので、最初のリハーサルでは、アシュケナージの弾くピアノの方に身を乗り出して聴き、アシュケナージが弾ききると「ブラボー!」と言葉を発したそうである。二度目のリハーサルでもクレンペラーは同じことをしたという。「本番ではどうするんだろう?」とアシュケナージは思ったそうだが、ロイヤル・フェスティバルホールでの本番でも、クレンペラーはピアノの方に身を乗り出して聴き、アシュケナージが難所を弾き終わると、「ブラボー」と囁いたそうである。アシュケナージは「クレンペラーは囁くのもとても上手な指揮者でした」と洒落を言う。

「ブラボー!」繋がりで、今度はロサンゼルス・フィルハーモニックを指揮してサンディエゴでシベリウスの交響曲第5番を演奏した時のこと。シベリウスの交響曲第5番は、和音が何度も続き、終わりそうで終わらないのだが(ベートーヴェンの交響曲第5番へのオマージュかも知れない)、最後の和音が鳴る前に、「ブラボー!」と叫んでしまった若い男性がいて、アシュケナージが演奏を続けると、「Oops!」という言葉が聞こえたそうである。今日演奏するチャイコフスキーの交響曲第5番にも最終楽章に終わったと勘違いしてしまいそうな場所があり、ある指揮者は盛り上がったのでそこで演奏をやめ、曲を終わりにしてしまったこともあるそうだが、アシュケナージ本人は「拍手やブラボーが起こっても、私は演奏を止める気はありません」と言って、聴取を笑わせる。

実はエストニア出身のアヌ・タリという女性指揮者が京都市交響楽団の定期演奏会に客演した時に、チャイコフスキーの交響曲第5番の最終楽章で曲が終わったと勘違いした男性が「ブラボー!」と叫んでしまうという事件があった。同曲の同部分で間違えて拍手が起こったり、拍手しそうになっている人を見掛けたことはあるが、「ブラボー!」が掛かったのは流石にこと時だけである。曲をよく知った人でないと「ブラボー!」を発してはいけないという暗黙のルールがあるのだが、その人はそれを知らなかったようだ。


ブラームスの交響曲第2番。音の重心がやや高めの演奏である。

アシュケナージの指揮は脇を締めて行うため、必然的に両腕の可動領域が狭くなり、ギクシャクした動きになる。なぜ脇を締めて指揮をしているのかは不明。出だしと、棒が示す音型はわかるので演奏に支障はないが、オーケストラは角張った演奏にならないようある程度は自発的に演奏する必要があり、音楽監督などとしては上手くいかないのはオーケストラ奏者達が疲れてしまうからなのかも知れない。

オーケストラを鳴らす才には秀でており、京響から力強い音を弾き出すが、金管が強すぎてバランスが悪くなる場面も多い。情熱的な演奏ではあるが、本当はどんな音楽をやりたいのかは今一つ不明瞭。とにかくオケを鳴らしてフォルムで聴かせたいのかも知れないが。


チャイコフスキーの交響曲第5番はアシュケナージの得意曲目だけにブラームスより数等上の出来である。冒頭の暗鬱は表情、弦楽器からヒンヤリした音を引き出す技術は流石。オーケストラを鳴らすテクニックも万全で、今日は京都コンサートホールが楽器として鳴り響く。

一方で、弦と管のバランスに関しては相変わらず金管が強すぎる。ロシアものなのでブラスがパワフルでも良いのだが、いくら何でも強く吹かせすぎである。その一方で木管のハーモニーはきめ細やかで、温かく美しい。

第2楽章にはホルンによる長くて難しいソロがあるのだが、京響首席ホルン奏者の垣本昌芳が完璧な演奏を行い、演奏終了後、アシュケナージから真っ先に指名された垣本は喝采を浴びた。


最終楽章が明るすぎるのが、解釈としては難点かも知れないが、オーケストラはとにかく良く鳴る。疑似ラストのところなども圧倒的な音響で京都コンサートホールを鳴り響かせ、拍手させる隙を与えなかった。

ブラームス同様フォルムで聴かせる演奏ではあったと思うが、そうしたタイプのチャイコフスキーとしては上出来。アシュケナージは今日は満席となった聴衆から盛んな拍手を受けた。


音楽監督や常任指揮者としては実績は残していないが、客演指揮者としてならアシュケナージはかなり面白い存在である。

 

世界野球プレミア12。準決勝の韓国戦で勝てる試合を落とした侍ジャパンであるが、3位決定戦では、山田哲人が2打席連続ホームラン、中田翔、松田宣浩にも一発が飛び出すなどしてメキシコ投手陣を粉砕。投げても先発の武田翔太が3回無失点の好投。2番手投手の菅野智之はメキシコのJ・ペレスに1発を浴びるもこの1点だけに抑え、7回表は山崎康晃が3者凡退に片付ける。日本は11−1でメキシコを圧倒。7回コールド勝ちで、準決勝戦の鬱憤を晴らした。

 

11月22日(日)

午後1時30分から、大阪・福島のザ・シンフォニーホールで、交声曲「海道東征」コンサート(追加公演)を聴く。交声曲「海道東征」は信時潔の作曲、北原白秋の作詞により、皇紀2600年奉祝曲として作り出された曲である。「神武東征」伝説を基に、北原白秋が擬古文調のテキストを編みだし、信時潔が生き生きとしたメロディーを付けた。

日本人作曲家のクラシック楽曲というと、どうしても暗いものが主体となりやすいのだが、「海道東征」は晴れやかで延び延びとした旋律を特徴としている。信時潔没後50年、戦後70年記念の演奏会であるが、産経新聞が主催し、近畿各地「正論」懇話会が協賛しているため、どうしても右寄りのイメージが出てしまっている。ただ、「海道東征」という楽曲自体はもっと演奏されてしかるべき完成度を誇る曲である。

作曲家の信時潔は、大阪北教会の牧師であった吉岡弘毅の三男として生まれ、大阪北教会の長老であった信時義政の養子となったということもあり、幼時からキリスト教の音楽に親しんで育ち、長じてからもキリスト教の旋律を基調とした作品を多く生み出した。「海ゆかば」の作曲家として名高いが、「海ゆかば」も他の軍歌とは一線を画す美しさを持っており、パイプオルガンで演奏すればおそらくキリスト教音楽に聞こえると思えるほどキリスト教的要素は濃い。戦前の信時潔は山田耕筰と並び称されたが、「海ゆかば」が若者達の玉砕を美化させたという罪の意識から、戦後は作曲活動を自粛してしまう。そうしている間に「海ゆかば」以外の作品は忘れ去られてしまうということになったのである。
一方の山田耕筰は、「天皇陛下が戦争責任をお取りにならないのだから、自分が戦争責任を取る必要はない」と開き直り、盛んに音楽活動を行っている。


今回の演奏会が、交声曲「海道東征」の関西における復活初演となるが(11月20日に一度だけのコンサートが行われるはずだったのだが、チケット完売につき本日追加公演が行われることになった。なお今日のチケットも完売である)、東京ではすでに本名徹次指揮オーケストラ・ニッポニカ(日本のクラシック音楽演奏専門のアマチュアオーケストラ)が復活上演を行っており、ライブ録音が行われてCDにもなっている。そのCDを私は聴いて、今日の演奏会に来る気になったのである。

今日のコンサートの主催は産経新聞社、共催は公益社団法人・大阪フィルハーモニー協会、協力:ザ・シンフォニーホール。特別協力:信時裕子、NHK交響楽団、近衛音楽研究所。助成:公益財団法人三菱財団。講演:ラジオ大阪、協賛:滋慶学園グループ、近畿各地「正論」懇話会。賛同:橿原神宮、石清水八幡宮、住吉大社、賀茂別雷神社(上賀茂神社)ほか。


演奏は、北原幸男指揮大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー合唱団、大阪すみよし少年少女合唱団。独唱者は、幸田浩子(ソプラノ)、太田尚見(ソプラノ)、山田愛子(アルト)、中鉢聡(テノール)、田中純(バリトン)。

北原幸男の指揮に接するのは久しぶりであるが、「かなり老けたな」という印象を受ける。一時は注目の指揮者の一人だったのだが、その後、北原に関する話題を聞くことは少なくなってしまっている。


曲目は、ベートーヴェンの交響曲第5番(近衛秀麿編曲版)、信時潔の交声曲「海道東征」と「海ゆかば」。

交声曲「海道東征」はライブ録音が行われ、後日CDがリリースされる予定だという。


午後1時30分からは、信時潔の伝記も書いている、都留文科大学教授の新保祐司(しんぽ・ゆうじ)氏によるプレトークがあり(司会はラジオ大阪アナウンサーの小川真由が務める)、演奏は午後2時から行われる。
新保氏は、「信時潔ルネッサンス」という言葉を使い、一時は忘れ去られたかに見えた信時潔の人気が上がり、山田耕筰を追い抜く勢いであることを素直に喜んだ上で、「海道東征」に込められた日本的なるものを聴き取って欲しいというようなことを述べる。ただ、音楽的に見ると、「海道東征」は日本音楽としては本流ではないように私個人としては思う。


ベートーヴェンの交響曲第5番(近衛秀麿編曲版)。指揮者、作曲家、編曲家として活躍した近衛秀麿。摂関家筆頭である近衛家の生まれであり、戦時の宰相であった近衛文麿の異母弟である。近衛指揮による演奏は録音が残っており、今も聴くことが出来るが、近衛生前の日本のオーケストラは管楽器が貧弱であり、近衛はその欠点を補うため、パワフルになる編成と編曲を行った。まず、管の編成を大きくする。フルート4人、オーボエ4人、クラリネット4人、ファゴット4人、コントラファゴット1人(元々の譜面にはコントラファゴットは参加していない)、ホルン6人、トランペット4人、トロンボーン3人という、ほぼ倍管かそれ以上のスケール。更には編曲を施し、トランペット、ティンパニ、ホルンなどは本来は演奏しないはずの旋律を受け持ったり、和音の時に補助的に鳴ったりしている。

北原幸男指揮の大阪フィルハーモニー交響楽団であるが、当然ながら完全なモダンスタイルによる演奏。往年の演奏に比べるとスッキリしているが、最近流行りのアプローチに比べると重量級である。

ただ、近衛の時代とは違い、現在の日本のオーケストラのブラスは欧米のオーケストラと比べても遜色がないほど屈強であるため、近衛秀麿編曲版で演奏すると、管がやたらと巨大でバランスが悪く聞こえてしまう。


メインである信時潔の交声曲「海道東征」。

歌詞は無料パンフレットにも載っているが、字幕スーパーがザ・シンフォニーホールの壁にも投影される(P席やステージサイド席の人のためには、ステージの端にモニターが設置されている)。擬古文調であるため分かりやすくはないが、前後関係を辿ると意味は大体伝わってくる。

信時の音楽は清明。聴いていてどこまでも高く突き抜けていく青空が目に浮かぶ。


まず天のことが歌われ、イザナギとイザナミによる国生みの歌になるのだが、その後のことは飛ばされ、日本武尊の「大和は國のまほろば」と大和を讃える言葉が歌われて、美しき大和を目指すために神倭磐余彦(神武天皇)が日向・高千穂から大和へと向かう東征の旅が始まる。途中で兎狭(宇佐)に行宮を営み、その後、筑紫、安芸、吉備に宮を作りながら東征し、白肩の津(現在の大阪府枚方市付近と思われる。枚方は現在では内陸の街であるが、古代は内海が入り込んでおり、港町であったことがわかっている)から、生駒越えを目指すが、難行する様子がオーケストラで描かれる(テキストには出てこないが、結局、生駒山は越えられず、大和国の南側から一行は入国することになる)、その後は、大和に着いて、まつろわぬ者を討つべく神武天皇を讃える歌になる(「八紘一宇」の言葉も出てくる。この辺りは好戦的と見做されそうである)。

徒に戦意を高揚するものではないため、神経質になる必要はないと思う。過去を現在になぞらえるのはよくあることだが、それを言い出すとキリがない。

大阪フィルハーモニー交響楽団も大阪フィルハーモニー合唱団も良く整った好演を聴かせる。5人の独唱者も雄弁であり、大阪すみよし少年少女合唱団も澄んだ歌唱を聴かせた。


最後は、「海ゆかば」。新保氏がプレトークで、「『海ゆかば』は立って一緒に歌って欲しい」と言ったため、「ここで歌うのかな?」と半信半疑ながら立って歌う人が半数ほど。実際はアンコールで「海ゆかば」が再度演奏される予定だったのだが、北原幸男も振り返って指揮するなど、ここでも聴衆が歌うということになる。私は最初、バリトンの音域で歌ったのだが、上手くいかないため、テノールに切り替えた。テノールの方は上手くいった。


アンコールの「海ゆかば」演奏。今度は聴衆が全員立って歌う。私もテノールで歌った。歌い終わってステージに拍手を送る、のだが、前に列に座ってたおばさん二人が振り返って私に拍手をくれる。最初は意味がわからず、「?」であったが、すぐに自分の歌唱を褒めて貰ったのだと気づき、「ありがとうございます」と言って頭を下げる。まさかこんなところで拍手を頂くとは思ってもいなかった。

 

大阪府知事と大阪市長を決めるダブル選挙ではいずれも大阪維新の会が勝利する。やっぱり大阪やな。政治都市になった期間の短い街はあきまへんわ。

 

ニコニコ生放送「新生紀ドラゴゲリオンZ」であるが、早希ちゃんがウィルス性気管支炎でドクターストップが掛かったため出演出来なくなる(大阪に足止めだと思われる)。早希ちゃんは、新宿のルミネtheよしもとで行われたドラゴンクエスト好き芸人のイベントに朝5時まで出演(同イベントはニコニコ生放送で中継された)、その後、同日正午からの京都教育大学の学園祭である藤陵祭の吉本お笑いすてぇじに参加するため、おそらく始発かそれに近い新幹線で京都まで帰り、京都教育大学の楽屋で睡眠というスケジュールを取ったのだが、楽屋に毛布などの十分な掛け布団がなかったために風邪を引いてしまったとブログに書いていた(伏見は南の方とはいえど京都市内だからね。大阪よりは体感温度はずっと低い)。京都教育大学でのステージは問題なく、「おはよう朝日土曜日です」のロケでも問題はなかったようだが、昨日の「おはよう朝日土曜日です」本番では完全に声がやられており、喋るのも辛そうであった。早希ちゃんのマネージャーはまた変わって、大学を出たばかりの子がやっているらしいが、吉本のスケジュールは相変わらず無茶苦茶である。

 

11月23日(月)

目の調子がやはり万全ではないため、音楽を聴いて過ごす。耳の調子も聴覚ではなく鼓膜が外圧に押されることによる三半規管への症状の方が万全とはいえないのだが(耳と鼻を繋ぐ器官がアレルギーなどで塞がる状態であるため、耳の内側の空圧が低くなり、鼓膜が外気に押されてしまうのである)。


マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、オランダ放送合唱団ほかの演奏で、モーツァルトの「レクイエム」(ジュースマイヤー版)を聴く。RCOレーベル(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団自主製作盤)。

ピリオド・アプローチを採用しており、弦の音などは透明ですっきりしているが、演奏自体は迫力重視であり、オランダ放送合唱団も力強い歌唱を繰り広げている。傾向としてはリッカルド・ムーティ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、スウェーデン放送合唱団盤(旧EMI。今後、どこのレーベルから出るのかは不明)に近いスタイルの演奏である。

音で聴かせるタイプの演奏であるため、私が好みとするようなモーツァルトではなかった。

 

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団の演奏で、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン独奏:ジノ・フランチェスカッティ)とレオノーレ序曲第2番を聴く。ソニー・クラシカル。

フランス生まれで、戦後はアメリカに渡って活躍したジノ・フランチェスカッティ。今では有名ヴァイオリニストとは呼べなくなっているかも知れないが、日本でも熱心なファンを持つことで知られる。また有名ヴァイオリニストでありながら、生涯来日することはなかった演奏家の一人でもある。


フランチェスカッティのヴァイオリンはリリシズム十分。音色は磨き抜かれ、技巧面でも万全である。安定感のあるヴァイオリンであり、何の心配もせずに聴いていることが出来る。

ワルター指揮のコロンビア交響楽団も温かみのある音で、造形美にも優れた伴奏を奏でている。


ワルター指揮コロンビア交響楽団の序曲「レオノーレ」第2番は、ドラマティックな名演として知られているものである。序曲「レオノーレ」第2番は録音自体が少ないため、「不朽の名盤」に数えられたこともある。「不朽」かどうかは別問題だが(時代の流れは速く、ワルターの存在自体もどんどん遠くなっていっているため)、優れた演奏であることには間違いない。
 

ワルター指揮コロンビア交響楽団、ジノ・フランチェスカッティのCDは気に入ったため、3回連続で繰り返して聴いてしまった。

11月26日(木)

東京へ。

午後7時から、初台にある東京オペラシティコンサートホール“タケミツ メモリアル”で、オッコ・カム指揮フィンランド・ラハティ交響楽団による「生誕150年 シベリウス交響曲サイクル(チクルス)」の第1夜を聴く。

昼前に京都を出発し、東京駅で新幹線を降りて中央快速で御茶ノ水へ。明治大学12号館の地下1階にある明大マートで買い物をしてから、再び中央快速に乗って新宿で下車、京王新線に乗り換えて一つ先の初台に向かう。

開演どころか開場にすら遅れたくないという気持ちがあるため、東京オペラシティコンサートホールの前にはかなり早く到着してしまう。ただ、隣の新国立劇場には京都に転居してからも何度か訪れているが、東京オペラシティコンサートホールに来るのはおそらく15年ぶりぐらいになる。そのため周囲のことも大方忘れ、また15年の間に周辺の環境も変わっているため、辺りを歩いているだけで新鮮で、待つ時間はさほど苦にはならない。

日本人作曲家として最も知名度の高い武満徹の名をメモリアルとして掲げている東京オペラシティコンサートホール。海外のアーチストからは「タケミツホール」という愛称で親しまれている。合掌造りのような三角形の高い屋根を持つことが特徴である。ただ、ステージ上に反響板はあるので、京都コンサートホールのように「音が高いところに留まって降りてこない」というようなことはない。
東京の中でも好きなコンサートホールだったのだが、京都に移ってからは来る機会自体がなくなってしまった。

東京オペラシティコンサートホールで初めて聴いた演奏会は、武満徹の親友であったサー・サイモン・ラトル指揮バーミンガム市交響楽団の来日公演だったと記憶している。1996年頃のことで、ラトルもまたサー(卿)を名乗ることが許されたばかりであった。メインはベートーヴェンの交響曲第5番であったが、前半現代音楽ばかり並べたプログラムであったため(オリバー・ナッセンなど分かり易い作風の現代音楽作曲家ばかりだったのだが)ラトルの指揮であるにも関わらず開場はガラガラであった(余談だが「ラトル」というのは英語でおもちゃの「ガラガラ」のことである)。「時の勝利」という曲が印象的であり、その後、私はその曲の印象を詩にまとめている。
ベートーヴェンの交響曲第5番は実に面白い演奏であったが、それが「ピリオド・アプローチ」という手法を取り入れた演奏であると分かるのはもっと後のことである。

その後、ケント・ナガノ指揮リヨン国立歌劇場管弦楽団の来日演奏会もここで聴いている。メインはラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」全曲であったが、タケミツホールでの演奏会ということもあって、前半には武満徹の「系図 −family tree−」もフランス人の少女の朗読付きで演奏されている。

東京オペラシティコンサートホールでの演奏会というと、この2つはすぐに浮かぶが、他は浮かばない。あるいは、この2回しか来ていないのかも知れない。

午後6時20分と、東京の常設オーケストラの演奏会に比べると遅めの開場である。


フィンランドを代表する指揮者の一人であるオッコ・カムは、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、フィンランド国立歌劇場の音楽監督としての活躍を経て、2011年秋にシベリウス演奏で世界的な評価を受けているラハティ交響楽団の首席指揮者と、ラハティ交響楽団が主役となるラハティのシベリウス音楽祭の芸術監督に就任している。これまで京都市交響楽団に2度客演、いずれもシベリウスの作品を指揮しているほか、以前は日本フィルハーモニー交響楽団にもポストを持っており、よく指揮していた。池袋にある東京芸術劇場コンサートホールで行われた、日本フィルハーモニー交響楽団のサンデーコンサートを指揮したことがあり、メインのプログラムであるシベリウスの交響曲第2番の演奏が、私が本当の意味でのシベリウスの醍醐味を知った初めての経験となった。ということで、カムは私がシベリウスに開眼するきっかけを作ってくれた恩人でもある。
1982年に当時手兵であったヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団と共に来日し、シベリウス交響曲全曲演奏の企画を行っているが、交響曲第1番と第4番、第7番の3曲は日本におけるシベリウスの泰斗であった渡邊暁雄に指揮を譲っており、カム一人による日本におけるシベリウス交響曲チクルスは今回が初めてになると思われる。

今回のシベリウス交響曲チクルスは交響曲の番号通りの演奏される。ということで、今日は交響曲第1番と第2番が演奏される。
オッコ・カム指揮フィンランド・ラハティ交響楽団のシベリウス交響曲チクルスは、生誕150年を迎えたシベリウスメモリアルイヤーの日本における白眉であり、日本各地から聴衆が集まってきていると思われる。白人の聴衆も多い。

アメリカ式の現代配置による演奏。コンサートミストレスはMaaria LEINO。クラリネット奏者の女性はオレンジ色の髪、ファゴットを吹く女性は赤毛で共に目立つ。染めているのではなく、地毛が明るい色なのであろう。

交響曲第1番。カムは今回の演奏会では全曲椅子に座って指揮した。
冒頭、ティンパニが鳴る中でクラリネットが孤独な感じのソロを奏でる。途中でティンパニが音を止め、クラリネットの一人語りになるのだが、一人語りの場面ではカムは指揮するのを止めて、オレンジ色の髪のクラリネット奏者に全てを任せた。
ラハティ交響楽団は、輝きと仄暗さを併せ持つ弦の音色が出色のオーケストラである。管も弦ほどではないが優れている。

カムの指揮は基本的には右手と左手がシンメトリーに動く端正なものだが、時折、指揮棒を持つ右手とは別の動きをする左手の操作が抜群。音型を操作し、音色やニュアンスを変える。ゲネラルパウゼを長く取るのも特徴である。
冴え冴えとした優れたシベリウスであった。

交響曲第2番。
この曲は、オスモ・ヴァンスカに率いられたラハティ交響楽団が、西宮北口の兵庫芸術文化センター大ホールで「理想的」といってもいい超名演を行っており、それとの比較にもなる。なお、カムはシベリウスの交響曲第2番を計3度レコーディングしており得意曲目である。
ヴァンスカに比べると個性的な演奏である。カム指揮によるシベリウスの交響曲第2番の実演はこれまでにも東京と京都で一度ずつ聴いているが、それに比べても個性の度は強い。細部まで丁寧に仕上げた演奏であるが、第2楽章は勿論、第4楽章でもシベリウスの苦悩がヴィヴィッドに伝わってくる。第4楽章もカムは単純な凱歌にすることはなかった。

アンコールは3曲。3回に分けられて行われたカムとラハティの「シベリウス交響曲サイクル」であるが3回ともアンコールは3曲であった。

「ミランダ」(組曲「テンペスト」第2判より)、「行列」、「間奏曲」(「ペレアスとメリザンド」より)の3曲が演奏されたが、いずれも生命力に満ちた快活な音楽が奏でられた。

今回は千葉市への帰省も兼ねている。初台から千葉の実家までは結構遠い。時間的には京都からなんばに向かうのと大して変わらないのだが、東京はとにかく人が多いということもあり、精神的に疲れる。


午前1時から、radikoで、MBSラジオ「桜 稲垣早希の歌バッカ アニメ・アイドルばっか」を聴く。大阪のFMを千葉市で聴けるのだからスマホは凄い。

11月27日(金)

今日も初台にある東京オペラシティコンサートホール“タケミツ メモリアル”で、オッコ・カム指揮フィンランド・ラハティ交響楽団による「シベリウス交響曲サイクル(チクルス)」を聴く。

実家は、JR千葉駅からバスで30分ほどの郊外にあり、リュックを担いで行くには疲れるのだが、今日は軽装で行く。

京都ではテレビを見る習慣が余りないのだが(見ないわけではなくダラダラ見続けることがないという意味)千葉では両親に合わせて、朝から情報番組などを見る。

午後2時過ぎに実家を出発し、バスとJRを乗り継いで御茶ノ水へ。神田明神に参拝し、その後、カラオケ館神保町店で1時間をほど歌う。joysoundの全国採点GPで歌い、チェッカーズの「星屑のステージ」で自己最高点となる97点台マークする。これで11月のトップ10の平均点は95点を超え、参加者中上位2・1%には入ることになった。ただ、カラオケの採点機能というのは歌の上手さを完全に判定出来るだけのものはまだ備えておらず、あくまでジョイサウンドが設定した音程に合っているかを判定できるだけのものである。そのため、高得点を出すために敢えて普段とは違う歌い方をすることもある。ということで、上位に入ったからといって歌がうまいわけでもない。これからは高得点を出すような歌い方よりも、歌が込めるメッセージをきちんと伝えられるような歌唱法に切り替えて行こうと思う。

オッコ・カム指揮フィンランド・ラハティ交響楽団の「シベリウス交響曲サイクル」第2夜。今日は、交響曲第3番、ヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン独奏:ペッテリ・イーヴォネン)、交響曲第4番の3曲が演奏される。

交響曲第3番。冒頭の民族舞踊曲のような旋律は力強く弾かせる指揮者と音を抑えてて弾かせる指揮者の2タイプがいるのだが、カムは強く弾かせる。
ラハティ交響楽団の弦のバリエーションは多彩。弱音が特に美しく、ヒンヤリとした音の奏で方なども上手い。東京オペラシティコンサートホールは残響が長いため第1楽章のラストである「アーメン」なども音が上へと伸びていき、少し留まってから消える。「神秘的」と呼んでも良いような体験である。

ヴァイオリン協奏曲。ソリストのペッテリ・イーヴォネンはフィンランドのヴァイオリニスト。1987年、ヘルシンキ生まれ。9歳でシベリウス・アカデミーに入学し、2005年にフィンランド・クオピオ・ヴァイオリン・コンクールにおいて史上最年少で優勝。2010年にはシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールで第2位および特別賞を受賞している。
長身のヴァイオリニストであるが、フィンランド人は基本的に背が高いため(オッコ・カムは比較的小柄だが)ラハティ交響楽団の男性楽団員と身長はさほど変わらず、実際に何センチあるのかは不明である。

冒頭、オーケストラの弦の刻みの弱音が冷たく、異世界のような響きを出す。ラハティ交響楽団はメカニックそのものは日本のオーケストラと互角程度であるが、やはりシベリウスの演奏に関しては本家だけに説得力がある。
イーヴォネンのソロの磨き抜かれた美しい音を奏で、自然の美しさや人間の孤独感などを詳らかにしていく。

アンコールとしてイーヴォネンはイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番よりバラードを弾く。ヴィルトゥオーゾタイプではないだけに、技巧面では物足りないものがあったが、語り上手なヴァイオリンではあった。


交響曲第4番。私が「20世紀最高の交響曲」と評価している曲である。
カムとラハティ今日は丁寧な演奏でシベリウスの憂鬱を描き出していく。
カムは第1楽章と第2楽章の間と第3楽章と第4楽章の間をアタッカで開始、前半と後半という解釈であるとも思われる。
ラハティ響はやはり弦楽の魅力の方が管楽のそれより上だが、この曲では金管を強く吹きすぎて弦楽が聴き取れなくなるというバランス上の問題があった。
それでも「秀演」と呼ぶに相応しい演奏が展開された。
第4楽章ではグロッケンシュピールを採用。愛らしくも深遠な音楽が奏でられていく。

アンコールは3曲。まずは「悲しきワルツ」。模範的な演奏である。ピッチカートの場面ではかなり音を小さくしたが、パーヴォ・ヤルヴィ指揮のそれと比べるとずっと大きく、常識的な範囲での演奏であった。

続いて「ミュゼット」。クラリネット奏者が湧き上がる泉のような鮮烈なソロを奏でた。

ラストは「鶴のいる風景」。叙情味溢れる優れた演奏であった。


帰り道であるが、JR中央快速もJR総武快速線も遅延。ただJR中央線が遅れた理由は分からないが、JR総武快速線は平井駅で急病人が発生しての遅延。JR錦糸町駅前で電車が止まってしばらく待たされたが、死傷者が出たわけではないようなので安心する。


初台から千葉の実家まではかなり距離があり、軽装で行ったにも関わらず、帰ってきたときにはバテバテであった。

11月28日(土)

今日は一日、千葉にいる。

朝ゆっくりでも良かったのだが、早めに目が覚めてしまう。今日は妹も休みなので、昼食を家族4人で食べようということになったのだが、私が寝不足だったため、昼食ではなく夕方に外食ということに変更になる。


昼過ぎに家族4人で自宅近くを散歩。千葉市自体の人口は増えているが、私が生まれ育った郊外の住宅街は寂れる一方である。千葉市自体が旬を過ぎた街という印象が強い。千葉県知事が森田健作で、千葉市長が私よりも年下の若造とあっては、千葉市の未来も暗い。最近になって千葉市の熊谷市長が「千葉市の魅力アップ」について市民に意見を求めているが、そうしたビジョンは選挙に出馬する前に本来は持っていなければならないものである。

自宅から歩いてすぐに田園地帯に出る。政令指定都市にいるとは思えないほど田舎である。千葉市は人口だけは多いが、街の魅力がそれに追いついていない。歴史の古さだけは関東で一番といってもいいほどあるのであるが、室町時代中期から江戸時代に至るまでの間、歴史の空白期間があり、これが思いの外大きい。江戸時代の下総国の中心地は佐倉であり、佐倉は人口に関しては千葉よりずっと下であるが、華はある。

実家に来ると、ピアノの練習をするのだが、今回は加古隆の「パリは燃えているか」やショパンの前奏曲を弾いただけであった。ワープロソフトを毎日使っているということもあって、指が動かないということはないのだが、読譜力が落ちており、スラスラとは弾けない。自作である「ピアノのための『前夜』」を初めてアコースティックピアノで弾いてみる。予想していたよりも良い曲なのではないだろうか。


千葉市中央区仁戸名(にとな)にある、ライフガーデン仁戸名店の一角に出来た「やよい軒」で一家4人で夕食。「やよい軒」は京都市内にも何軒かある全国チェーンの店であるが、京都と千葉の店舗では印象が異なり、京都が大衆食堂風であるのに対して、千葉の「やよい軒」は完全にファミリーレストランである。メニュー自体には変化がなく、私はサバの塩焼き定食を食べる。特別価格で480円という、ワンコインを下回る安さであった。

11月29日(日)

今日が、オッコ・カム指揮フィンランド・ラハティ管弦楽団による「シベリウス交響曲サイクル(チクルス)」の楽日である。今日は午後3時開演のマチネーだ。私は今日の演奏会を聴いて、そのまま京都に帰る。

午前10時半前に千葉の自宅を出発、今日はどこにも寄らずに直接初台に向かう。JR総武快速線、JR中央特快、京王新線を乗り継いで東京オペラシティへ。昼食として丸亀製麺東京オペラシティ店で釜玉うどんを食する。
東京オペラシティに隣接した新国立劇場の5階にある情報センターで本や映像を見て過ごそうと思っていたが、残念ながら今の時期は臨時休館のシーズンになっていた。仕方がないので、オペラシティ内で持参している本を読んだり、初台の街をあちこち歩いて時間を潰す。初台にはラーメン屋が多いので、全国チェーンの丸亀製麺のうどんではなくラーメンを食べれば良かったかと少し後悔する。


オッコ・カム指揮フィンランド・ラハティ交響楽団による「シベリウス交響曲サイクル(チクルス)」最終日。今日は交響曲第5番、交響曲第6番、交響曲第7番が一挙に演奏される。

東京オペラシティコンサートホール“タケミツ メモリアル”の三角屋根の正面には明かり取りの窓があるのだが、開演直前に下の方から三角形の蓋がせり出してきて、窓は閉じられ、外からの光も入ってこなくなった。

交響曲第5番。冒頭の管が揃わないなど、いささか雑然としたスタート。尻上がりに調子を上げるかと思っていたが、アンサンブルの雑さは結局全曲を通して改善されることはなかった。弦楽器は比較的好調であるが、管楽器は音が濁るなど十全とはいえない。この曲の演奏に関しては残念ながら合格点は与えられないであろう。

交響曲第6番は、一転して超名演が展開される。藤岡幸夫指揮関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏を聴いたばかりだが、出来は流石にカムとラハティ交響楽団の方がずっと上だ。神秘的で温かさにも溢れた弦の音色がノスタルジアを呼び起こし、管の響きが心の傷を癒やしてくれる。
これだけの演奏が可能なのに交響曲第5番で失速したのは不思議だが、やはり曲によって向き不向きがあるのであろう。

交響曲第7番もスケールが適度に保たれ、響きが洗練された優れた演奏。カムは強弱の付け方が独特である。
単一楽章でありながら、4つの表情を持ち、実質的な交響曲となっているシベリウスの交響曲第7番。カムとラハティは楽曲の把握がしやすい演奏を行った。


今日もアンコールは3曲である。まずはシベリウス生誕150年に相応しい「アンダンテ・フェスティーヴォ」。ラハティ交響楽団の聴いてきて胸が痛くなるほどヒンヤリとした透明な響きが印象的な佳演である。

続いて、「ある情景のための音楽」。悲劇的な曲調で始まるが、ラストに向けて明るくなっていく。カムの指揮は盛り上げ方が上手い。

ラストは勿論、といっていいのかどうかはわからないが交響詩「フィンランディア」。ラハティ響のブラスの威力が今ひとつであったが、全般的には整った演奏である。フィンランド第2の国歌と言われる部分の歌い方はやはり堂に入っていた。

今日は満員となった客席からはカムとラハティ響を讃える拍手が鳴り止むことがなかった。


行きもJR新宿駅南口から甲州街道を歩いて東京オペラシティまで来たのだが、帰りもやはり甲州街道を歩いて新宿まで向かう。新宿から山手線内回りに乗り、品川駅で下車。日曜の夕方ということもあってか山手線の車両内は空いていた。

品川駅から新幹線に乗り、京都に帰る。今回はかなり疲れた旅になった。千葉〜初台間は思いの外遠い。