2014年11月

10月                                                                                                                    12月
 

11月1日(土)

午後3時から、京都劇場、カンパニー・フィリップ・ジャンティの公演「忘れな草」を観る。日仏文化交流90周年記念公演でもある。


セリフはほとんど用いられず、演者のパフォーマンスと小道具の使い方で見せる公演。特に人形と幕の使い方が特徴である。


舞台が明転すると、まず後ろを向いた女優がヘンデルの歌劇「リナルド」から“私を泣かせてください”を歌っている。ところが、この女優、舞台の方に向き直るとチンパンジーのフェイスマスクをしている。

そこへ、遠くの方から人間の集団らしい影絵が近づいて来るのが見える。チンパンジーはそれを追い返そうとするのだが、無駄骨に終わる。


続いて、男と女のいる舞台。だが、それぞれ、自分の顔に似せた等身大の人形を持っており、人間と人形が様々に交錯するという興味深い展開が行われる。「この辺で変わりそうだな」という予測は可能であり、当たることが多いのだが、急にチェンジするので、どうやったのかわからないところも何ヶ所かあった。

実は、男装した女優が一人紛れており、そのため数の勘定合わないよう錯覚させる工夫がなされていた。

舞台設定は北極か南極のようで、演者達は小さなスキーの模型を履いていたりする。そのため、温め合う男女という設定もあるのだが、これは良いところでブツ切りにされる。

チンパンジーにとっては人類が繁栄しないことこそが願いなので、人類のあれやこれやはあっても何事もなく去って貰うのが望ましい。

ラストシーンでは、チンパンジーの望み通り人類は去って行くかに見える(影絵で示される)のだが、途中で、一組のカップルが馬車を降り、恋愛が成就したことが暗示される。チンパンジーが悔しがる中、幕となる。


ストーリー自体は、言葉を使わないパフォーマンスの常として奥深さはあっても多彩とはいえないものだが、小道具の生かし方は見応えがあったように思う。

 

京都劇場は、JR京都駅構内にある劇場である。ということで、久しぶりにJR京都駅前にある京都タワー1階の売店で買い物をする。本当に欲しいものは残念ながら見つからなかった。

 

11月3日(月) 文化の日

午前中はどうしても調子が上がらなかったが、なんとか午後になって体調も良くなったので出掛けることが出来た。

 

午後5時から、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールで、オフィス3○○(さんじゅうまる)の公演「天使猫 -宮澤賢治の生き方-」を観る。作・演出・出演:渡辺えり。出演は他に大沢健、大和田美帆、土屋良太、谷川昭一郎、宇梶剛士等。アクロバット要員や歌唱、楽器担当まで含めると出演者はかなり多くなる。音楽:近藤達郎、青森挽歌作曲:藤田辰也、歌唱指導:深沢敦。

山形県出身である渡辺えりが、東北大震災を機に、東北のヒーローである宮澤賢治を描いたのが本作品である。2012年に初演。東京のみでの公演であったが、今回は全国ツアーを行う。宮沢賢治ゆかりの盛岡からツアーがスタートし、東京で6日間上演を行った後で、石巻の被災地跡でテントを張った公演を今月1日に行い、西宮に乗り込んできた。今後、金沢、山口、宮崎(チケット完売とのこと)、愛知、福島(南相馬市民文化会館)、仙台、そして渡辺えりの故郷である山形で楽日を迎えるという。


渡辺えりは、このところずっと、テレビや映画など映像への出演が多いので、若い人は知らないかも知れないが、以前は、劇団3○○(さんじゅうまる)を主催し、アングラ第3世代と呼ばれた小劇場演劇の旗手の一人であった。アングラ第3世代には、なぜか3の付く劇団が多く、鴻上尚史の第三舞台、川村毅の第三エロチカ、そして渡辺えり(当時は渡辺えり子)の劇団3○○などがあるが、いずれも3を付けた由来は異なっている。3○○は、元々は2○○(2じゅうまる)だったのだが、良くないことが重なり、美輪明宏からアドバイスを貰って3○○に変えたところ運が向いてきたという。
劇団3○○時代には無名時代の豊川悦司が所属していたり、少年院を出て俳優を目指していた宇梶剛士を渡辺えりが更生させたりしている。一方で、劇団3○○が最盛期を迎えていた80年代に、稽古を見学に来た他の劇団員に、「お前等、よく女の演出家の指示なんて聞いていられるな」といわれたそうで、80年代でもまだ、女性演出家への偏見があったことが窺われる。

劇団3○○は、1998年に解散。同じ頃に、NHKBSで劇団3○○の舞台が何本か放送されている。私は全て観たが、正直、好みではなかった。

劇団3○○解散後、渡辺えりは劇団宇宙堂を立ち上げるが、2007年にはオフィス3○○として再始動、結局、3○○に戻ってしまった。

オフィス3○○は劇団ではなく、プロデュースユニットであるが、渡辺えりはどうも渡辺流演劇塾なるものを発足させたようで、今回もセリフもないような役で、渡辺流演劇塾の一期生と二期生が出演していたようである。


靄が掛かった舞台。ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」第1楽章が流れて劇がスタートする。ちなみに賢治はクラシック音楽好きであり、「田園」交響曲のレコードは実際に賢治も所有していた。

舞台上手から、賢治の妹であるトシ(トシ子。大和田美帆。大和田美帆は去年の11月にも兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールで上演された「イーハトーボの劇列車」で宮沢トシを演じており、2年続けて別作品で同役を連投することになる)が本を手に現れ、頁を開くと、銀色の粉が降ってくる。トシはそれを見て満足そうに退場する。

宮澤賢治役の土屋良太が客席通路を通って、舞台に上がる。降っているのが、空の粉か、虹のかけらか、雨かと問うていると、猫(大沢健)が「蛍だ」と答える。猫は30年以上も妻を探しているというが、30年なら猫の寿命はとうに尽きているだろうと賢治は考えるのだが、猫はそんなことはないという。ちなみに妻の名前はタマというのだが、一応、西洋風にメアリーという洒落た名前も持っているそうだ。そこへ、賢治の親戚の信夫(谷川昭一郎)と信夫の妻の絹恵(渡辺えり)がやってくる。二人は降っているのは雪だと答え、賢治が「え? 蛍では?」と聞くと、猫が「季節が変わったんだよ」と答える……


様々なストーリーが錯綜するアングラ第3世代の雰囲気を今も色濃く残した芝居である。一役を演じるのは宮澤賢治役の土屋良太だけで、他の俳優は一人で何役もこなす。宇梶剛士などは、賢治の弟である清六の他に、岩手山という、人ではないものまで演じてしまう。

様々な要素を詰め込んだ結果、彩りは豊かになったけれど、どうもしっくりとはこない芝居になってしまったような気がする。「イーハトーボの劇列車」は賢治ものの舞台として大傑作であるが、「天使猫」は少なくとも傑作とは呼べないであろう。

展開を細かく追っていくと、ラストのメッセージも説得力はある。ただ、少しわかりにくいかも知れない。


大沢健、大和田美帆という、日本を代表する舞台俳優二人は共に愛すべき演技を見せていた。

 

11月5日(水)

午後7時から、京都コンサートホールで、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団の来日演奏会を聴く。指揮は、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団の音楽監督であるサー・アントニオ・パッパーノ。

音楽の指示記号がイタリア語であることからもわかる通り、クラシック音楽の祖国であるイタリア。ただ、イタリアのクラシック音楽は主に声楽において発達し、器楽中心に発展した古典派以降は王座をドイツに譲ってしまう。その後もイタリアはロッシーニやヴェルディを始めとしたオペラ作曲家、レスピーギなどの器楽の作曲家、指揮者やピアニスト、弦楽奏者や声楽などの名演奏家を数多く生み出してきたが、オーケストラだけは一流と呼べるものを生み出していない。ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団、ローマ聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団という名称でも知られるオーケストラも、名門オーケストラとは呼べても、一流オーケストラだと見做している人は少ないと思われる。ということで、今日の演奏会も空席が目立つ。埋まっている席は4割ほどだろうか。ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団のコンサートとしてはチケット料金がやや高めというのもネックだと思える。


曲目は、ヴェルディの歌劇「ルイザ・ミラー」序曲、ドヴォルザークのチェロ協奏曲(チェロ独奏:マリオ・ブルネロ)、ブラームスの交響曲第2番。


指揮者のサー・アントニオ・パッパーノは、1959年生まれのイギリスの指揮者。イギリス国籍であるため、近年ナイトに叙されてサーを名乗れるようになったが、両親はイタリア人である。13歳の時に渡米し、音楽教育は主にアメリカで受けている。その後、オペラ指揮者として頭角を現し、ロンドンのコヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督に2002年に就任。以後、世界的なオペラ指揮者として活躍している。コンサート指揮者としても2005年にローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団の音楽監督に就任。主にイタリアもので高い評価を受けている。


ヴェルディの歌劇「ルイザ・ミラー」序曲は、流石、イタリアの血を引くオペラの名指揮者とイタリアのオーケストラによる演奏。技術的には特に高いわけではないのだが、弦はまろやかな響きを生み、金管の音が燦々と輝く。おそらくイタリアのオーケストラしか作り出せない演奏だと思われる。


ドヴォルザークのチェロ協奏曲。
ソリストのマリオ・ブルネロはイタリア生まれの名手。1986年のチャイコフスキー国際コンクール・チェロ部門の覇者である。近年は指揮者としても活躍おり、チェロを弾きながらの弾き振りも得意であるという。

ブルネロのチェロはハスキーな音色でスタート。その後は滑らかな演奏が展開されるが、線がやや細いように感じられる。

パッパーノ指揮のローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団による伴奏だが、第2楽章では盛大に響かせすぎて大風呂敷を広げた格好になってしまうなど、バランスは今一つである。オーケストラの鳴り自体は良いのだが、余りスラヴ的な響きを出すことはしない。多分、器用ではないので、出さないのではなく出せないのであろう。そう考えると、イタリア音楽はイタリア的に、スラヴ音楽はスラブ風に、ドイツ音楽はドイツらしくとスタイルを自在に変えることの出来る日本のオーケストラはなかなかのものだと思える。考え方によってはイタリアのオーケストラは個性的、日本のオーケストラは器用貧乏で没個性ということになるのかも知れないが。

ブルネロはアンコールとして、J・S・バッハの無伴奏チェロ組曲第3番よりブーレと、マックス・レーガーの無伴奏チェロ組曲第2番よりガボットを演奏。奥行きを感じさせる出来であったが、スケールはやや小さめであったかも知れない。


メインのブラームスの交響曲第2番。

イタリアのオーケストラとブラームスの交響曲というと相性が悪そうであり、今日の不入りの一因になっているのかも知れないが、ブラームスの交響曲第2番は「ブラームスの『田園』交響曲」と呼ばれるように明るめの作風であり、イタリア人にとっては一番馴染みやすいブラームス作品かも知れない。

出だしから情熱全開。白熱した激しい演奏が展開される。第1楽章など、リズムも相まって馬に跨がって疾走しているようだし、第2楽章はギラギラと輝く音色が情熱を通り越して狂気すら感じさせる出来となる。牧歌的なはずの第3楽章も結構熱い。音の重心が全体的に高めにあるのも特徴である。
最終楽章も情熱の奔流。ブラームスがどこかに吹き飛んで、情熱のカンツォーネとなってしまったような印象を受ける。こうした印象もありなのかも知れないが、私はやはり渋いブラームスの方が恋しい。演奏終了後は聴衆が喝采を送ったが、興奮しての拍手であり、感動や感心は呼ぶことが出来なかったように思う。


アンコールは2曲。まず、ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲。見事な演奏である。一音一音にオペラの情景が宿って伝わってくるようだ。やはりパッパーノ指揮のオペラ序曲というと今現在、生で聴けるベストのものであるような気がする。
なお、歌劇「運命の力」序曲では、チンバッソという、イタリアオペラでのみ使われる特殊なテューバが用いられているのだが、チンバッソという楽器を生で見たのは私は今日が初めてである。

2曲目はポンキエッリの「時の踊り」よりラスト。白熱した演奏であった。

 

11月7日(金) 立冬

午後7時から、京都府立府民ホールアルティで、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の来日演奏会を聴く。

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団は、その名からもわかる通り、ライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーから成る弦楽四重奏団であり、1809年結成という世界最古の弦楽四重奏団とされる(当然ながらメンバーは入れ替わっている)。メンバーはいずれも首席奏者から選ばれるようだ。

現在のゲヴァントハウス弦楽四重奏団のメンバーは、コンラート・ズスケ(第2ヴァイオリン。苗字からも分かるとおり、カール・ズスケの息子である)、ユルンヤーコブ・ティム(チェロ)、フランク=ミヒャエル・エルベン(第1ヴァイオリン)、オラフ・ハルマン。


曲目は、モーツァルトの弦楽四重奏曲第15番、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番、モーツァルトの弦楽四重奏曲第19番「不協和音」。


アルティは、残響可動システムを導入しているが、天井が高いということもあって、弦楽四重奏曲を演奏するには余り向いていないように感じた。響かないのでどうしてもスケールが小さく感じられてしまう。


東ドイツであった時代から、ライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団は渋い響きを出すといわれ、一部では「東ドイツはお金がないので安い楽器しか買えないためだ」などといわれたりもしたが、今日もゲヴァントハウス弦楽四重奏曲のメンバーは渋めの音を出しており、伝統的にこうした音を守り抜いてきたのだと思われる。


モーツァルトの弦楽四重奏曲第15番は、第1楽章の哀切な旋律が特徴。アルバン・ベルク・カルテットのCDで愛聴してきたが、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団の音色はアルベン・ベルク・カルテットほどウエットではない。


メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番も悲哀に満ちた作風。メンデルスゾーンの姉であるファニーがなくなってから2ヶ月後に着手され、2ヶ月で完成。「ファニーへのレクイエム」となっている。
ゲヴァントハウス弦楽四重奏団も真摯な演奏で、自分達の大先輩であるメンデルスゾーンの音楽を歌い上げる。


モーツァルトの弦楽四重奏曲第19番「不協和音」。第1楽章の冒頭で、調性が定まらないため「不協和音」というタイトルが付いた。今現在「不協和音」と聞いて思い浮かべるようなものではなく、「不安定な音楽だ」程度の感じなのだが、モーツァルトの生前は斬新な作品であったといわれる。

調性が安定してからはいかにもモーツァルトらしいチャーミングな音楽となり、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団も格調の高い演奏を示した。


アンコールは2曲。

まず、ハイドンの弦楽四重奏曲第81番「ロプコヴィッツ四重奏曲」より第2楽章。たおやかな曲と演奏である。

そして最後はモーツァルトのセレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第1楽章・弦楽四重奏版。颯爽とした演奏であった。

 

11月8日(土)

午後1時から、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールで、二兎社の公演「鷗外の怪談」を観る。作・演出:永井愛。出演:金田明夫、水崎綾女(みさき・あやめ。変換したら「岬殺め」と出た。怖いぞ)、内田朝陽(うちだ・あさひ)、佐藤祐基、高柳絢子、大方斐紗子、若松武史。二兎社は、永井愛と大石静の二人の卯年生まれの女性による劇団だったのだが、大石静は今はシナリオライターに専念。二兎社はプロデュースユニットになっており、今回の出演者は、全員、二兎社初参加である。

タイトルからわかる通り、森鷗外が主人公であるが、小説家であると同時に陸軍軍医総監としての側面を持つ森鷗外に光を当て、世間を揺るがした大逆事件の顛末を軸に、政府(特に元老・山県有朋)の一員でありながら、反権力の小説家でもあるという鷗外の複雑な立場を描き出していく。


鷗外の書斎が舞台である。

鷗外の二度目の妻で作家でもある、しげ(水崎綾女)が、独り言を呟きながら書斎に入ってくる。しげでは最近、西洋の書物が危険だといわれていることを説明する。イプセン(特に『人形の家』であるが)、モーパッサン、ゾラ、ニーチェなどが否定されるが、特に社会主義やアナーキズムと繋がっているロシア文学が批難されているという。

しげは、鷗外の母で姑である峰とは上手く行っておらず、自身が書いた小説で、峰をモデルにした非道い人物を描いたそうだ。


話の中心が、大逆事件へと移る。大逆事件は、社会主義者の幸徳秋水らが粛正された事件であるが、実際は、宮下太吉が爆弾を製作しようとしたことに始まるが、爆弾も製作には成功しておらず、計画も具体的ではない。それに、宮下が幸徳秋水に爆弾の話を持ちかけたとき、興味を示したのは秋水の内縁の妻であった管野スガであって、秋水自身は「馬鹿らしい」と相手にしなかったという。

幸徳秋水が主犯であるという確証もないまま裁判は進んでいる。弁護士の一人に指名されたのは鷗外の弟子である弁護士兼歌人の平出修(ひらいで・しゅう。演じるのは内田朝陽)であるが、被疑者の証言などほとんど取り上げないままに、幸徳秋水らの判決が一方的に纏まりつつあることに憤りを見せている。

一方、森鷗外は山県有朋が主催する大逆事件に関する懇談会にも呼ばれていた……


思想が抑制され、なし崩し的になかったことがあったことにされ、あったこともなかったことにされることに悪い意味で慣れきってしまった日本。勇気ある人が出ない国。この芝居を観ていて忸怩たる思いがこみ上げた来た。
 

金田明夫は庶民的なイメージのある俳優だけに森鷗外役は今一つピンとこなかったし(演技自体が悪いわけではなかったが)、他の俳優も上手いというわけではなかったのが残念。敢えて作り物的な演義を仕掛けた人もいたが、それに感化されたわけでもないだろうが、少し演技が硬めの人もいた。役者達のアンサンブルは今一つだったように思う。

 

帰りに、西宮市内にあるバッティングセンターに寄り、スクリーンに投影されるバーチャル投手と対戦。前田健太の映像は神宮バッティングドームでも使われていたが、ここでは他に藤浪晋太郎が130キロの映像で使われていたり(神宮バッティングドームでは最速110キロであったため対戦せず)、福岡ソフトバンクホークスの攝津正や、埼玉西武ライオンズの菊池雄星とも対戦可である。

フォーム的には特に打ちにくいというピッチャーはいない。私は左右打ちであるため、菊池雄星とは左対左、前田健太とは右対左で対戦したが、いずれも打ちやすかった。

ピッチングマシーンにも挑戦したが、もはやコントロールが全く定まらず、全力では投げなかったが8分の力で投げた球は、1メートルほど先の床を叩くし、遠くを狙うことを目標にすると、右上方にボールが抜けていってしまう。残念だが、これが今の力である。

 

11月10日(月)

午後7時から、谷町四丁目にあるNHK大阪ホールで、NHK交響楽団大阪公演を聴く。元々はレナード・スラットキンが指揮するはずだった公演であるが、スラットキンが体調不良で来日不可となったため、新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督として知られたクリスティアン・アルミンクが代役として指揮台に上がることになった。Facebookには、1週間ほど前に指揮者交代の記事が載ったが、それ以外のメディアではどうなったのかわからず、今日来て初めて指揮者の変更を知った人もいるかも知れない。

曲目は変更一切なしで、ウェーバーの歌劇「オベロン」序曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(ピアノ独奏:オルガ・ケルン)、ブラームスの交響曲第4番が演奏される。


NHK交響楽団の今日のコンサートマスターは、ソロ・コンサートマスターの堀正文。第2ヴァイオリンの大林修子、チェロ首席奏者の藤森亮一、フルーツ首席の神田寛明などが、私がNHK交響楽団の定期会員(学生会員)だった頃から知っているメンバーである。オーボエ首席奏者の茂木大輔は今日は降り番で、もう一人のオーボエ首席奏者である青山聖樹(あおやま・さとき)が今日は吹く。


ウェーバーの歌劇「オベロン」序曲。N響は弦に勢いと厚みと立体感があり、この曲に必要な適度な渋さも音色に滲ませている。アルミンクも躍動感のある音楽作りであり、まずは楽しませてくれる。


ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。ピアノ独奏のオルガ・ケルンはロシア出身の女流。2001年のヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで優勝している。17歳で第1回ラフマニノフ国際ピアノ・コンクールに優勝という神童系ピアニストでもある。昨年、レナード・スラットキン指揮リヨン国立管弦楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲全曲演奏会を成功させ、それを受けての今回のソリスト起用となったはずだが、肝心のスラットキンが指揮できなくなってしまった。

濃いグリーンとピンクのドレスで登場したケルンは、女流とは思えないほど重く強い音でピアノを奏でる。そして単にバリバリ弾くだけではなく、ラフマニノフがこの曲の封じ込めた憂いを一つ一つ咲かせていく。

第3楽章は緩急自在の演奏であり、フィギュアスケートのBGMにはなり得ないものであったが、それだけ音楽としては生命力に溢れたものとなった。


メインであるブラームスの交響曲第4番。
冒頭のため息に似た主題を適度な客観性を持って歌ったアルミンクは、この曲の構造を明らかにしていく解析力豊かな演奏を展開していく。木管の浮き上がらせ方や、弦と管のバランスの取り方の妙が面白い。
第1楽章のクライマックスでは極めて情熱的な演奏が展開されるが、数日前に聴いたサー・アントニオ・パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団のブラームスととは違い、重心が高めで高音がひりつくような音楽になるということはない。パッパーノは狂気を明らかにしてしまったが、アルミンクは寸前で抑えているように思える。
イタリア人というのは、指揮者もオーケストラもそうだが、音の重心がドイツ系の人達に比べると高いようである。「日本で最もドイツ的なオーケストラ」であるNHK交響楽団と比べてもやはり高い。

今日の演奏会は高いチケットしか手に入らず、2階席の2列目ど真ん中で聴いたのだが、丁度、指揮者が耳にしている音がそのまま飛んでくる席であり、NHK大阪ホールでの演奏とは思えないくらい良い音で聴くことが出来た。

灼熱のブラームスを演奏したアルミンクとN響。アンコールはウォルトンの弦楽のための2つの小品より「彼女の唇に触れて別れなん」。哀愁溢れる雅やかな小品であった。

 

11月12日(水)

40歳になる。初老である。

朝早く目覚めたのだが、体調が急に悪くなり、夕方まで眠る。夕方には回復した。

その後は、日米野球を見るなど、敢えて何もせずに過ごす。

 

11月14日(金)

バー「龍馬」(龍馬資料館)への来店3周年記念日になるので出掛ける。一昨日、ママのおりょうさんから、FacebookのMessengerで、「今日、なにしてるのん?」と問い合わせが来たのだが、バースデーケーキを用意して待ってくれていたらしい。ちなみに私は人の誕生日などは盛大に祝うが、自分の誕生日に関しては主役になるのが照れくさいので、基本的に一人で過ごすのである。

2日前のケーキを冷凍保存してくれていたようで美味しくいただく。

 

11月15日(土)

毎年、坂本龍馬の命日である11月15日と葬儀が行われた11月17日に近い土曜日に、京都龍馬会の主催で、坂本龍馬追悼祭提灯行列を行う。今年は新暦ではあるが命日である11月15日が提灯行列の日となった。今日は日本全国の龍馬ゆかりの場所で様々な行事が行われるため、京都に集う人はそれによって減り、例年の半分の55人ほどで提灯行列が行われた。


私はその前に、よしもと祇園花月に行って「祇園ネタ」を観たのだが、今日は全員知っている人が知っているネタをやったため、特に書くことはなし。吉本新喜劇は時間の都合で観ることは出来なかった。

 

提灯行列は午後4時30分に三条河原を出発。龍馬通を西に向かい、河原町通を南に曲がる。坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地碑(実際に龍馬が暗殺された近江屋は碑の一つ南側に建っていたが、近江屋の跡地に建った店が石碑の建立を断ったため、少し北側に碑が建てられている)の前で黙祷。

その後、四条通を東に入り、八坂神社で宮司からの行列安全祈願を受け、円山公園内にある坂本龍馬と中岡慎太郎の像の前で記念写真と撮る。

高台寺公園で一端解散となるが、京都龍馬会の会員を中心とするコアなメンバーは坂本龍馬と中岡慎太郎、用心棒の山田藤吉が最初に埋葬された霊明神社に参拝し、村上神主(身分的には宮司だが、霊明神社では宮司という言葉は使わず、神主を用いる)からのお話を伺う。

 

懇親会は、四条大橋西詰の東華菜館で行われる。ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の建築(1926年竣工)と日本最古とされるエレベーター(1924年製)は有名だが、出される料理については評判を余り聞かない。

東華菜館はもともとは洋食レストランとしてスタートしたそうで、戦後に中華料理店に模様替えをしたという。とうことで、内装はヴォーリズの設計ではないようである。


私は中華料理はほとんど食べないのであるが、食事はなかなか美味しかった。中華料理で唯一よく食べる水餃子はさほどではなかったが。一方で、鶏の唐揚げや海老などかなり美味であった。

 

11月16日(日)

午後1時から伏見竜馬通り商店街で行われるパレードに京都龍馬会の一員として参加するために伏見に向かう。

昨年は木屋町通から車に同乗させて貰って伏見まで行ったが、今年は一人で京阪特急に乗り、中書島で降りて徒歩で待ち合わせ場所である龍馬館まで歩く。

待ち合わせの時間は正午であったが、少し早めに龍馬館に着く。これには狙いがあって、龍馬館2階の龍馬ホールには電子ピアノがあるので、少し練習したかったのである。

少し前に、ガーシュウィンの「3つのプレリュード」の楽譜を購入し、その中のプレリュード第2番を練習したかったのであるが、スタジオを借りるのは高いし、自宅にあるキーボードは所詮キーボードだしということで、弾く機会がなかったのである。

ガーシュウィンのプレリュード(前奏曲)第2番は、技巧的には比較的容易なのであるが、こちらは長くピアノを弾くという動きから離れてしまっているので、譜面を追いながら鍵盤を見ずに指を動かすという作業が上手く出来ない。
結局、ガーシュウィンのプレリュード第2番は冒頭の20秒ほどを弾いたところで疲れが来てしまい、あとは、高校生の時に作曲したピアノ曲2曲と即興演奏で取りあえずピアノ演奏を終える。

 

パレードは伏見の大手筋からスタート。伏見桃山駅の少し西から、中学生のマーチングバンド、地元の剣道の会、京都龍馬会と続く。京都龍馬会の赤尾理事長と夫人の良子理事は同志社大学の人力車サークルが運転する人力車サークルに乗って移動する。ちなみに人力車サークルがあるのは700校以上ある日本の大学の中で同志社大学と早稲田大学の2大学だけだという。同志社の創設舎である新島襄と早大の創始者の大隈重信とは仲が良く、そのため同志社大学と早稲田大学の間には単位交換留学制度(国内留学制度)があるのだが、人力車サークルがその2大学だけにあることとそれとが関係あるのかまではわからない。

途中で、進路をいったん北に変え、伏見のハローワークの前で休憩兼編成替えを行う。

丁度、職安の向かいに楽器店があったので、編成替えの時間の間にピアノスコアを立ち読みする。

進路を南に変え、北納屋町商店街と竜馬通り商店街(旧・南納屋町商店街)を抜けて蓬莱橋を渡り、中書島(旧・中書島遊廓)に着いたところでパレードは終了となった。


龍馬ホールに戻ってすぐに帰途につくメンバーの多かったが、私は、先程立ち読みだけした楽器屋に戻って、ピアノスコアを買い、龍馬ホールで練習することにする。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14番「月光」第1楽章と、エリック・サティの「ジムノペディ第1番」の練習。
「月光」は、1度目はまずまずの出来だったのだが、再度挑戦すると上手く演奏出来ない。ジムノペディは取りあえず形にはなっているという程度。技巧的には両曲とも比較的容易なのだが、満足のいく仕上がりになるのはかなり練習する必要があるようだ。

ということで2時間ほど練習していた。

途中、洛陽十二支妙見の午年、もうすぐ終わりだが今年を担当している本教寺が大手筋にあるので参詣する。日蓮宗の寺院である。


赤尾理事長は、「まいまい」という観光案内グループが企画した伏見ツアーのナビゲーターとして、第二次寺田屋事件と坂本龍馬&三吉慎蔵の逃走ルートについての案内を行っていた。

 

赤尾夫妻と「まいまい」に参加したメンバーと大手筋にある喫茶店でお茶した後で、みなで京阪電車に乗り、各々の駅で別れる。私と赤尾夫妻は三条で降りて、赤尾夫妻は店の片付け、私はその間、三条小橋の「街かど屋」で食事をする。


バー「龍馬」には、今日はA先生や、S師匠、Mさんなどが訪れた。

 

11月17日(月)

二日続けてパレード行列に参加したので疲れてしまった。歩数的には約2万歩と約1万歩で普段から歩いているのとほぼ同じなのだが、坂本龍馬慰霊祭の時はガートマンとしてパレードと車の交通整理をしながら歩いたので集中力が磨り減り、伏見竜馬通り商店街龍馬祭のパレードでは人に見られながらの行進だったので無意識にストレスを感じたようである。

 

飯森範親指揮ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の「イタリアン・フェイバリッツ」というアルバムを聴く。EXTON。2002年の録音。

タイトルからわかる通り、飯森が、イタリアの作曲家によるオペラの序曲やバレエ音楽、コンサートレパートリーをセレクトしてレコーディングしたものである。

ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲、歌劇「椿姫」より第1幕への前奏曲、プッチーニの歌劇「マノン・レスコー」序曲、レスピーギの「リュートのための古い舞曲とアリア」第3番、マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲、ポンキエッリの歌劇「ラ・ジョコンダ」より“時の踊り”、ロッシーニの歌劇「ウィリアム・テル」序曲を収録。


演奏であるが、日本人指揮者がドイツのオーケストラを指揮したものとしてはまずまずだが、他にもっと優れた演奏がいくらでもあるので、敢えてこのCDをチョイスする必要はないと思う。飯森の指揮も今現在と比べると未熟であり、EXTONの録音も立体感はあるが高音の抜けが今一つである。

ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲は、サー・アントニオ・パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団による超名演を京都コンサートホールで聴いたばかりだが、飯森とヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の演奏は、同曲異演とは思えないほど重苦しく、結局のところローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団が優れたアンサンブルであったことを再認識させられた。

 

11月18日(火)

日本を代表する俳優、高倉健(本名:小田剛一)が死去。83歳。私の大学の先輩でもあった。

 

リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団の演奏で、プロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」より抜粋を聴く。CSO RESOUNDレーベル(シカゴ交響楽団自主制作盤)。

ムーティは1980年代、フィラデルフィア管弦楽団の音楽監督をしていた時代にプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」より抜粋をEMIレーベル(ワーナーとの統合で現在は事実上の消滅)にレコーディングしており、フィラデルフィア管弦楽団の美音を生かした見事な出来であったが、今度はシカゴ交響楽団を指揮しているということもあってか、より重厚さの増した演奏となっている。

冒頭の「モンタギュー家とキャピュレット家」の管の和音が立体的であり、その後もシカゴ交響楽団の威力が発揮されるが、力で押し切ったようなところが散見されるのが残念である。

 

11月19日(水)

午後7時から、大阪・京橋の、いずみホールで、「モーツァルト 未来へ飛翔する精神・友情のホルン」というモーツァルト・シリーズの2年目第2回、クリスティアン・アルミンク指揮京都市交響楽団、シュテファン・ドール(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席ホルン奏者)による演奏会を聴く。


曲目は、ダニエル・ケロッグの「弦楽のためのモーツァルトによる讃美歌」、以下は全てモーツァルト作品で、ホルン協奏曲第4番、ホルン協奏曲第3番、交響曲第36番「リンツ」


モーツァルトはホルン協奏曲という他の人が余り書いていないジャンルの曲目を4曲も書いているが、このうち第3番と第4番のホルン協奏曲は、モーツァルトの24歳年上のヨーゼフ・ロイトゲープのために作曲されている。演奏者を想定して書かれた曲である。超絶技巧が要求される曲で、モーツァルトが、楽譜に「それゆけブタ公」、「哀れなロバ公」などとイタズラ書きを行っていることでも知られている。ちなみにモーツァルトが楽譜にイタズラ書きを行っているのは極めて親しい間柄にあった人物に宛てたものだけであり、ロイトゲープとモーツァルトの関係の良好さを物語っている。


指揮のクリスティアン・アルミンクは、先週の月曜日に、NHK大阪ホールでNHK交響楽団を指揮したコンサートを聴いたばかり。N響への客演はレナード・スラットキンの代役だったので、本当は今日が初のアルミンク体験のはずだったのだが、立て続けにアルミンク指揮の演奏会に接することになった。今日のアルミンクは全曲ノンタクトによる指揮である。

今日の京響のコンサートマスターは泉原隆志。渡邊穣は降り番で、フォアシュピーラーには尾﨑平。今日の曲目にはフルートは登場しない。オーボエ首席奏者の高山郁子はオーボエが加わる2曲共に登場。クラリネット首席の小谷口直子は降り番である。
第1ヴァイオリン6人の室内オーケストラ編成での演奏。ドイツ式の現代配置である。


ダニエル・ケロッグの「弦楽のためのモーツァルトのよる讃美歌」。ダニエル・ケロッグは1976年、アメリカ生まれの若手作曲家。「弦楽のためのモーツァルによろう讃美歌」は2006年に初演された曲である。モーツァルトの合唱曲の中でも人気の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の動機を散りばめた、極めて美しい曲。冒頭の弦楽の響きは「天国的」という言葉が最も似付かわしく、その後も典雅な響きによる弦楽合奏が続く。


シュテファン・ドールをソリストに迎えてのホルン協奏曲第3番と第4番。
燦々と輝くような音色でホルンを弾くドールに、アルミンク指揮の京響は精緻なアンサンブルで応える。ホルンにとっては極めて難しい高音もドールは苦としない。

演奏終了後、客席からの喝采を浴びたドールは、メシアンの「峡谷から星たちへ」より第6曲“恒星の叫び声”を演奏。ミュートを生かし、音の遠近法を駆使した難度の高い曲であったが、ドールは軽々と演奏してみせた。


交響曲第36番「リンツ」。先週のN響との演奏会でも情熱的な音楽作りをしたアルミンクだが、今日のモーツァルトでも熱い演奏を繰り広げる。
最近では、モーツァルトというとピリオド・アプローチを行う指揮者の方が主流だが、アルミンクはピリオドの影響皆無のロマンスタイルによるスケールの大きな演奏を展開。ピリオドによるモーツァルトに比べると暑苦しい感じがしないではなかったが、演奏自体は見事といえるものだった。
京響の弦楽は上品さと力強さを兼ね備え、モーツァルの楽曲が持つ多彩さを丹念に解き明かしていた。

 

11月20日(木)

午後7時から、大宮通丸太町上がるにあるライブハウス&コーヒーショップの拾得(じっとく)で、日高美子とOTOGIのライブを聴く。

昨夜は祇園のバーで飲んでいた(といっても私は酒は飲めないので、烏龍茶を飲みながらカラオケで歌っていたのだが)時に、FacebookのMessenger機能でOTOGIの河村泉兵衛さんから、拾得でライブをやるので来て下さいとのメッセージがあったので京都龍馬会を代表して(?)行くことになったのである。


拾得があるのは二条城の北。佐々木蔵之介の実家で今は蔵之介の弟である晃さんが継いでいる佐々木酒造のすぐそばである。拾得は酒蔵を改造したライブハウス。下京のライブハウスである磔磔(たくたく)も酒蔵を改造したライブハウスである。今は上京区、中京区、下京区の三区の中で酒造業を営んでいるのは佐々木酒造だけであるが、以前は酒造りを営んでいた人も多かったようだ。


OTOGIは、宮崎県延岡市出身の金子裕則と、長崎県長崎市出身の河村泉兵衛からなるフォークデュオ。ヤマハのポップコン出身であり、金子裕則は「哀歌」でポップコンの最優秀作曲賞を受賞している。本選ではクリスタルキングに敗れて準優勝だったそうだ。河村泉兵衛は、以前は仙兵衛という表記であったが、命名者は大仁田厚だそうで、大仁田から、「今日からお前はセンベエと名乗れ」と言われて芸名にしているそうである。
ちなみに、チャゲ&飛鳥とはポップコンの同期だそうで、知り合いであり、ASKAのマンションにも遊びに行ったことがあるそうだが、ASKAからは何も勧められなかったそうである。

日高美子は福岡県大牟田市出身。ということで今日は全員九州人によるライブということになるのだが、日高は地元のスナックに父親と来ていた際に、父親から「美子、お前、何か歌え」と言われてカラオケで歌ったところ、たまたまスナックに来ていた日本コロムビアの社員の耳に留まり、オーディションを受けて九州大会トップで合格したそうだ。「Dr.スランプアラレちゃん」の映画版の主題歌を唄っていたりする。

日高美子もOTOGIも、以前は博多にある伝説的ライブハウス「照和(しょうわ)」で歌っていた。照和出身のミュージシャンには、TULIP、長渕剛、チャゲ&飛鳥、海援隊などがいる。TULIPのヴォーカルであった財津和夫によると、「照和で歌っていたミュージシャンとして井上陽水が挙げられていますが、これは間違いなんです。井上陽水は照和で歌ったことはないんですね。井上陽水は早くから東京に出て活動していました」とのことである。


まずOTOGIによるライブ。デビュー曲「龍馬からの手紙」に始まり、幕末を題材にした曲を歌っていく。薩長側の歌もあるが、新しい曲は新選組を題材にしたものである。そして金子裕則が大河ドラマ「軍師官兵衛」に嵌まったそうで、ナンバー2の立場を歌った曲も披露される。

演奏終了後に泉兵衛さんから感想を求められて、「うん、良いと思います」と無難な返事をしておいた。
確かに良いのだが、良く言うと「個性が強い」、悪く言うと「バラエティに富んではいない」というのが正直な感想である。ただ、もう50歳を過ぎたフォークデュオなので、多彩さよりは絶対的な売りがある方が芯が通っていて良いのかも知れない。


日高美子であるが、流石はかつて九州大会を制しただけあって美声である。拾得が住宅街の中にあるということで、ライブは午後9時までという制約があり、披露された曲は少なかったがどれも親しみの持てるナンバーであった。

最後は、日高美子が「チェルシー」のCMソングを歌っていたということで、OTOGIと一緒に「チェルシー」の歌、そしてやはりOTOGIとの共演で「名残り雪」を歌う。「みんなで一緒に歌って下さい」ということで私も歌ったが、通常よりもキーが高くて少し苦戦した。

 

11月21日(金)

京都の紅葉の名所、例えば永観堂や東福寺などは紅葉狩りの観光客で溢れかえっており、「紅葉よりも人を見に行った」ということに成りかねない。

京都に住んでいる人は、だいたい「自分だけの紅葉スポット」を持っていたりするものだが、私の紅葉スポットである竹中稲荷神社に紅葉狩りに出掛ける。

竹中稲荷神社は吉田山(神楽岡、神楽ヶ岡)にあり、吉田神社の少し上、宗忠神社の隣にある。もともとは竹中稲荷神社の方が歴史が長いが、今は竹中稲荷神社は吉田神社の末社ということになっている。


吉田神社の紅葉もなかなかであるが、竹中稲荷神社は参道から拝殿の横に至るまで木々が紅葉しており、秋ならではの趣がある。


帰りに京都大学のキャンパスを抜ける東一条通を歩いたが、京大は今日から学園祭(11月祭と呼ばれる)のようで、風変わりな衣装を着た学生達が踊っていたり、誰かが歌っている「夜空ノムコウ」が聞こえてきたりした。

 

11月22日(土)

午後7時から、シアター・ドラマシティで、「水の戯れ」を観る。作・演出・出演:岩松了。

「水の戯れ」はラヴェルのピアノ曲からタイトルを頂戴した作品で、1998年に竹中直人の会の作品として初演。その際、私は下北沢の本多劇場で行われる公演のチケットを取っていたのだが、観に行く当日の朝に悪夢を見て飛び起きたときに首を捻挫し、病院に行く羽目になって上演を観ることは出来なかった。

「水の戯れ」はNHKによる収録が行われてBSで放送が行われており、そちらは観ている。また戯曲も出版されて読んでもいる。岩松了らしいというか何というか、救いのない終わり方をする作品である。


今回は竹中直人が演じていた北原春樹を日本を代表するバイプレーヤーでもある光石研が演じ、樋口可南子が演じていた清楚且つ妖艶な明子を菊池亜希子が演じている。配役は嵌まっていたように思う。出演は他に、近藤公園(大人計画)、瑛蓮(えれん)、根本宗子(ねもと・しゅうこ。劇団月刊「根本宗子」主宰)、池田成志。

テーラー北原が舞台。仕立屋の北原春樹は、兄の大造(池田成志)から店を受け継ぐことになる。大造には中国人の林鈴(瑛蓮)という恋人がいる。

北原家は三人兄弟で、三男の博嗣は明子(菊池亜希子)と結婚したが、13年前に自殺を遂げていた。明子は籍は北原家に入れたままである。

春樹は明子に思いを寄せており、明子が暮らしているアパートが取り壊しになるため引っ越し先を探しているということで、北原家に来ればいいと勧める。

奥手な春樹であったが、明子は春樹の思いを受けいれ、結婚に漕ぎ着けることに成功する。だが、お堅い性格の春樹と一見清楚ながら妖女的一面を持った明子の間に軋みが生じていく……


岩松了ならではの細やかな心理劇である。観る側も小説を読み込むように登場人物のセリフと状況を読んでいく必要がある。


初演から18年の時を経て、2014年という時代に上演されたこの劇を観ると、90年代から遠く離れてしまったようにも感じ(あの頃は日中関係はそう悪くはなかった)、同時にさほど変わっていないような(今も不況は続いたままである)不思議な感覚に襲われる。

光石研の仕立屋の職人気質を上手く体現した演技、菊池亜希子の凛とした佇まい、池田成志の奥行きのある表現はいずれも見事であり、近藤公園、根本宗子、瑛蓮の演技も良かった。

 

11月24日(月)

午後3時から、大阪・中之島のフェスティバルホールで、大阪フィルハーモニー交響楽団の第483回定期演奏会を聴く。今日の指揮者はヘルムート・ヴィンシャーマン。1920年生まれの94歳。有名現役指揮者としてはおそらく世界最高齢である。もっともヴィンシャーマンは、J・S・バッハのスペシャリストであり、コンサート指揮者としては3つ年下のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキが最高齢になると思われる。


大曲にして、音楽史上最高傑作の座を争う、J・S・バッハの「マタイ受難曲」の演奏である。

福音史家(エヴァンゲリスト)を務める予定だったヤン・コーボウが体調不良のために出演出来ず、テノール・アリアと証人Ⅱを歌う櫻田亮が福音史家も歌うことになった。イエスの言葉を歌うのは三原剛。ソプラノ・アリア、ピラトの妻に秦茂子、アルト・アリア、証言Ⅰに福原寿美枝、バス・アリアに青山貴。ユダ、ペトロ、大司祭、ピラトの4役を歌うのが森雅史。

合唱は大阪フィルハーモニー合唱団と京都バッハ合唱団に、和歌山児童合唱団が加わる。

オーケストラは小オーケストラ二つに分かれて演奏されるのだが、第1オーケストラのコンサートマスターは崔文洙、第2オーケストラのコンサートミストレスに渡辺美穂。

バロック時代の音楽だけに、現代オーケストラの編成には入らない楽器も存在し、ヴィオラ・ダ・ガンバ(チェロの始祖ともいうべき楽器。チェロよりも小さく、丸みを帯びている。演奏するのは客演の平尾雅子)、リコーダー(いずれも客演の秋山滋と木戸麻衣子が演奏)が加わり、第1オーケストラにはオルガン(演奏は室住素子)が、第2オーケストラにはチェンバロ(演奏:廣澤麻美)が配される。


前回の9月の定期で2階席で聴き、音響の良さに驚かされたフェスティバルホール。今日は1階席の最後列であり、通常なら音の良くない席だが、今日は音の抜けが良く、特に不満は感じなかった。

先週からアレルギー性結膜炎に悩まされており、病院で処方された薬も効かず、真剣勝負できないのが残念である。


ヘルムート・ヴィンシャーマンの指揮に接するのはおそらく4年ぶり3度目。いずれも大阪フィルハーモニー交響楽団への客演である。

前回は90歳の指揮者とは思えないほど軽やかな足取りで登場したヴィンシャーマンであるが、やはり年には勝てないのか、今日は杖をついて登場。ただ、前半のアンコールの際や後半の登場の時には杖なしであったので下半身が著しく衰えているということではないらしい。今日も指揮台を置かず、スツールに腰掛けての指揮だったが、立ち上がって指揮する場面も比較的多い。


ヘルムート・ヴィンシャーマンはオーボエ奏者としてキャリアをスタート。オーボエの弟子に宮本文昭がいる。1960年にドイツ・バッハ・ゾリスデンを結成し、半世紀以上に渡ってバッハの音楽に身を捧げてきた。日本での録音のいくつかあり、私の持っているヴィンシャーマン指揮の「マタイ受難曲」のCDは日本でのライブ収録である。


モーツァルトやベートーヴェンがピリオド・アプローチで演奏される以前からバロック以前の音楽では当時の奏法に合わせたものが通例であり、今回も弦楽は一部を除いて完全ノンビブラートである。


94歳になるヴィンシャーマンであるが、年を感じさせない若々しい音を大フィルから弾き出す。合唱も充実した出来だ。

知的コントロールの行き届いたシャープなバッハであり、90代半ばを迎えたヴィンシャーマンの集大成的名演であった。


ヴィンシャーマンはもともとユーモアのある人であるが、前半が終わったときも、総譜を閉じ、客席からの拍手が起こったのを手で制して、第1コンサートマスターの崔文洙やヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の平尾雅子を握手を交わしてから、客席の方に向かって自ら拍手をして、客席の拍手を促していた。

終演後も、アンコールの拍手を受けて、舞台の中央へ、と思ったらそこを通過してなぜか舞台上手まで行ってお辞儀をし、男性客の握手の求めにも応じていた。

 

11月25日(火)

目の調子が良くならないので、再び眼科へ。ステロイド入りの点眼薬が処方され、これは効く。しかし、即効性があるだけに危険でもある。過度に使用することは控えたいと思う。

今日はその他にも病院を巡る。我ながらひどい体だなと思う。

世の中には生まれてから一度も風邪を引いたことのない成人男女が5%ほどいるという。どうやったら風邪を遠ざけられるのか不思議である。

ある人が避けようとしても避けられないことに、別のある人は存在すら知ることなく生涯を終えることが可能である。「世の中なんて不公平なものさ」(J・F・ケネディ)

 

11月26日(水)

断続的に雨。

朝早くに定食屋での朝食を終えて外に出たときに、自転車に乗った見覚えのある青年とすれ違う。向こうは私の顔を見ていないようだった。「H君に似ている」と私は思ったが、似ていたのではなくH君本人であったのであろう。

H君は初心者で私のところに弟子入りしたが、演技の才能がさっぱりなので、仕方なく最低レベルまで落とした10分ほどの短編を彼のために書き、半年以上稽古を重ねたのだが、演技力が向上することはなかった。「誰でも努力すればある程度までは上達する」と思っていた私にとって、それはショッキングな現実であったが、H君も自主稽古をしている様子はなかったし、何よりも鴨川左岸でやってみたいという動機が不純であった。

不器用な人はどうやって生きれば良いのか。現代社会について思うとき、私はその疑問が真っ先に浮かぶ。

 

井上道義指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏で、ショスタコーヴィチの交響曲第4番を聴く。EXTONレーベル。今年の4月4日と5日に、大阪のフェスティバルホールでライブ録音されたもの。そのうち私は4月4日の実演に接している。

新築されたフェスティバルホールの初ライブレコーディングになると思われる。ホールでの初ライブレコーディングというと、レコーディングスタッフがそのホールでの収録ノウハウを持ち合わせていないため、録音が上手くいかないことが多いのだが、今のフェスティバルホールの音響は前のものに近いということもあって、収録は成功、音は鮮明である。

井上道義の大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者襲名披露演奏会のメインであったショスタコーヴィチの交響曲第4番。ショスタコーヴィチの交響曲の中でも作曲から初演に至るまで複雑な家庭を経た作品であるが、ショスタコーヴィチ自身は自身の最高傑作との自信を持っていたという。

井上のアプローチは切れ味鋭いもので、日本を代表するショスタコーヴィチ指揮者の実力をいかんなく発揮している。大阪フィルも熱演だ。

マーラーやモーツァルトのパロディがあるなどユーモラスな要素もあるが、暗澹たる未来を予想するかのようなラストが印象的である。ショスタコーヴィチはそうした意図を持って作曲したのではないのかも知れないが、そう取られる可能性はあったわけで、これがソビエト当局に知られるとまずい。ということで完成から初演まで25年の歳月を必要としたのかも知れない。

 

11月28日(金)

神宮丸太町駅で降りて、京都市美術館に向かう。普段はバスで行く道なのだが、秋は道路が渋滞してバスが動かない可能性があるため京阪電車を使う。ただ、祇園四条駅は祇園に近いが、神宮丸太町駅から京都市美術館のすぐ北にある平安神宮までは結構距離がある。あの距離で神宮丸太町駅という駅名にするのは詐欺のようなものである。

京都市美術館に行く前に、すぐそばにある真宗大谷派岡崎別院で紅葉狩り。庭園の紅葉はことのほか美しい。

真宗大谷派岡崎別院は観光寺ではないため、入りにくい雰囲気ではあるが、門徒以外の人が入っても別に問題にはならないので、隠れ紅葉スポットとしてお薦めである。


京都市美術館で行われているのは、「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」。フランス絵画に影響を与えた浮世絵と、影響を受けた画家の作品を共に展示するという試みである。作品はタイトル通り、全てボストン美術館収蔵のもの。ボストンは京都の姉妹都市である。

目玉は修復後初公開となる、クロード・モネの「ラ・ジャポネーズ(着物をまとうカミーユ・モネ)」。赤い着物を着たフランス人女性(カミーユ・モネ=クロード・モネ夫人)がこちらを振り返った姿を描いたものである。背後には団扇などが舞っている。

浮世絵のアンシンメトリーな構図や、思い切った虚構性、大胆な奥行きなどがフランス人画家の作風に大きな影響を与えたようである。

私はハーマン・ダドリー・マーフィーの「アドリア海」とジェームズ・アボット・マクルーニ・ホイッスラー(ついこの間まで京都市美術館の向かいにある京都国立近代美術館で「ホイッスラー展」をやっていたが残念ながら行けなかった)の「ノクターン」という画が気に入ったのだが、両方ともポストカードは売られていなかった。私の趣味は美術愛好家とは合わないようである。

 

午後7時から、大阪・堺筋本町のテイジンホールで、「小泉エリVS桜 稲垣早希 ~女の帝の人の戦い~」を観る。久しぶりとなるエリ早希対決企画である。早希ちゃんのブログによるとこの企画のために気合いを入れて、かどうかはわからないが肩まであった髪を切ってショートにしたらしい。

まずはコスプレ対決。早希ちゃんは初音ミクのコスプレをして話し方もボーカロイドっぽく言葉を短く切り、イントネーションも敢えて変にしていた。一方、エリさんは、何故か「千と千尋の神隠し」の顔なしの扮装。そう、もはやコスプレではなく扮装である。エリさんは早希ちゃんに「なんやこれ!」と怒られる。

早希ちゃんはエリさんのことを「ちんちくりん」と言うが、エリさんも「女の子は小さい方が可愛い」「iPadもすぐにiPad miniが出た」と応戦する。早希ちゃんも「iPhoneはどんどん大きくなっている」と逆のケースを挙げる(早希ちゃんは公式プロフィールでは166cm、最近の早希ちゃん本人の発言や身体測定企画によると約165cmで、女性としては大柄である)。
ここでエリさんが「iPhone3Gを使っている」という話になり、iPhone3Gはもう時代遅れで、全てのアプリがアップデート出来ない状態なのだという。

早希ちゃんが「おっぱいがAカップない人は可哀想」というが、エリさんは早希ちゃんの胸を見て「ご愁傷様です」「ぺちゃぱい」などと言う。早希ちゃんは「Fカップある」と反論するが、自虐ネタを持っているほど貧乳である。エリさんも胸が大きい方ではないが。
ちなみに早希ちゃんは、明日、なんばグランド花月で行われる吉本新喜劇に出演するのだが、サンスポに「ペチャパイ枠で出演」などと嘘の記事を書かれたそうである。


映像による対決。元プロの料理人である芸人、和牛の水田信二がジャッジを務める創作料理対決である。お題は「タコを使った幸せになれる料理」ということで、二人で食材を買いにスーパーに行くところから始まる。料理中に早希ちゃんは、「10年近く一人暮らしをしていて、ほとんど自炊だし料理はお手のもの」というようなことを言うが、エリさんから「ほとんど一人で自炊なんて寂しい」と言われる。早希ちゃんは「三十過ぎて実家暮らしの人(エリさん)よりましです」と反論する。
出来上がった料理であるが、早希ちゃんの作ったタコの丸ごと煮込みに鰤、大根などを使った料理は水田に「大根が硬い」「鰤は骨を抜かないと」と駄目出しされる。一方、エリさんの作ったものは味が今一つだったようで早希ちゃんの勝利となる。
フォローしておくと、少なくとも早希ちゃんは料理は普通にこなせる女性である。


エリさんのマジックショー。ハンガーが繋がったり離れたりし、ボール状の器の中にハンカチを入れ、器を開けるとポンポンが飛び出し、長い布がスルスルと出てくる。更にエリさんは客席にお菓子を配って回り、「お菓子を貰った人は全員、小泉エリちゃんを応援して下さい」と強要する(?)。


早希ちゃんは「エヴァ」のシンジを主人公にした新作コント。シンジがいろはかるたをやることになるのだが、「犬も歩けば棒に当たる? だからウロウロしちゃ駄目だって言っただろう! そもそも棒って何だよ? お年寄りの杖かよ?」、「貧乏暇なし? 本当に貧乏な人は公園で暇そうにしてるよ」、「憎まれっ子世にはばかる? 憎まれっ子ってアスカのことかな? アスカって意外に良い子なんだ」、「鬼に金棒? 金棒持ってても所詮あんた達、桃太郎に退治されるんだよ」、「花より団子? 団子じゃ駄目な場合もあるんだよ。世界に一つだけの団子じゃ駄目なんだよ、そうでしょ? 槇原(敬之)さーん! 槇原さーん!」、「負けるが勝ち? 負けたら負けだよ」、「頭隠して尻隠さず? これってAV女優のことじゃない。駄目だよこんなの格言にしちゃ」、「眼の上の瘤? それがどうした。エヴァ初号機には角が付いているんだぞ。今まで役に立ったことないけど」、「喉元過ぎれば熱さを忘れる? 僕は江○マキ○が長○○茂の家に落書きしたのを忘れないぞ! ていうか茂Oはどうしてたんだよ? SEC○Mしてなかったのかよ!?」と次々にネタにしていく。お手つきでその場を外れ、もう加わりたくないといってぶたれた時には、「ぶったね。今までトウジにしか殴られたことないのに。これは僕のセリフじゃないんだけど」と『ガンダム』のアムロ・レイもネタとして用いていた。


麒麟の川島明を司会に迎えての映像ツッコミ対決。エリさんは川島と名古屋でレギュラー番組を持っているというが、早希ちゃんは「(川島と)昨晩も呑みに行った」と嘘を付いて、川島に「この子、虚言癖があるようで」などと言われる。早希ちゃんはこの時に初めてショートカットで現れたが、元々のプロフィール写真もショートカットということもあって違和感はない。少し若く見えるかも知れない。

猫にビール、「駐車違反取締中、チューはイヤーンしてチュー」というギャグ看板、鳥の頭に留まった鳥などの写真に、早希ちゃんは「(ギャグ看板は)おもろない!」、「(鳥に)何だここは俺の場所か? 独裁国家になるんか?」などと突っ込んでいく。早希ちゃんはお笑い芸人なので、こうしたツッコミには慣れている。全てが面白かったわけではないが、いくつかは良い線を行っていた。

一方、エリさんは、細い管に挟まったモルモットの写真を見て、「狭い、僕は車を回る方で(それはハムスターだが)」などとモルモットになったつもりのセリフを言ってしまい、川島から「これ当てレコじゃないんだから」と駄目出しされる。エリさんも吉本所属の宿命でお笑いもやるのだが、やはり慣れていないと難しいようで、たどたどしい上にテンポが悪い。ということで、この対決は早希ちゃんの勝利となった。


CM対決。それぞれがCMを作ってどちらの出来が良いかを競う。早希ちゃんは、「私はサンガリアのCMやってました」というが、IMALUが後任となり今は芹那がサンガリアのCMをやっているということで、川島は「問題児ばかりやな」と言う。早希ちゃんはCMを降ろされたということに「いや、でも二期更新して、今までこんな長く契約したことないと言われて」と自分を良く見せようとするが、「でも降ろされたんでしょ」で落とされてしまう。

「保険」のCM。エリさんのCMはありがちなものであるが、最後の電話番号が「いながきのおっぱいちいさい」となっていて会場の笑いを取る。早希ちゃんのCMは浅倉南に扮した早希ちゃんが上杉勝也に保険に入るよう勧め、交差点で勝也の背中を押して轢死させ、保険金をせしめる(なぜかたった6万円)というブラックなものであった。ちなみに早希ちゃんによると「収録中に本当に交通事故になりかけた」そうである。
エリさんの勝ち。


「ファブリーズ」のCM。エリさんは、先輩芸人に登場して貰って、ファブリーズを顔に噴霧するとモテるようになるという内容。一方、早希ちゃんはAKB48の扮装をして、「恋愛禁止」、「煙草、お酒禁止」、「トイレ禁止」となるが催してしまいという尾籠な内容。ただ、エリさんのCMは意味がわからないということもあって早希ちゃんの勝ちとなる。川島は早希ちゃんに「よくあんな(ブリブリのアイドルのような)格好してNMB48劇場前歩けたな」と感心して言う。早希ちゃんによると本当のアイドルだと勘違いした人もいたらしい。大人AKBなんてやってる時代だからね。


次は「お酒」。エリさんはサントリーのビールのコマーシャル。飲み会の席で男性の後輩に絡んであれこれと駄目出しをし、結果として後輩の男性がめきめきと出世していくというもの。早希ちゃんの方は千鳥足の浅倉南がワンカップ大関を飲みながら千日前を歩き、「達ちゃん、南を総合病院に連れてって」と言う内容で、川島に「いい加減、(吉本本社のある)なんばから離れろ!」と駄目出しされる。エリさんの勝ち。

最後は、フリー。エリさんはポッキーのCMを選び、お得意の手品を使い、更にはアインシュタイン・稲田とポッキーキスに挑むなどした。早希ちゃんは冠婚葬祭のベルコのCM。ブーケトスでブーケを受け取ろうとする早希ちゃん。だが、ブーケを手にしたのは早希ちゃんを突き飛ばした太めの女性。倒れた早希ちゃんは頭を強く打っておだぶつ。そして幽霊となって現れるというこれまたブラックな内容である。エリさんの方が頑張ったということでエリさんの勝ちとなる。


映像による料理対決第二段。今度は「エビを使った幸せになれる料理」。早希ちゃんの作ったものは水田に「コチジャンがいまいち」と言われ、早希ちゃんは「あのスーパー!」と怒るが、エリさんに「いやスーパーのせいじゃないし」と突っ込まれる。
一方、エリさんは色々なものを混ぜたコンソメベースのスープにオレンジを浮かべたもの。オレンジは激マズだったようで、エリさんを含めた三人が三人とも耐えることが出来なかった。


ゲストを招いてのクイズコーナー。

早希ちゃん側のゲストとして呼ばれたのは祇園の木崎太郎。「カッパでいい湯だな効き温度ブログ旅」で「ロケみつ」にも出演したことがある。
早希ちゃんは木﨑はNSCの同期で(ただし木﨑はお笑い芸人コース。早希ちゃんは今はなき女性タレントコースで当時は面識はなかったはずである)仲が良いと言うが、木﨑は早希ちゃんのことを「嫌いです!」と断言する。二人は誕生日が一緒(12月27日)であり、「ロケみつ」の忘年会では早希ちゃんの誕生日会を行うのが恒例だったそうだが、木﨑も出たときは木﨑も同じ誕生日であるにも関わらず木﨑を祝ってくれる人は一人もいなかったという。
川島は「さっきから聞いてると、早希ちゃん、本当に友達いるの?」と訪ねる。

 エリさんサイドのゲストは坂田利夫師匠。


1問目は、「正岡子規の俳句『柿食えば』に続く中の句、下の句」を書きなさい」というもの。木崎が中の句、早希ちゃんが下の句を担当。エリさん側はエリさんが中の句、坂田師匠が下の句を受け持つ。木﨑、早希ちゃん(「買いに行こう」)、エリさん(「ハッピーになる」)は擦りもしなかったが(小学校で習うはずなのだが)、坂田師匠は「ほうりゆじ」と書いて、正解となる。


2問目は、「安部晋三首相が行った経済対策を何というか」という問題。三文字ずつ担当するはずだが、そうした打ち合わせもないため知らない人は手も足も出ない。

エリさんは「消費税」と書いてしまうが、坂田利夫は一人で「アベノみくす」と書いて正解となる。木﨑は「ブッチ」と書き(「ブッチフォン」だと思っていた。だが小渕恵三元首相はすでに他界しているし、娘さんは問題起こしてるし)、「ミクス」と当てた早希ちゃんから、「頭の悪いナルシストなんて最低よ!」と駄目出しされる(木﨑はナルシストキャラで売っている)。早希ちゃんはヨーロッパ横断ブログ旅の際に、アベノミクスの影響で円安となり、貰える金額が減ったという話をする。両チームと正解者が出たということでドロー。


3問目。「“ふるきをたずねてあたらしきをしる”を四字熟語にすると何?」。木﨑が「温故」と当てるが、早希ちゃんは「新地」と解答。川島が「新地って何?」と聞くと早希ちゃんは「大阪にあるじゃないですか」と答えたが、「耳で聞いて間違えて覚えてる」ということになる。エリさんは「知新」と正解を出すが、坂田師匠はボケに走り、ちょっとした事故状態。これもドロー。
 

「IT企業のITは何の略?」という問題。正解「はInformation Technology」であるが(正解の発表は行われなかった)、木﨑は「Internet」と書いて不正解。早希ちゃんは「ット」という謎の答え。話を聞くと、「IT」で「イット」と読むので「イ」「ット」になるはずだと思ったという。何かよく分からない。
エリさんは「International」と答える。旧ソ連の国歌か? 坂田師匠もボケて正解は出なかった。


イントロ対決。有名楽曲のイントロを聴いて曲名を答えるという「イントロドン」「ドレミファドン」の対決である。マイクは中央にスタンドが1本だけ。曲名がわかったら駆け寄ってマイクを取り答えを言う。負けた方は罰ゲームを受けることになる。

まず早希ちゃんが、「Let It Go」と答え、似ているが違うという。そこからは「アナと雪の女王」の楽曲が次々に挙げられるが、川島がいったんはけてスタッフに確認したところ、そもそも「アナと雪の女王」の楽曲ではないとのこと。アイドルの曲であり、出だしからしばらくしていきなり曲調が変わるので、そこでわかるとのだそうだ。そして早希ちゃんがAKB48の「ポニーテールとシュシュ」と正解を出し、エリさんが罰ゲームを受けることになる。罰ゲームは何種類か用意されており、早希ちゃんは「精神的ダメージ罰ゲーム」を選ぶ。紙をめくると「麒麟・田村裕に電話で告白」の文字が。その場でエリさんのiPhoneにマイクなどが繋がれ、エリさんが田村に電話を掛ける。田村は今は渋谷にいるそうだ。エリさんが田村に「好きなんです。もし結婚とかに影響がなかったら考えておいて下さい」と言ったところで、川島が強制的に電話を切る。「明日会うのに」とエリさん。早希ちゃんは、「前、(同じ罰ゲームを天津・向相手に)やらされたとき、しばらくの間、気まずかった」と言う。

2問目。二人とも「アナ雪」関連の曲だとすぐにわかる。エリさんが「MayJの『ありのままで』」と答えるが不正解。早希ちゃんは、「松たか子さんの『ありのままで』」と答えて正解する。早希ちゃんは「りょうごく的ダメージ罰ゲーム」を選択。早希ちゃんは「りょうごく」と読んだが実際は「両極」である。250ミリリットルの水入りペットボトル2本を入れたパンストをエリさんが被る。鼻が上に上がって痛いそうだ。

3曲目は比較的わかりやすかった。エリさんが谷村新司の「いい日旅立ち」と答えて正解する。正解したのでパンストは脱ぐことが出来た。
早希ちゃんへの罰ゲームは「顔習字」。エリさんは早希ちゃんの顔に「ブス」「ペチャパイ」と筆で書く。早希ちゃんは「最後の方は何て書いたかわかった」と怒りながら言う。

ラストソング。これはわかりやすかった。早希ちゃんが先にマイクを取って、「モーニング娘。の『LOVEマシーン』」と答えて正解。その後、早希ちゃんが出だしを歌って客席もエリさんも盛り上がるが、エリさんは罰ゲームを忘れていた。タバスコ入りのスイーツ(といって良いのか?)を食べさせられたエリさんはしばらく喋ることも出来なかった。


正解を3つ出した早希ちゃんが総合点でエリさんに追いつき、エリ早希対決は初の引き分けとなった。

 

11月29日(土)

堺へ。南海高野線の車窓からは紅葉した大仙古墳(大山古墳。伝仁徳天皇陵)が見える。
 

午後2時から大阪府堺市にあるソフィア・堺(正式名称:堺市教育文化センター)のホールで、堺シティオペラ第29回定期公演「黄金の国」を観る。原作戯曲:遠藤周作、作曲・テキスト・指揮:青島広志、演出:岩田達宗(いわた・たつじ)。演奏:ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団(室内楽編成での演奏。さほど大きくない多目的ホールでの演奏なので室内楽編成でも音が飽和状態になることがあった)、合唱:神戸市混声合唱団、ピアノ:關口康佑。今日明日と公演があり、ダブルキャストであるが、今日の出演は、萩原寛明、田邉織恵、井上美和、桝貴志、菊田隼平(きくた・じゅんぺい)、松原友(まつばら・とも)、水谷雅男、鳥山浩詩、片桐直樹、松澤政也、森寿美(もり・としみ。男性)、橋本恵史(はしもと・けいし)ほか。ほぼ全員、関西にある芸大や音大、音楽学部や音楽コース、高校の音楽科などの出身者である。出身は関西でない人もいるが、関西と一切関係のない人はキャストに含まれていない。


テレビなどでもお馴染みの青島広志は1955年、東京生まれ。東京藝術大学音楽学部を首席で卒業後、同大学大学院修士課程も首席で修了。今日上演される歌劇「黄金の国」は、大学院の修了制作として作曲されたものであるという。
見た目だけだとそうは思えないが、実は青島は坂本龍一の後輩なのである。

原作戯曲である遠藤周作の「黄金の国」は遠藤周作の処女戯曲であり、誰でも一度は読んだことがあるであろう有名小説『沈黙』と共に姉妹作をなすものである。内容的には「黄金の国」の方が「沈黙」よりも一歩踏み込んでいるのであるが、その部分は青島は採用していない。
戯曲「黄金の国」は上演すると約3時間を要する大作であるが、それをそのままオペラにすると最低でも上演時間6時間ぐらいの超大作になってしまう。ということで、青島は、遠藤周作のセリフはほとんど変えることなく大幅にカットしたり順番を入れ替えたりして上演時間1時間半、2幕のコンパクトなオペラにまとめた。


演出の岩田達宗先生とは知り合いなので、上演前に挨拶をし、握手を交わす。岩田先生によると、遠藤周作の原作とは別物になっているそうで、パンフレットに全テキストが載っているので買うように勧められる。ということでパンフレットも買う。

傍らでは作曲者の青島広志が著作販売とサイン会を行っている。

テキストについてであるが、遠藤周作が一番力を込めたであろうメッセージは抜け落ち、恋愛ドラマが多少色濃くなっている。第1幕と第2幕の間はかなりバッサリとカットされており、「想像すればわかる」と観客に委ねてしまっている。


開演前に青島広志がマイクを持って登場し、「指揮だけをするという公演は今回が初めてなんです。いつもはピアノを弾いたり、歌ったり踊ったりしながらやるのですが、今日は指揮だけ。それだけだとちょっとというので、こうしてお話ししているわけです。堺シティオペラには20年ほど前にお世話になったことがございまして、その時は髪がまだあったんですが、今は完全になくなってしまいまいした。私は来年還暦を迎えます。体の一部分はもう還暦を過ぎてしまっていますが。それから、静岡県の方でオペラを指揮しましたときに、ピットが浅かったものでしたから、お辞儀をした途端に、子どもから『あ、ハゲ!』と言われたことがありまして、事前にハゲだとお見せしている具合でございます。このオペラはもう40年近く前に書かれたものでして、当時の作曲界は難しく、『ドミソ』で音楽を書いてはいけなかったんです(前衛音楽真っ盛りの時期である)。「○★※△~」というような難しい音楽を書かないと駄目だったんです。私の先生、宍戸睦郎といいますが、もう亡くなっておりますので名前も出していいと思います。宍戸先生も「○★※△~」というような曲でないと良い点をくれなかったんです。私は、良い点を取らなくてもいいからもっとわかりやすいものが書きたかったんですが、宍戸先生が教え子の成績が悪いと立場上困るというわけで、私も「○★※△~」という曲を書いてしまいました。当時は演奏が難しくて演奏者が上手く弾けないということも多かったのですが、演奏技術の向上は目を見張るものがありまして、今日の、大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団の皆さん、スラスラ演奏してしまいます。編成も小さいですが、あの方がコンサートミストレス(赤松由夏)でヴァイオリンが一番上手いんです。皆さんご存知の通り、ヴァイオリンは指揮者に近い人が一番上手くて後ろに行くほど下手になるのよね(実はそうとも限らないのだが)。管楽器も一番奏者、二番奏者、三番奏者とだいたい三人いるんですけれど、今日は全員、一番の方です(ここで観客に拍手を求める)。それから、岩田達宗先生が演出して下さっていて、岩田先生のお顔御覧になりましたか? プログラムには写真が載っていると思いますが、俳優であってもおかしくないような、おかしいっちゃおかしいんですが、男前でとても嬉しいです。私は顔だけでいいんです。他はどうでもいいんです」などと前説を行った。それにしてもテレビで音楽の解説をする人にはどうしておねえ口調の人が多いのだろう?


音楽であるが、確かに前衛の香りはするものの、今聴くとメロディアスで美しいものである。歌唱も半音ずつ下がっていくような難しいものだが、歌手達は満点とはいえないものの上手く歌っていた。


江戸時代の長崎が舞台であるが、岩田達宗の演出は、納屋の壁、掛け軸、カーテンを上から降ろすだけで、あとは三面とも西洋風の白いカーテンを使っていた。これは少なくとも私にとっては効果的であった。私は「黄金の国」の原作戯曲を読んでいるため、青島版「黄金の国」ではセットが西洋風でないと不可思議に見えてしまうのだ。

青島のオペラ「黄金の国」では、デウスはただ黙っているのではなく、自分に寄り添っているのだという解釈で終わる。だが、実は遠藤周作の原作戯曲にはそれを射貫くセリフがあるのだ。パーデレ・フェレイラのそのような解釈を聞いた長崎奉行所の井上筑後守は、「それは切支丹のものとは思えぬ(中略)日本にもある弥陀の慈悲。あれと、切支丹のデウスの慈悲と、どうにもならぬ己の弱さから、衆生がすがる弥陀の慈悲。これを救いと日本では教えておる。だが、あの折り、パーデレははっきりと申した。切支丹のデウスの慈悲はそれとは違うとな」と語るのである。
そう、青島がカットした部分にフェレイラノがクリスチャンでありながら浄土真宗的発想をしてしまったことを指摘するセリフがあったのである(その指摘を受けて落胆するフェレイラに希望の光が差すようにして劇は終わる)。

ということで、日本家屋的セットであったら、私には切支丹の劇ではなく、浄土真宗礼賛物語の亜種に見えてしまったことだろう。


歌手の演技についてもやはり解釈が異なり、私はパーデレ・フェレイラ役にはもっと素朴で繊細な演技を求めたと思う。人々に温かく接したことさえも傲慢と思い返すような内省的で、狂気を孕むかのような線の細い人物。今日、フェレイラを歌った桝貴志は、ミュージカルで山口祐一郎がよく行うような演技をしていた。


さて、青島は、切支丹への刑を、水刑(溺れ死に)から火刑(焼け死に)変えているが、その理由はよく分からない。火刑にしてしまうと後に来るのセリフと上手く繋がらないように思えるのだが。逆に水刑にすると希望と救いが増すはずである。あるいは初演時の演出上の都合だろうか。


遠藤周作の原作と比べなければ、良いオペラだったと思う。


岩田先生には色々伺いたいこともあったのだが、お忙しそうだったので握手して別れる。


泉北高速鉄道(せんぼくこうそくてつどう。ソフィア・堺の最寄り駅は泉北高速鉄道の深井駅である。高速鉄道と銘打っているがそれほど高速ではない)、南海高野線を乗り継いで、なんばに出る。そこから地下鉄千日前線で鶴橋へ。鶴橋は西日本最大のコリアンタウンである。鶴橋で近鉄に乗り換えるつもりが、近鉄鶴橋駅の乗り場は分かりにくい場所にあったため、駅周辺を10分ほど回る羽目になる。コリアンタウンというと東京の新大久保も有名であるが、新大久保がある程度洗練されているのに対し、鶴橋は「昭和のまんまのコリアンタウン」という風情である。合う人には合うのだろうが、私はこの手の感覚はそれほど好きにはなれない。

鶴橋から近鉄大阪線に乗り、奈良県橿原市にある大和八木駅で下車。大和八木駅の近くで知り合いが手羽先のお店を始めたというので訪ねてみたのだ。美味であった。少なくとも世界のなんたら、というともうわかってしまうと思うが、あの野田秀樹によく似た顔が目印のお店に比べると遥かに美味しかった。

 

11月30日(日)

午後2時から、京都コンサートホールで、京都市交響楽団オーケストラ・ディスカバリー2014『VIVA!オーケストラ』第3回「オーケストラってなぁに?」を聴く。
「~こどものためのオーケストラ入門~」という副題の付いているコンサートであるが指揮者も曲目も本格的であり、大人でも十二分に楽しめる。というより、正直、このプログラムは子供には理解出来ないと思う。
今日の指揮者は京都市交響楽団首席常任客演指揮者の高関健。ナビゲーターは「ぐっさん」こと山口智充。

曲目は、前半がハイドンの交響曲第90番より第4楽章、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」より第4楽章、ブラームスの交響曲第4番より第1楽章、後半がベートーヴェンの交響曲第1番より第2楽章、マーラーの交響曲第5番より第4楽章&第5楽章。オーケストラの弦楽の配置は前半と後半で変わり、前半はドイツ式の現代配置、後半は古典配置による演奏が行われる。

今日のコンサートマスターは渡邊穣。泉原隆志は降り番でフォアシュピーラーは尾﨑平。オーボエ首席奏者の高山郁子は今日は全ての演目に登場。定期演奏会で前半にオーボエトップの位置に座ることの多いフロラン・シャレールは今日は後半のみの登場で次席として吹いた。小谷口直子はクラリネットが編成に加わるブラームスの曲から登場。フルート首席の清水信貴は後半のみの出演である。
 

開演前に京都コンサートホールのホワイエで、金管五重奏によるミニコンサートが行われる。出演者は、トランペットの早坂宏明(次席奏者)と稲垣路子、トロンボーンの岡本哲(首席指揮者)、ホルンの澤嶋秀昌、テューバの武貞茂夫。

曲は、ジョン・アイヴソンの編曲による「クリスマス・クラッカーズ」(「ジングルベル」、「Deck the halls」(「ひいらぎ飾ろう」)、「A Carol Fantasy」、「We wish a merry chiristmas」)、モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の金管合奏編曲版、ルロイ・アンダーソンの「そりすべり」金管五重奏版という、いずれもクリスマスを意識した曲目であった。


午後2時開演。

まず、ハイドンの交響曲第90番より第4楽章の演奏。今日の高関はマーラーの交響曲第5番第5楽章のみ指揮棒を用い、他は全てノンタクトで指揮した。
ピリオド・アプローチを取り入れた快活な演奏。今日は、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンはピリオドによる演奏である。
曲が終了して、拍手が起こる、と、高関は客席の方を振り向いて指を振り、「まだ終わりじゃない」と告げる。演奏再開。そして終わって拍手、と思いきや曲はまだ終わっておらず、高関が再び客席を振り向いて人差し指を左右に振る。3度目でやって演奏は終了した。実はこの曲はハイドンが聴衆に「演奏が終わった」と勘違いさせるためにわざと疑似ラストを書いたという冗談音楽なのである。疑似ラストというとチャイコフスキーの交響曲第5番の第4楽章が有名だがチャイコフスキーは勘違いさせようとして書いたわけではない。だが、ハイドンはわざとやっているのである。ハイドンは「驚愕」交響曲を書いていたりと、ユーモア好きでも知られている。


ここで、ぐっさん登場。グレーの背広に同じ色の帽子姿である。ぐっさんは、クラシック音楽を聴く習慣もないし、オーケストラの演奏をコンサートホールで聴くのも初めてだという。
京都コンサートホールはステージの後方にも客席があるのだが、それがぐっさんは不思議だという。高関が「あれは合唱の席なんです。合唱が入る時はあそこに合唱が入るんです。今日は合唱は入らないので客席になっています」と説明する。京都コンサートホールのいわゆるP席は基本的に合唱が入ることを想定して設計されたものであり、合唱が大勢入れるように客席は可動式になっている。3席で1ユニットで、そのまま取り外し可能である。というわけで少し薄くて背もたれも低く、たまに軋むという欠点もある。
P席のあるホールでも、ザ・シンフォニーホールやサントリーホールなどは席は固定式である(合唱が入ることを想定して作られたものではない)。
元々は、P席は、ベルリン・フィルハーモニーが再建される際に、当時のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督であったヘルベルト・フォン・カラヤンが、「カラヤンがホールの中心にいるようにする」というプランを取り入れて建設した際に生まれたものであり、合唱用に特別にあつらえられたものではない。

高関は、「あそこの席(P席)は(私から)良く見えるんです。あ、あそこのお客さん寝てるな、とか」と言う。ぐっさんが「逆にノリノリのお客さんなんかもいるわけですか?」と聞くと、高関は「それは迷惑です」と答える。ぐっさんは「ほどほどということで」とこの話題を締める。

ぐっさんは、オーケストラというものの成り立ちについて高関に聞く。高関は「昔、芝居などの時に、ステージの前の方にで歌ったり踊ったりする声を掛けたりする(その人達のことをコロスといってこれはコーラスの元となった言葉である)場所があったそうで、そこをオルケーストラと呼んだのが始まりだそうです。昔は下で演奏していましたが、ステージに上がって演奏を始めたのが大体、1700年頃といわれています(日本でいうと元禄時代である。1701年に浅野内匠頭と吉良上野介の松の廊下刃傷事件が起こり、翌1702年に赤穂浪士達の吉良邸討ち入りがあった)」と述べた。

ぐっさんは、「高関さんも、京都市交響楽団の方々も凄い方なんです。プロフィールに凄い経歴が書いてある。ですが、私のプロフィールはたった3行ってこれなんですか? 吉本興業、もっと良い情報持ち合わせていなかったんでしょうか? 『趣味は、散歩、ものまね、ギター』ってこれどうでもいい情報ですよね」と言う。


モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」。緻密な演奏である。弦楽のビブラートはハイドンや、この後に演奏されるベートーヴェンに比べると多めだった。
この曲が始まる前に高関はフーガについての説明を行った。


ブラームスの交響曲第4番第1楽章の演奏の前に、高関はソナタ形式についての説明を行う。第一主題、第二主題、展開部、再現部、終結部からなるのだが、これを高関はプレートを使って説明する。第一主題は「A」、第二主題は「B」、展開部は「サビ」と書かれたプレートである。「A」のプレートは黄色、「B」のプレートは緑、「サビ」のプレートはピンク色をしている。展開部はサビとは違うのだが、わかりやすくサビと呼ぶことにしたらしい。まず予行として高関は「A」のプレートを掲げながら、第一主題を指揮し、いったん指揮を終えて、第二主題に入るちょっと前から演奏を始め、チェロが第二主題を奏でたときに「B」のプレートを掲げる。それからプレートはないのだが、もう一つの主題を演奏する。

本番の演奏でも、高関は「A」のプレートを掲げてから指揮を始め、第二主題に入ると「B」のプレートを取り出す。展開部では「サビ」と出し、その後、再現部でも「A」と「B」のプレートを掲げた。
なかなか白熱した演奏である。
今日は1階席の18列18番目の席で聴いたのだが、良い音で聞くことが出来る。京都コンサートホールの1階席は音響が今一つなのだが、高関はオーケストラを鳴らすのは得意なので問題はない。


後半、弦楽は配置を変えてヴァイオリン両翼の古典配置となる。ぐっさんは、配置が変わったことについて高関に聞く。高関は「元々は今のような配置で演奏していたようですが、第二次大戦後に前半のような配置も生まれたようです」と答える。現代配置が生まれたことについて高関は「諸説あるのですが、録音の際に前半のような配置にした方が良かったのではないかとも言われています。ステレオで録音する際に、こちら側(下手側)からは高い音、こちら側(上手側)から低い音と分けて聞こえるのが効果的だったのではないかと」と推測した。
現代配置の生みの親は実はわかっている。イギリスの指揮者であるレオポルド・ストコフスキーである。現代配置と呼ばれているのは彼がフィラデルフィア管弦楽団の常任指揮者だった時代に始めたものだ(そのため、アメリカ式の現代配置は「ストコフスキー・シフト」とも呼ばれる)。ただ配置を変えた理由については明確になっていないようだ。また、チェロが指揮者の正面に来るドイツ式の現代配置は誰が始めたのか正確には不明のようである。

配置換えを担当したステージマネージャーの日高成樹がステージ上に呼ばれるが、日高は内気な性格のようで、高関からもぐっさんからもマイクを向けられたが、結局、一言も発することなくステージを後にした。

ぐっさんは、配置が正反対に変わったコントラバス奏者の石丸美佳にインタビューするが、ぐっさんの「どちらが弾きやすいですか?」という質問に石丸は「どちらでも同じぐらい」という無難な返答をした。


ベートーヴェンの交響曲第1番より第2楽章。フレッシュな演奏である。聴覚的にもそうだが、視覚的にも音の受け渡し方がよりわかりやすくなる。


ラストの曲目であるマーラーの交響曲第5番より第4楽章&第5楽章。大編成での演奏。高関によると「83名か84名による演奏」だそうである。ぐっさんが「一番編成の大きい曲は何人ぐらいで演奏するんですか?」と聞くと高関は「実はマーラーの曲でして、交響曲第8番『千人の交響曲』という曲で、合唱を含めて全1033名で演奏したという記録があります。実は朝比奈隆先生が、フェスティバルホールで同じ人数で再現されたことがあります」と答えた。高関も「千人の交響曲」は指揮したことがあるが、流石に千人には到達せず、850人編成での演奏を3回指揮したことがあるという。

ぐっさんは客席で聴いてみたいということで、ステージを降りて、空いている前の方の席に座る。

有名な第4楽章アダージェットは京響の弦楽が艶やかであり、第5楽章はスケールが大きい(先に書いた通り、第5楽章だけは高関は指揮棒を手にして指揮した。指揮棒を使った方が大編成のオーケストラを操りやすいからだと思われる)。ただ、京都コンサートホールの音響は第5楽章を聴くには余り効果的ではない。この楽章では、管楽器奏者が朝顔を上げて、下ではなく真横に向けて音を出すようマーラーが楽譜に書き込んでいるのだが、トランペットの直接音などは強すぎて全体のバランスが悪くなってしまうのである。弦楽の音がもっと前に飛ぶホールだと良かったのだが。

とはいえ、充実した演奏を楽しむことが出来た。

 

2014年12月