2021年6月

5月


6月2日(水)

古瀬まきをのデビューアルバム「詩(うた)が咲くとき」を聴く。ワコーレコード。クラウドファンディングによって資金を集めて制作されたCDである。ピアノ伴奏は法貴彩子(ほうき・さやこ)。
古瀬まきをは、浄土真宗本願寺派の大学である相愛大学音楽学部を卒業後、京都市立芸術大学大学院を修了。文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてドレスデンに1年留学し、帰国後も関西を中心に活動している。2019年には、プーランクのモノオペラ「声(人間の声)」を中心としたリサイタルが高く評価され、第40回音楽クリティック・クラブ賞奨励賞、令和元年大阪文化祭奨励賞などを受賞している。

全曲日本の歌曲で構成されたアルバム。山田耕筰の「かやの木山の」、「からたちの花」、別宮貞雄の「さくら横ちょう」、小林秀雄(評論家の小林秀雄ではなく、同姓同名、漢字も同じという作曲家)の演奏会用アリア「すてきな春に」、金子みすゞの童謡に中田喜直が曲を付けた、童謡歌曲集『ほしとたんぽぽ』より8曲、共に現役の女性作曲家である加羽沢美濃の「日々草」と木下牧子の「おんがく」を収録。

オーソドックスな歌唱で、清澄でありながら輪郭のクッキリした歌声を届けてくれる。

演奏会用アリア「すてきな春に」が最も彼女のスタイルに合っているようで、ドラマ性や揺れ動く心、湧き上がるような喜びを重層的な色彩を帯びた声で描き尽くす。

浄土真宗本願寺派の熱心な門信徒であった金子みすゞの童謡に旋律を付ける試みは、多くの作曲家が行っているが、金子みすゞの童謡はそれ自体で完結しているだけに、どのようなメロディーを付けても、どう歌ってもしっくりこなかったりする。金子みすゞの童謡を読んだ時の感慨とそれを歌ったものから受けるイメージに大きな隔たりがどうしても出てしまうのである。金子みすゞの童謡から受ける「寂しげな喜び」や「シンプルな奥深さ」、といった矛盾した要素や、はっとさせられる瞬間などが、音楽にはどうしても乗らない。

現在では教科書にも載っているため有名になった、「わたしとことりとすずと」も歌われているが、先日、上七軒文庫で、キリスト教においては皆、神の前で平等という話になり、イスラム教においてもそうで(イスラム教は元々はキリスト教を補完する宗教であった)、花園大学の師先生によると、ある宗教学の先生が、「わたしとことりとすずと」に出てくる「みんなちがってみんないい」ではなく、「みんなちがってみんなだめ」という話をしていたと教えてくれた。金子みすゞを否定する言葉だが、確かに神に比べると、どんなに優秀な人でも遠く及ばず、まるで駄目ということになる。ある意味、救いのある言葉である。

6月3日(金)

左京区岡崎にある京都市京セラ美術館で、国立ベルリン・エジプト博物館所蔵「古代エジプト展 天地創造の神話」を観る。日独交流160周年記念企画である。緊急事態宣言による臨時休館を行っていた京都市京セラ美術館だが、一昨日、6月1日から展示を再開している。

京都市美術館が京都市京セラ美術館になってから入るのは初めて。内部が大幅に変わっている。以前は京セラの本社内にあった展示スペースが京セラ美術館という名前だったが、紛らわしいということで、そちらは京セラギャラリーと名前を変えている。


「古代エジプト展 天地創造の神話」の展示品の多くが石造りや金属製ということもあって、ほぼ全てが写真撮影可となっているが、「個人的に楽しむためのものとしてご使用下さい」となっているので、おそらくWeb上にアップするのはNGだと思われる。

雄のライオンの顔を持つセクメト女神が疫病退散の力を持っているようで、その像がエジプト版「アマビエ」として積極的に撮影するよう促されていたが、お守りとして待ち受け画面に使うことが推奨されているようである。

まず始めに冥界への導き手を務める神であるアビヌスの像が展示されており、続いてアニメーション上映のコーナーがあって、アビヌス(声の担当:荒牧慶彦)が語り手を務めるエジプト版天地創造の神話が語られる。アビヌスが登場するアニメーションは他の場所でも上映されているが、それらに関しては撮影も録画も禁止である。

日本の神話でも天照大神と素戔嗚尊が姉弟でうけいをする場面があるが、エジプトの神々も兄妹で愛し合い、子どもが生まれている。エジプトは歴史が古いので、プトレマイオス朝など紀元前の王朝でも近親婚が普通だったことが知られている。例えば、美女の代名詞の一人であるクレオパトラ7世の最初の夫は、彼女の実弟である。

エジプトの原初の神は、ナイル川をモデルにしたと思われるヌンである。「原初の水」という意味だそうで、ヘロドトスの「エジプトはナイルの賜物」という言葉が浮かぶ。
そこから太陽神であるアトゥムが生まれたが、アトゥムは両性具有の創造神だそうで、自慰によって、大気の神であるシューと湿気の女神であるテフヌトが生まれたという。シューとテフヌトの兄妹が交わることで、大地の神のゲブと天空の女神であるヌトが生まれたのだが、やはり兄妹で結婚したゲブとヌトの仲が余りに良いことに父親のシューが嫉妬し、ヌトの体をつかんで引き離そうとした。ヌトはゲブから完全に体を離そうとはせず、体が弧状に伸び、これが天穹となった。


今回の展示は、クレオパトラなどの実在の人物よりも、エジプト神話の世界の展示が中心となっているが、伝ハトシェプスト女王や、伝ネフェルティティ王妃の像(有名な胸像ではなく頭部の像)なども展示されている。ハトシェプスト女王は即位中は男装していたとされるため、その像も男性化されたスフィンクスとしての装飾を施されているが、顔は柔和で女性的である。エジプトの美女というとやはりクレオパトラ7世が世界的に名高いが、彼女の場合は聡明さなども含めての評価で、純粋な容姿でナンバーワンといわれるのがネフェルティティである。今回展示されている頭部の像なども、今の基準でいっても世界的な美女と評価されるのは確実だと思われる。一方で、ネフェルティティは正体がよくわからない謎の女性としても知られている。古代エジプトの話は、TBS系の「世界ふしぎ発見!」がよく取り上げており、ハトシェプストもネフェルティティも何度も登場している。京都に来てから「世界ふしぎ発見!」も見なくなってしまったが。

ネフェルティティは、古代エジプトの宗教改革者であるアメンホテプ4世王(アクエンアテン、イクナートン)の王妃である。ただ分かっているのは、そのこととアメンホテプ4世王との間に数人の子を設けたということだけである。それ以外の記録はほとんどない。そのため、早いうちに亡くなったという説が生まれたが、正確なところははっきりしていない。アメンホテプ4世王は、突如としてそれまでの多神教的だったエジプトの宗教性を覆し、アテン神(南中した太陽を表す神)1神のみを崇拝する一神教へと舵を切った人物であり、テーベからアケトアテンに遷都するなど、徹底した改革を行ったが、その死後には揺り戻しとしてアメンホテプ4世自身が否定される存在となり、その子とされるツタンカーメン(トゥトアンクアメン)らによって実際に多くの記録などが処分された。そのためその妃であったネフェルティティに関する情報もほぼ全て失われてしまっている。

あの世に再生するための指南書である「死者の書」については、アニメーションなども使って分かりやすく説明されている。死後、魂は試練を経てあの世に向かうのだが、あの世はその時代のエジプトと完全に同じ姿をしていると考えられたようである。死後の世界に行けなかった場合は、怪物アメミットに心臓を食べられて、その人物は消滅する。輪廻転生から逃れるための修行を重視する仏教においては無になる方がむしろハッピーエンドに近いため、死に対する観念が大きく異なっているのが分かる。


ちなみに、エジプトには世界の終焉伝説があり、蛇に身を変えたアトゥム神とオシリス神が世界の終わりを見届けるという。ただ、世界は再生するそうだ。アトゥムは創造神であり、日没時の太陽を表す神であるが、同時に破壊も司るという、シバ神に似た性格を持っているようである。
アテフ冠を被ったオシリス神の小像の冠の部分には、アトゥム神だと思われる蛇の飾りが施されている。

6月4日(金)

セパ交流戦。東京ヤクルトスワローズは本拠地の神宮球場で、埼玉西武ライオンズと対戦する。スワローズの先発は大ベテランの石川雅規。昨年は2勝に終わったが、通産173勝とし、桑田真澄に並んでいる。今日勝てば桑田を上回る174勝目、更に20年連続勝利の記録も達成する。

対するライオンズの先発ピッチャーは、髙橋光成。甲子園優勝投手だが、しばらく見ない間に、大分チャラチャラした感じになった。
今日の髙橋は不調なようで、初回にランナーを三塁に置いての暴投によって先制点を許すと、2回には山田哲人のスリーランなどで一挙5点を許す。

石川は、3回表にスパンジェンバーグにソロアーチを許して1点を許すが、その裏に青木と村上のホームランなどで4点を追加。10-1となる。

今日は天気が安定せず、5回裏、スワローズの攻撃中に降雨中断、後攻のホームチームがリードしているということでそのままコールドゲーム成立となり、石川が今季初勝利を挙げる。これによって20年連続の勝利投手を記録し、通産174勝となって、歴代単独38位に浮上した。

6月5日(土)

本来なら今日は、ザ・シンフォニーホールで、広上淳一指揮京都市交響楽団の大阪公演を聴く予定だったのだが、緊急事態宣言下ということで公演が中止になった。



録画してまだ観ていなかったドキュメンタリー映画「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」を観る。原題は「Bloody Daughter」。フランス=スイス合作作品。実は今日、6月5日はアルゲリッチの誕生日であり、彼女は満80歳、日本でいう傘寿を迎えた。
撮影・監督はステファニー・アルゲリッチ。彼女の三女である。邦題の「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」からはアルゲリッチのサクセスストーリーが描かれているような印象を受けるが、実際はアルゲリッチの影の部分に迫った作品と見た方が適当であるように思われる。

アルゲリッチには女ばかり三人の子どもがいるが、父親は全員違う。長女、リダの父親は中国系指揮者のロバート・チェン、次女のアニーの父親は日本でもお馴染みである指揮者のシャルル・デュトワ、そしてステファニーの父親はピアニストのスティーヴン・コヴァセヴィチである。現役最高の天才ピアニストの一人であり、女性ピアニストとしては史上最高といっていいほどの才能の持ち主であるマルタ・アルゲリッチだが、娘のステファニーが捉えたアルゲリッチの姿は、どう見ても幸せそうには感じられない。音楽を愛しているが、演奏する喜びよりも不安や虚しさの方が強く感じられ、精神的には不安定で、人生を謳歌しているとは言い難いように思われる。

映画は、ステファニーの出産にアルゲリッチが立ち会うところから始まり、ステファニーの息子、つまり孫にピアノや歌を教えるシーンで終わる。アルゲリッチの60歳から70歳までの姿が収められている。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに生まれたアルゲリッチだが、12歳の時に一家でウィーンに移住。フリードリヒ・グルダに師事する。以降、ブエノスアイレスに戻ることはほとんどなかったようだが、この映画にはブエノスアイレスを訪れたアルゲリッチが、子どもの頃に父親とよく動物園を訪れて写真を撮ったという思い出を語る場面がある。

デュトワと結婚していた時代に、二人でインタビューに応じた映像が流され、二人の娘であり、現在はジャーナリストとして活躍するアニー・デュトワも映像と写真で出演。ヴィオラ奏者となった長姉のリダも登場する。

ステファニーの父親であるスティーヴン・コヴァセヴィチは、チェンやデュトワとは違い、今現在の姿が収められている。ステファニーによると、コヴァセヴィチは「母と違って、毎日ピアノを弾く」。アルゲリッチは天才ピアニストではあるが、ムラのあるタイプであり、またかなり変わった人物でもある。このドキュメンタリー映画の中で口にしている言葉も、意味不明というほどではないが、通常の人とは明らかに変わったものの捉え方と表現の仕方をしていることが分かる。天才ピアニストであるだけに、個性的且つ即興的、偉大な作曲家の作品を奏でているが、あたかもその場で頭に浮かんだばかりのような新鮮な音楽を生み出すことが出来るアルゲリッチ。だが、その姿に誰よりも自身が違和感を覚えているようですらある。若い頃はピアノが嫌いだったそうで、自分が描いていたものとは別の人生を歩んでいることの不可思議さと自身の才能に振り回されているように見える。日々演奏旅行を行う日常に不満を感じているようであり、もっとじっくりと自分と向かい合いたいのだがその時間が取れないもどかしさがあるようだ。
アルゲリッチは一頃はキャンセル魔として知られ、また長い間、ピアノ独奏の演奏会を一切行わない時期があった。理由は、「ステージ上に一人でいると寂しい」という、およそプロのピアニストとは思えないものであったようだが、そうした不安を抱える様子もこの作品の映像には収められている。

スティーヴン・コヴァセヴィチは、味のあるピアノを弾く人だが、天才ピアニストではない。だが、皮肉なことに表現上の迷いがない分、ピアニストとしてはコヴァセヴィチの方がずっと幸せそうに見える。アルゲリッチとコヴァセヴィチはステファニーが2歳の時に離婚しており、ステファニーがどちらの姓を名乗るかは、両親がコイントスで決めたそうで、結果、アルゲリッチ姓を名乗ることになった。そんないい加減な調子なので、コヴァセヴィチもステファニーを認知していない。ということで、出生当時のステファニーの苗字は「デュトワ」とされていたそうだ。コヴァセヴィチとステファニーの関係は良好なようだが、ステファニーがコヴァセヴィチに「父親と認める手続きをして欲しい」と申し出たシーンで、コヴァセヴィチは手続きの仕方がよく分かっておらず、必要な資料の在処も忘れていることが判明する。音楽家はその才能の代わりに何かが欠落しているようである。

ちなみに最初の正式な結婚相手であるシャルル・デュトワも実力派の指揮者で、フランス音楽演奏の第一人者であるが、やはり天才というよりも職人タイプであり、天才であるアルゲリッチは、自身とは異なった特性を持った音楽家を選んでいることになる。映画の中で語られるアルゲリッチの言葉を聞くと、意図的に選んでいるのではないかと予想される。
アルゲリッチが音楽を「愛のようなもの」と例える場面があるが、愛においては、アルゲリッチは勝者とは呼べないようである。

リダ、アニー、ステファニーは共に父親似であり、顔も、おそらく性格もアルゲリッチには似ていない。アニーとステファニーは姉妹のように育てられたようで、二人で写っている写真や映像が存在する。ある時期まではリダの存在は二人には秘せられていたようだ。
なお、幼いステファニーの世話は教育面でも生活面でもアニーが担っており、アルゲリッチは母親としては完全に無能であることが分かる。幼いアニーとデュトワと三人で写ったインタビュー映像でもアニーの面倒はデュトワが見ており、アルゲリッチは横にいるだけだ。その後は、ステファニーの面倒は、アルゲリッチの愛人となったピアニストのミシェル・ベロフが見るようになったが、やはりアルゲリッチは何もしていないようである。

ちなみに、アルゲリッチの家にビデオカメラを持ち込んだのはアルゲリッチ本人だそうで、日本で演奏会を行った時に購入し、土産として娘に与えたようだ。アルゲリッチは別府アルゲリッチ音楽祭の主催者であるため、来日してリダ(と撮影のステファニー)と共に新幹線に乗り、箸を使って駅弁を頬張るシーンがある。別府市のホールとその周辺、リダのヴィオラとのリハーサルシーンも収められている。

彼女の即興的な演奏スタイルは、ワルシャワで行われるコンサートのリハーサル、ショパンのピアノ協奏曲第1番を弾く際に最も分かりやすい形で伝わってくる。通常とは違うスタイルでの演奏をすることを思いついたアルゲリッチだが、それは閃きというよりも、向こうから来たもののようで、アルゲリッチ本人もその理由を説明することが出来ない。

その言葉では表現出来ない何かの存在を本編の最後でアルゲリッチはステファニーに伝えている。おそらくその何かは音楽であるのだと思われるのだが、音楽はアルゲリッチ本人にも統御出来るものではないようだ。こうしたピアニストの常として、アルゲリッチもホロヴィッツに憧れ、ニューヨークに渡り、ホロヴィッツの家のそばに部屋を借りて滞在していたことがあるのだが、面会は叶わなかったそうである。

アルゲリッチがコンサート終了後に延々とサイン会を行うのを、幼い頃のステファニーは不満に思っていたことが語られる。だが、この映画に収められたサイン会のシーンでアルゲリッチは実に生き生きとしている。普段のアルゲリッチは疲れたような厭世的な表情をしているが、サイン会の時は顔色が違う。ステファニーが言う「女神」のように。
アルゲリッチは幼い頃から国際的なピアノコンクールで優勝し、「美貌の天才ピアニスト」として引く手あまたで、数々の音楽家と共演した。彼らの中に正真正銘の天才は少なかったかも知れないが、いずれも特別な種類の人々であったのは確かだ。あるいはサイン会の時間は、彼女に許された数少ない普通の人々と触れ合う機会だったのかも知れない。

アルゲリッチと三人の娘がピクニックに出掛け、ペディキュアを塗り合うシーンがある。いずれも父親は違うが、三人の娘と過ごすアルゲリッチは、ある意味、平凡な女性にすら見える。だが、アルゲリッチの真の意味での娘は実は音楽以外にはいないのではないだろうか。そしてその真の娘は、腹を痛めて生んだ三人の父親似の娘よりもいまいましい娘(Bloody Daughter)であり、アルゲリッチ本人を揺すぶり続ける。
冒頭付近に、ステファニーがアルゲリッチについて「彼女の方が自分の子どもなのではないかと思われる」と語るナレーションがある。そこからは音楽の母である天才マルタ・アルゲリッチと、音楽の娘でもある幼いマルタ・アルゲリッチという二つの姿が浮かぶ。音楽は選ばれた者を人と同等には育まないようだ。
音楽の神に愛されたが故に音楽に利用され、やりたいことも出来ず、娘ともずっと向き合えなかった孤独な天才の肖像である。結婚していた時代にデュトワがインタビューで答えていたが、「演奏家は音楽を義務としてやるため、本当にしたいことは出来ない」という意味の言葉は本当のことのようである。

6月6日(日)

フジテレビONEで、東京ヤクルトスワローズ対埼玉西武ライオンズのセパ交流戦を観戦。スワローズの先発は誕生日を迎えたばかりの高梨裕稔。ライオンズの先発は若い上間。

高梨は今日も今ひとつのピッチングで、初回は満塁のピンチをなんとか0点でしのぎきったものの、2回に1点、3回に呉のツーランで2点を失い、更にフォアボールを与えたところでマウンドを降りる。2番手は、先日プロ初勝利を挙げたばかりの大西。ピンチを切り抜ける。

スワローズは初回にサンタナが押し出し四球を選び、更にオスナのタイムリーで1点を加える。

3回裏には、元山が2点タイムリー三安打を打って逆転に成功。廣岡大志の巨人軍移籍で、今年はショートは西浦に決定かと思われたが、ドラフト4位ルーキーながら宮本慎也の背番号6を受け継いだ元山の活躍がこのところ目立っており、レギュラー争いで一歩リードしている。

4回には代打で出場した宮本丈がフェンス直撃のツーベースヒットを放つ。宮本はこれが今季初安打となった。その後、青木がレフトへ流し打っての二塁打を放ち、1点を奪ってリードを拡げる。

しかし5回表に、今年大車輪の活躍を見せる左の坂本光士郎が愛斗にバックスクリーンの左へ運ばれるツーランホームランを許し同点へ。
そして6回には梅野が岸にソロホームランを打たれて逆転を許す。

8回裏、1点ビハインドのスワローズは、山崎がフォアボールを選ぶと、このところ好調の塩見がヒットで繋ぎ、青木が走者一掃のタイムリーツーベースを放って再逆転に成功。村上が勝負を避け気味のフォアボールでデ出ると、代打・川端慎吾が2点タイムリーを放って9-6とする。

9回表のマウンドを託されたのは、昨日、3本のホームランを打たれて沈んだマクガフ。だが今日は150キロを超えるストレートで押して、山賊打線といわれるライオンズを3人で抑えて勝利。スワローズは対ライオンズ戦2勝1敗となり、交流戦2度目の勝ち越しとなった。

6月7日(月)

FIFAワールドカップ二次予選。日本はタジキスタンとパナソニックスタジアム吹田で戦う。緊急事態宣言下の大阪府内での一戦ということで無観客での試合である。

二次予選でトップを走る日本。今日も試合開始早々に古橋亨梧がこぼれ球を蹴り込んでのゴールを決めて先制するが、その直後にタジキスタンのパンシャンベにヘディングでのゴールを許す。日本はこれが今予選初の失点である。

前半40分、ここまで日本代表として6試合連続ゴールを決めている南野拓実が古橋の右サイドからのクロスにスライディングしながら合わせ、ボールをゴールにねじ込む。日本勝ち越し。南野は代表7試合連続ゴールとなり、本田圭佑が持つ日本記録に並んだ。

後半には橋本拳人がゴールを決め、更に相手ゴールキーパーのクリアミスを川辺俊が拾ってゴールにたたき込み、4-1とリードを拡げる。

試合はそのまま日本が勝利した。