2019年1月

2018年12月

1月1日(火)

あけましておめでとうございます。


午前10時前に初詣を済ます。今年も東山七条の豊国神社へ。
三が日だけくぐれる唐門を通り、拝殿の前で参拝した後、お寧さんを祀る貞照神社にもお参りする。
豊国神社の唐門を三が日だけくぐれるという情報は次第に広まりつつあるようで、昨年は昼頃に来て長い行列を経験したのだが、流石に午前10時前というのは早いようで、並ばずに参拝出来た。

方広寺の鐘を見た後で、新日吉神宮(いまひえじんぐう)へ。京都女子学園の前にある女坂を上る。今日も登校する学生がいるようだ。
新日吉神宮は、明治時代に入って豊国神社が復興するまで、代わりに秀吉を祀っていた社である。摂社の樹下社に秀吉は祀られており、今では樹下社は豊国社となって、大っぴらに秀吉を祀っている。


智積院の金堂に詣でた後で、三十三間堂に入る。こちらは参拝客が多い。三十三間堂の内部を巡ってから、蓮華王院の庭を散策。「南無阿弥陀仏」と刻まれた法然塔の前で念仏を唱えたりした。


他も回ろうかと思ったのだが、鼻詰まりが酷いので、早めに帰って寝ることにする。


クシシュトフ・ウルバンスキ指揮NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」を聴く。
若々しいビビッドな感性で再構築された「新世界」であり、聴いていて新鮮な気分になる。NDRエルプの精度の高いアンサンブルにも耳を奪われる。



「ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート」。今年の指揮者はクリスティアン・ティーレマン。ガッシリした音楽作りが特徴の指揮者で、余り好きなタイプではない。バレンボイムのように力で押すのかと思ったが、豪勢で骨太ではあるものの、ウィーン・フィルが持つ美質を引き出すことを第一に考えたかのような丁寧な音楽作りで、活気がありつつもしなやかな美演を繰り広げた。

1月2日(水)

鼻詰まりが治らず。


第九を見ていたので、紅白歌合戦は録画しており、今日見る。別に見なくてもいいんだけどね。雰囲気だけ楽しむ



午後7時から、NHKBSプレミアムで、音楽サスペンス紀行「ナチス包囲の死の街で“奇跡のコンサート”ショスタコーヴィチの交響曲第7番 その謎と魔力に玉木宏が迫る!」を見る。玉木宏がロシアロケを行い、ショスタコーヴィチの交響曲第7番「レニングラード」の秘話を取材する。ナチスによるレニングラード包囲戦の最中、ショスタコーヴィチはレニングラードにあって、反ナチのための交響曲第7番を作曲し、ラジオを通してレニングラード市民にメッセージを発する。しかし、ショスタコーヴィチはソビエト当局によってレニングラードからクイビシェフ(現・サマーラ)に退去させられ、その地でこの交響曲に取り組み、完成させることになる。スコアはマイクロフィルムに収められ、空路でアメリカに送られる。アメリカでの初演の指揮者には、クーセヴィツキー、ストコフスキー、ロジンスキーら立候補するが、最終的にはトスカニーニの指揮によるNBC交響楽団が手掛けることになり、アメリカの反ナチ政策によるソビエトとの協力作戦のプロパガンダとして用いられることとなった。
レニングラードにおける初演は、カール・エリアスブルク指揮レニングラード・ラジオ・シンフォニーによって行われる。この情報をキャッチしていたナチス側はそれに合わせて攻撃を仕掛けるが、レニングラードは街中にスピーカーを配して演奏を流すなど、音楽の力を借りて反撃、死守してみせる。
戦中におけるエリアスブルクとレニングラード・ラジオ・シンフォニーの歴史を軸に、包囲戦の悲惨さと音楽の偉大さを描いている。


午後10時半からは、「名盤ドキュメント YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』があり、その後、YMOの三人が出演する「細野晴臣イエローマジックショー2」がある。「細野晴臣イエローマジックショー2」では、三人による「ライディーン」の演奏と、星野源がマリンバを弾く「ファイアー・クラッカー」の演奏があった。


1月3日(木)

午後3時から、大阪・中之島のフェスティバルホールで、プラハ国立劇場オペラによる公演、モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」を観る。

モーツァルトが愛し、またモーツァルトを愛した街・プラハを代表する劇場の来日公演。プラハ国立劇場オペラ(The Estate Theatre)は、モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」を初演したスタヴォフスケー劇場で公演を行う名門である(プラハ国立劇場とは同一運営で、プラハ国立歌劇場とは別団体)。歴史あるスタヴォフスケー劇場は手狭ということもあって大規模オペラは他に譲り、現在はモーツァルトのオペラを中心とした上演を行っているようだ。


指揮はエンリコ・ドヴィコ、演奏・合唱はプラハ国立劇場管弦楽団・プラハ国立劇場合唱団、演出はマグダレーナ・シュヴェツォヴァー、舞台装置はアンドレイ・ドゥリーク、衣装はカテリーナ・シュテフコヴァー、照明デザインはプシュミスル・ヤンダと現地のスタッフが中心である。舞台監督や技術スタッフは日本人が担っているようだ。

主要登場人物はダブルキャストやトリプルキャストで、今日の出演は、ミロシュ・ホラーク(フィガロ)、ヤナ・シベラ(スザンナ)、ロマン・ヤナール(伯爵)、エヴァ・メイ(伯爵夫人)、アルジュベータ・ヴォマーチコヴァー(ケルビーノ)、ヤナ・ホラーコヴァー・レヴィツォヴァー(マルチェッリーナ)、ヤン・シュチャーヴァー(バルトロ)、ヤロスラフ・ブジェジナ(バジリオ)、ヴィート・シャントラ(ドン・クルツィオ)、ラジスラフ・ムレイネク(アントニオ)、エヴァ・キーヴァロヴァー(バルバリーナ)ほか。
世界的な名声を得ているエヴァ・メイのみ客演で、他はプラハ国立劇場とプラハ国立歌劇場の所属メンバーが中心のようである。

今回の指揮者であるエンリコ・ドヴィコは、現在、ウィーン・フォルクスオーパーの首席客演指揮者を務めている。ライン・ドイツ・オペラ、ベルリン国立歌劇場で定期的に指揮を務めるほか、ヘッセン州立歌劇場の第一楽長を務めていたこともあるそうだ。現在はプラハ国立劇場とプラハ国立歌劇場で継続的に活動を行っている。

演出のマグダレーナ・シュヴェツォヴァーは、ウィーンとプラハでヴァイオリンを専攻した後で、ブルノのヤナーチェク音楽アカデミーなどで演出を学び、プラハとブルノを中心にチェコ国内のオペラ演出で活動。現在は、ピルゼン音楽学校で演技指導なども行っているそうだ。

今回の上演では、ケルビーノ役が二人おり、歌のある場面はアルジュベータ・ヴォマーチコヴァーが務めるが、それ以外の場面は男優が演じる。


今日も3階席で、オーケストラピット内がよく見えるが、プラハ国立劇場管弦楽団は室内オーケストラ編成である。そしてピリオド・アプローチで演奏するため、序曲などは音が弱く聞こえたが、本編になると生き生きとした音楽を奏で始める。硬めの音によるティンパニの強打や、うなるような金管の響きが功を奏し、脈打つような音楽が生まれる。

歌手達も素晴らしく、全てのものがあるべき場所に嵌まっていくようなジャスト・フィットなモーツァルトである。これは長年に渡って毎日のようにオペラを上演し続けてきた団体だから生み出せる味わいであり、日本のように単発上演のみの環境では紡ぐことが出来ない響きである。

セットもシンプルながら効果的であり、上演のちょっとしたところに高雅さや上品さが窺える。超一流ではないかも知れないが、欧州の一流の品質の高さと幅広さが随所に感じられる上演であった。

売れっ子のエヴァ・メイだけでなく、全ての歌手がチャーミングな歌と演技を披露。漫画的な動きも様になっていた。

多分、プラハの人々は今でもモーツァルトのことを親友のように感じているのだろう。素晴らしい街である。

1月5日(土)

午後2時30分から、びわ湖ホール中ホールで、紺野美沙子の朗読座の公演「新春公演2019 源氏物語の語りを愉しむ ―紫のゆかりの物語」を観る。出演は、紺野美沙子(朗読とおはなし)、陣野英則(解説。早稲田大学文学学術院教授)、中井智弥(二十五絃箏、箏)、相川瞳(パーカッション)。演出は篠田伸二。

『源氏物語』から、第一ヒロイン的存在である紫の上(紫式部という通称の由来とされている)を中心とした恋物語のテキスト(早稲田大学名誉教授である中野幸一による現代語訳である『正訳 源氏物語』を使用)を用いた朗読公演である。

まずオープニング「新春を寿ぐ」と題した演奏がある。中野智弥作曲・演奏による箏曲「プライムナンバー」という曲が演奏され、その後、主役である紺野美沙子が現れて、中野とトークを行う。紺野美沙子は『源氏物語』ゆかりの帯を締めて登場。その写真が後方のスクリーンに映される。昨日、西宮の兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールで公演を行ったのだが、「もっと近くで帯の柄を見たい」という声があったため、今日は写真をスクリーンに投影することにしたそうである。前側が「浮舟」、後ろ側がおそらく葵祭の車争いの場面の絵柄である。着物の柄も平安時代を意識したもので、貝合の貝を入れる貝桶の絵が鏤められている。紺野は、『源治物語』の現代語訳を多くの人が行っているという話をするが、瀬戸内寂聴の紹介は物真似で行っていた。
中野が、「プライムナンバー」という曲名の解説を行う。「プライムナンバー」は「素数」という意味で(紺野美沙子はにこやかに、「素数。ありましたね」と語る)、4分の2拍子、4分の3拍子などの2や3が素数であると語り、素数の拍子を用いたこと、また箏は13弦で13は素数であることなどを語る。
ちなみに、『源氏物語』の主人公である光源氏は箏の名手であり、演奏を聴いた女性達が涙を流して感動したという話を中野がすると、紺野は、「あら? じゃあ、中野さんは、平成の光源氏?」と冗談を言い、中野も「そうだと嬉しいんですが。ローラースケートを履いてる方(光GENJI)じゃなく」と冗談で返す。紺野は、「次の時代もご活躍を」と更に畳みかけていた。
それから、二十五絃箏の紹介。邦楽は通常はペンタトニック(五音階)であるが、二十五絃箏は西洋のドレミの十二音階を奏でることが出来るそうである。

その後、パーカッショニストの相川瞳も登場。今日は25種類の打楽器を使うそうで、日本生まれの打楽器として木魚と鳥笛を紹介していた。

紺野美沙子は、有閑マダム層が使うような言葉遣いであったが、意識していたのかどうかはわからない。


その後、第1部のトークセッションに移る。ゲストは早稲田大学文学学術院教授の陣野英則。今日使用するテキストの現代語訳を行った中野幸一の弟子だそうである。
陣野は、『源氏物語』を長編大河小説と位置づける(紺野美沙子 「橋田壽賀子もびっくり」)。1000年前にこれほど大部の恋愛フィクションが書かれた例は海外にも存在せず、しかも作者が女性というのが凄いという話になる。海外ではこの時代、歴史書や叙事詩、戦争物や回顧録、エッセイ、日記文学などは書かれていたが、大部のフィクションの名作が現れるのはずっと後になってからである。
『源氏物語』がわかりにくいのは、古文ということもあるが、人間関係が入り組んでいるということを上げる。登場人物は450名ほどに上り、主人公の光源氏があちらと関係を持ち、こちらとも契りを結びということをやっているため、男女関係が滅茶苦茶になっている。ただ、陣野によると光源氏が素晴らしいのは、関係を持った全ての女性の面倒を見ることだそうで、ドン・ファンなど他の好色家には見られないことだとする。
スクリーンに人物関係図や男女関係図を投影しての説明。わかりやすい。
紺野美沙子は、「私、慶應義塾大学文学部国文科卒ということで、色々わからないといけないんですが、資料が多いもので、大和和紀先生の漫画『あさきゆめみし』で読んだ」と伝えると、陣野は、「今の学生は、ほぼ全員、『あさきゆめみし』から入っています」と答えていた。


第2部が今日のメインとなる「朗読と演奏」になる。

二十五絃箏の中井智弥は、東京藝術大学音楽学部邦楽科卒。伝統的な箏や地歌三絃の演奏も行いつつ、二十五絃箏の演奏をメインに行っている。2016年には三重県文化奨励賞を受賞。

パーカッションの相川瞳も東京藝術大学音楽学部出身。2007年にブルガリアで開催されたプロヴディフ国際打楽器コンクールDuo部門で2位入賞(1位なし)。大友良英 with あまちゃんスペシャルビッグバンドのメンバーとして紅白歌合戦に出場したこともある。

「いづれのおんときか女御更衣あまたさぶらいける中に、いとやんごとなききわにはあらねど、すぐれてときめきたもふありけり」の出だしからスタート。
光源氏と紫の上の出会い(といっていいのかな?)である「若紫」、光源氏と紫の上との初枕が出てくる「葵」、光源氏が須磨へと下り、紫の上と離ればなれになる「須磨」、源氏と結ばれた明石の君と、明石の姫君が大堰へと上る「松風」、光源氏と帝の娘である女三の宮が結婚することになるという「若菜上」、紫の上がみまかる「御法」と光源氏の死が暗示される「幻」の各帖から選ばれた文章が読まれ、和歌とその現代語訳が読み上げられる。映像も多用され、想像力の補完を行う。

紺野美沙子の朗読に凄みはないが、的確な読み上げは流石は一流女優の技である。テキストの背後にある心理をもさりげなく炙り出してみせる。

紫の上という女性の「女であることの哀感」と、光源氏の紫の上への愛と、愛するが故の切なさがありありと伝わってくる朗読であり、聞いていて一途に悲しくなったりもする。これが大和心の真髄の一つである「もののあはれ」だ。
哀しみと同時に、日本という国で生まれ育ったことの喜びが胸を打つ公演でもあった。


バラ色に彩られた雲が覆う琵琶湖の湖畔を歩いて帰途に就く。



今日は、ABCテレビを見続ける。7時からの「池上彰のそうだったのか」から「古舘伊知郎のトーキングヒストリー第3弾。龍馬暗殺」。龍馬暗殺では、余計な要素を付け加えていないのが良かった。

1月6日(日)

左京区岡崎へ。まず平安神宮に参拝する。
「越天楽」が流れていたので、口笛でなぞったりするが、考えてみたら「越天楽」の構造ってミニマルだよな。
「越天楽」に限らず、古代の作品にはミニマルのものが多い。



午後3時から、ロームシアター京都メインホールで、京響クロスオーバー「バレエ×オーケストラ」New Year Galaに接する。指揮者は京都市交響楽団常任首席客演指揮者の下野竜也。今日のコンサートマスターは泉原隆志。少し浅めにしたオーケストラピット内での演奏である。

出演は、首藤康之(しゅとう・やすゆき)、中村恩恵(なかむら・めぐみ)、イ・ドンタク、カン・ミソン、福岡雄大(ふくおか・ゆうだい)、渡辺理恵、山井絵里奈全京都洋舞協議会メンバー。演出・振付:中村恩恵。

曲目は、第1幕が、チャイコフスキーのバレエ組曲「眠れる森の美女」よりワルツ(出演:山井絵里奈全舞踏協議会メンバー)、シベリウスの「悲しきワルツ」(福岡雄大のソロ)、プロコフィエフのバレエ「シンデレラ」第2幕より(イ・ドンタクとカン・ミソンのパ・ド・ドゥ)、シベリウスの交響詩「4つの伝説」よりトゥオネラの白鳥(首藤康之と中村恩恵のパ・ド・ドゥ)、チャイコフスキーのバレエ「眠れる森の美女」第3幕より(福岡雄大と渡辺理恵のパ・ド・ドゥ)、プロコフィエフのバレエ「シンデレラ」第1幕よりワルツ(全員)。第2幕が、ベルリオーズの幻想交響曲より第2楽章(オーケストラ演奏のみ)、マーラーの交響曲第5番より第4楽章「アダージェット」(首藤康之と中村恩恵のパ・ド・ドゥ)、マスネの「タイスの瞑想曲」(福岡雄大と渡辺理恵のパ・ド・ドゥ)、フォーレの「パヴァーヌ」(渡辺理恵のソロ)、チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」第2幕より(イ・ドンタクとカン・ミソンのパ・ド・ドゥ)、ヨハン・シュトラウスⅡ世のワルツ「美しく青きドナウ」(全員)。


下野竜也指揮の京都市交響楽団は、華やかで分厚く、密度の濃い響きでメインホールを満たす。下野竜也、流石のオーケストラ操縦術である。京響も予想を上回る力強さだ。

新春公演ということで、華やかな演目も多いのだが、人間の根源的な孤独やすれ違いを描いたものが複数ある。

シベリウスの「悲しきワルツ」は元々は「クオレマ」という劇付随音楽の中の1曲で、病の床に伏せる若い女性が、現れた紳士の正体が死神だと気づくことなく一緒にワルツを踊るという場面の音楽である。
今回のバレエ公演では、福岡雄大のソロで、何かを求めて思索し、彷徨うも、結局どこにも辿り着けずに戸惑う男性を描いているように見える。

プロコフィエフの「シンデレラ」第2幕よりの、イ・ドンタクとカン・ミソンのパ・ド・ドゥも、踊るときは息が合っているが、去り際にはもう心が離れてしまっている男女のようで、バラバラに退場する。「タイスの瞑想曲」のパ・ド・ドゥでも同様で、ラストでは互いの姿が確認出来ないようであり、「パヴァーヌ」のソロへと続く。

マーラーの交響曲第5番より第4楽章「アダージェット」は、レナード・バーンスタインがJ・F・ケネディ大統領追悼の1曲としてこの作品を選んだことや、映画「ベニスに死す」のテーマ音楽となったことにより「死」に結びつけられることが多い。今回の公演でも、彼女を亡くした男声が、思い出の中の彼女と共に踊るも、ラストは蘇生することはないと悟って悲嘆に暮れるという筋書きになっていたようだ。かなり印象深い舞である。


最後の「美しく青きドナウ」では、白い衣装を纏ったバレリーナ達が愛らしくも幻想的な舞で魅せ、華やかに幕を下ろす。


アンコール曲目であるヨハン・シュトラウスⅡ世の「トリッチ・トラッチ・ポルカ」が演奏される中、カーテンコール。演奏終了後は下野竜也もステージに上がり、喝采を受けた。上質の公演である。京都市交響楽団も幸先が良い。



大河ドラマ「いだてん」がスタート。今年もテーマ音楽の指揮は下野竜也である。嘉納治五郎(役所広司)が総長を務める東京高等師範の校舎として、龍谷大学大宮学舎が登場した。

1月7日(月)

録画してまだ見ていなかったNHKオペラニューイヤーコンサートを見てみる。今年の式は沼尻竜典。昨年の近江の春びわ湖クラシック音楽祭で、以前にNHKオペラニューイヤーコンサートの指揮を務めた時の話をしていたが、生放送ということもあって時間通り収めるのが大変だったそうである。


続いてやはり録画しておいた「ファミリーヒストリー」も見る。宮藤官九郎がゲスト。宮藤家は母方の家であり、父親は養子に入っている。ただ、この宮藤家も子どもに恵まれないことが多く、岩手県の鈴木家から3代に渡って養子が入っている。宮藤家と鈴木家との関係はよくわからないが商売関係である可能性が高いそうだ。
宮藤官九郎の父親の家系は、肝煎(こちらでいう庄屋、関東でいう名主)の家系だそうで、父親は教師。中学の英語教師に始まって、最後は小学校の校長になった人物だそうだ。人を喜ばせることが好きで、その血が受け継がれていることがわかる。


1月9日(水)

雪の降る日。



龍谷ミュージアムで今日から始まった「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 特集展示・仏教美術のいきものがかり」を観る。
生き物を描いた仏画などを特集展示したものだが、それは3階の半分ほどに留まり、ガンダーラ周辺の仏教美術が主となる。

2階展示室の、第1部「アジアの仏教」では、仏立像、仏坐像などの仏像、碑文やサンスクリット語の経典、仏画、中国仏教などの展示があり、3階展示室では第2部の「日本の仏教」と題した日本仏教関連の美術が並んでいる。面白いのは、室町時代や江戸時代に描かれた聖徳太子絵伝に出てくる人々の格好が平安時代風(国風)であることだ。まだ衣装の研究が進んでおらず、往時の装束がわかっていなかったのだと思われる。

龍谷ミュージアムは、浄土真宗本願寺派の龍谷大学の美術館。ということで、浄土宗や浄土真宗の展示が幅を占めている。中でもお家芸である浄土真宗の展示は充実していて、親鸞聖人の坐像(真如苑真澄寺像)や、蓮如筆による「南無阿弥陀仏」の六字名号が展示されていた。

午後3時から、映像スペースで、西本願寺の障壁画に関する約12分の映像が上映される。安土桃山時代に建てられた西本願寺。当初描かれた狩野派の障壁画を、江戸時代中期に円山派が修復した絵が映される。一方、修復されることなく、今ではほとんど判別が出来なくなってしまった「竹虎図」をコンピューター処理で解析し、往時の姿を復活させるプロジェクトも進んでいる。現在は「竹虎図」は修復中で、その姿はCGでしか見られないようだが、今後も作業は進んで、全てが復活する日も来るようである。

特集展示「仏教美術のいきものがかり」。桃山時代に描かれた涅槃図では多くの動物が釈迦の最期を看取っていることが確認出来る。



その後、西本願寺へ。今日から報恩講が始まっており、御影堂では法話が行われていた。現在、西本願寺阿弥陀堂内陣では工事が行われており、阿弥陀如来は御影堂内に移されていた。



サッカーアジア大会。日本はトルクメニスタンと史上初対戦。先制ゴールを許して前半を終了するという苦しい展開になる。
後半に入って、大迫がツーゴールを挙げて、日本が逆転。更に堂安がシュートを決めて、3-1と突き放す。

しかし、日本のペナルティーエリア内で、キーパーがトルクメニスタンの選手を倒してしまい、PK。これを決められて、3-2と追い上げを食らう。
そのまま逃げ切るも楽な勝ち方ではなかった。

1月10日(木)

録画しておいた、小澤征爾指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート2002を視聴。

ウィーン・フィルは、20世紀末まで入団資格を「ウィーンで音楽教育を受けた男性」に限っており、女性の入団が認められてから間もない頃のこのコンサートでは、ハープ奏者以外の団員が全員男性であることが特徴である。弦楽器を中心に女性団員の姿も目立つ最近とは、この点が大きく異なる。

ステージ背後に、EUのマークが誇らしげに掲げられているのも隔世の感あり。

現在に至るまで、ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートの指揮台に立った唯一の日本人指揮者である小澤征爾。最近は癌手術の影響で、1曲全てを振ることが難しくなってしまっているが、この時はノンタクトによる生き生きとした指揮を繰り広げている。

曲目は比較的地味であり、やはり日本人指揮者ということもあってか、リズム処理の点ではやや後れを取っている感あり。一方でしなやかな表情付けに小澤らしさが感じられる。

客席に息子の小澤征悦と娘の小澤征良が来ていることも確認出来る。

なおこのコンサートをライブ録音したCDは日本でオリコンチャート2位になるなど大ヒットしている。

1月11日(金)

散髪に行き、すっきりする。



午後7時から、ロームシアター京都サウスホールで、笠井叡 迷宮ダンス公演「高丘親王航海記」を観る。マルキ・ド・サドの紹介者としても知られる澁澤龍彦の遺作小説の舞台化。出演:笠井叡(高丘親王)、黒田育世(藤原薬子)、近藤良平(コンドルズ。安展/狂王世隆)、笠井瑞丈(笠井叡の三男。円覚/航海天文士カマル)、植村なおか(陳家蘭、蜜人、自然霊)、岡本優(秋丸)、篠原くらら(パタリヤ・パタタ姫)、寺田みさこ(春丸/迦陵頻伽)、伊佐千明、岡江麻美子、大熊聡美、熊谷理沙、政岡由衣子、矢嶋久美子、浅見裕子、野口泉、原仁美、三上周子、山口奈緒子。クリエイティヴディレクター:榎本了壱。


日本の耽美派文学の中でも独特のポジションを占める澁澤龍彦(1928-1987)。東京大学文学部仏文科を卒業後、フランス文学の翻訳家として活動を開始。翻訳、批評、小説など多ジャンルで活動している。死後に出版された『高丘親王航海記』で、1988年の読売文学賞を受賞。

私が、『高丘親王航海記』を知ったのは、1996年頃のこと。その頃は、「ダ・ヴィンチ」という月刊誌を毎月購入していたのだが、ある月のカバーを飾った佐野史郎がお薦めの一冊として推していたのが、『高丘親王航海記』であった。長編小説であるが、7つの章からなっており、個々の関連性は薄いため、連作短編集という捉え方も出来る作品である。

高丘(高岳)親王は実在の人物である。桓武天皇の子である平城天皇の三男として生まれ、一時は皇太子となるが、薬子の変で平城上皇が失脚すると同時に廃太子となり、出家。その後、唐に渡って更に天竺を目指して船出し、そのまま行方不明となっている。

平城天皇の寵妃であり、希代の悪女として知られる藤原薬子がファム・ファタルとして重要な役割を担っている作品である。

笠井叡は、生前の澁澤龍彦と交流があり、澁澤は知り合ってから笠井が渡独するまで13年間、ほとんどの舞台を観に来てくれていたそうだ。


まずは、舞台下手から舞台監督が登場し、リハーサルが行われる。流れるのはモーツァルトの交響曲第25番より第1楽章。その後、藤原薬子が現れ、「真夏の夜の夢」のパックのようか格好をした秋丸が現れ、安展、円覚と船の舳先に立つ高丘親王が登場する。

『高丘親王航海記』から採ったナレーションによって、親王一行の道行が語られる。ちなみにナレーションは、千葉県市川市にある「八幡のやぶしらず」を「はちまんのやぶしらず」と読んでしまっており、意味が全く分かっていないことが明らかになってしまっていたりする。


音楽は、モーツァルトの歌劇「魔笛」のものが中心となっている。笠井自身の選曲であり、「魔笛」と「高丘親王航海記」に共通点がある(例えば、主人公が二人とも王子で、冒険に出掛けるところなど)ことから採用されたものだそうだ。他にも中国風の音楽が奏でられたり、カタロニア民謡の「鳥の歌」が二胡とピアノのための編曲版で演奏されたり、ハウスミュージックが響いたり、読経の声が轟いたりと、多彩な音楽が流れる。「蜜人」のラストでは映像も用いられる。

儒艮(ジュゴン)、大蟻喰い、獏などの動物たちは着ぐるみで表現され、陳家蘭(顔と上半身は人間、下半身は鳥という生き物)や蜜人(蜜の芳香が漂うミイラ)などはダンサー達が衣装と仕草で表す。「蜜人」での空海の登場はなしである。その代わり、笠井叡がサングラスに咥えパイプで澁澤龍彦に扮して登場する。


物語をコンテンポラリーダンスで表現するとはどういうことか、という問題がまずある。
笠井がダンス雑誌「danceposition」誌上で答えたインタビューによると、「言葉を入れるのなら小説を読めばいいとなってしまう」ということでダンス作品として編み上げるために台本を自分で書いたのだが、最初は言葉が多すぎて、それだけで120分を超える作品にあってしまっていたそうで、かなり削ってダンス込みで上演時間約120分のものに仕上げたそうだ。

ダンスというのは、人間そのものの美しさを肯定し続ける行為だと思われるが、その点において人間を賛美する耽美派文学に通ずるものがあるように思われる。ナレーションはあるが、印象に強く残るのは物語展開よりも視覚と聴覚からのハレの美しさだ。

南アジアを舞台としてエキゾティシズムと仏教を背景とした神秘感、躍動する身体のパワーとバランスの妙、各ダンサーの個性など、見所は多い。ラストは捨身飼虎であり、ゴータマ・シッダールタの前世と高丘親王の近似性が示されている。物語は時空を超えて展開されるため、「あり得なくもない」仮説となっている。

小説を読んだだけでは単なる物語上の出来事としか思えなかったことが、こうして目の前で立体的に表現されると、背後にある繋がりが把握出来るようになるという面白さもある。

カーテンコールで、笠井は、再びパイプにサングラスで登場。物真似で、「どうも、澁澤龍彦です。京都の皆さん、今日は僕の『高丘親王航海記』を観に来てくれてありがとう」と述べた。


終演後に、ホワイエで笠井叡と近藤良平によるアフタートークがある。笠井によると、ダンスは「身体自体が言葉」であるため、言葉や物語をダンスに取り入れることに苦労したと語る。
また榎本了壱の手掛けたセットに関しては、「単なるセットではなく、ピラミッドの中にあった鳥獣のような言ってみればトーテム」と語り、船の舳先のセットなども崇高に見えてくるそうである。
近藤良平は、そもそも活字が苦手だそうで、笠井が書いた「高丘親王航海記」もちゃんど読んできておらず、内容も活字では上手く把握出来ず、笠井に質問してやっと理解出来るようになるそうで、「聞く人」なのだそうだ。
ちなみに、今回の公演は、笠井叡 迷宮ダンス公演と銘打たれているが、当初は「迷宮ダンス公演」ではなく普通に「新作ダンス公演」となる予定だったそうである。しかし、クリエイティヴディレクターの榎本了壱が、「この作品は、新作ダンス公演では駄目だ、迷宮ダンス公演でないと」と言ったことで、銘が変わったそうである。

1月12日(土)

カレル・アンチェル指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ヤナーチェクのシンフォニエッタと「タラス・ブーリバ」を聴く。スプラフォン。

チェコ・フィルの黄金時代を築いたカレル・アンチェル(1908-1973)。近年、再評価が進んでいる指揮者である。ユダヤ系ということもあって、第二次大戦中はアウシュビッツに送られるなど苦難の人生を歩んだが、強制収容所内での音楽活動が逆に糧となった部分もあったようである。

現代音楽を得意としており、音に対する優れた感受性が聴き取れる演奏である。1961年の録音ということで、音自体はザラザラしていたりするが、聴かせる演奏である。

1月13日(日)

京都ゑびす神社に参拝。二ノ鳥居の上方に設けられた熊手に小銭を投げ入れて御利益に預かりたい人が大勢いるが、そう易々とは入らないようである。



午後3時30分から、京都四條南座で、「喜劇 有頂天団地」を観る。作:小幡欣治(『隣人戦争』より)、演出:マギー。出演:渡辺えり、キムラ緑子、西尾まり、久世星佳、明星真由美(みょうせい・まゆみ)、片山陽加、一色采子、田中美央、鷲尾真知子、広岡由里子、笹野高史ほか。新しくなった南座に歌舞伎以外で入るのは初めてになる。

キムラ緑子&渡辺えりによる有頂天シリーズ第3弾である。今回は、昭和53年を舞台に、新しく建てられた六棟の建売住宅の住人達が織りなす群像劇を繰り広げる。

京都が舞台。新たに建てられた六棟の建て売り住宅に越してきた六組の家族。しかし、元々この土地に住んでいた高見沢未亡人(鷲尾真知子)らからは、「風紀が悪くなった」と言われている。
隅田家の大造(笹野高史)は71歳だが、子どもの頃から建具職人として働いており、小学校に通えなかったことから、この年になって授業参観名義で小学校4年生として学校に通っている。隅田秀子(渡辺えり)の娘、杏子(片山陽加)は、19歳の短大生だが、彼氏がいる。それがどうやら徳永くに子(キムラ緑子)の亭主である伸一郎(田中美央)ではないかと噂になっている。伸一郎は、周囲には「都ホテルに勤務している」ということにしているが、実際は都は都でも、木屋町にあるラブホテル「大都(だいみやこ)ホテル」で働いているのでいる。実は、そこに彼氏とやって来た杏子とばったり鉢合わせしていたのであった。杏子の父親、つまり秀子の夫も、実際は国内貨物船の事務局長なのだが、見栄で海外航路の船長ということになっており、秀子は「南米土産」と称したその辺で買ったバナナをくに子にプレゼントしたりしていた。互いに秘密を知ったためにそれを隠そうとしたことから話がややこしくなる。

隣接した土地に新たに新棟二棟を建てる計画が持ち上がる。くに子は、手島夫人(明星真由美)、芹沢夫人(西尾まり)、谷口夫人(久世星佳)らから賛成を得るが、秀子一人が時期尚早だと反対する。裏のお寺の梅林が枯れ始めているのが新棟六棟に越して来た新入り達のせいだという声があり、そうした声が収まるまで待った方がいいというのだ。
しかし、くに子の姑である富江(広岡由里子)が工務店から3万円を受け取っていたことがわかり、更に賛成に回った高見沢未亡人も同じく5万円を貰っていたことが判明。くに子が手を回したのだと勘違いされ、徳永家は村八分にされてしまう……。


郊外型の団地が注目を浴びてた昭和50年代を舞台に、元からの住人と新入りの対立やバックボーンが異なる人々の不和などを背景として描かれた群像劇である。
アメリカ民謡で榎本健一が歌ったことでも知られる「私の青空」がテーマ曲となっており、ラストには出演者達が「私の青空」を歌いながら踊るレビューが待っている。

大型台風の襲来が物語上の鍵の一つになっているが、奇妙に思われるところもある。くに子が、嵐の夜に梅林の根元に肥料となる油粕を撒きに現れるのだが、風が強い日に撒いても飛び散ってしまうだけ、そんな日に撒きに出掛けるだろうかという疑問である。暗闇なので土を掘って埋めるということも無理だろう。リアリティを感じない。

秀子がジュリーのファンであり、ここに来る前は山形にいて、旦那は山形のジュリーと呼ばれていた(渡辺えりは山形市出身である)というネタや、徳永夫妻は芦屋から越してきており、くに子の旦那・伸一郎はかつては芦屋のショーケンと呼ばれていたという話から、芦屋と尼崎を一緒にされそうになって反発し、「京都でいうと北白川のショーケンと亀岡のショーケン、あるいは宇治のショーケンぐらい違う」という地元ネタが入ったりする。

物語は地味であり、2時間ドラマ的でもあるが、出演者達の魅力は十分に発揮されていたように思う。キムラ緑子と渡辺えりのアドリブでのやり取りは大いに笑えた。



終演後、八坂神社と安井金毘羅宮に参拝する。



女優の市原悦子が死去。82歳。千葉市出身である。俳優座出身。俳優座退団後に、「まんが日本昔ばなし」のナレーションや「家政婦は見た!」への主演で国民的な人気を得た。



ニコニコ生放送「ドラゴゲリオンZ」が今月から1回増えて、「ドラゴゲリオンプラス(仮)」として1時間放送される。タイトルは「ドラゴゲリオン増刊号」になることが有力らしい。質問に答えるだけの番組だが、結構面白かった。

1月14日(月) 成人の日

梅原猛が死去。93歳。京都大学文学部哲学科を卒業。日本古代史に関する大胆な仮説の提唱や、スーパー歌舞伎の台本執筆などで多くの人に親しまれた。京都市西京区にある国際日本文化研究センターの創設に携わり、初代所長にも就任。一貫して京都に居を定めて研究に取り組んでいた。



午後2時から、びわ湖ホール大ホールで、びわ湖ホール名曲コンサート「神尾真由子ヴァイオリン・リサイタル」を聴く。ピアノ伴奏は夫君でもあるミロスラフ・クルティシェフが受け持つ。

2007年に行われた第13回チャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン部門の覇者である神尾真由子。日本人現役ヴァイオリニストの中でも別格級の一人であり、技術に限れば一二を争う実力者である。ヴィルトゥオーゾタイプであり、パガニーニやロシアものなどを得意としている。1986年、大阪府豊中市生まれ。桐朋女子高校音楽科で原田幸一郎に師事し、チューリッヒ音楽院ではザハール・ブロンに学んでいる。


曲目は、ドビュッシーのヴァイオリン・ソナタ、フランクのヴァイオリン・ソナタ、ガーシュウィンの歌劇「ポーギーとベス」より(ハイフェッツ編)、ブロッホの「ニーグン」、ワックスマンの「カルメン幻想曲」


ピアノのミロスラフ・クルティシェフは第13回チャイコフスキー国際コンクールで最上位(1位なしの2位)に輝いており、この時に神尾と知り合ったのかも知れない。


ドビュッシーのヴァイオリン・ソナタ。思いのほかスケールの小さなヴァイオリンで冴えもない。びわ湖ホール大ホールは室内楽向きの音響ではないということもあるのだが、技術面に比して表現面はまだ余り磨かれていないのかも知れない。バリバリの技巧派である神尾だが、センス第一の曲目が不得手の可能性もある。
ミロスラフ・クルティシェフのピアノはドビュッシーの面白さを存分に表していただけにこの曲でのヴァイオリンは不満が残る。

フランクのヴァイオリン・ソナタは神尾の優れた構造力が前に出ており、スケールもぐっと拡がってなかなかの演奏となる。


神尾の真骨頂が発揮されるのは、後半のガーシュウィンから。20世紀最高のヴィルトゥオーゾであるハイフェッツが編曲したガーシュウィンの「ポーギーとベス」からの6曲は、スイング感こそないが、技術面の冴えと神尾独特の艶のある音色で魅せる。クルティシェフはこの曲でもアメリカ的なリズムの処理に長けた演奏を聴かせ、相当な巧者であることがわかる。

ブロッホの「ニーグン」では神尾の情熱に火が付き、聴き手を巻き込む圧倒的な「カルメン幻想曲」へと繋がっていく。若い頃のチョン・キョンファのような「獰猛」なヴァイオリンだ。カルメンだけにそのスタイルがとても良く合っている。真っ赤なドレスもこの曲を意識したものなのかも知れない。


アンコールは2曲。まずマスネの「タイスの瞑想曲」が演奏される。抒情的なメロディーを慈しむかのように演奏するヴァイオリニストが多いが、神尾はこの曲でもエモーショナルでドラマティックな演奏を繰り広げる。他ではまず聴けない情熱的な「タイスの瞑想曲」である。

ラストは、ディニーク作曲・ハイフェッツ編曲の「ホラ・スタッカート」。キレキレである。

神尾の卓越したメカニックとユニークな音楽性が印象的な演奏会であった。



びわ湖ホールの近くにある平野神社で大津での初詣を行う。平野神社は蹴鞠の神様である。また、日本最初の本格派ピアニストである久野久(久野久子)が幼い頃にここの石段から転落して、生涯に渡って右足が不自由になったという因縁の場所でもある。