2014年4月

3月                                                                                                              5月
 

4月1日(火)

今日から消費税8%の時代が始まる。ただ、消費税は段階的値上げで、すぐに消費税10%の時代が始まる予定である。

実際に買い物をしてみると、想像していた以上にガッポリ取られているように感じた。

 

連続ドラマ「夜のせんせい」のオリジナル・サウンドトラックを聴く。「夜のせんせい」は出来はまずまでであったが、噂にならないところを見ると視聴率は良くなかったのであろう。音楽を手掛けているのは富貴晴美(ふうき・はるみ)。1985年生まれの若手作曲家である。国立音楽大学作曲科を首席で卒業、同大学院を修了している。クラシックの作曲家として注目を集める(第26回現音新人作曲第1位獲得)一方で、ドラマ、映画、アニメ、ポップスなどの作曲も幅広く手掛けている。映画「わが母の記」の音楽で第36回日本アカデミー大賞作曲賞部門を史上最年少で受賞。

希望に溢れたオープニングテーマから、サスペンス調の楽曲、ふんわりとした雰囲気の曲まで、曲調は幅広い。ドラマ「夜のせんせい」は誰にでも薦められる作品ではなかったが、音楽の方は自信を持って推薦出来る。

 

4月2日(水)

京都造形芸術大学芸術文化情報センター(大学図書館)で、『ベスト・オブ・コクトー 「声」 「怖るべき親たち』(白水社)より、「怖るべき親たち」を読む。
京都造形芸術大学にはもう大して用はないが、卒業してからも図書館が使えるのは便利である。明治大学も卒業後も図書館が使えるサービスを用意しており、私の処女戯曲である「落城」は明治大学の現在の図書館(私の在学中は、明治大学の図書館はリバティタワー内ではなく、記念館の裏手にあった)で「明史」などの原典史料に当たって書かれたものである。

先日、シアター・ドラマシティで観た「おそるべき親たち」は、劇作家でもある木内宏昌の翻訳・台本によって上演がなされたが、コクトーの原作はそれよりも少し長く、注釈がなくては意味が通じないところもある。
読み応えのあるテキストであるが、心理劇であり、何度か繰り返して読まないと真意が通じないところがあった。
また、この台本を読んだ限りでは、先日の「おそるべき親たち」ほどの衝撃は受けなかったが、それは演出と俳優陣が優れていた証拠である。

 

春の選抜甲子園決勝。龍谷大平安高校対履正社高校の京阪対決となる。初回に2点を入れるなどした龍谷大平安が終始リードし、6−2で選抜初優勝を飾る。自分が住んでいる街の高校が優勝するのは嬉しいものである。

 

ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でショスタコーヴィチの交響曲第4番を聴く。NAXOS。
快進撃を続けるペトレンコとロイヤル・リヴァプール・フィル。NAXOS以外にもレコーディングを開始し、いずれ知名度も世界的なものになりそうだ。

ショスタコーヴィチの交響曲第4番は人によってはショスタコーヴィチの最高傑作に挙げられることもある大作である。3楽章による交響曲であるが、演奏時間は1時間を超える。

速筆であるショスタコーヴィチが構想から完成までに8ヶ月を要した入魂の作品であったが、初演を前にしてショスタコーヴィチがソビエト共産党の機関紙であるプラウダから批判を受け、結局ショスタコーヴィチは交響曲第4番の初演を撤回する。この曲が初演されるのは当初の予定の実に25年後、スターリンの死後であった。
交響曲第5番以降は、ストーリーや絵巻物の要素を取り入れ、少なくとも表現上は分かりやすい交響曲を書いたショスタコーヴィチであるが、交響曲第4番は絶対音楽であり、音で何かを描いたものではない。
痛切な響きと圧倒的な音量で聴く者を圧倒する交響曲である。ショスタコーヴィチがマーラーをも凌ぐ音響を生み出した記念碑的作品でもある。
だが、ラストで、ハープとチェレスタが彼方にある夢に思いを馳せるような響きを奏で、ショスタコーヴィチ自身はここにスターリン体制の批判を込めており、それを露見することを怖れて長年に渡って交響曲第4番を封印し続けたのかも知れない。

ショスタコーヴィチの交響曲シリーズを録音中のペトレンコとロイヤル・リヴァプール・フィル。シリーズを開始した頃は非力さも感じられたが、最近は秀演続き。今回の交響曲第4番でもしなやかでアグレッシブな演奏を聴かせてくれる。

 

DVDで映画「舞台恐怖症」を観る。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。ロンドンが舞台である。出演:ジェーン・ワイマン、マレーネ・ディートリッヒ、リチャード・トッド、マイケル・ワイルディングほか。

売れっ子舞台女優のシャーロット(マレーネ・ディートリッヒ)がDVにより夫を殺した。愛人であるジョナサン(リチャード・トッド)は事件の後始末をしようとしてシャーロットの部屋に入ったところを女中に見つかり、殺人者の汚名を着せられてしまう。ジョナサンのガールフレンドである新進舞台女優のイブ(ジェーン・ワイマン)を頼り、イブはジョナサンを自動車に乗せて、父の家まで送る。イブの父は、血の付いたドレスに細工がしてあるとして、シャーロットに疑惑を抱く。だが、シャーロットに疑いの目を向けるのはイブと父親だけだ。イブはシャーロットに近づき、しっぽを掴むべく、彼女の女中を買収し、女中の具合が悪いので身内である自分が代わりに女中を務めることになったとして、ドリスという偽名を用い、シャーロットの世話係になることに成功する。
だが、イブの知った真実は…

観客のほぼ全員が騙されるという趣向の映画である。公開当時は多くの人が怒ったという話も伝わっている。だが、カメラワークの使い方なども含めて面白い作品であるのは事実だ。往時を代表する俳優達の演技も細やかで文句なしである。
ヒッチコック監督の作品の中でも特によく知られている「サイコ」という映画があるが、「舞台恐怖症」は「サイコ」に似たところのある作品である。観客全員を煙に巻く。ヒッチコック監督の得意技だ。

 

4月3日(木)

午後6時から、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズ25周年記念&高橋昌也追悼公演「想い出のカルテット」〜もう一度唄わせて〜を観る。作:ロナルド・ハーウッド(代表作「ドレッサー」、「戦場のピアニスト」)、テキスト日本語訳:丹野郁弓、演出:高橋昌也。

「想い出のカルテット」は、黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズとして2011年に日本初演され、翌2012年にはダスティン・ホフマン初監督作品として映画化もされている。「想い出のカルテット」再演は、EXシアター六本木オープニング記念作品として今年の3月8日に幕が開いたが、先んずること約2ヶ月の今年1月16日に、演出担当の高橋昌也が83歳で逝去した。そのためパンフレットは高橋昌也への追悼の言葉で溢れている。

ジーン・ホートン(黒柳徹子)、セシリー・ロブリン(愛称はシシー。阿知波悟美)、レジナルド・パジェット(愛称はレジ−。団時朗)、ウィルフレッド・ボンド(愛称はウィルフ。鶴田忍)の元オペラ歌手4人が繰り広げる芝居である。ただ初演時の感想に書いたとおり、彼らが本当にオペラ歌手であるという確証はない。
4人は、元音楽家のための老人ホームで過ごしているが、他の音楽家は会話の中にしか登場せず、彼ら4人のいる部屋はシシーが「元オペラ歌手が暮らすのに相応しい」ように勝手に内装を変えたものである。ジーンがこの老人ホームに入ってきたとき、シシー、レジ−、ウィルフの三人が三人ともこの部屋を「特別なサロン」と位置づけており、彼らが普通の人とは違うことがわかる。
壁にズラリと並んだ肖像画は前回とは少し異なり、プッチーニの肖像画は存在しない。イングリッド・バーグマンもいないが、代わりにグレース・ケリーの写真があり、前回同様、ケーリー・グラントの写真もある。3人ともヒッチコック映画の常連であるが、ヴェルディ、ロッシーニ、モーツァルト、マリア・カラスなどの音楽家の肖像画が並ぶ中で、ハリウッドスターの彼らだけが浮いている。

ジーンが、30年前にメトロポリタン歌劇場で、プッチーニの「ラ・ボエーム」の役を引き受けたときのこと。コレペティトーラと練習しようとしたところ声が出なかった。役を降り、その後、何度も歌おうと試みたが声は出ず、結局、ジーンは若くして引退する。しかし、そのことを説明する時にジーンは、「でもこれは珍しいことじゃないのよ、舞台恐怖症といって、演劇でもセリフが出なくなるようなことがある」と語るのである。一見して、舞台恐怖症という症状について述べているように聞こえるのだが、映画通の人は「舞台恐怖症」というのが、症状としてよりもヒッチコック映画のタイトルとして有名であることに気付くはずである。アルフレッド・ヒッチコック監督がイギリス時代に監督した映画「舞台恐怖症」は、世評はそれほど芳しくないが、ネタバレ禁止の映画として名高い。そして壁にはヒッチコック映画の常連俳優の写真がやや浮いた形で存在する。

その後、ジーンは、ジャン・ギャバンが主演した映画についても話し始める。ジーンはタイトルを結局思い出せないが、内容から「大いなる幻影」というこれまたネタバレ禁止映画であることがわかる。
ジャン・ギャバンや「大いなる幻影」の話は、ストーリーとは全く関係がなく、ジーンが突然思い出したこととして唐突に出てくる。そしてストーリーの主線に絡むことはないまま終わってしまう。

ジーンは、老人ホームで暮らす他の老人を「気狂い」と呼び、レジーは「我々は狂人ではない」と明言するが、「私は狂人だ」と気付いている狂人はいないのである。

実際、ラスト近くでシシーが明らかに気の触れた言動を行うのだが、ジーン、レジ−、ウィルフの3人は、シシーがそうした症状にあることをすでに了解済みである。

仕掛けの多い本ではあるが、この劇は観客を欺き、試すためのものではない。ステージで行われていることがそのまま本当だとしても、少しおかしな人達の妄想の産物であったとしても、老いてなお希望や夢を語る彼らに我々は勇気を与えられるのである。小難しい哲学を超えた人生讃歌がここにある。


黒柳徹子は今年で81歳という高齢もあって、初演時より演技がややぎこちなく感じたが、この年で舞台に立って演技をしているということだけで大したものである。他の三人は黒柳徹子より若いということもあってアンサンブルは抜群、黒柳徹子をもり立てる。

カーテンコールで黒柳徹子は右手を上に伸ばし、人差し指で天を指してからお辞儀をする。天国にいる高橋昌也への謝意であった。

 

4月4日(金)

午後7時から、大阪・中之島のフェスティバルホールで大阪フィルハーモニー交響楽団の第477回定期演奏会を聴く。今日の指揮はこの4月から大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者に就任する井上道義。「井上道義首席指揮者就任披露演奏会」のサブタイトルも付いている。

大阪フィルは大植英次が音楽監督に就任した2013−2014年のシーズンから定期演奏会場をフェスティバルホールからザ・シンフォニーホールに移したが、井上道義は大阪フィルの定期演奏会場を昨年再建されたフェスティバルホールに戻し、今日がフェスティバルホール定期演奏会復活第1夜となる。

ホワイエにはタイムテーブルが張り出されていたが、「第1部(30分)、休憩20分、第2幕(60分)」となっており、表記が揺れている。「複数の職員がチェックしているのだろうし、誤植ということはあり得ないだろう。井上が指揮なので外連だろうか?」と思ったのだが、実際は単なる誤植であった。


曲目は、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン独奏:神尾真由子)とショスタコーヴィチの交響曲第4番というロシアものが並ぶ。神尾真由子が得意としているチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と、井上道義の十八番であるショスタコーヴィチということで期待が高まる。
今日のコンサートマスターは首席客演コンサートマスターの崔文洙(チェ・ムンス)。


チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。神尾真由子は、五嶋みどり、諏訪内晶子などと並ぶ日本人女性ヴァイオリニストの別格級の一人である。チャイコフスキーコンクール・ヴァイオリン部門の覇者であり、現在はロシア在住。ということでチャイコフスキーは得意中の得意である。大阪府豊中市出身で、大阪フィルとの縁も深いという。


神尾のヴァイオリンはしっとりとした音色に特徴があり、今日もそれは存分に発揮される。ためを作った歌い方が個性的であり、時折見せる軽やかな表情もチャーミングだ。

井上道義は、この曲では指揮台を使わず、ノンタクトで指揮。楽譜はポケットサイズのものを使っていた。大阪フィルは音の抜けの良い演奏を展開する。


後半、ショスタコーヴィチの交響曲第4番。大編成が特徴の交響曲であり、弦楽群が約70名、管楽群が約50名の計約120名という大所帯での演奏となる。大フィルの団員数は約100名ほどなので、客演奏者が数多く招かれている。楽器によっては半数以上を客演奏者が占めていたりする。

ショスタコーヴィチの交響曲第4番は謎に満ちた交響曲である。1936年に完成し、リハーサルまで行いながら初演は流れ、初演が行われたのはそれから四半世紀も後の1961年のことであった。1936年の初演が流れたことについては、作曲者、指揮者、関係者などの証言がバラバラであり、どれが本当なのかわからない。わかるのは作曲者であるショスタコーヴィチが初演を取りやめたという事実だけである。
しかし、初演が行われる予定であった1936年に、ソビエト共産党の機関紙プラウダに載った「(ショスタコーヴィチの音楽は)音楽の代わりに荒唐無稽」という有名な言葉で知られるプラウダ批判をショスタコーヴィチは受けており、スターリンから目を付けられていたショスタコーヴィチは交響曲第4番を発表するのは危ういと思ったのであろう。
翌、1937年にショスタコーヴィチは交響曲第5番という、内容のわかりやすい交響曲を書き、ソビエト中から賞賛を受ける。
1948年にはショスタコーヴィチはジダーノフ批判を受けている。いずれの批判も、音楽は分かりやすくなくてはならぬという前衛音楽批判であった。だが、困ったことに交響曲第4番は前衛音楽路線であり、演奏するわけにはいかなかったのであろう。
1953年にスターリンが亡くなると、窮屈な状態は幾分和らぐ。そしてフルシチョフによるスターリン批判があり、その直後の1961年にショスタコーヴィチの交響曲はキリル・コンドラシン指揮モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で初演されている。

上演時間1時間強という大作であり、しかも純音楽であってその後のショスタコーヴィチの交響曲のように暗号めいたメッセージが隠れているわけでもない。ということで理解するのが容易ではない曲である。マーラーの交響曲からの影響は明かで、マーラーの交響曲第1番「巨人」の郭公の鳴き声が取り入れられたり、同じく「巨人」の第3楽章のパロディーの場面があったりする。更にはビゼーの「カルメン」前奏曲やモーツァルトの歌劇「魔笛」からパパゲーノの笛の音の真似が取り入れられている。曲調は分裂的であり、哀歌を奏でたかと思ったら馬鹿騒ぎになり、凱歌を奏するかと思いきや悲嘆に暮れるといったカオス状態で(金管が凱歌、木管が哀歌を同時に奏でるという場面すらある)、ショスタコーヴィチがなにをこの曲に込めたのか分かりにくい。あるいは内容があると考えるのは後年のショスタコーヴィチの交響曲がそうだからで、交響曲第4番に関しては深く考えて作ってはいないのかも知れないが。
ラストはチェレスタの哀感に満ちた旋律で終わる。取りようによってはスターリン体制を嘆いているようにも聞こえる。

井上の指揮はユニーク。ピョンピョン飛び上がったかと思えば、指揮棒を両手で持って胸の前でグルグル回したりする。パパゲーノのパロディが出る直背では両手を交互に上げたり下げたりとおちゃらけてみせるが、オーケストラドライブは見事であり、力強いサウンドを引き出す。

優れた演奏であったが、やはり会場が広いフェスティバルホールということもあり、「これがザ・シンフォニーホールであったなら」と何度も思ってしまった。フェスティバルホールの音響も悪くはないが、多目的ホールであり、クラシック音楽専門ホールであるザ・シンフォニーホールでの演奏ほどには迫力が感じられないのである。今日のショスタコーヴィチの演奏も予想したほどには音が飛んでこず、歯がゆい思いをした。

 

4月5日(土)

午後3時から、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールで、兵庫芸術文化センター管弦楽団特別演奏会「下野竜也 シューマン&ブラームス プロジェクトA」を聴く。
下野竜也指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団の演奏で、ロベルト・シューマンの交響曲全曲とブラームスの交響曲全4曲を聴くというプロジェクトの第2回目。

今日のプログラムは、ブラームスのピアノ協奏曲第2番(ピアノ独奏:河村尚子)とシューマンの交響曲第3番「ライン」という、人気作が並ぶものであり、チケットは完売である。


兵庫芸術文化センター管弦楽団は育成形のオーケストラであり、在任期間は3年であり、3年経つと卒業で新しい就職先や活動先を探すことになる。毎年オーディションがあり、国外でもオーディションを行うため、他の関西のオーケストラとは異なり、4月始まりではなく9月から6月までが1シーズンという欧米スタイルを取っている。
卒業したメンバーも演奏に加わることが多く、レジデンド・プレーヤー、アフィリエイト・プレーヤー、アソシエイト・プレーヤーという違いがよくわからない形で参加している。その他に、国内外からのゲスト・トップ・プレーヤーとスペシャル・プレーヤー(この違いもよくわからない)を招いており、第2ヴァイオリンに水嶋愛子(元バイエルン放送交響楽団)、ヴィオラにユルゲン・ヴェーバー(元バイエルン放送交響楽団首席)、チェロに西谷牧人(東京交響楽団首席。兵庫芸術文化センター管弦楽団OB)、コントラバスに黒木岩寿(東京フィルハーモニー交響楽団首席)、トランペットに佐藤友紀(東京交響楽団首席)、ティンパニに菅原淳(元読売日本交響楽団首席)が参加している。
コンサートマスターはベテランの豊島泰嗣。アメリカ型の現代配置での演奏である。


ブラームスのピアノ協奏曲第2番。赤いドレスで登場したソリストの河村尚子は西宮市生まれで地元出身のスターであるが、5歳の時に一家でドイツに渡っており、音楽教育も全てドイツで受けている。ドイツ生活が長いからなのかどうかは分からないが、歩幅が広く、ノッシノッシといった感じで歩く。

超絶技巧と閃き、巧みな表現力を兼ね備えた河村は今日も傑出したピアノを聴かせる。序奏で透明な音を響かせた跡で、あたかも鍵盤に襲いかかるかのような冴えたピアノを披露。聴き手を圧倒する。
単にメカニックが優れているだけでなく、第3楽章ではメランコリックで詩的な、イメージ喚起力抜群の演奏を展開。
最終楽章では、音の彩りも抜群であり、軽やかにスタートしたかと思いきや、超絶技巧で、鍵盤上に虹を現出してみせるなど、彼女しかなし得ないブラームス演奏を繰り広げた。

下野竜也指揮の兵庫芸術文化センター管弦楽団も健闘し、重厚感のある伴奏を聴かせる。

演奏終了後に、河村は、指揮者、コンサートマスター、フォアシュピーラーと握手を交わしたほか、指揮台の上を渡って、反対側にいるチェロ首席の西山牧人ともハグをするという変わった光景も見られた(ブラームスのピアノ協奏曲第2番では、第3楽章でチェロ首席奏者がソリスト並みの大活躍をする)。


シューマンの交響曲第3番「ライン」。
下野はテンポ、スケール共に中庸で演奏開始。やや大人しい感じを受けたが、尻上がりに調子を上げていく。指揮スタイルであるが、右手左手共にかなり忙しい。ちょっと振りすぎの気もする。
兵庫芸術文化センター管弦楽団は、その性質上、独自の個性というものは発揮出来ないのであるが、今日は下野の特徴である渋めのトーンを出しており、力も十分である。
下野は第4楽章と第5楽章で、管楽器群に巨大な伽藍を築かせることに成功。第1楽章と第2楽章は平凡であったが、帳尻あわせの出来となった。

 

4月6日(日)

京都府知事選挙の投票日である。京都市も京都府もそうだが、対共産党選挙となってしまっており、自公民相乗り候補対共産党推薦候補の構図が出来上がってしまっている。京都は中小零細企業が多いということもあり共産党が強い場所だが、与野党相乗りの山田啓二現府知事に共産1党だけの尾崎望氏が勝てる可能性はない。尾崎氏に入った票は共産支持というよりも反現体制票と見ること出来るだろう。
結局、大方の予想通り山田啓二氏があっさり4選を果たす。

 

大阪府富田林市へ。吉本の公演を観るためだが、吉本の公演をやるならどこでも出掛けていくわけではない。富田林観光を兼ねての出発である。

関東にいた頃は、富田林というと、PL学園高校、PL教というイメージだったが、富田林市自体はPL教は夏の大花火大会だけを推していて、観光のメインは真宗興正寺別院の寺内町を前面に出している。富田林の寺内町は戦国時代からの歴史を持ち、独立都市として立ち上がるべく大阪府一の清流と言われる石川を天然の堀として土塁を築き(今も雑木林の向こうにわずかに確認出来る。石垣にしているところもあるが往時のものではなく、近年になって組まれたものである)、守りを固めて、石山本願寺ほどではないが戦国大名との戦に備えられるだけの街を築いた。江戸時代になると、富田林寺内町は、石川を輸送路とした酒造りの街として反映したという。
富田林寺内町は大阪府で唯一、重要伝統的建造物群保存地区にしていされているという。

近鉄富田林駅で降り、西側に目をやると、PL教のシンボルであるPLタワー(大平和祈念塔。正式名称は超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔という長いものである)が見える。想像していたよりも大きい。
だが、富田林の街中を歩いた限りは、PLPLしているところはない。PLやパーフェクト・リバティーという文字も目にしないし、PL教の教会も見かけない。奈良県天理市に行くと、道端で題目のようなものを唱えている人に会うことがあるが、富田林ではそうしたこともない。富田林においてもPLは思ったほど存在感のある宗教ではないようだ。

PL教の本部は富田林市の西側にあるが、寺内町は市の東側にある。富田林駅から歩いてすぐである。
まず重要文化財に指定されている旧杉山家住宅に入る。杉山家は裕福な造り酒屋であり、女流歌人である石上露子(いそのかみ・つゆこ。本名:杉山孝)はこの家の出だという。石上露子は「明星」に歌を投稿して、与謝野晶子と交流があり、息子二人が京都帝国大学と第三高等学校(現在の京都大学教養課程)に進学したため、親子で京都に住んでいた時期があり、その頃に鞍馬山で行われた与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌の会に参加したりもしたという。息子二人は優秀だったが、長男は体が弱く若くして亡くなり、次男は東京帝国大学を出て結婚し、子供も設けたが自殺してしまったという。
露子は富田林一の美女と呼ばれたこともあるそうで、写真が残っているが、整った顔立ちをしている。確かに美人ではあるが、現代の美人の基準とは別枠の美人であるとも思われる。美人の基準は時代によって変わるのである。

旧杉山家住宅は広大で建物も立派であり、江戸時代にタイムスリップしたかのような趣を味わうことが出来る。寺内町で最も古い民家であり、現在残っているのは延享4年(1747)頃に整ったもであるという。部分によっては享保19年(1734)より以前のものが残っているようだ。

離れたところに蔵があり、一番外れにある蔵は杉山家出身の石上露子と、富田林で暮らしたこともあるオダサクこと織田作之助の資料館になっている。織田作之助は生涯はミュージカル化されて京都四條南座でも上演されるが、出演者がジャニーズ揃いに演出もジャニーズの錦織一清とあっては、若い女性向けに美化された作品になることは必定で私は観に行く予定はない。
余談であるが、錦織姓の総社である錦織神社は富田林市内にあり、私も参拝したが、灯籠のズラリと並ぶ独特の情趣ある神社で、重要文化財に指定された本殿は小さいながらも檜皮葺に朱の木材の鮮やかなものであった。

寺内町の中心である興正寺別院へ。京都七条掘川(西本願寺の南)にある興正寺では現在、京都マルシェという催しが行われており、写真を見ると賑やかだが、興正寺別院は伏見城から移築したと伝わる門が閉まっており、中に入ることは出来なかった。念珠を忘れてきてしまったので、中に入れたとしても礼拝はしなかったと思うが。
興正寺別院の前を通るメインストリートは城之門筋であり、興正寺の門が伏見城からの移築であることを裏付けているかのようである。

昼食は寺内町にある洋食レストランで。和食が良かったのだが、洋食のレストランしか見つからなかった(後に蕎麦屋などを見つけた)。私はメール受信音をギャグで桜 稲垣早希ちゃんの着ボイスにしているのだが、食事中に着ボイスが鳴ったため、店主からは「ちょっと笑ってしまいました」、もう一人いた天主馴染みのお客さんからは「(声が)可愛いですね」と言われる。知り合い以外で初めて受けた(笑わずに驚く人が多い)。

その後、「じないまち展望台」から、二上山、葛城山、金剛山を望む。千早城と赤坂城のあることでも知られる金剛山は登山者に人気ナンバー1の山だそうで、富田林市は金剛山の眺望も売りにしている(金剛山自体は大阪府南河内郡千早赤阪村と奈良県御所市に跨がった場所にあり、富田林市内にはない)。

寺内町から少し外れたところにも歴史的建築がある。国登録有形文化財である旧田中家住宅である。こちらは入場無料だが、改修工事を行ったためピカピカであり、余り歴史は感じられない。館内は貸館利用もしており、ミーティングや華道・茶道の教室などとして用いることが考えられる。

寺内町には大正期の国文銀行本社が中内眼科の建物に転用されて残っているが、これも建築好きにはたまらない逸品である。


石川沿いに歩き、北へ折れて近鉄川西駅の高架下を潜り、錦織神社に参拝した後で、すばるホールに向かう。

 

午後4時30分から、すばるホールで「週末よしもと爆笑スーパーステージ in 富田林2014」を観る。出演は、デニス、桜 稲垣早希、はんにゃ、フルーツポンチ、モンスターエンジン、ハイキングウォーキング、ライセンス、ガレッジセール。すばるホールの緞帳には興正寺寺内町が描かれており、やはり富田林の誇りはPL教団ではなく興正寺寺内町であることがわかる。

デニスは松下宣夫と、日本とブラジルのハーフである植野行雄のコンビ。植野行雄は中東風の顔立ちであり、それをネタにする。植野の顔が濃いので、植野は「顔があっさりしてると言われてみたい」。ということで、松下が「植野の顔は」と言って、お客さんが「あっさり」と返すことにする。植野は前から2列目にいた若い女性3人組に「『せーの』と言ったら『付き合って!』と言って下さい」と注文する。
松下「植野の顔は」、お客さん「あっさり」と何度かやった後で、植野が「せーの」とやり、女性3人組は「付き合って!」と言うが、植野は「ごめんなさい」と断る。「何で断るねん!」と松下が突っ込む。
引きこもりネタ。松下が引きこもりの生徒をやり、理由が悪口を言われるからという設定なのだが、熱血教師役の植野の方がずっと酷い目に遭っているというネタである。植野はガーデニングをしていただけで通報されたり、自転車で走っていたら子供から「泥棒!」と呼ばれたり、居酒屋のお通しで一人だけポップコーンを出されたり、イラク人同士の喧嘩に巻き込まれたりしたことがあるという。


アスカのコスプレで早希ちゃんは、フリップ漫談「花よりサルカニ」をやるが、これまでとはかなり違った内容になっていた。表紙の絵も綺麗になっていたが、特訓シーンが加わっていたり、「ドラゴンボール」のベジータをもじった俺様キャラのハチータが登場したり、臼ひげというキャラクターも初めて登場する。いつの間にか「サルカーニZ」になっており、完結せずに予告で終わる。

「花よりサルカニ」は2月の単独公演で初披露され、その後、R-1ぐらんぷり準決勝でも用いられたが、おそらくR-1用に作られたネタであり、持ち時間内に終わるよう短くしたバージョンが使用されて来たのであろう。R−1が終わったので、10分もたせるためのバージョンに変更したのだと思われる。

このネタはアスカの格好でする必要はないのだが(単独公演ではスーツに眼鏡というスタイルで行われている)、テレビで見慣れたアスカの格好の方がいいと感じたのだろうか。


はんにゃ。金田が富田林の街を誉めるが、川島から「バスでここまで来て、景色ほとんど見てないじゃん」と言われる。
川島は元々小太りの体験であったが、中年太りが進行して、腹が大きく出ており、まずそれをネタにされる。

「なんとなく気まずい場面」。コンビニバイトに入った川島だが、先輩アルバイトの金田に「全然仕事覚えてないじゃん」と注意される。それから色々あって出身地の話になるのだが、

金田「出身地どこ?」
川島「愛知県です」
金田「愛知県のどこ?」
川島「いや、言ってもわからないと思うので」
金田「いいから言ってみ」
川島「田原市というところです」
金田「え? 田原? 俺も田原。中学校どこ?」
川島「田原中学校です」
金田「え? たっちゅう(田原中学校の略称)? 俺もたっちゅう。25期生」
川島「私は23期生です」
金田「ああ……、どうもっす……」

と先輩後輩の関係が逆転してしまうというものであった。


フルーツポンチ。まず「遠くから来た人」と聞くが、最初に答えた人が「鹿児島」と言ったため、それより遠い人がいなくなってしまう。「和歌山、兵庫と拡げたかったのに」と二人は言う。
村上が、「春休みに行った場所」として、「花見」、「温泉」などと聞いていくが、「じゃあ、コンビニの冷凍庫に入ったっていう人」とツイッターでのいわゆるバカッター投稿が問題になっていることを聞く。
村上は更に「食品偽造をしてしまった人」と聞いて、相方の亘(わたり)に「いても手挙げられへんわ」と突っ込まれる。村上は「俺達も食品偽造だ。フルーツポンチという名前で人間が出てきている」という。

村上は「喜怒哀楽」という四字熟語が気に入らないという。「喜」と「楽」の差が余りないからだそうだ。そこで「楽」を「悔しい」や「恥ずかしい」などに変えて演じて見せるが、いずれも大袈裟なので楽がいいという結論になってしまう。


モンスターエンジン。
西森がいきなり、「中小企業!」と言い、お客さんの一人が「技術!」と答える。西森の実家は鉄工所だそうだ。
西森は30歳を超えると体が衰えてくるが、色々なことが気になり出したりもする。コンビニの前でたむろしているヤンキー達に説教したくなると言い、大林がヤンキーをやるが、西森はやたらと早口で説教して「名刺」しか聞こえなかったり、ジュースを買ってあげるなどビビりキャラになったりする。


ハイキングウォーキング。
鈴木Q太郎が「39歳」と自己紹介をした後で何故か会場がどよめく。鈴木は「これは39歳に見えないということなのでしょうか」、「格好(キャラクターの入ったTシャツにジーパン)が39歳らしくないということなのでしょうか」と戸惑う。
「スーパーイリュージョン」ということで、鈴木がジェット風船を飛んでからすぐに捕まえる、一息で風船を大きく膨らませる、空の段ボール箱の上に10秒立つという芸を行おうとするがいずれも失敗する。最後は、コーラを一気飲みした後でゲップを出さずに山手線の駅名全てを言うという芸に挑む。鈴木が出したコーラに会場から「(ペットボトルが)小さい」と声が上がるが、「これは500mlで普通です」「1.5リットルしたのスギちゃんです」ということでコーラを一気飲みし、フリップに書かれた山手線の駅名を東京駅から外回りで全ていうことに成功するが、その後で大きなゲップをする。


ライセンス。
藤原が「音楽でコラボレーションなどをやるとよく売れる」ということでコラボレーションネタをやる。まずは教師とロックミュージシャン。藤原は、教師が教室に入ってきた状況から出席番号を読み上げるまでの状況を歌詞にしてロックにする。滅茶苦茶である。
続いて、警察官とラッパー、「俺、警官、悪いことよう好かん、凶悪事件起こるの大体夜間、勤務は今日も長時間」などと韻を踏む。
次は、力士とウェイトレス。藤原が離れた位置から相撲の土俵入りの型をしたまま摺り足で近づいて来る。やって井本の所まで辿り着くが「遅いわ!」と突っ込まれる。
今度は突っ込むまで長いというネタをやるが、やはり力士の土俵入りの型をしたまま摺り足で近づいて来る。ただ藤原は高く掲げた右手ではなく、左手で井本を小突いた。


トリはガレッジセール。
ゴリの兄二人はPL学園中等学校・高等学校に通っていたため、ゴリも良く富田林に遊びに来て、花火大会などを楽しんでいたという。
PL学園は厳しいそうで、全寮制であり、共学であるが男子と女子は目を合わせて会話してはいけないというルールがあるという。本当がどうかは知らないが背中合わせで会話するのだそうだ。また、朝早く起きなければならず、授業の前に色々な作業をやるそうで、ゴリの兄曰く「自衛隊のようなところ」だそうである。
ゴリの兄二人はPL学園での生活に耐えきれず、長兄は高一で、次兄は中二で寮から脱走し、そのためゴリもPL学園に進む予定だったが取りやめになったという。
それから二人の出身地である沖縄と大阪は似ているという。開放的なのだそうだ。東京ではコンビニで芸能人が買い物をしていても遠慮して話しかけたりはしないが、大阪人だとどんどん聞いてくるという。新大阪駅でも、「ほれ、あれや! あれ! えーと、ゴレッジセールのガリや!」と、「惜しーい!」間違いをされたとのこと。
二人はショートコントを次々に行う。
レストランで、ゴリが「いらっしゃいませ。何名様でしょうか」と言い、川田が「一人です」と答えると、ゴリは「店員さんは奥です」と言って、川田は「あんた誰?」となる。

「病院」。患者の川田が医師のゴリに病名を聞きに来る。ゴリは「病名を伝えるのは凄く難しいのですが」と言った後で、「骨粗鬆症」と続けて、「そっちの難しいのか」となる。

 

最後は全員が登場して、席番号による抽選プレゼント。出演者全員のサインの入った公演ポスターが賞品である。ライセンス・藤原が「F列10番」と予告してF列8番という近い席を当てたり、早希ちゃん(早希ちゃんだけは、デニム地のワンピースという普段着に着替えていた)が何故か箱に「おっとっと」を入れてかき混ぜて「おっとっと」を取り出し、ゴリから「これ、芸人がやってるからいいけど、普通にやってたらただの頭のおかしい人だよ!」と突っ込まれたり(何故かポスターと一緒に「おっとっと」もプレゼントということになる)、ゴリが「関空の飛行機の時間に間に合うようにしなければならないのですが(これはおそらく本当。吉本は余程のことがない限り宿泊はさせないのである)」ということで急ぎつつも5名にポスターがプレゼントされた。

 

4月8日(火)

東京へ。

 

午後7時から、新国立劇場オペラパレスで、ベルクの歌劇「ヴォツェック」を観る。私が20世紀に書かれた音楽作品の中で最も優れた作品の一つに数えたい傑作である。
23歳で早世したゲオルク・ビューヒナーの戯曲「ヴォイツェク」(作者の夭逝により断片として残り、完結したのかどうかも不明)を基に。新ウィーン楽派のアルバン・ベルクが新旧のあらゆる技巧を駆使して作り上げたオペラ作品。「ヴォツェック」は、舞台版の方も人気はあり、昨年は山本耕史主演の音楽劇「ヴォイツェク」が上演されている。

指揮は、オーストリア生まれで、イタリアやドイツなど多くの国の歌劇場で経験を積み、京都市交響楽団へ客演した際の明晰なブラームス演奏も印象的であったギュンター・ノイホルト。ノイホルトの指揮でなかったら、私もおそらく東京まで聴きに出掛けたりはしなかっただろう。
演出は鋳型職人、建具職人から舞台美術を経て演出家になったという異色の経歴を持つアンドレアス・クリーゲンブルク。再演演出:バルバラ・ヴェーバーというクレジットがあるが、これは意味がよくわからない。クリーゲンブルクは東京には来ず、ヴェーバーが今回の上演(2009年にクリーゲンブルク演出の「ヴォツェック」は上演されており、今回は再演となる)の演出責任者ということなのだろうか。
オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団。東フィルは現在、坂本龍一の日本ツアーも行っているが、現在の東フィルは新星日本交響楽団を吸収合併した大所帯であるためオーケストラを二つにわけて二箇所で演奏させることも可能である。
合唱は新国立劇場合唱団、児童合唱団はNH東京合唱団。劇中の舞台上でピアノや口笛演奏を行うのは冨平恭平。
出演:ゲオルク・ニグル、ローマン・サドニック、望月哲也、ヴォルフガング・シュミット、妻屋秀和、大澤建、萩原潤、青地英幸、エレナ・ツィトコーワ、山下牧子、池袋遥輝、二階谷洋介、寺田宗永。


音楽劇「ヴォイツェク」でも舞台で本水を使っていたが、今回の歌劇「ヴォツェック」上演では、当初から舞台一面に水が張ってあり、その上に箱状の舞台が宙づりになっているという意欲的な演出である。

ただクリーゲンブルク演出は、大尉(ヴォルフガング・シュミット)を始めとする出演者の顔を白塗りにしたり、医者(妻屋秀和)に異様な格好をさせたりと、やり過ぎが目立つ。合唱達の格好も異形で現実離れした話に見えてしまう。

ヴォツェックも抱える貧困の問題を示すために、一人の男がバケツから投げ出したパンに大勢の名もなき出演者が群がったり、同様に金の奪い合いをしたりする(クリーゲンブルクはこれを貧困が起こす暴力と発言している)。意欲的な試みと見ることも出来るがこれは本当に必要なことなのだろうか。想像力のある観客ならこうしたものがなくても貧困の痛みをヴォツェックと分かち合えるだろう。想像力が十分でない人ならそもそもそういう演出をしても何も感じないだろう。貧困に目を向けない上流階級への訴えかけとしてなら一定の評価も出来るが、少なくとも私ならクリーゲンブルクのような初心者向けの演出はしない。
そうした余計とも思えるシーンには力を入れながら、重要な殺害シーンには何の迫力もないというのも不可解である。

ラストに子ども達がヴォツェックの子供(池袋遥輝)に石を投げていじめるというシーンがあるが、これは従来通り子ども達が何も分からずに言っているという方が救いがないような気がする。
ヴォツェックの子供は最初のシーンからヴォツェックの幻影として登場し、ほぼ出ずっぱりであるが、これは結構効果的であったように思う。

演出には正直言って不満であった。


歌手達の出来は総じて良かった。タイトルロールを演じ、ウィーン少年合唱団の団員時代に来日して以来の日本での歌唱となるゲオルク・ニグルはハイトーンの声も楽々と出すなど高い実力を示し、マリー役のエレナ・ツィトコーワは歌声も佇まいも良かった。

ノイホルト指揮の東京フィルハーモニー交響楽団は演奏が極めて難しいといわれるベルクのスコアを巧みに演奏。日本で最もオーケストラピットに入る機会の多いオーケストラとしての誇りと実力をみせた。

 

新国立劇場の中ホールや小劇場には何度か来てるが、オペラパレスに入るのは初めて。4階席であったが、新国立劇場オペラパレスの4階席で本格的にオペラを楽しむのは少し無理があるような気がする。DVDやBlu-rayなどの映像で同じ演目を何度も観ている人が「ちょっと生でも観てみよう」というなら話は別であるが。
音響であるが、同規模サイズと思われる兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールの4階席と比較すると、オペラパレスの4階席の響きは分が悪いと思う。

 

4月11日(金)

上洛している母と、京都御所の春の一般公開を見に出かける。春の一般公開に参加するのは私自身は三度目である。秋の一般公開には自分でも不思議であるが一度も出向いたことはない。

今年の京都御所春の一般公開の特徴は南面した正門である建礼門が解放されること。これにより、御所内から御苑南方を見ることが出来るし、京都御苑からも紫宸殿を眺めることが出来る。


現在の京都御所は鎌倉時代に里内裏である土御門東洞院殿を内裏と定めてから今に至るまで続いているものである。平安京建都時点での内裏は平安時代も後期になると使用されなくなり、内裏は京内の各地を転々とするようになるが、今の土御門東洞院殿を内裏にしてから大規模な災害に遭うことは少なくなっため、そのまま正式な内裏と定まった。平安時代の内裏跡は「内野」と呼ばれるようになるが、のちに豊臣秀吉が内野に聚楽第を築いて権威を示している。

大規模災害に遭うことは少なくなったとはいえ、焼失は繰り返されており、現在の御所の建物のほとんどは幕末に再建されたものである。幕末期以降の建築は保存状態の良いものでも基本的に国登録有形文化財止まりであるが(昭和時代の建物でも重要文化財に指定されている建築は存在する)、皇室の持ち物であり、国が価値を規定するものでもないように思う。

幕末の御所内での特筆すべき出来事である小御所会議の行われた小御所は昭和29年に焼失し、同33年の再建。ということで、歴史的価値という点では他の観光名所に及ばないが、孝明天皇や東京御幸以前の明治天皇はここで過ごしており、大正天皇と昭和天皇の即位の礼も京都御所で行われているため、日本人の精神文化に対する影響は大きな場所である。


首都の所在地を表す高御座は、以前に来たときは見やすいように紫宸殿の縁側に出されていたが、今日は本来ある場所に鎮座している。現在の高御座は大正天皇の即位の際に造られたもので、皇后陛下の御座である御帳台はその右手にある。かつては天皇は天照大神の子孫であるため、日の昇る東側に御座を置いていたはずであるが、今の紫宸殿内の天皇と皇后の位置はそれとは逆である。これは雛人形のお内裏様とおひな様と一緒で、大正天皇は西洋の習慣に倣い、皇后の右に建つように改めたとされるから、その影響が現在の高御座と御帳台の位置関係にも見られる。


京都御苑の今出川門を出て、同志社の間の道を通り、京都五山二位の相国寺に参詣。現在、春の特別公開が行われている。

京都御所の北、室町時代の花の御所の西という一等地に位置し、京都五山(臨済宗)第二位の相国寺であるが、往時には100mを超える7重の塔が聳えるなど(落雷で焼失)、京都五山二位に相応しい威容を誇っていたが、応仁の乱の主戦場となったため、境内にある建物全てを焼失、知名度も京都以外ではそれほど高くない。一方、山外塔頭である鹿苑寺(金閣寺)や慈照寺(銀閣寺)は有名で、世界遺産にも登録と、皮肉な結果になっている。
再建に尽力したのは豊臣秀頼公であり、徳川家康公も三門を寄進している(三門は天明の火事で焼失し、再建はされていない)。

法堂は禅宗においては中心になる建物であるが、現存しているものではこの相国寺のものが最古になるという。本尊は運慶作による釈迦如来像である。その他に開山である夢窓疎石、開基である足利義満の木造がある。「東照大権現」と書かれた徳川家康公の位牌もある。Wikipediaには応仁の乱の後、三門は再建されなかったとあるが、家康の位牌があるということは三門は家康の寄進により再建され、天明の火事で焼失というのが正しいと思われる。

春の特別公開では、方丈と浴室が公開されている。浴室であるが、今のように湯船に浸かるのではなく、掛け湯をするのが常であり、その後、蒸し風呂スタイルにも変わったそうだ。浴室の別名は宣明であるが、「宣明」という言葉は位の高い寺院しか使えなかったという。

方丈は表方丈の絵なども立派であるが、裏方丈の枯山水の庭園に特徴がある。掘り下げて渓谷状にした珍しいものであり、12年前に初めて訪れた時には御茶ノ水の神田川(伊達堀、仙台堀)の光景を連想したものである。

 

烏丸通を金剛能楽堂まで下がる。金剛能楽堂の南に一帯の史跡案内図があるのだが、そこの「黒田如水邸址」の文字があったので行ってみる。聚楽第時代の黒田官兵衛の邸であり、その名もずばり京都市上京区如水町にある。金剛能楽堂の史跡案内図に記された場所とは異なる場所にあり、垂れ下がった植物が石碑と覆っていたので、探し当てるので少し時間が掛かる。碑は一条通に面したところにあった。

そのまま一条通を西に向かい、最近出来た、「此の向かい小松帯刀寓居参考地」の碑を見る。以前は薩長同盟は、今の同志社大学今出川校地内(かつての同志社中学校付近)にある薩摩藩京都二本松藩邸で結ばれたとされていたが、最近の研究では薩摩藩家老であった小松帯刀の京屋敷に於いて締結されたという説が有力になりつつあり、大河ドラマ「龍馬伝」でも小松帯刀京屋敷で薩長同盟が結ばれたことになっている。またこの付近は足利将軍家の剣術指南役であった吉岡一門の道場があった場所であり、近くに一条下り松跡の碑がかなり見えにくい形で建っている。
宮本武蔵こと新免玄信が吉岡一門と決闘を行ったは、洛外「下り松」という記述しかなく、比較的有名な一乗寺下り松がその場所だと吉川英治は設定したのだが、当時の一乗寺村は田舎も田舎で、わざわざそんな遠くまで出向いて決闘を行う必要はないため、一条下り松で決闘を行ったというのが本当であろう。


烏丸通に戻り、最近、足腰の調子が余り良くないので、足腰の神様である護王神社(祭神:和気清麻呂&和気広虫)に参拝。その後、更に南にある菅原院天満宮にも参拝する。菅原道真公の生誕の地とされる場所であるが、同様の場所は京都市内だけでも数カ所あり、京都以外にも奈良県、滋賀県、更には遠く離れた島根県にまである。菅原家は学者の家であり、中流貴族で政治家として出世したのは道真だけであるため、幼少時の正確な記録は残っていないのだろう。ここ、菅原院天満宮神社には道真公産湯の井戸があるが本当にここの水が産湯に使われたのかは不明である。ただ、ここの水は名水として名高いようで、ペットボトル入れて持ち帰る人も多いようだ。少し飲んでみたが癖の全くない、あっさりとした軟水であった。

 

4月13日(日)

午後2時から、大阪・中之島のフェスティバルホールで、デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の来日演奏会を聴く。第52回大阪国際フェスティバル2014の一つとして行われる公演であり、有料パンフレットは発売されておらず、全12ページの無料パンフレットが全員に配布されただけだったが、紙の質は良く、無料にしてはまずまずの出来である。

曲目は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン独奏:ギドン・クレーメル)とブラームスの交響曲第1番。


これまで関西ではデイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の来日演奏会は、必ず&ヨーヨー・マという形で行われており、世界最高のチェリストの一人であるヨーヨー・マが付いてくることでチケット料金が高騰し、とてもじゃないが手が出ないという状態が続いていたが、今回はあくまでもデイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の来日演奏会として行われ、ヴァイオリンのソリストは、やはり世界最高峰のギドン・クレーメルであるが、クレーメルの分まで料金がプラスされたりはしなかった。

デイヴィッド・ジンマンは、1936年、ニューヨーク生まれの指揮者で、フランス人指揮者であるピエール・モントゥーに見出され、モントゥーが首席指揮者を務めていたロンドン交響楽団に客演して注目を浴び、70年代のオランダ室内管弦楽団の首席指揮者時代にはフィリップス(現在はDECCAレーベルに統合されて消滅)にレコーディングを行っている。80年代から90年代前半に掛けてはボルチモア交響楽団の音楽監督として同楽団のレベルアップに貢献。TELARCレーベル(こちらも現在はクラシックからは撤退)に多くの録音を行う。ただ、ここまでのジンマンの指揮者としての評価は「良くて二流」というものだった。
それが一変したのは1995年にチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の首席指揮者に就任し、90年代後半に「ベートーヴェン交響曲全集」をアルテ・ノヴァにレコーディングしてからである。ピリオド・アプローチと、即興演奏満載のこの全集は世界的な評価を獲得し、ジンマンの評価は「良くて二流」から一躍「超一流」にまで高まった。

その後も、ジンマンとチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団は、「リヒャルト・シュトラウス交響詩全集」、「マーラー交響曲全集」などを作成し、世界各国で好評を博している。


ヴァイオリン独奏のギドン・クレーメルはソ連時代のラトヴィア生まれ。ソ連時代にはかなり苦労したようである。J・S・バッハから現代音楽に至るまで幅広いレパートリーを誇り、90年代後半にはヨーヨー・マなどと共に世界的なピアソラ・ブームを生み出している。
非常に個性的なヴァイオリニストであり、自著では世界的な指揮者であっても方向性が違えば無能扱いしている。
クレーメルはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を2度レコーディングしているが、最初はロシアの現代音楽作曲家であるシュニトケ作曲によるカデンツァを使用して話題になった。2度目のレコーディングでは、ベートーヴェン自身がヴァイオリン協奏曲をピアノ協奏曲に編曲した際に書いたピアノ用のカデンツァをヴァイオリン向けに編曲したものを採用して、この時も反響は大きかった。

無料パンフレットには「本日どのようなカデンツァが演奏されるのかは不明である。」と書かれている。


開場は午後1時であったが、ロビー開場であり、客席開場は午後1時30分であった。クレーメルは神経質なヴァイオリニストなので、事前まで入念なリハーサルを行っていたのであろう。


ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。オーケストラは後半のブラームス演奏の時よりも少し小さめの編成(弦楽奏者達の最後列が空席になっていたのでわかった)。アメリカ式の現代配置であるが、ティンパニは指揮者の正面ではなく、やや下手よりに置かれている。なお、ティンパニはベートーヴェンとブラームスとでは異なり、ベートーヴェンでは手前にある小さめのものが、ブラームスでは奥にある大きめのものが使用された。

ジンマンとクレーメル登場。ジンマンはシャルル・デュトワやエリアフ・インバルと同い年であるが、デュトワやインバルに比べると幾分老けた感じである。同い年ではあっても年の取り方はそれぞれ異なるのであろう。

ピリオド・アプローチで鳴らしたコンビだけに伴奏は万全。交響曲演奏の時とは違い、即興的な要素は用いていない。

独特なのは、ジンマンとチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団よりもソリストのクレーメルで、なんと最初の伴奏と再現部の伴奏のそれぞれ一部をオーケストラと一緒に演奏する。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は人気曲だけに何度もステージの演奏に接しているが、伴奏の一部をオーケストラと一緒に奏でたソリストはクレーメルが初めてである。

クレーメルもピリオド奏法を用いているため、線は通常の演奏時よりも細めであったが、音は美しく、特に弱音は息を呑むほどの絶美である。歌い回しも独特だが思いつきでやっているわけではないことは伝わってくる。

カデンツァであるが、これまで聴いたことのないものが用いられていた。基本的には第1楽章冒頭のヴァリエーションであったが、なんとオーケストラ伴奏が加わり、誰の手によるものなのか見当が付かないカデンツァである。

外連もあったが、全体としては現代最先端のベートーヴェン演奏として高く評価出来るものであった。


クレーメルはアンコールとして現代曲を演奏。1949年生まれのペレシスという作曲家の「ヴィオラのための24のカプリース」より第5番。ヴィオラのための作品をヴァイオリンで弾いてしまったことになる(ヴァイオリンとヴィオラは指使いは同じなのでヴィオラ向けの曲をヴァイオリンで弾くこと自体は比較的簡単である)。繊細な演奏であった。


後半。ブラームスの交響曲第1番。
非常にスマートな演奏である。第1楽章の序章は凶暴さを感じさせる演奏も多いのだが、ジンマンとチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団はバランス重視。威風堂々であるが重苦しくはない。
第2楽章のリリシズム、コンサートマスターのソロとホルンを始めとする管楽器の対話が分かりやすく伝わってくる。
第3楽章も風通しが良く、最終楽章もギアチェンジがはっきりしすぎなのが気にはなったが、造形のきちんとした演奏が展開される。
都会的な洗練されたブラームス演奏であった。ジンマンとチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の録音は弦の音がすっきりしているのが特徴であるが、実演でもやはり同傾向で、録音によって変化しているわけではないようだ。ベートーヴェンもブラームスも基本的にピリオドを採用しており、そのために弦に透明感が出るのだろう。

アンコールはブラームスのハンガリー舞曲第1番。情熱的な曲だが、ジンマンは徒にオーケストラを煽ることなく(情熱的な演奏では音を揺らすことが多いがジンマンはそれは行わなかった)、パッションよりも勢いを前面に出した演奏となった。

 

4月14日(月)

ロンドン交響楽団のFacebookページが、桂冠指揮者であったサー・コリン・デイヴィスの一周忌を伝えている。

 

河村尚子のアルバム「ショパン:バラード リスト:ピアノトランスクリプションズ」を聴く。RCA。先日、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールで行われたコンサートの会場で買い求めたものであり、終演後に行われた下野竜也と河村尚子のサイン会に参加し、ジャケットに河村尚子のサインを入れて貰っている(下野竜也のCDは購入していなかったので、無料パンフレットにサインして貰った)。

ショパンの4曲のバラードと、リストが歌曲や管弦楽曲などをピアノ用に編曲した作品を収録している。リストが編曲したのは、シューベルトの歌曲「鱒」、「糸を紡ぐグレートヒェン」、「水車職人と小川」、ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」より“イゾルデの愛の死”。

河村は昨年、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールで、「河村尚子のバラード」という、ショパンのバラード全4曲をメインにしたコンサートを行っており、ドラマティックな演奏を聴かせている。

「バラード」というと、ポピュラー音楽ではゆったりとしたテンポの甘悲しい曲のことを指すが、ショパンのバラードは抒情詩を音楽で表現したものであり、物語性豊かな楽曲となっている。ただ、ショパンの曲の中ではバラードは人気曲とはいえず、バラード第4番が「ショパン名曲集」に入っていたりする程度である。

兵庫県西宮市生まれで、5歳でドイツに渡り、ハノーファー国立芸術大学を卒業、同大学院ソリスト課程を修了している河村尚子。大植英次が終身教授の座にあることでも知られるハノーファー国立芸術大学は、ハノーファー国立音楽大学などと書かれたりもするが、正式にはハノーファー国立音楽演劇大学というようで、音楽課程と演劇課程を二つを柱とする、日本では考えられないタイプの大学のようである(その他にジャーナリストコースなどもあるようだ)。

音楽課程の学生と演劇課程の学生の間にどれだけの交流があるのかはわからないが、昨年の「河村尚子のバラード」において河村は意図的に演奏中に演じるシーンを入れており、演劇から全く影響を受けなかったというわけではないようである。

河村の特長であるクリアで涼やかなタッチは聴いていて心地良いが、スケールの大きさ、また計算された語り口なども特筆事項であり、ピアノ好きなら聴いて損はしない出来である。


超絶技巧が必要とされるリストのピアノトランスクリプションであるが、河村は余裕を持って弾きこなしており、日本人ピアニストの次代を担う逸材であることを再確認させてくれる。

 

アレクサンドル・トラーゼのピアノ、パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団によるショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番、第2番&トラーゼとゲオルギー・ヴァチナーゼの二人による2台のピアノのための小協奏曲を聴く。パン・クラシックス。マーキュリーによる日本語解説付きの輸入盤国内仕様のCDである。

先日も、井上道義指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会で、ショスタコーヴィチの交響曲第4番が演奏されるなど、交響曲を演奏される機会が着実に増えているショスタコーヴィチ。シベリウスほどではないが、有力指揮者によるレコーディングも増えており、ポスト・マーラー1番手であることは疑いようがない。

一方で、ショスタコーヴィチの交響曲以外の作品は評価こそ高いものの、人気曲と呼べるのは数えるほどであり、協奏曲関していうとチェロ協奏曲第1番ぐらいであろう。

ショスタコーヴィチの2曲のピアノ協奏曲は実演で聴く機会もCDもまだ少ないが、技巧派のトラーゼが日の出の勢いのパーヴォ・ヤルヴィと組んだということで注目のCDの登場である。


ピアノ協奏曲であるが、2曲とも分かりやすい内容ではない上に快活な部分と深刻な場面に差がありすぎるため、捉えにくさは更に増す。暗いシーンは出口の見えない暗闇を歩いているかのようだ。

トラーゼは昇り龍のような勢いのあるピアノを奏でる。技巧だけでなく表現力も高い。パーヴォ指揮のフランクフルト放送交響楽団の伴奏は表出に長けており、次々と表情を変えるショスタコーヴィチの音楽を見事に奏でている。
 

トラーゼとヴァチナーゼの2代のピアノのための小協奏曲(オーケストラ伴奏なし)は、二人のピアニストの卓越した技巧が聞きものだが、ややうるさい気がした。モーツァルトのような典雅な曲ならいざ知らず、ショスタコーヴィチのような鋭い作風の人が2台のピアノのための曲を書くとこうなってしまうのかも知れない。

 

4月15日(火)

アンドレア・バッティストーニ指揮東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で、レスピーギの「ローマ三部作」を聴く。DENON。SACDハイブレッド盤。2013年5月31日、東京のサントリーホールにおけるライヴ録音である。

アンドレア・バッティストーニは、1987年生まれという非常に若い指揮者。イタリアの生まれであり、祖国の歌劇場の指揮者として二十歳前後で活動を開始し、世界各国の歌劇場で活躍。コンサートオーケストラの指揮者としてもイスラエル・フィルなどの有力楽団に客演しているという。

若い指揮者はどうしても勢い任せになる傾向があり、サー・サイモン・ラトルやグスターボ・ドゥダメルの二十代の頃の録音を聴いてもやり過ぎが目立ったりする。

バッティストーニの指揮であるが、録音当時26歳の指揮者とは思えないほど統率力は高い。

交響詩「ローマの祭」では、管楽器の音の組み立ての巧みさが目立ち、交響詩「ローマの泉」にはフレッシュは味わいがある。交響詩「ローマの松」も若々しく伸びやかな演奏だ。

日本コロムビアが書いたCD帯にはかなり大袈裟な文句が書かれているが、高い実力を持った指揮者であることは間違いない。東京フィルハーモニー交響楽団も美しく力強い音でバッティストーニの指揮に応えている。

 

児玉桃のデビューアルバムである「impressions 〜ドビュッシー・ピアノ作品集」を聴く。Tritonレーベル。
「子供の領分」、「二つのアラベスク」、「ベルガマスク組曲」、「版画」、「レントより遅く」、「喜びの島」など、ドビュッシーの人気ピアノ曲を収めたアルバムである。

日本人の美音家ピアニストとして、まず名前が思い浮かぶのが児玉桃(子供の頃からヨーロッパ育ちで、現在もパリ在住であるが)。実演に接する機会も多いが、音の輝きという点に於いてはピカイチである。

このアルバムではその美音を生かした好演が展開される。やや詩情に乏しいところがあるが、日本人ピアニストによるドビュッシー演奏としては最上の部類に入ると思う。

 

4月16日(水)

ボリス・チャイコフスキーの作品集を聴く。キリル・エルショフ指揮ムジカ・ヴィーヴァ室内管弦楽団、ルースカヤ音楽院チェンバー・クワイア・ソロイスツによる演奏。NAXOS。
室内オーケストラのための4つの前奏曲、組曲「ぶた飼いの王子様」、組曲「アンデルセンのおとぎ話」、組曲「幸福の長靴」を収録。このうち、室内オーケストラのための4つの前奏曲を除く3つの作品は、今回が世界初録音になるという。

チャイコフスキーというと、モーツァルト、ベートーヴェンと共に世界三大人気作曲家の一人に数えられることもあるピョートル・イリイチ・チャイコフスキーが有名であるが、ボリス・チャイコフスキーはピョートル・イリイチとは血縁の一切ない作曲家である。1925年、モスクワ生まれ、1996年に他界している。作風はピョートル・イリイチ・チャイコフスキーよりも作曲の師でもあるショスタコーヴィチの影響が濃厚である。

NAXOSレーベルは定期的にボリス・チャイコフスキーの作品をレコーディングしており、充実した出来を示しているが、今回のCDの内容も面白い。愛らしい旋律、他の有名な旋律の編曲、グロテスクな部分、コーラスやソロによるヴォカリーズの導入などが特徴。万人受けする音楽ではないと思うが、ショスタコーヴィチが好きな人には馴染みやすい作品群だと思われる。

 

有名な方のチャイコフスキー、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」と交響詩「フランチェスカ・ダ・リミニ」を聴く。ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏。RCA。
オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団は元々はCBSレーベルのドル箱(CBSはオーマンディとフィラデルフィア管弦楽団の他に、バーンスタインとニューヨーク・フィルハーモニック、セルとクリーヴランド管弦楽団と契約していたが、今考えると不思議ではあるが売り上げはオーマンディとフィラデルフィア管が断トツであった。セルとクリーヴランド管は実質的にはCBSの子会社であるエピックが担当しており、録音も今一つ。セルは最晩年にEMIレーベルに移籍するが、録音が優秀になったのを喜んだという)であったのだが、ライバル会社であるRCAが引き抜いて大騒動になった。その後、CBSはソニーとの合資によるCBSソニーとなり、今は完全なソニー傘下でソニー・クラシカルとなったが、RCAも数年前にソニーの傘下に入り、かつてのライバル会社は今では共にソニー内のレーベルとなってしまった。

「悲愴」は純音楽的な演奏。最近では、パーヴォ・ヤルヴィ、ロジャー・ノリントン、シャルル・デュトワらが、初演当時に「悲愴」について噂された「自殺交響曲」的な解釈を復活させた交響詩的演奏を行っており、それに比べるとオーマンディのような純音楽的解釈は物足りない。

「フランチェスカ・ダ・リミニ」は巧みな演奏を行っているが、廉価BOXに入っているCDであるためか録音は今一つである。

 

東京ヤクルトスワローズは神宮球場で読売巨人軍と対戦。リードして迎えた9回表にマウンドに上がったカーペンターが大崩れし、後続も打たれて3失点で逆転を許す。カーペンターというピッチャーは先週も中日戦で登板したが、デッドボール二つにボークなど「何しに出てきたんだ」状態で降板。その後にセーブを挙げた試合もあるが、今日も昨年の藤田太陽状態でマウンドを降りている。ストレートは150キロを超えて威力はあるがコントロールがない。こうしたピッチャーを送り込まねばならないほど今のスワローズの投手事情は苦しい。ドラフト1位ルーキーの杉浦は右肘の靱帯断裂で復帰のめどは立っていない。
9回裏にバレンティンのホームランで一時は追いついたスワローズであるが、延長10回に登板したルーキーの秋吉が踏ん張りきれずに勝ち越しを許し、結局、9-8で勝利を逃した。


福岡ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合では、ソフトバンクの先発である寺原隼人が勝利投手となり、今はなき大阪近鉄バファローズを含む13球団全てから勝ち星を挙げる。13球団全てに勝利したことのある投手は、工藤公康、杉内俊哉に次いで史上3人目。一方で、楽天先発のゴールデンルーキー松井裕樹は5回3失点で負け投手となり、二軍降格が示唆された。

 

4月17日(木)

午後7時から、ザ・シンフォニーホールで、日本センチュリー交響楽団の第190回定期演奏会「飯森範親首席指揮者就任記念演奏会」を聴く。

この4月から日本センチュリー交響楽団の首席指揮者に就任した飯森範親。山形交響楽団(山響)の音楽監督として、山響を「田舎のイメージの強い東北の弱小オーケストラ」から「日本で最も意欲的な活動を行うオーケストラ」へと転身させたことを買われての就任だと思われる。

今日と明後日の演奏会で、ブラームスの交響曲全4曲が演奏され、ライヴ録音が行われる。セッション録音も同時に行われており、リリースされる予定である。中編成である日本センチュリー響の持ち味を生かした演奏が期待される。センチュリー響の前任者である小泉和裕(音楽監督)や沼尻竜典(首席客演指揮者)も悪い指揮者ではなかったが、ブルックナーのチクルスを行うなど、「確かに客は入るかも知れないが、センチュリー響の良さを生かしているのか疑問。ブルックナーだったら大阪フィルに勝てない」というプログラミングで、戦略性には欠けていた。その点、飯森は万全で、モーツァルトやハイドンなど中編成だからこそ生きる作品を多く取り上げる予定である。


今日演奏されるのは、ブラームスの交響曲第3番と第1番。飯森が山形交響楽団において日本で初めて行ったというプレトークも勿論ある。プレトークでは、山形の、さくらんぼテレビ(フジテレビ系列)のアナウンサーを経て、テレビ大阪、そして現在はフリーのアナウンサーとして活躍する榎戸教子が司会・聞き手として参加する。榎戸教子は、さくらんぼテレビ時代にかなり人気があったようで、飯森範親は、「『榎戸さんと仕事するの? 羨ましいな』と山形交響楽団の人間が言ってました。あとで自慢しようと思います」と語る。テレビ大阪であるが、実は関東では考えられない理由で、大阪府でしか見ることの出来ないテレビ局である。テレビ東京が関東一円で見られるのとは大違いである。ということで、榎戸教子を見るのは私は初めてとなる。
飯森は、ブラームスの交響曲第3番に関して、「演奏される回数が少ない」とまず語る(一方で、第3楽章はブラームスの交響曲の中で最も有名なメロディーを持つ。一度も聴いたことのない人を探す方が面倒なほどである。映画「さよならをもう一度」ではテーマ曲として使われ、その他、テレビドラマなどでも使われることも多い。メロディーに歌詞を付けてポップスになっていたりもする)。その理由として、クララ・シューマン(師でもあるロベルト・シューマン夫人。ロベルトが若くして亡くなったため長く未亡人として過ごした)への秘めた愛が複雑に絡んでいることが挙げられるという。第3楽章はあたかもクララへの愛情吐露のようである(クララもブラームスも互いを愛していたが、一線を越えることはなく、ブラームスは生涯独身であった)。

ブラームスの交響曲第3番。今日はゲスト・コンサートマスターとして扇谷泰朋(おおぎたに・やすとも。「おおぎがやつ」という読みではないが、関係はあるのかも知れない)を招いての演奏である。なお、これまでアシスタント・コンサートミストレスとして活躍していた蔵川瑠美が広島交響楽団のコンサートマスターテストに合格し、3月末日をもってセンチュリー響を退団、今年6月から広島交響楽団のコンサートミストレスに就任する予定である。蔵川の後任として松浦奈々がセンチュリー響のアシスタント・コンサートミストレスに昇格した。

飯森範親の実演には何度も接しているが、基本的に音の重心が高めにあり、音色も明るめで、まるでイタリア人指揮者のようである(飯森は海外ではロシアとドイツにポストを持ったことがあるが、イタリアとの接点はなく、たまたま個性がイタリア的だったのだと思われる)。

抑え気味に柔らかく開始するが、次第に高揚感が増していく。今日はヴァイオリン両翼の古典配置での演奏であったが、弦楽の音の受け渡しなどはかなり難しいことが窺える。
もう少し歌心があった方が飯森のスタイルに合っていると思うが、まずまずの出来。センチュリー響もはっきりとわかるミスは1箇所だけであった。


交響曲第1番の演奏前にも榎戸教子と飯森範親によるプレトークがある。交響曲第3番について飯森は「難曲で、これまで納得のいく演奏は自分のものも含めて一度も聴いたことがない、ヨーロッパででもそうですが、センチュリーの皆さん頑張ってましたね。凄いです」と述べる。
交響曲第1番についてであるが、「構想から完成まで20年。その間に交響曲を書こうとして、結局、「ドイツ・レクイエム」というレクイエムになってしまったりした(ピアノ協奏曲第1番も当初は交響曲として作曲されるも上手くいかずにピアノ協奏曲にしてしまった)という、ブラームスの苦悩などを描いてみたい」というようなことを飯森は語る。

 交響曲第1番。先日、デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の来日演奏会で聴いたばかりの曲であるが、ジンマンが造形美を優先させたのに対して飯森はパッションが火を噴くような熱演を展開する。フル編成のオーケストラだったら重苦しく感じたかも知れないが、センチュリー響は中編成。針が振り切れることはない。
抒情美溢れる第2楽章、軽妙な第3楽章を経て、最終楽章で凱歌が堂々と奏でられる。ラストの連続する和音の間を開け、ベートーヴェンの影響を示したのも面白い解釈だった。

 

4月18日(金)

午後7時から、大阪・天王寺の一心寺シアター倶楽(くら)で、虚構の劇団の「グローブ・ジャングル」を観る。


少し早めに一心寺に着いたので、まず一心寺シアター倶楽を運営する一心寺に詣でる。一心寺は浄土宗の寺院であり、大坂の役(大坂の陣)の際に総大将である徳川家康公が本陣としたのがこの、茶臼山(古墳である)の一心寺であったという。茶臼山が古墳だということは古くから知られていたようで、法然上人がこの地に庵を結んだ際には、当地は荒陵と呼ばれていたという。
一心寺は骨佛の寺としても有名で、納骨された骨を材料に阿弥陀如来像を作り、納骨堂に祀る。読んだだけだとかなりグロテスクな印象を受けるが、阿弥陀如来はいずれも丁寧に造られており、何の情報も持たなければ遺骨で造ったとは思えないであろう。

一心寺には大坂夏の陣で戦死した本多忠朝(本多忠勝の次男)の墓があり、本多忠朝は大坂冬の陣で酒に酔った状態で参戦して醜態をさらし、それを取り戻すべく大坂夏の陣では奮闘するも戦死。いまわの際に「戒むべきは酒なり、今後わが墓に詣でるものは、必ず酒嫌いとなるべし」という言葉を残したため、断酒の寺としても名高い。

大阪で同じように小劇場を営む應典院も浄土宗の寺院であり、京都での音楽イベントでも浄土宗は知恩院、百万遍知恩寺、法然院の三寺院を会場として提供しており、文化活動に熱心である。

 

虚構の劇団は、鴻上尚史が第三舞台解散後に新たに立ち上げた劇団で、運営は引き続きサードステージが行っている。
「グローブ・ジャングル」は虚構の劇団旗揚げ公演で上演された作品であり、今回は久しぶりの再演となる。作・演出:鴻上尚史。出演:オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)、根本宗子(ねもと・しゅうこ。劇団月刊「根本宗子」主宰)、小沢道成、小野川晶(おのがわ・あき)、杉浦一輝、三上陽永、渡辺芳博、塚本翔大、森田ひかり、木村美月。最年長の渡辺芳博でも1981年生まれ。1990年代生まれも二人いるなど大変若い劇団である。

「グローブ・ジャングル」は第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞しており、その理由もよくわかるのだが、ステージで観るよりも戯曲で読んだ方が楽しめるような作品ともいえる。

鴻上尚史は自分の作品が上演されている劇場には大抵姿を見せていて、今日も開場時には、自身のツイッターを更新するなどパソコンで作業をしており、その後、売り子となって公演パンフレットと戯曲本を売りながら客席を回った。

舞台装置はかなりシンプル。後方のスクリーンに様々な映像や文字が映る。
インターネットが重要な舞台になっており、登場人物達は舞台に出てきた際に、インターネット上の書き込みのようなセリフを発する。繋がりがあるものもあればないものもある。やがて、青山七海(小野川晶)がバイト先であるコンビニで、店長の娘の小学生(根本宗子)にせがまれて、店長の娘が冷蔵庫に入った写真を撮り、更にせがまれて自身も冷蔵庫に入った写真を店長の娘に撮らせてしまう。店長の娘がその2つの写真をツイッター上にアップしてしまったことから騒動は始まる。投稿を見つけた劇団主宰で塾講師の沢村(オレノグラフィティ)はその写真を2ちゃんねる上にアップ。たちまち犯人捜しが始まり、店長の娘も、そして七海もFacebookで身元が割れ、通っている大学、住所、電話番号なども次々に公開されていく。
一方、ことを大きくした沢村も劇団員達の離反に遭い、次回公演を降りることになった。劇団員で恋仲でもある麻実(森田ひかり)に演劇を続けるよう言われた沢村だが、辞めてロンドンへと旅立つ。そして、七海は自宅近くや大学の周りにおかしな人々が集まりだし(店長の娘が「無理矢理やらされた」と書いたことから幼児虐待という罪までなすりつけられていた)、大学は中退に追い込まれる。就職しようにも、今は応募者の名前をネット検索する時代であり、検索されればバカ発見器の餌食になっていることが上位にランキングされてしまうため、雇ってくれるところもない。そこで七海は写真を2ちゃんねるにアップした人物をネットを使って自力で調べた。その人物は酒好きの塾講師で、左手にバイク事故の際に出来た傷があり、ロンドンへ旅立ったことを知る。
七海もその人物(沢村)を追ってロンドンへ向かう。酒好きだということでロンドンのパブを回るが、そこで住田という男(小沢道成)と出会う。実は住田は自殺した幽霊であり、住田のことが見えるのは自殺願望を持った人だけなのだという。七海は探している人物を見つけ出して殺害し、自分も死ぬつもりであった…


21世紀になってから書かれた作品であるが、アングラ第三世代に属する鴻上の筆だけに、どことなく80年代の匂いが残る。

グローブ・ジャングルとは、昔は公園などによくあった遊具で、球形のジャングルジムである。私の実家の近所にある公園にもグローブ・ジャングルはあった。子供の頃は、勢いよく回して体を宙に浮かせながら遊んだものだが、今は保護者から「危険」という苦情があり、次々と撤去されてほとんど存在しないという。この劇では「喪失」の象徴として登場する。

居場所を喪失し、アイデンティティー喪失の危機に陥った若者達の物語であり、私ももう少し若ければ共感し得たと思うのだが、残念ながら私も今年で40歳である。「ここではないどこか」を探し、「愛と人間を諦めること」を否定したい若者達を応援したいと思うが、もう不惑になると純粋に大人向けの作品が観たくなる。日本の小演劇は観客に若者が多いということもあり、若者をターゲットにした作品が多い。鴻上も当然、若者が多く観ることを想定して作品を作っている。欧米の作家が書いたものを基にした演技は大人向けに書かれたものも多く、私が原作が外国人作家の舞台を好んでみるのもそのためである。

ともあれ、いい舞台である。若者にはお薦めだ。

俳優陣はいずれもパワフルな演技を披露。特に3役を演じ分けた根本宗子の演技は良かった。

 

4月24日(木)

MOVIX京都で、「白ゆき姫殺人事件」を観る。「告白」を皮切りに作品が次々と映像化されている湊かなえの原作。中村義洋監督作品。出演:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、金子ノブアキ、貫地谷しほり、小野恵令奈、谷村美月、生瀬勝久、朝倉あき、ダンカン、秋野暢子、大東駿介、小沢文晃、染谷将太、TSUKEMEN(ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノのトリオ。芹沢ブラザーズとして出演)ほか。

長野県が舞台。諏訪市にある観光地・しずく谷の山奥で、茅野市に本社のある「日の出化粧品」のOL、三木典子(菜々緒)が滅多刺しにされた上に火を付けられ、黒焦げの死体となって発見されるという残虐事件が発生する。その余りに残酷な殺害方法から、事件は怨恨によるものと見られた。
地元のテレビ局で契約ディレクターとして働く赤星雄治(綾野剛)は、仕事中もツイッターでラーメンの批評をつぶやくなど、勤務態度が良いとはいえない男だが、元カノで今もダラダラと関係を繋げている狩野里沙子(蓮佛美沙子)が、被害者である三木典子と同じ日の出化粧品の社員であり、しかもパートナーという先輩後輩で教え合う極めて親しい間柄だったと知ったことから、関係者への取材を開始。里沙子は城野美姫(井上真央)という、社内でも存在感の薄い女性が犯人ではないかと疑い、美姫の後輩パートナーである満島栄美(小野恵令奈)も城野美姫には地味な容貌とは裏腹に思い切ったところがあることなどを打ち明ける。更に、美姫は社内恋愛をしており、篠山聡史(金子ノブアキ)に手作り弁当を渡しているなど、親密な様子が見て取れたという。だが、当の篠山は美姫との恋愛関係を否定し、三木典子とだけ恋愛関係にあったことを打ち明ける。
赤星は、得た情報をツイッターで拡散させ、城野美姫の名はネット上に広まっていく。更に赤星が作った番組が放送されることで、美姫は「疑惑のSさん」として注目を浴びることになる。日の出化粧品のヒット商品が美白石鹸「白ゆき」であったことから、この事件は「白ゆき姫殺人事件」と呼ばれるようになる。容疑者の城野美姫は事件発生後、姿をくらませたままだった。


ミステリーではあるが、犯人や犯行手口は映画の半ばを過ぎた時点でだいたいの人にはわかる。ただ、この作品が描きたかったのは謎解きの面白さではなく、人間の内面の醜さである。事実ではないことを事実であるかのように話したり、自分だけが真実を知っていると傲ったり、他者の心よりも自分の興味を優先させたり、何でも自分が一番でないと気が済まないというエゴイズムがあったり、親友を自分でも気がついていない程度に見下していたり、病的な嘘つきだったり、計算高かったりと、人間と現代社会が生み出す醜悪さが描き出されている。ラストで出演者の心が通じ合う場面があるのが救いである。


この作品では、三木典子だけが絶世の美女で他は冴えない容貌の女性ということになっているのだが、出演しているのは若手一線級の女優陣であり、当然ながら美形揃いである。ということで、菜々緒以外は、わざと変な髪形にしたり、表情を乏しくして魅力的に見えないよう工夫した演技を行っていた。

 

4月25日(金)

午後7時から、京都コンサートホールで京都市交響楽団の第578回定期演奏会を聴く。指揮は、この4月から京都市交響楽団の常任客演指揮者という変わったポストに就任した下野竜也。

曲目は、ドヴォルザークの序曲三部作「自然と人生と愛」(序曲「自然の王国で」、序曲「謝肉祭」、序曲「オセロ」)、マルティヌーのオーボエ協奏曲(オーボエ独奏:セリーヌ・モワネ)、ヤナーチェクのシンフォニエッタ。コンサートの王道演目は1曲もない。

京都コンサートホールのチケット売り場の当日券販売には長蛇の列が出来ており、制服を着た高校生など若い人が目立つ。ポピュラーな演目がないため、前売り券の売れが悪いのである。


開演20分前から、下野竜也によるプレトークがある。結局チケットは完売せず、京都市交響楽団が続けてきた定期演奏会チケット完売記録は今日で途絶えたそうで、下野は「チケットの完売記録が途切れたのは僕のせいです」と語る。ただ下野は、「今後も珍しい曲を取り上げたい」と抱負を語る。「『なんだ、こんな曲知れねえよ!』と言われたとしてもやります」と決意は固い。

続いて、常任客演指揮者というポスト名だが、「常任指揮者に広上淳一先生がいて、首席常任客演指揮者に高関健先生がいて、一つのオーケストラに常任という指揮者が三人もいて、私(下野)も変だなと思って、(広上淳一に)言ってみたんです」。すると広上は、「指揮台に立っていない時でも京都市交響楽団と一緒に音楽をしている気持ちでいること」が大切なので常任という言葉を使ったとのことで下野は感心してしまったという。


ドヴォルザークの序曲3曲は、当初は3部作として一緒に出版される予定だったのだが、最終的には別の作品として世に出た。ただ、3部作であった名残はあり、同じ旋律が使われていたりする。

今日は、ドヴォルザークの当初の構想通り3曲で1曲という解釈で演奏される。ちなみには下野が好きなドヴォルザークのエピソードは自作のチェロ協奏曲を聴きながら、「なんて良い曲なんだ」と涙を流したという、エゴイストぎりぎりの純粋さを感じさせるものだという。


ドヴォルザークの序曲3部作。下野は京響からクッキリとした音を弾き出し、抒情的で美しく優しげな旋律を持つ「自然の王国で」の理想的な演奏を聴かせる。

プレトークで「3曲で1曲」と下野は語っていたので、「拍手はどうするのだろう?」と思っていたら、「自然の王国で」の演奏終了後、パラパラと中途半端な拍手が起こる。そこで下野は振り返って、一礼し、大きな拍手が起こった。

序曲「謝肉祭」はコンサートでも良く取り上げられる曲だが、下野と京響は立体的な音響で、情熱的な演奏を展開する。


序曲「オセロ」では、たおやかな旋律と凶暴で暗いメロディーが何度も繰り返される。デズデモーナの主題とオセロの主題という風に分けられているわけではないのだが、そういう風に取っても問題がないほど、クッキリとした対比がある。盛り上がりを見せた後、ラストは急に終わるが、これはおそらくオセロのデズデモーナ殺害を描いているだろう。

3曲を通して、京響のオーケストラとしての力と下野の表現力に感心する出来であった。下野の指揮であるが、シャープで非常にわかりやすい。下野も若い頃は厳しい顔つきで指揮していたものだが、キャリアを重ねて余裕が出たのか、今日は何度も笑顔を浮かべながらの指揮である。


マルティヌーのオーボエ協奏曲。マルティヌーもチェコの作曲家だが、プラハ音楽院在学中は学業そっちのけでオペラに通いつめ、退学になってしまう。その後、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の第2ヴァイオリン奏者をしていた時にフランスの作曲家であるルーセルの曲に感心し、作曲はパリで学んでいる。その後、ナチスドイツの台頭により、マルティヌーはアメリカに渡っている。戦後であるが、チェコはスロヴァキアと合併して東側になったため、祖国には帰らずスイスなどで作曲活動を行い。結局、生涯チェコに戻ることはなかった。
交響曲は比較的人気があり、レコーディングも多いが、演奏会でマルティヌー作品に接する機会はほとんどない。

交響曲でも風変わりな作風を特徴とするマルティヌーであるが、今日演奏されるオーボエ協奏曲もユニーク。ピアノが大活躍し、ほぼ、オーボエ・ソナタ+オーケストラという曲である。

オーボエ独奏は、フランスの女流、セリーヌ・モワネ。実は京都市交響楽団のフランス人オーボエ奏者であるフロラン・シャレールとパリ音楽院の同級生だったという。マルティヌーのオーボエ協奏曲のオーケストラ伴奏はオーボエなしの編成なので、残念ながらかつての同級生の共演は叶わなかった。
モワネはパリ音楽院卒業後、クラウディオ・アバドが指導するグスタフ・マーラー・ユースオーケストラに入団。その後、ベルリン・ドイツ交響楽団、北ドイツ放送交響楽団、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、フランクフルト歌劇場管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団の首席客演奏者に招かれ、2006年から2008年までマンハイム国立劇場管弦楽団首席オーボエ奏者。2008年から、名門・ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(ザクセン州立歌劇場管弦楽団、シュターツカペレ・ドレスデン)の首席奏者を務めている。

指揮者の真っ正面に蓋を取り払ったグランドピアノ(ピアノ演奏:佐竹裕介)が来るという変わった配置での演奏。

パリで作曲を学んだというだけあって、ルーセルやフランス六人組の作風を連想させる洗練された曲である。

モワネのオーボエはフランスの奏者らしく色彩が濃く、歌い回しも洒落ている。

チェコ出身の作曲家の作品でありながら、エスプリ・クルトワに富んだ秀作。室内オーケストラ編成で挑んだ京響と下野の伴奏も鮮やかな出来であった。

モワネはアンコールとして、J・S・バッハの無伴奏フルート・パルティータを演奏。バッハの作品だけに気高さの感じられる曲と演奏であった。


ヤナーチェクのシンフォニエッタ。村上春樹の小説「1Q84」に出てきたことで飛躍的に知名度を上げた作品である。ただ、だからといって演奏会で取り上げられる回数が増えたわけではない。実は編成が特殊で取り上げたくてもなかなか出来ないという事情がある。トランペット9本、テノール・チューバ2本、バス・トランペット2本という編成で、これだけの金管奏者を集めるのは容易ではない。今日はトランペットに客演8名、バストランペットに1名、テノール・チューバは二人とも客演である。
シンフォニエッタとは小交響曲という意味なのだが、編成はフル編成以上、5楽章からなる曲の長さも短くはない。ちなみに一大金管群であるが、ほとんどの奏者は第1楽章と最終楽章にしか登場しない。
なお、オーボエ首席の高山郁子、フルート首席の清水信貴、クラリネット首席の小谷口直子は今日はこの曲だけの演奏であった。

下野は冒頭からスケール雄大な演奏を展開。オーケストラ捌きも巧みである。弦にも管にも血が通っており、かといって泥臭くもない。

「ゴージャス」という言葉が一番ピッタリくる名演奏であった。聴いている間、非常に贅沢な時間を過ごさせて貰った。


カーテンコールで登場した下野は最後に、「京響をこれからもよろしくお願いします!」と挨拶し、コンサートは幕となった。


演奏会終了後にレセプションがあったのだが、今日は他の用事があるので参加せずに京都コンサートホールを後にした。

 

4月26日(土)

今日は大阪でクラシックのコンサートを聴く予定があったのだが、某所で某企画会議を行うこととなったため、コンサートはパスする。演劇は色々と観て学ぶ必要があるが、音楽はためになることも多いとはいえ、所詮、私にとっては娯楽である。

会議は午後5時半から京都市内であったのだが、大阪でコンサートを聴いてから京都に戻ると企画会議の開始時間には間に合わない。

ただ、そのために本来は埋まるはずだった時間に空き出来てしまったため、京都観光を行うことにする。京都では今日から神社仏閣の春の特別公開が始まる。

私が選んだのは伏見稲荷大社。参拝者数は関西でナンバーワンの社であるが、私はもう長いこと参拝に訪れていない。
伏見稲荷大社は今年に入って楼門を始めとする多くの建物が重要文化財に指定された。それを記念する意味もあってか、以前に訪れた時よりも社殿が綺麗になっている。

稲荷社の総社である伏見稲荷大社。拝殿と本殿があるが、本来のご神体は本殿の中ではなく、背後の稲荷山にある三つの峯であり、稲荷山全体が神域である。そうした意味では山そのものがご神体である奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)に似た構造を持つ神社である(大神神社は本殿そのものがないが)。稲荷山に稲荷という神を勧進したのは渡来系氏族の代表格である秦氏であり、秦氏の神であるため、稲荷は外来の神様ということになる。弘法大師こと空海が唐に渡った際に出会った翁が実は神であり、日本に戻った空海が稲荷山に翁を祀って稲荷神としたという伝説もあるが、多分、秦氏の稲荷山信仰の方が先である。

正式な参拝は拝殿のみでなく、稲荷山登山をして三つの峯を回るのであるが、約2時間を要するため、一日掛けて伏見稲荷大社のみを参拝する人には向いているが、他に行くところのある場合は山登りに時間を割くわけにはいかないため、拝殿か、奥の宮までで参拝を済ませる。私も千本鳥居を潜って、奥の宮まで進んだ。奥の宮の横には、「おもかる石」という占いの石があり、「石を見て重さを想像し、持ち上げて想像よりも軽かったら願いが叶い、重かったら叶わない」とされている。以前に来たときも「おもかる石」で占いをやって、想像よりも軽かった記憶があるのだが、今日やってみたら予想よりもずっと重かった。というわけで願いは叶わない、とは思わないことにする。以前、「軽い」と思った時の願いもまだ叶っていないからである。ちなみに門徒なので、本当は占いを頼ることは良くない。ただ、浄土真宗の教えを忠実に守っていたら神社にさえ参拝出来ないことになり、どこぞの学会でもないのにそんなことをしていたら現実生活に適応出来ない。実際、親鸞聖人自身も神社には参拝しており、すぐに占いや神に頼ってしまう当時の風潮を嘆いているだけで、阿弥陀如来以外を信ずることを禁ずるとまでは書いていないはずである。

とはいえ、おもかる石で外したのが悔しいので、伏見稲荷大社に隣接した東丸神社(あずままろじんじゃ)に参拝し、「としまいり」というものを行う。願い事が書かれた竹の短冊を年の数だけ手に持ち、「としまいりの石」と書かれた石から拝殿まで、年齢と同じ数だけ往復するというものである。以前に東丸神社に来た時もやはり、としまいりはしている。
私は現在満39歳だが、もう今年中に東丸神社に参拝することはないので、今年の分も含めて40本の短冊を持ち、40往復する。としまいりの石から拝殿までは20mも離れていないので、それほど負担にはならない。ただ、としまいりをしようとする人はやはり物好きの部類に入ると思う。

東丸神社の祭神は国学の祖である荷田春満(かだのあずままろ)である。荷田氏は伏見稲荷大社の神官の家であったのだが、応仁の乱の頃から神主の家である秦氏と確執が生じ、現在も東丸神社は伏見稲荷大社の境内に隣接した場所にありながら「伏見稲荷大社とは全く別の神社です」と、末社や摂社でないことを強調している。

東丸神社の南東に荷田春満の墓があるというので探してみるが、途中まで案内の石碑があるものの、結局、墓所らしきものは見つからなかった。

現在、伏見稲荷大社では、荷田春満旧邸と、伏見稲荷大社お茶室の特別公開を行っている。

荷田春満旧邸には、花頭窓、違い棚などがあり、床の間には、荷田春満、賀茂真淵、本居宣長、平田篤胤の国学四大人の絵と彼らが詠んだ和歌の書かれた掛け軸がある。4人の中で最も有名な本居宣長の和歌はこれまた有名な「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」を万葉仮名入りで書いたものであった。ただ、他の3人の和歌は万葉仮名入りということもあり解読出来なかった。

お茶室の方は、お茶室の建物の他にもう一つ、松の下屋という建物の内部を見ることが出来る。松の下屋内部には棟方志功の筆による絵や、襖絵がある。お茶室は、桃山時代から江戸初期にかけての建築だそうだが、現在も月に二回ほどお茶会が行われているとのことだった。元々は仙洞御所もしくは御所内のお茶室として建てられ、その後、伏見稲荷大社の現在の駐車場付近に移築。更に本殿に近い現在地に移築されたという。

二つの建物の間にある庭園を歩き、お茶室を後にする。

 

京阪電車で七条まで戻り、京都国立博物館で、「南山城の古寺巡礼」展を見る。京都国立博物館は、ずっと正門(西門)の工事をしていたが、ついこの間それが完了。ただ、西門は文化財として扱い、入り口はこれまで通り南門が使用されることになる。

「南山城の古寺巡礼」は、今は田舎だが、かつては恭仁京が置かれるなどして栄えた南山城の木津川沿いの寺院の宝物を展示する企画。廃寺となった寺院の跡から見つかった瓦、現存する寺院の残る仏像や仏画などが主である。寺院の宗派はほとんどが真言宗(真言律宗含む)系だ。

一休寺こと酬恩庵(臨済宗大徳寺派。京田辺市)の宝物が特に興味深い。有名な一休宗純の肖像画や、一休が着ていた袈裟や着物、履いていた靴や靴下などが展示されている。

一休というと、昔話やアニメの「とんちの一休さん」というイメージが有名だが、実際は破戒僧中の破戒僧であり、肉食、飲酒、女犯、男色などを世間の目を憚ることなく行っていた(実際はこれらの行為を行う破戒僧はかなり多かったようであるが、みな陰で行っていた)。というわけで同じ破戒僧として知られる親鸞聖人を宗祖とし、悟りを目指さないという教義を持つ浄土真宗の蓮如上人とは親しかったようだ。


江戸時代後期の絵師・原在中の次男である原在明が、一休宗純の墓所内部(宮内庁が管理しており、内部を見ることは出来ない)と酬恩庵の枯山水の庭園を描いた絵は極めてリアルに描かれており、描かれた時代(文化2年=1805年)を考えると信じられないほどだが、原在明がこの絵を描いたのは25歳と時であったというから感心するほかない。


会議にはまだ時間があったので、洛中に入り、錦天満宮と蛸薬師永福寺を訪れる。

 

肝心の企画会議であるが、私の提案で少し前進した。ただ、私の提案が採用されるかどうかは未定である。色々な利権や人間関係が絡むため、「参加出来ない」、「そういったことはやめて欲しい」という団体が出てくると企画の良し悪しに関わらず頓挫してしまうのである(後記:「舞妓さんを呼ぼう」というものでこれは実現した)。

 

4月27日(日)

大谷祖廟(東大谷)で礼拝。行ってみると、今日は午後2時から初逮夜があるとのことで本堂には入らず、外から礼拝を行い、御廟の前で焼香を行う。

 

午後3時30分から、よしもと祇園花月で、「祇園ネタ」と吉本新喜劇を観る。

「祇園ネタ」の出演者は、モンスターエンジン、桜 稲垣早希、NON STYLE、千鳥、トミーズ。


モンスターエンジンは、西森が、「中小企業!」とやり、今日は私を含む5名ほどが「技術!」と返す。西森によると最多記録だという。
西森は続いて、「大量生産!」と呼びかけ、二人が「それでも落とせない品質!」と返した。

ネタは西森に1歳になる子供がいるということで、子供に自転車の乗り方を教える父親というコント。西森が子供を、大林が父親を演じるのだが、西森演じる子供がどう考えてもおっさんそのもので、ギャップで笑わせるというものだった。


早希ちゃんは、悪徳商法を題材にした「おねえさんといっしょ」であったが、歌詞を新たなものに変え、商品の値段も上げるなど、どす黒さが更に増していた。


NON STYLE。
井上が、「アラサーなので、そろそろ結婚したい。若い子のハートをキャッチしたい」と言い、石田に、「なんで、アラサーとか『ハートをキャッチ』とか横文字使う?」と聞かれる。井上が、「じゃあ、アラサーってなんて言えばいいの?」と聞くと、石田は「三十路前後でいい」と返す。
石田は横文字を日本語に言い換えることを続ける。クリスマスは「赤い服の翁が煙突から入ってきて子供に贈り物を授ける日」。バレンタインデーは「おなごが甘黒をおのこに手渡す日」になる。チョコレートは「甘くて黒いので『甘黒』」になるそうだ。


千鳥。以前も見た、信号待ちをしていて、信号が青になると同時にカーレースをスタートさせるというネタである。大悟がやたらと赤信号を長くしたり、青に変わるのが早過ぎたりと噛み合わないという展開である。


トミーズ。
トミーズ健が、「私がトミーズのイ・ビョンホンです」と言って、トミーズ雅に「何言ってんねん、文庫本みたいな顔して」と突っ込まれる。
トミーズ雅はヒット曲に問題があると言い、森高千里の「私がおばさんになったら」は、「『秋が過ぎれば冬が来る』、知っとるって! 秋が過ぎてまた夏になったら半袖また出さないかん。面倒くさい!」 、「『私がおばさんになったらあなたはおじさんよ』。当たり前や。あなたがおばさんになったら性転換してる!」。夏川りみの「花」(オリジナルは喜納昌吉であるが、沖縄県出身のシンガーは大体カバーしている)の「『川は流れてどこどこ行くの』、海や!」と言う。更に「『どこどこいくの』って何? なんで『どこ』を繰り返すの」と疑問を呈する。徳永英明の「壊れかけのRadio」を「レディオやでレディオ」と言ってから、「『何も聞こえない』、壊れている!」と突っ込む。
それから年を取って、体の機能が落ちてきたことを語り、「健康が第一」と言ってから、健が医師、雅が患者のコントに変わる。健が聴診器を雅の額に当て、「アホです」と言ったり、口内を覗いて、「扁桃腺が腫れてます。胃は問題ありませんが腸にポリープが出来ています」と言って、雅に「どこまで見えてんの? 胃カメラ?」と突っ込まれる。
採血をするのだが、採りすぎて雅の顔色が悪くなったりした。
最後は、ここは病院は病院でも動物病院だという落ちで終わる。余り落ちになっていない気もするが。

 

吉本新喜劇「好みのタイプは代々同じ!?」。出演:烏川耕一、池乃めだか、吉田ヒロ、やなぎ浩二、帯谷孝史、安尾信之助、伊賀健二、森田展義、松浦真也、信濃岳夫、いちじまだいき、レイチェル、前田真希、井上安世、岡田直子。

祇園旅館が舞台。松浦真也らミステリースポットを探るサークルのメンバーが近くに強力な場所があると聞いて祇園旅館に泊まりに来る。実はミステリースポットとは祇園旅館のフロントにあるトイレで、入った人がタイムスリップしてしまうというものであった。祇園旅館の支配人である烏川耕一は、恋人である前田真希から別れを告げられる。真希には信濃岳夫という新しい恋人が出来たのだ。信濃は代々伝わる恋愛成就の御守りを持っていた。
祇園旅館のトイレから、1943年からタイムスリップして来た日本兵の森田展義、戦国時代からやって来た落ち武者のやなぎ浩之進(やなぎ浩二)、2054年から戻って来たお笑い芸人のスリップマン(吉田ヒロ)が次々に登場。ややこしいことになる。
博士である、池乃めだかが祇園旅館にやって来る。ここに時空のねじれがあると知って、それを戻す装置を開発したのだという。だが、その機械の調子が悪い。
そのうちに、前田真希の先祖と信濃岳夫の先祖もタイムスリップして来る。信濃岳夫の先祖はやはり代々伝わる恋愛成就の御守りを下げている。同じ顔なので、代々好みのタイプが同じであることがわかる。

今回は、メインストーリーであるタイムスリップに、吉本新喜劇の定番である借金取りネタや強盗ネタも入れていたが、余り意味はなく、出演者の役作りのために無理矢理入れたという印象を受けた。

終演後に、事前に希望を申し込んでいた観客の中から抽選で5名に舞台に上がって一緒にずっこけようという企画がある。何故か申し込みを行っていながら終演を待たずに帰ってしまって、何度席番号を呼んでも出てこないお客さんがいて、繰り上げ抽選が行われたりしたが、池乃めだかのギャグで全員ずっこけに成功。中には4歳の子供もいたが、ちゃんと状況を把握していた。

 

4月28日(月)

午後7時開場、午後8時開演のライブ公演を聴く。京都龍馬会絡みで知り合いになったオールディーズの歌手、龍美勇一のライブである。


京都市内の午後7時開場の公演なので、少し時間に余裕がある。祇園にあるライブハウス&レストランでの公演なので、近くにある八坂神社に参拝。八坂の西楼門(東大路と四条通の交わる「祇園」T字路に面した門。良く勘違いされるが、裏門であり、正門ではない)から入ったところにある手水には「感神院」という八坂神社の昔の名前が今も刻まれている。八坂神社の祭神は素戔嗚尊であるが、神仏習合が行われる以前は牛頭天王(ごずてんのう)という名の方が有名であった。牛頭天王はインドもしくは朝鮮半島由来とされる外来の神であり、日本には始め、播磨国明石に現れ、その後広峯(現在の兵庫県姫路市の広峯神社)に移り、その後、京の北にある北白川東光寺に遷座。その後、現在地に移ってきた。壬生の梛神社には北白川東光寺から梛神社を経て八坂の地へと移ったという言い伝えがある。北白川東光寺が今のどこにあったか正確な位置は不明だが、牛頭天王が瓜を好んだことから、瓜を植えた山が瓜生山であるとされ、その近くの、北白川もしくは一乗寺付近であることは間違いない。寺に移ったとあるが、八坂神社の位置に元々あったのも寺院であり、感神院というのも神仏習合の寺院の名前である。元々は寺院の鎮守として祀られたものが、寺院の勢力が弱まり、一方、八坂が都の青龍に位置したことから神力を求めた京の町人達の信仰を集めた鎮守が大きくなり、明治時代の神仏分離で寺院はなくなり神社だけが残った。

本殿だけではなく、摂社にも参拝。天照大神と豊受大神を祀る大神宮(小さな社である)に参拝すると、それまで降っていた小雨が止んだ。偶然ではあるが、気分は良い。


龍美勇一のライブであるが、ライブハウスは雑居ビルの一角にあり、隣の店が工事中だとのことで、シンナーの匂いがライブハウスの中にまで漂っており、次第に気分が悪くなる。ただ、隣の店が工事中でシンナー臭いので店を閉めるというわけにもいかない。共存共栄を旨とする雑居ビルの宿命である。

今日のライブは龍美勇一が影響を受けたエルヴィス・プレスリーの曲が大半である。元々、勇一さんはエルヴィスが好きで、カバーを数多く歌っているのだが、エルヴィス専門歌手ではなくオリジナル曲も作詞・作曲している。今日は一番よく知られたオリジナル曲を一曲歌う。

勇一さんは、6年ほどCDを出していなかったのだが、今年はシングルを4枚一挙に出す予定で、1枚目はすでにリリース済み。2枚目は夏に発売されるという。

エルヴィス・プレスリーの曲ということで、オーディエンスの大半は私より年上。白髪のおじいちゃんもいる。今日はウッドベースのチャーリー谷口も参加。プロのドラマーが急遽参加したり、バンド経験のある京都龍馬会のメンバーがドラムを叩いたりと盛り上がった。

 

4月30日(水)

グスターボ・ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラの演奏で、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」とレブエルタスの組曲「マヤ族の夜」を聴く。ドイツ・グラモフォン。2010年、ドゥダメルがまだ二十代だった頃の録音である。

ここ数年、指揮者としての成長著しいドゥダメル。今年はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を引き連れて来日演奏家を行う予定である。

世界有数の犯罪大国という不名誉な称号を持つベネズエラ。貧困が拡大しており、特に若年層の犯罪が多い。このままではいけないということで、犯罪に向かうエネルギーを音楽に振り向けようと1975年に始まったのが、「エル・システマ」という音楽教育である。楽器は無償貸与、音楽教育も無料で、高い質の音楽のものを提供する。ここから生まれたのが1981年生まれのドゥダメルである。

南米の英雄であるシモン・ボリバル将軍の名を冠したユースオーケストラは、現在では団員の平均年齢も上がったということで、普通のオーケストラに格上げになったが、「エル・システマ」で育ったという世界的に注目されるオーケストラである。先頃亡くなったクラウディオ・アバドや、サー・サイモン・ラトルもシモン・ボリバルを指揮している。


ただ、「春の祭典」は若い指揮者と若いオーケストラの演奏ということで、才気は漲っているが、他の名演奏と呼ばれるものに比べると、楽曲解釈の掘り下げ、オーケストラの技術共に今一つである。

このCDの売りはむしろ、レブエルタスの組曲「マヤ族の夜」。シルベストレ・レブエルタスは(1899-1940)、メキシコのストラヴィンスキーと呼ばれた作曲家だそうだが、熱狂的な音楽を作っており、ラテンアメリカの楽団員のノリも良い。

 

BS日テレ、巨人対ヤクルト戦を観戦。東京ドーム。
東京ヤクルトスワローズは、投手陣の三人に一人が怪我で戦線離脱という異常事態。唯一勝ち星の期待出来る先発投手だった小川泰弘も阪神戦でピッチャー返しを右手に受け、骨折で前半戦の復帰は絶望となった。ということでアメリカに渡っている元千葉ロッテマリーンズの渡辺俊介投手の調査を行うなど、投手陣の再整備に躍起になっている。

今日先発の古野も本来なら中継ぎ要員であるが、先発に回さざるを得ない。

今季、2敗と結果の出ていない古野であるが、今日は左右に揺らすピッチングで巨人打線を抑える。

巨人の先発はセドンだったが、これが大誤算。もともと球威がなく、コントロールと変化球を武器にするピッチャーであるが、今日はコントロールが悪く、甘く入ったところを、ヤクルト2番荒木、3番川端、4番バレンティンに三連打され、飯原のショートゴロで3塁ランナーの荒木が帰ってヤクルト先制。

セドンは3回表にも、ヒットにボークにワイルドピッチで独り相撲。3回途中6失点でKOとなった。

ヤクルト先発古野は、6回に橋本到にタイムリーを許して1点を失うが、失点はこの1点だけに抑える。

ロマン、久古と繋いで0点に抑えたヤクルト。9回表には代打・田中浩康、1番山田哲人の連続ホームランも飛び出し、9-1と大きくリードする。

9回裏、ヤクルトのマウンドには新外国人のカーペンター。球は速いがそれだけの投手で、以前も、ヒット、ボーク、デッドボールとどうしようもないピッチングで点差を広げただけで降板したりしている。ただ今日はMAX157キロのストレートを武器に、巨人打線を3人で片付け、9-1で東京ヤクルトスワローズが読売巨人軍に勝利した。

 

2014年5月