2023年10月

9月

10月8日(日)

午後2時から、びわ湖ホール中ホールでモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」を観る。指揮はびわ湖ホール芸術監督の阪哲朗。演奏は日本センチュリー交響楽団。演出は松本重孝。合唱はびわ湖ホール声楽アンサンブル。出演は、平欣史(たいら・よしふみ)、森谷真理、熊谷綾乃、内山建人、山際きみ佳ほか。

今日は大津祭の影響で、びわ湖浜大津駅が使えず、山科からJRに乗り換えて、大津駅から徒歩でびわ湖ホールに向かう。

新型コロナウィルスの影響で、演奏会形式などでのオペラ上演が続いていたびわ湖ホール。実に4年ぶりとなる制限なしでの上演となる。

指揮とフォルテピアノを担当する阪哲朗。ピリオドを援用した生き生きとした音像をセンチュリー響から引き出す。

松本重孝の演出はオーソドックスで、抑制された存在である女性像も的確に示している。

注目のソプラノである森谷真理演じる伯爵夫人の貫禄ある歌声、スザンナを演じた熊谷綾乃の可憐さも印象的であった。