2023年12月

←10月

12月6日(水)

MOVIX京都で日本映画「翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~」を観る。出演:GACKT、二階堂ふみ、杏、加藤諒、益若つばさ、堀田真由、和久井映見、山村紅葉、川崎麻世、藤原紀香、片岡愛之助。片岡愛之助と藤原紀香が夫婦で夫婦役として共演しているのが売りの一つだと思われる。大ヒットした映画の続編。今回は埼玉ではなく関西圏が主舞台となり、埼玉のシーンは熊谷市で行われる市町村別綱引き大会にほぼ限られ、前作でも取り上げられた「同じさいたま市でも浦和と大宮は仲が悪いが、一緒に合併した与野に対しては共に『黙ってろ!』」、「熊谷はとにかく暑い」といったネタに留まる。ちなみに熊谷は「ラグビーの街」を標榜しており、そのため綱引き大会に参加した熊谷のチームは全員ラガーマンの恰好をしているが、意味が分かる人は余りいないと思われる。

南北に走る路線ばかりで横のつながりがない埼玉県。そこで東西に走る武蔵野線を作ろうとするが、各電鉄の代表は反対ばかりで話がまとまりそうにない。そこで麻実麗(GACKT)は、埼玉に海を作る計画を練り、砂浜に南紀白浜(和歌山県は未開の地らしい)の白砂を使用するべく千葉解放戦線の協力を得て海路和歌山へと向かう。しかし、嵐に遭い、船は難破。麗は一人和歌山の浜に打ち上げられる。そこで麗は滋賀解放戦線の桔梗魁(杏)と出会い、南紀白浜が大阪府の支配下にあること、大阪、京都市、兵庫の阪神地域以外の関西人たちが虐げられていることを知る。特に大阪府知事の嘉祥寺晃(片岡愛之助)は、日本を大阪化する計画を立てていた。


今回は滋賀県が撮影を誘致したようで、「琵琶湖しかない」「関西のおまけ」などと揶揄される滋賀県が大阪と対決する内容となっている。正直、前作に比べるとパワーダウンした印象は否めないが、当地の人でもあまりよく知らない内容を取り入れたエンターテインメント作品に仕上がっており、埼玉県民や関西人でなくても楽しめる内容となっている。

12月23日(土)

午後2時から、びわ湖ホール中ホールで、びわ湖ホール オペラへの招待 オッフェンバック作曲「天国と地獄」(新制作)を観る。日本語上演・日本語字幕付き。台本と演出を手掛けるのは岩田達宗。訳詞は宮本益光、びわ湖ホール声楽アンサンブルの指揮者である大川修司指揮大阪交響楽団(コンサートマスター・林七奈)の演奏。出演は、有本康人、山岸裕梨、藤居知佳子、奥本凱哉、市川敏雅、森季子、佐々木真衣、船越亜弥、西田昂平、迎肇聡、黒田恵美、島影聖人。合唱はびわ湖ホール声楽アンサンブル。ダンサーは、浅野菜月、片山未知、天上うらら、天上さくら。

フレンチカンカンの音楽がとにかく有名なオペラだが、私が「天国と地獄」を観るのは映像も含めて初めてになる(今回は予習等は一切せず)。

グルックのオペラでも有名な「オルフェオ」の話を当時の世相を反映させる形の奔放な歌劇に仕立てた作品で、今回の演出でも、安倍派のパーティー券問題、日大フェニックスの不祥事、インボイス制度の導入などが風刺されている。今年亡くなった、吉本新喜劇の桑原和男のネタも加えられていた。

今日は前から2番目の席で聴いたのだが、大川の指揮する大阪交響楽団に威力があり、歌手の歌唱の水準も高く、バカ騒ぎのようなファルスを楽しむことが出来た。

12月30日(土)

午後5時から、大阪・中之島のフェスティバルホールで、大阪フィルハーモニー交響楽団「第9シンフォニーの夕べ」2023を聴く。今年の指揮者は、数年前に京都市交響楽団にも客演したラルフ・ワイケルト。実はワイケルトは、2020年に大フィルの第九を指揮する予定だったのだが、コロナ禍で来日が叶わず、翌2021年の第九にも登場する予定がやはりコロナで流れてしまい、今回三度目の正直でようやく大フィルとの第九での共演が実現した。

ワイケルトの著書の邦訳が出ており、私も京都コンサートホールで購入したのだが、最新の音楽研究の成果を積極的に取り入れる姿勢が印象的であった。
京響とのモーツァルトでもピリオドを全面的に採用しており、今回の第九でもピリオドで来るかと思われたのだが、結果としては比較的オーソドックスな演奏であった。

今日のコンサートマスターは、須山暢大。独唱は、盛田麻央(ソプラノ)、中島郁子(アルト)、福井敬(テノール)、甲斐栄次郎(バリトン)。合唱は、大阪フィルハーモニー合唱団。


中庸かやや速めのテンポを採用。第1楽章のティンパニのかなりの強打が印象的。ちなみに第1楽章で第2ヴァイオリン首席奏者の弦が切れたようで、ヴァイオリンのリレーが行われ、最後列の奏者がヴァイオリンを持って退場。第1楽章の最後でステージに戻ってきて、第2楽章が始まる前にヴァイオリンのリレーが再び行われた。

第4楽章の「歓喜の歌」の旋律の歌わせ方が優しく雅やかなのが印象的。大阪フィルハーモニー合唱団も独唱者の歌唱も充実していた。合唱の終結部もテンポを落とすことなくインテンポを守ったのも印象的であった。


第九本編終了後は、大フィル合唱団による恒例の「蛍の光」。キャンドルサービスによる歌唱が行われ、過行く2023年の思い出の断片が思い起こされた。