2017年8月

7月

8月7日(月)

台風が接近中である。


ロヴロ・フォン・マタチッチの指揮でブルックナーの序曲ト短調と交響曲第4番「ロマンティック」を聴く。序曲ト短調はフィルハーモニア管弦楽団とのスタジオ録音、「ロマンティック」はミラノ・イタリア放送交響楽団とのライヴ録音である。「ロマンティック」の版は改訂版を使用。

当時、世界屈指の性能を謳われたフィルハーモニア管弦楽団との序曲ト短調ではやはりというべきか、オーケストラの機能性が生きた演奏となっている。

一方で、「ロマンティック」を演奏するミラノ・イタリア語放送交響楽団の方はフィルハーモニア管弦楽とは比較にならないほど下手くそ。イタリアは今でもオーケストラ大国とは呼べないが、往事の惨状はこの録音でも伝わってくる。冒頭のホルンからして癖があり、アンサンブルには適していないようなソロイスティックなものになっている。
オーケストラのためか、マタチッチの無骨な側面がより強調されたかのような仕上がりである。

8月9日(水)

午後7時から、大阪・西梅田のサンケイホールブリーゼで、音楽劇「魔都夜曲」を観る。作:マキノノゾミ、演出:河原雅彦、出演:藤木直人、マイコ、小西遼生、壮一帆、松下洸平、浜崎香帆(東京パフォーマンスドール)、山西惇、村井国夫、橋本さとしほか。
1939年の「魔都」上海を舞台にした作品。李香蘭(山口淑子)、川島芳子、甘粕正彦といった満州オールスターズも登場する。

開演の12分ほど前からミュージシャンが登場し、ジャズが演奏される。橋本さとし演じる新田日出夫が支配人を務めるクラブ「ル・パシフィーク」の中という設定、北京語の歌も歌われる。今ではもう北京語を聴いても何を言っているのかわからないようになってしまった。ただ、北京語による簡単な会話はわかるため、北京語のみによる台詞を聞いて他の北京語のわからない観客の頭にどれだけ内容が入っているのか判断できない場面もある(例えば「ターマーダ!」という、英語の「マザーファッカー!」に繋がる汚いスラングが台詞に登場するのだが、日本人が聴いても正確にはわからないはずである)。

ちなみに「ル・パシフィーク」のピアノマンの名前は鳥谷良治(演じるのは松下洸平)は、「蘇州夜曲」の作曲者ということになっており、実際の「蘇州夜曲」の作曲者である服部良一をモデルにした人物であることがわかる。


マキノノゾミ作の上海ものというと、劇団M.O.P.が上演した「アヘンと拳銃」があるが、この「魔都夜曲」にも主人公達の出会い方や次々に起こるどんでん返しなど似た構造が見られる。


藤木直人演じる白川清隆は、実在の人物である近衛文隆(近衛文麿の息子)をモデルにしているが、歴史の流れ上、結末はぼかされている。


重慶政府(蒋介石)や南京政府(汪兆銘)の対比を描くなど、歴史ものとしても良く出来た作品である。

8月11日(金) 山の日

全国高校野球選手権大会。今日は4試合とも組み合わせが良いので、全部ではなかったが、見てみる。
高校生ということで、技術的な水準においてはプロ野球は勿論、大学野球にも及ばないが、「負ければ終わり」のトーナメント形式だけに、リーグ戦主体のプロや大学ではなかなか起こらないドラマが生まれる。
野球というのルールブックに「勝つことを目的として」と明記された珍しいスポーツである。だがリーグ戦だと「明日のための捨てゲーム」は結構な確率で生まれる。負けるとわかっているのに総力戦を行うのは愚策である。ただトーナメントだと大量差がついても勝負を捨てることはない。今日も興南高校対智弁和歌山高校の試合で、智弁和歌山が6点差をひっくり返して勝ち、興南の監督が「6点差はセーフティーリードではない」としみじみと語っていたが、そうした甲子園大会ならではの楽しさが今日もそこかしこにあった